眉の骨が目立ち、まぶたの皺が深いことが特徴の奥二重の場合、アイライナーは習得するのが厄介な技術かもしれません。[1] しかし心配はいりません。少しの辛抱と練習で、人を振り向かせるような、なめらかでおしゃれな、滲まない目元を作ることができます。この記事では、アイメイクのルーティンで最大限に活かせるよう、よくある質問と悩みをまとめました。

Question 1
Question 1 の 6:
いつアイライナーを引きますか?

  1. 1
    最初にアイシャドウプライマーを使いましょう 従来のプライマー(下地)とは異なり、アイシャドウプライマーはまぶたに直接塗り、アイメイクのためになめらかなキャンバスを作ります。両まぶたそれぞれにプライマーを少量軽くたたいて肌に馴染ませます。プライマーをまつ毛から眉毛の間まで塗ることで、アイメイクがなめらかで均一になります。[2]
    • 下まぶたに沿ってアイシャドウやアイライナーを使いたいなら、下まぶたにもプライマーを塗りましょう。
    • 気軽に指先や平べったいアイシャドウブラシでプライマーを塗りましょう。
  2. 2
    アイシャドウの前にアイライナーを引きましょう 奥二重はほかの目の形に比べてやや目が小さいため、アイライナーで適切なバランスを取るのが難しい場合があります。[3] 上下のまつ毛の生え際に沿って、細くアイライナーを引きましょう。こうすることで、やりすぎることなく目にはっきりとした印象を与えられます。[4] そのあと、アイラインの上から斜めにカットされたメイクアップブラシを使い、アイライナーを馴染ませます。[5]
    • 「アイライナーを先に引く」というルールは、ペンシルかジェルアイライナーを使うときに最も効果的です。リキッドアイライナーを使うのであれば、アイシャドウの後にアイライナーを引きましょう。[6]
    広告

Question 2
Question 2 の 6:
どのような種類のアイライナーが最適ですか?

  1. 1
    すぐに乾くアイライナーを選びましょう 残念ながら、奥二重はまぶたのスペースが広くないため、どこかの時点でアイライナーが滲んでしまう可能性が十分にあります。ジェルアイライナーのように「速乾」とラベルに記載されたアイライナーを選びましょう。そうすれば、メイクしたての素敵な見た目をできる限り長持ちさせることができます。[7]
  2. 2
    目の色を引き立たせるアイライナーを選びましょう メイクの専門家によれば、青い目にはコッパー、ゴールド、ネイビーのアイライナーが似合う一方、淡褐色(ヘーゼル)の目にはプラム、オリーブ、ゴールドのアイライナーがよく合います。緑色の目にはマホガニー、ガーネット、アメジストが最適で、アンバーやダークブルーのアイライナーは茶色い目を引き立てます。[8]
    • 非常に明るい肌の場合、黒いアイライナーは良い選択肢ではありません。残念ながら、実際より目を小さく見せてしまいます。[9]
    広告

Question 3
Question 3 の 6:
どのように大胆なアイライナー使いの目元を作れますか?

  1. 1
    印象的な跳ね上げ(ウイング)ラインを作りましょう 斜めにカットされたメイクアップブラシに、アイライナーの色と一致するアイシャドウを付けます。そうしたら、このブラシで跳ね上げ部分を下書きします。アイライナーを使い、この下書きを完全に埋めて跳ね上げラインを完成させます。[10]
    • 実のところ、奥二重では最初に跳ね上げラインを引くほうが簡単です。
    • 跳ね上げラインを思った通りに正確に引けなかったら、綿棒をメイク落としに少し浸してラインを落とすのに使いましょう。[11]
  2. 2
    「フローティング・アイライン」メイクを試す このスタイルでは、アイライナーを上まつ毛からおよそ1cm上に引きます。目を閉じているときは、フローティング・アイライン(浮いているアイラインの意味)はやや不自然に見えるかもしれませんが、目を開けているときは非常におしゃれで生き生きと見えます。[12]
    • 必ず先に塗ったアイシャドウの上にフローティング・アイラインを引きます。
    広告

Question 4
Question 4 の 6:
どのような控えめなアイラインのスタイルを試せますか?

