昨今では、テキストメッセージは友人関係を築く一般的な手段となり、さらに特別な関係に発展するきっかけとなることも決して少なくありません。好意を抱いている女子の気を引きたいと考えている人にとって、テキストメッセージは最も簡単なコミュニケーション方法の1つです。気持ちを落ち着かせて携帯電話を手に取り、できる限り良い印象を与えましょう。

パート 1 の 2:
自己紹介をする

  1. 1
    電話番号を聞く テキストメッセージは相手の連絡先が分からなければ成立しません。勇気を出す必要があるかもしれませんが、できる限り自然な態度を心がけましょう。力まずに「そういえば連絡先まだ交換していなかったよね?聞いても良いかな?」というように尋ねれば、ほとんどの場合、上手くいくでしょう。
    • 下記の点に気をつけましょう。
      • 他の友人から連絡先をもらわないようにしましょう。本人から直接もらっていないのであれば、相手はあなたから連絡がくるとは思っていません。このような方法で連絡先を入手したことに嫌悪感を抱くかもしれません。
      • インスタントメッセンジャーやインターネットを介して尋ねないようにしましょう。直接尋ねた方が断られる可能性も低くなります。完全に彼女に主導権があり、本当にあなたのことが嫌いという場合を除き、ほぼ連絡先を教えてくれるでしょう。
      • 平静を装いましょう。連絡先をもらうことは大したことではないような態度を保った方が上手くいきます。逆に必死になってしまうと相手に嫌がられる可能性があります。
  2. 2
    相手が自分の連絡先を持っていない場合は初めてのメッセージで自己紹介をする 相手から連絡先を渡され、自分の方からまずメッセージを送る場合は、下記の様に誰なのかが分かるような内容を心がけましょう。
    • 「昨日しゃべった○○です。どうも」
    • 「○○です。あまり邪魔したくないなと思ったんだけど、この動画見たことある?さっき大爆笑したよ」
    • 自虐的なユーモアを披露する余裕がある人は「ド緊張して大恥をかきながら連絡先を聞いた男を覚えていますか?僕です!」といった話し方を試してみても良いでしょう。
  3. 3
    時々メッセージを送る 時々メッセージを送り、どのような返事が返ってくるのか様子をみましょう。初めのころから大量のメッセージを送りつけるのは賢明ではありません。1日2~3通送り、その後は1~2日間隔を空ければ必死になっているように映りません。(必死な態度によって相手の気持ちが冷めてしまうこともあります。)
  4. 4
    間違った接し方をしていないか様子を探る 人間にはボディーランゲージというコミュニケーション方法が備わっています。そのこと自体は既に知っている人がほとんどである一方で、文面からボディーランゲージがにじみ出すこともあると言うことはあまり知られていません。例えば下記のような兆候があれば、適切にテキストメッセージでコミュニケーションをとることができていることを示しています。
    • 返事が早い:自分からメッセージを送ると、すぐに返信がありますか?ただし、じらそうとして、わざと返信に時間をかけている場合もあるので、深く悩みすぎないことも大切です。
    • 笑顔やその他の感情を示す顔文字:相手のメッセージには笑っていることを示す表現が頻繁に使われていますか?使われて入れば良い手ごたえと言えるでしょう。笑顔などの感情を示す顔文字もまた好反応です。
    • 好意を示す表現:相手から誘っている時は恐らく気がつきます。「教えてくれたら絶対一緒に行ってたのに」や「話したら元気になった」といった表現を相手が用いている場合はかなり順調です。この調子で続けましょう!
  5. 5
    相手にあまり興味がないことを示す兆候を逃さない 脈ありの兆候と同様に、脈がないことを示す兆候も存在します。メッセージのやりとりをしている際は下記の点に注意を向けましょう。
    • 全く返信がない時がある:つまり完全に無視をしています。何か失礼で無神経なことを言ってしまったのであれば、二度とこうした発言をしないよう注意しましょう。相手を少しそっとしておくようにしましょう。
    • 返信が素っ気ない:何度か気持ちのこもった丁寧なメッセージを送ったにも関わらず、返事が「ふーん」程度である場合、相手はあなたに関心を持っていないか、内容に興味がないのかもしれません。
    • 相手から自発的にメッセージが来ることがない:常に自分からメッセージを送っていて、相手がこのような努力をすることがない場合、おそらく思いは(少なくとも現時点は)一方通行です。
    広告

