女の子らしい女の子になる方法

女の子らしい女の子とは、個性や強さを犠牲にすることなく女性らしさを心から受け入れる人のことです。自分の行動やスタイル、外見に気を配りながらも、決して自己中心的であったり意地悪になったりすることはなく、自分を偽ることもありません。女の子らしい女の子は他の女の子から尊敬され、友達になりたいと思われる存在です。女の子らしい女の子になりたいかを決めるのは自分自身で、誰かに言われたからといって、なりたくもないのに努力する必要はありません。しかし、女の子らしい態度や外見を手に入れたいのであれば、それに相応しい外見や行動を学ぶだけで変わることができるでしょう。

方法 1 の 4:
女の子らしい外見になる

  1. 1
    毎日お風呂に入りましょう。女の子らしくなるためには清潔さも大切です。毎日お風呂に入るかシャワーを浴びて、石鹸で体中をきれいに洗いましょう。女の子らしさをさらに強調するには、良い香りのシャンプーやコンディショナー、ボディソープなどを使ってみましょう。[1]
  2. 2
    ローションなどで肌を保湿しましょう。柔らかな肌は女性らしさの大切な部分です。ローションなどを毎日塗って、顔と肌を保湿しましょう。たとえ肌が脂っぽくても、ローションを塗るようになれば脂の分泌が自然と抑えられます。どんな保湿剤を使ってもかまいませんが、まずラベルを確認して自分の肌タイプに合うものを選びましょう。
    • ニキビがあっても女の子らしくなることはできます。水をたくさん飲んで、ニキビには過酸化ベンゾイル配合の薬を塗りましょう。ニキビがある人はたくさんいます。ニキビが治らなくても心配する必要はありません。
  3. 3
    爪にマニキュアを塗りましょう。毎日塗り替える必要はありませんが、爪をいつも清潔にして、マニキュアを塗っておきます。爪切りやネイルファイルで爪の形を均等に整え、指先と爪の間に汚れが溜まらないようにきれいにしておきましょう。マニキュアが剥げていないか、毎日チェックします。[2]
    • マニキュアを塗り替えるときは、その日の服装に合わせて色を選びましょう。
    • マニキュアを塗りなおすのが面倒なら、透明のマニキュアを塗ってみましょう。清潔感があってとても女の子らしく、色付きのマニキュアほど手間がかかりません。
  4. 4
    髪を毎日ブラッシングしてヘアスタイルを整えましょう。毎日髪をしっかりとかし、スタイリングすることが大切です。髪のもつれや絡みをほぐして、きちんと清潔に整えましょう。自分のトレードマークになるようなヘアスタイルを見つけて、毎日きれいにスタイリングしましょう。[3]
    • 髪のタイプによっては、毎日シャンプーする必要があるかもしれません。夕方には髪が脂っぽくなってぺったりする場合は、毎日髪を洗いましょう。
    • 手の込んだヘアスタイルに整える必要はありません。横分けにしたりバレッタをつけたりするだけでも、十分あなたらしさを出すことができます。三つ編みやポニーテール、シンプルなお団子ヘアにも挑戦してみましょう。
    • 髪をスタイリングする方法がわからなければ、友達に相談するかヘアサロンで教えてもらいましょう。
  5. 5
    制汗剤と香水を使いましょう。良い香りは女の子らしさを出すために不可欠です。毎日制汗剤を使ってにおいをケアしましょう。自分の香りと決めた香水を毎日つけている素敵な女性も多いので、香水を使うのも良いかもしれません。香水を使ったことがなければ、まずは花やフルーツの香りがほんのりと漂う香水を使ってみましょう。[4]
    • シャワーの代わりに制汗剤や香水を使うのはやめましょう。ごまかせるものではありません。
    • 香水は、手首や首など脈拍を感じる場所にほんの少しだけつけましょう。近寄った時に初めて気付くくらいのほんのりとした香りで十分です。強烈な香水のにおいをばらまくのはやめましょう。
  6. 6
    歯を清潔に保ちましょう。女の子らしい女の子の歯はいつも清潔です。毎日きちんと歯磨きをしてフロスや歯間ブラシも使い、洗口液やミントタブレットで息をさわやかにしましょう。フロスを持ち歩いて、毎食後やお菓子を食べた後に使いましょう。[5]
    • 歯並びがきれいでなくても矯正器具をつけていても問題はありませんが、歯は必ず清潔にしておきましょう。
  7. 7
    メイクは薄くしましょう。少しだけメイクをして女の子らしさを出します。部分的なメイクでも十分女の子らしくなり、顔全体にメイクをするより簡単です。自然に見えるようなメイクが簡単にできるようになるまで練習しましょう。[6]
    • まずはリップグロスとマスカラだけをつけてみましょう。
    • アイシャドウとチークは、薄いピンクやベージュといった自然な色を選びましょう。
    • ファンデーションを塗りたければ化粧品売り場に行って、自分の肌の色に合うものを見つけましょう。
    • 時には、ばっちりとメイクをしてもかまいませんが、必ず練習して見た目を確認しておきましょう。
    広告

