気になっている女子にメッセージを送ったところ、一言だけ返ってきたということはありませんか?適切に用いられているものであれば気にはならないものの、このような返事ばかり受け取るとイラついてしまうかもしれません。いくつかのコツを掴み、一言でなく文になった返事を受け取ることができるようになりましょう。

方法 1 の 2:
相手の気を引くようなメッセージを返す

  1. 1
    相手が関心を持っている内容を送る これまで、ありきたりの内容ばかり送っていませんでしたか?興味を引く内容を送っていなければ、相手も返信をする気がなくなってしまいます。相手が興味を持っていること、楽しんでくれそうな内容に関するメッセージを送ってみましょう。このような工夫をすることで、相手も返事をしようという気持ちになり、メッセージのやり取りが続くようになるかもしれません。
  2. 2
    相手を褒める あなたが相手に関心を持っているということを示すという方法も効果的です。例えば「昨日の服装すごく似合っていたね」や「先週のボーリング大会、まさに敵なしだったね」といった要領でメッセージを送ってみましょう。受け取った相手も内容に興味を持ち、褒められて気分が良くなるだけでなく、あなたが好意を持ってくれているということにも気がつきます。[1]
  3. 3
    自分の気持ちを示す 相手につながるようなものを話題にしてみましょう。例えば「君の目とそっくりな色の花を見かけてさ」といった要領でメッセージを送ってみましょう。あなたが相手のことを普段から考えているということが伝わります。また、こうしたメッセージを送ることで、やり取りも再開します。
    • この段階で不適切なことを言わないよう注意しましょう。二人の距離に相応しい内容のやり取りをすることが大切です。出会ったばかりの相手であれば、長年の友達とは異なる内容を話題にする必要があります。[2]
  4. 4
    質問をする しっかりとした内容のある返信を受け取りたいと思っているのであれば、一言以上の返事を要するような質問を送りましょう。質問を利用して相手をくどくこともできます。例えば「どんなデートが理想的?なぜ?」といったことを尋ねてみましょう。恋人関係を想起させるような話題を投げかけられるだけでなく、より長めの返信が必要となります。また、あなたとしても相手をより良く知ることができる機会となるでしょう。[3]
    広告

方法 2 の 2:
面白い返事を返す

  1. 1
    相手をからかう 一言しか返ってこないのであれば、それをネタにして面白い切り返しを試みましょう。例えば「猫の絵文字?猫アレルギーじゃなかったっけ?(笑顔の絵文字)」と返信してみましょう。素っ気ないメッセージによって気まずい雰囲気になってしまうことを防ぎます。また、あなたにユーモアがあるということも示すことができるでしょう。[4][5]
    • あるいは「今日はジェームズ・ボンド並みのミッションがあって手が離せないってことね!さすが!(笑顔の絵文字)」といった様な返し方も試してみましょう。
    • からかい方が度を越さないよう注意しましょう。相手をけなすような返事や、相手が不快に感じるような言い方は裂けましょう。どの程度ならからかっても大丈夫なのか少しずつ探りましょう。
  2. 2
    面白おかしい話を考える 相手からの返事が欲しいのであれば、面白おかしい話も必要です。「昨日変なことが起きたんだよー」といった口調で、まず切り出しましょう。相手からの反応があれば、「ゾンビが部屋の中に突然飛び込んできたんだけど、なんとか撃退できた。ゾンビ関連の本とか映画が役に立ったよ!」とありえないような話を作りましょう。
    • くだらなければくだらないほど、相手から返事が返ってくるでしょう。
    • ただし、これには限度があります。笑わせることが目的なので、不快な思いをさせないよう注意を払いましょう。[6]
  3. 3
    大げさに反応する 相手からの一言メッセージに大げさな返事をしてみましょう。例えば、今日がどんな1日だったのかを尋ねたのに対し「普通」としか返ってこなかったとしましょう。このような場合は、「マジ??それは大変だったね!(笑顔の絵文字)」といったように書いてみましょう。最後に絵文字を加えることで、怒っているのではなく、からかい半分で言っているということを示しましょう。このようなやりとりをすることで、今後の返信内容が増える可能性もあります。[7]
  4. 4
    自虐的なことを言う 相手がほとんど無反応なのであれば、自分を責めてみるのも良いかもしれません。例えば「今日は全然だめだなー普段は俺もっと面白いのに(笑)」といって自分の会話力の無さを自虐してみましょう。最後に絵文字等を加えることで、怒っているのではなく、からかっているということが伝わります。
    • これは自分を卑下することとは違います。ユーモアに富んだ話し方をすることが目的なのであって、相手に不快な思いをさせたり、自分自身を陰気で不幸せな人間として見せる必要はありません。[8]
  5. 5
    相手の代わりに自分で答える 相手からあまい反応がない場合は、ユーモアたっぷりの返信内容をあなた自身で考えて、良い印象を与える努力をしましょう。相手にメッセージを送る際は、それに対する面白い回答も一緒に添えてしまいましょう。例えば「週末の予定は何?あ、待って、知ってるよ、愛犬をすごい場所に連れて行ってあげるんだよね。飼い犬思いの優しい人だもんね(絵文字)」といった要領で書きましょう。このように気さくな内容を送ることで、相手も返事をしやすくなります。逆にあなたのことをからかうような返事が届くかもしれません。[9]
    • 不適切な内容にならないよう注意を払いましょう。大げさすぎる内容は逆効果でしょう。
    広告

ポイント

  • メッセージの送り過ぎに注意しましょう。大量のメッセージを送っても、相手からの返信が増えるとは限りません。[10]
  • 自分自身が一言メッセージを送らないようにしましょう。受け取ったときにどのような気持ちになるのかが分かっているのであれば尚更、相手に同じ思いをさせないようにしましょう。[11][12]
  • すぐに返信がない時は忙しいのかもしれません。一言返す余裕すらないということも考えられます。[13]
  • この記事で紹介した方法をいくつか試しても状況が変わらない場合、相手はあなたに関心が無いのかもしれません。少し距離をおきながら再び試してみましょう。それでも何も変わらないのであれば、むしろあなたのことが好きではないのかもしれません。
  • 全くメッセージを送らない日を1日設けましょう。
  • 絵文字を加えてみましょう。常に加える必要はありませんが、自分の感情を適切に示すために活用しましょう。
  • 失礼な内容を送ったり、返信するまで長時間経ってことがないようにしましょう。自分から何を書くべきか考えすぎないことも大切です。
  • 「普通」といった内容の返事が返ってきても必ずしも、その相手が退屈している、あるいは否定的な含みがあるとは限りません。その人によります。

広告

関連記事

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

他者に依存しない

How to

復讐する

How to

キスが上手になる

How to

泣いている人を慰める

How to

敬意を持って人に接する

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

女性をその気にさせる

How to

友達がゲイかどうか見分ける

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

男性からの好意に気付く

How to

落ち込んでいる友達を励ます
広告

この記事は役に立ちましたか?

広告