パート 2 の 2:
徐々に親しくなる

  1. 1
    送る内容を考える 一般的な内容から入り、お互いのことが分かっていくにつれて内容も変えていくようにしましょう。
    • 例えば、メッセージを送り始めて日が浅い時は今度開催される集まりやイベントを話題にしてみましょう。
    • ある程度経過してから、「今何してるの?」や「これからどこに行くの?」といった内容を送るようにしましょう。
    • こうした段階を踏んで初めて、相手が気になっているということをや、相手の好きな点などを伝えるようにしましょう。(このような内容は、相手と特別な関係になってから、あるいは相手に不快な思いをさせてしまう心配がないと分かっている時にのみ送りましょう。)
  2. 2
    ユーモアを交える 相手を笑わせるような内容を含めると、よりスムーズにメッセージのやりとりを行えるようになります。自分が元から冗談好きという場合は、この強みをぜひ活用しましょう。そうでない場合は、二人しか分からないジョークを考えたり、相手を傷つけない程度にからかったり、あるいは一緒に遭遇した面白い状況を話題にしてみましょう。
  3. 3
    相手からの内容をよく読む 相手から質問が届いたら答えましょう。さらに、普段相手が送ってくる内容に目を通しているということが伝わるような方法で返信しましょう。喜んでくれるはずです。
    • 相手からメッセージが届く度に即座に返信しないようにしましょう。数分待ってから返事をしましょう。時折変化をつけましょう。つまり、日によって返信までの時間を長くしたり短くすることが大切です。
  4. 4
    常に口説こうとしない 常日頃からべた褒めをする必要はありません。口説こうとしているのであれば、頻繁にそうした発言をしないようにしましょう。少しずつの方が効果的です。下記のような内容を含めることで話題に多様性を持たせましょう。
    • 相手の日常:「元気?」「今日は学校(仕事)どうだった?」あるいは「週末は何する予定?」などは一般的です。
    • 相手が直面している難題:相手から打ち明けられるまで待ちましょう。相手の生活を詮索してはいけません。ただ、相手から相談されたのであれば何らかの助言をすることができるようにしましょう。
    • 自分自身の日常に起きていること:あなたは恐らく相手のことに集中しているはずです。そのこと自体に問題はありません。ただ、相手があなたについて知りたいと思っていることもあります。自分自身が最近どうしているのか、どんなことがあったのか、あるいは何をしようとしているのかといった点も共有しましょう。わずかに共有するだけでも大きな違いがあります。逆に自分のことについて喋りすぎないよう注意しましょう。
  5. 5
    ある時からメッセージ以上の関係になれるようにする 気になっている女子と関係を築きたいのであれば、メッセージを交換するだけでは何も始まりません。ある程度このようなやりとりを続けた後で、関係を一歩先に進め、実際に一緒に遊んだり、電話をしたり、デートすることができるようになりましょう。
    広告

ポイント

  • 優しく、丁寧に接しましょう。相手のことを気にかけているということが伝わることが大切です。
  • テキストメッセージには笑顔の顔文字を混ぜましょう!相手からも笑顔が返ってくれば、きっとあなたとのやり取りを楽しんでくれています。
  • 1度送った内容の返信がないからといって同じ内容を繰り返し送らないようにしましょう。
  • 相手からメッセージが来た際は、返信するまで時間を空けすぎないよう注意しましょう。あなたが無視をしていると誤解されてしまうかもしれません。
  • 自分らしく自然に振舞いましょう。自分の人となりを誰かのために変える必要はありません。誠実で信頼できる男性が好かれます。
  • 相手からの返信を待っているということが伝わらないようにしましょう。必死に見えてしまいます。
  • あなたが好意を持っているということが少し伝わるようにしましょう。ただし単刀直入に伝えるわけではありません。相手が逃げて行ってしまうかもしれません。
  • 自分らしくあることが一番だということを忘れないようにしましょう。

広告

関連記事

How to

女の子と両想いかどうかを確かめる

How to

自尊心の低い人を助ける

How to

親友を失ったことを乗り越える

How to

本当の友達と見せかけの友達を見分ける

How to

最高の親友になる

How to

人の信頼を取り戻すために説得する

How to

人から好かれる

How to

女の人を励ます

How to

友達と話す

How to

真の友人かどうかを見極める

How to

フレンドリーになる

How to

友情を終わらせる

How to

酔った人をケアする

How to

親切にする
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む41人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 友情
このページは 245 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告