方法 2 の 4:
女の子らしい服装をする

  1. 1
    清潔できちんとアイロンがかかった服を着ましょう。女の子らしい女の子は、不潔でしわくちゃの服を着て出かけることはありません。服をきれいに洗濯し、洗ってあってもシミがついた服を着て出かけるのはやめましょう。着る前にアイロンでしわを伸ばしておきましょう。[7]
    • 服についている洗濯表示を確認しましょう。アイロンをかけてはいけない服や、アイロンを低温で使わなくてはいけない服もあります。
    • アイロンをかけたくなければ、服が乾いたらすぐにハンガーにかけるか、乾燥機のしわ取り機能を使いましょう。
    • 洗ってもシミが落ちない服は捨てずにとっておきましょう。服が汚れる作業をするときや家の中だけで着ることができます。
  2. 2
    サイズがきちんと合った服を買います。大きすぎたりきつすぎたりする服を買うのはやめましょう。きつすぎて体に食い込む服や下着がはみ出て見える服、脱ぎ着がしづらい服は避けましょう。反対に、ぶかぶかな服や何度も引っ張り上げなくてはいけないような服も問題です。クローゼットの中の服をきちんと着られるか確認し、サイズが合わない服があったらそれを着るのはやめましょう。[8]
  3. 3
    女の子らしい服を買いましょう。女の子らしくなるために、毎日ピンクのパーティードレスを着る必要はありませんが、出かけるときは女の子らしい服を着ましょう。ワンピースやスカートを着れば女の子らしく見えますが、テーラードパンツやカプリパンツ、ショートパンツ、ジャンプスーツなどを着てもかまいません。Tシャツの代わりにブラウスやシャツを着てみましょう。[9]
    • ピンクや紫、パステルカラーは一般的に女の子らしい色とされていますが、これらの色が好みでない場合は、ほかの色の服でもかまいません。自分に似合い、サイズが合う服であれば、どんな色でも女の子らしくなります。
    • 流行の服やみんなが着ている服を着る必要はありません。女の子らしくきちんとした服装をすることが大切です。
  4. 4
    女の子らしい靴を履きましょう。女の子らしく見せたいなら、スニーカーやビーチサンダルではなく、ヒールのついた靴やウェッジソールの靴を履きましょう。ヒールのついた靴を履きたくなければ、靴底の平らなバレエシューズを履くこともできます。靴の汚れをきれいに落とし、擦り切れたり破れたりした箇所がないか確認しましょう。[10]
    • ハイヒールに挑戦したいけれどきちんと歩けない場合は、かかとを先に地面につけてからつま先をつけるように歩いてみましょう。ハイヒールを履いて出かける前に、歩く練習を十分にしておきましょう。
  5. 5
    バッグを持ちましょう。女の子らしい女の子は、いろいろなものを持ち歩く必要があります。バッグを持って出かける習慣がないのなら、今から始めましょう。高価なブランドのバッグは必要ありません。好みの色やデザインで、形がしっかりとして必要なものが全部入るバッグを選びましょう。[11]
    • 黒やベージュなど地味な色のバッグは、いろいろな服に合わせやすいので便利です。
    広告