  1. 1
    インラインは優れた方法です インラインは、跳ね上げラインを引く代わりに、まつ毛の内側の生え際にアイライナーを引くことを指すしゃれた言い方です。片方の手でそっとまぶたを引き上げれば、簡単にまつ毛の内側の生え際に届きます。そうしたら、ペンシルやブラシ、リキッドなど好みの製品を使ってアイライナーを引きます。[13]
    • 初めはインラインを引くのは難しいかもしれません。技術に慣れるまで焦らず時間をかけましょう。
    • インラインは素早く引きましょう。目に涙が溢れてくると、アイライナーが定着しません。[14]

Question 5
Question 5 の 6:
奥二重向けのアイシャドウのコツはなんですか?

  1. 1
    明暗を付けてバランスの良い上まぶたを作りましょう 最初に明るいニュートラルカラーのアイシャドウをまぶたに広げます。こうすることで、目が多少大きく見えます。そのあと、まぶたの中心にキラキラしたミディアムカラーを混ぜます。最後の仕上げとして、より濃い色調のアイシャドウを目の端に沿って、目の上部中央に向けて馴染ませます。[15]
    • ベースとしてクリーム色のアイシャドウを塗り、その上にかすかに光る青いアイシャドウを付けてもよいでしょう。そのあと、まぶたに濃い青を混ぜれば上品なグラデーションが生まれます。
    • スモーキーアイメイクも奥二重によく似合います。
  2. 2
    アイシャドウを目頭側の角と下まつ毛沿いに塗りましょう 残りのアイメイクのスタイルに合う、はっきりとした色のアイシャドウを選びます。下まぶたに沿ってこの色を広げ、目の半分ほどまで広げたところで止めます。そうしたら、明るいハイライトカラーに変えて、目の真ん中から目頭側の角までアイシャドウを塗ります。[16]
    • ハイライトカラーには、明るく、肌の色をしたアイシャドウか、中心となる色よりも明るい色調のアイシャドウを選ぶとよいでしょう。
    広告

Question 6
Question 6 の 6:
どのように奥二重にマスカラを塗りますか?

  1. 1
    はじめに下まつ毛にマスカラを塗りましょう 下まつ毛にマスカラを塗るときは、目を大きく開けがちになります。すでに上まつ毛にマスカラを塗っていると、この過程で眉毛の周りにマスカラが滲んでしまうかもしれません。その代わりに、先に下まつ毛にマスカラを塗ってから上まつ毛に移りましょう。[17]

ポイント

  • アイライナーが滲んだら、メイク落としシートか綿棒できれいにしましょう。[18]
広告

関連記事

キスマークを偽造するキスマークを偽造する
眉毛にスリットを入れる眉毛にスリットを入れる
目の形を判断する目の形を判断する
シュガーリング用ペーストを作る
片方の眉を上げる
ビューラーを使わずにまつ毛をカールさせるビューラーを使わずにまつ毛をカールさせる
肌のアンダートーンを見極める肌のアンダートーンを見極める
一本に繋がった眉毛を除去する一本に繋がった眉毛を除去する
血管を浮き上がらせる血管を浮き上がらせる
眼鏡を調整する
唇の角質を落とす唇の角質を落とす
つけまつげのグルーを落とす
液体ラテックスを使って特殊メイクをする
自分に合ったファンデーションを見つける自分に合ったファンデーションを見つける
広告

このwikiHow記事について

Daniel Vann
共著者 ::
認定エステティシャン
この記事の共著者 : Daniel Vann. ダニエル・ヴァンはシアトル市にあるメイクアップスタジオ、「Daredevil Cosmetics」のクリエイティブディレクター(広告やイメージ戦略などの責任者)です。15年以上化粧品業界に携わり、現在はメイクアップ講師、そして認定エステティシャンとして活躍しています。
カテゴリ: メイク
このページは 121 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告