方法 3 の 4:
女の子らしいインテリアを考える

  1. 1
    柔らかく明るい色で飾りましょう。学校のロッカーや机、寝室など、自分のスペースを飾って女の子らしさをアピールできます。ピンク、薄紫、ライトブルー、黄色などで飾りましょう。新しい家具を購入して壁を塗る方法もありますが、リボン、ポスター、シールなどを貼るだけでも女の子らしい飾り付けができます。[12]
  2. 2
    自分のものをきれいに片付けましょう。ノートの代わりにばらばらの紙の束を持ち歩き、部屋に食べ物のごみが散らばっているようでは、女の子らしい女の子とはいえません。毎日きちんと片付ける習慣をつけましょう。使ったものは元の場所にしまいます。学校のものを整理整頓して、どこに何があるのかわかるようにしておきましょう。[13]
    • 女の子らしい収納用品で片付けましょう。バインダーや収納ボックス、収納ケースで女の子らしさをアピールできます。
  3. 3
    化粧用の鏡や姿見を用意しましょう。メイクのチェックや新しいヘアスタイルの練習、外出時の服装チェックには鏡が必要です。大きな姿見を部屋に用意して、小さな鏡をカバンやロッカーに入れておきましょう。場合によっては部屋にドレッサーを置くこともできます。[14]
  4. 4
    創造力を発揮しましょう。創造力を持つことも女の子らしい魅力の一つです。かわいらしい絵や友達からもらったメモ、手芸品などを自分の部屋に飾ったり、明るい色のペンで写真やポスターに飾りを描いたりしましょう。スクラップブッキングや縫いものなど、自分の部屋を飾るために使える手芸を覚えるのも良い方法です。[15]
    広告

方法 4 の 4:
女の子らしい行動

  1. 1
    上品な歩き方や座り方を身につけましょう。女の子らしい女の子はそこらじゅうを走り回ったり、椅子をがたがた揺らしたりしません。上品な歩き方や座り方の練習をしましょう。歩くときは頭を上げ、小さな歩幅で周りに注意を払いながら、自信を持って歩きます。座るときは背筋を伸ばし、腕は体の脇で下ろすかひざの上に載せておきましょう。必ずしも必要ではありませんが、脚を組んだり足首を交差させたりすると女性らしい印象になります。
  2. 2
    誰にでも礼儀正しく好意的に接しましょう。出会うすべての人に親切にしましょう。初めて会った人には目を見て自己紹介し、知っている人には名前で呼びかけます。きちんと挨拶をして、あなたが手伝えることがあるのなら手を差し伸べましょう。
    • 嫌なことをされても我慢するという意味ではありません。やめてほしいことがあったり放っておいてもらいたい場合は、はっきりと伝えましょう。
    • 卑猥な言葉や罵るような言葉を使わないようにしましょう。このような言葉は相手にとても失礼で、ちっとも女の子らしくありません。
  3. 3
    恋愛に興味を持ちましょう。女の子らしい女の子は恋愛に興味がありますが、無理に誰かと付き合ったり、したくもないことをするという意味ではありません。恋愛小説を読んだりテレビで恋愛ドラマを観たり、友達と好きな人の話で盛り上がったりしましょう。
    • 結婚の予定がなくても結婚情報誌を読むのが好きな女性もいます。恋愛にあこがれる気持ちを大切にして、流行のファッションをチェックする楽しい方法です。
  4. 4
    流行に敏感になりましょう。流行を追いかける必要はありませんが、女の子らしい女の子のほとんどは、自分がその流行に乗らなくても何が流行っているかを知っています。流行のファッションや音楽、テレビ番組などをチェックしておけば友達との話題にも困りません。
  5. 5
    女の子と遊びましょう。男の子と仲良くしてもかまいませんが、一緒に遊んだり、女の子同士の話ができる仲良しの女の子グループと付き合うとよいでしょう。仲の良い女の子がいない場合は、クラスメートのうちの一人の服やメイクをほめることから始めましょう。仲良くなるきっかけになります。
  6. 6
    食事のマナーに気をつけましょう。女性らしく振る舞うためには、食事中のマナーをわきまえて、きれいに食べることがとても大切です。テーブルに肘をついてがつがつ食べたり、口を開けたままくちゃくちゃ噛んだりするのはやめましょう。食べ物を少しずつ口に入れ、あまり音を立てずにきれいに食べる練習をしましょう。食べていないときには、手は膝の上に載せておきます。
  7. 7
    しっかりと勉強しましょう。女の子らしく見せるためには馬鹿なふりをしたほうが良いというのは真実ではありません。女の子らしい女の子はしっかりと勉強する成績優秀者です。授業をしっかり受けて、全部の科目を一生懸命勉強しましょう。[16]
    広告

注意事項

  • 女の子らしさは一日で身に付くものではありません。外見や行動に注意しながら少しずつ女の子らしくなりましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む405人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: ティーン
このページは 107,059 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告