女性に真剣交際を申し込む方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

真剣交際は単なるデートとは異なり、伝統的な形式に則って女性と知り合う行為です。公の場所でデートを重ね、女性と知り合い、最終的には結婚したいかどうかを判断します。とは言え、決まり事や形式が目的ではなく、重要なのは無私無欲な姿勢、2人の友情、そして献身的な態度です。[1]デートよりも真剣に取り組むものですが、デートの楽しさも味わえ、かつ興味ある女性を効率良く知ることができます。

パート 1 の 3:
真剣交際の準備をする

  1. 1
    デートと真剣交際の違いを知る デートと真剣交際とは異なります。特に現代社会においては全く別ものと言えるでしょう。一般的にデートは形式張らず、真剣な約束もしないで気軽に行うものです。交際相手を1人だけに絞ることもあれば、複数の女性とデートすることも可能で、目的は楽しむことです。一方真剣交際は、結婚を前提として相手の女性を知るために固い約束の上行うものです。[2]
  2. 2
    心の準備ができているかを判断する 真剣交際はデートとは異なり、男性が真剣に女性を求める行為なので気まぐれに行うべきではありません。真剣交際はほとんどが将来結婚の可能性があるかどうかを判断したいカップルの間で行われるため、結婚に対して心の準備ができていない場合には、カジュアルなデートを楽しむだけにするか、シングルを貫くべきでしょう。[3]
  3. 3
    真剣交際のメリットを理解する 真剣交際は「昔ながらの」やり方に見えたり規則に縛られている印象があるかもしれませんが、女性も同じ気持ちでいるかどうかと不安になりがちなデートとは違い、正々堂々と女性を求めることができます。単純なデートを繰り返すことに飽き、次のステップに進む準備ができているなら、真剣交際は新たな希望をもたらす素晴らしい方法でしょう。
    • 肉体的親密さに欠ける関係はつまらないと思うかもしれませんが、真剣交際のメリットは、デートや戯れの恋で起こりがちな不安な気持ちや混乱を招くことなく、女性を深く理解できることです。真剣交際にはデートのアイディアを創造的に考える楽しさがあり、会話やアクティビティーを通して女性を深く知ることもできるため、結婚のための強固な基盤が作れます。[4]
  4. 4
    まずは友達として付き合う 真剣交際は文字通り真剣に行うものなので、ロマンチックな関係を築きたい相手だと確信していないうちに慌てて実践に移すのは望ましくありません。最初はグループ交際を通して彼女の性格を知り、本当に好きかどうかを確かめましょう。
  5. 5
    相手の家族について知る 真剣交際が盛んなのは主に信仰的な人々の間においてです。そこでは健全な関係に価値をおき、家族やコミュニティーを含めた交際が重要視されます。女性の家族を知れば、彼女に結婚を前提とした交際を申し込みたいかどうかが判断しやすくなるでしょう。彼女の家族の価値観を知って、相性を考えましょう。[5]
    • 真剣交際については家族によって考え方が異なります。娘がまだ告白されていない段階で相手をよく知る必要はないと考える家族もいれば、真剣な交際を許可する前に相手が信頼できる人かどうかを確かめたいと考え、家族ぐるみの交際に大きな価値をおく家族もいます。
    • あなたが立派な社会人で、女性もすでに実家を離れ一人暮らしをしている場合には、家族との付き合いはそれ程重要ではないかもしれません。ただし、彼女の価値観を大切にして外れた行為は避けるように常に注意しましょう。
    広告

パート 2 の 3:
交際を申し込む

  1. 1
    彼女に率直に伝える 真剣交際を始める前に、自分の彼女に対する気持ち、また結婚を視野に入れていることを彼女に伝えましょう。2人とも同じ気持ちでいることを確認し、彼女が2人の関係に期待するものも尋ねましょう。
    • 結婚を前提とする交際の全てが形式的で真剣なものというわけではなく、普通のデートとそれ程変わらない場合もあります。ただし、交際相手が1人であること、またカジュアルな遊びでないことだけは覚えておきましょう。結婚の覚悟を持たずに真剣な交際を開始するなら、女性も同様の気持ちでいることを確かめましょう。確かめずに交際を始めてしまうと、双方が憤慨したり混乱が生じたりする恐れがあります。
  2. 2
    彼女の父親に許可を求める 相手の女性があなたからの交際申し込みを「固い約束の下に行う真剣な行為」として捉えるならば、彼女の父親に許可を求めることが重要です。結婚を前提とした真剣な交際にはしばしば相手の家族や助言者が関わることが多いため、交際を始める前に女性の父親に許可を求めることは、家族の信頼と承認を得る上で非常に重要です。
    • 女性への特別な気持ちを父親に伝えるには相当の勇気が要るため、許可をもらう前に彼女もあなたにロマンチックな感情を抱いているかどうかを確認しましょう。交際を申し込んだ後で彼女から拒まれれば、かなり恥ずかしい思いをします。
  3. 3
    公共の、またはプライベートな場所で彼女を知る どのような形で交際を進めるかにもよりますが、会話やアクティビティーを通して彼女を深く知ることができる場所で一緒に時間を過ごしたいものです。女性の家族や友達など、常にたくさんの人と一緒に彼女との時間を楽しむ形や、コーヒーショップなどの公共の場所で2人だけで過ごすデートの形もあります。
    • 公の場所でデートをするなら、屋外スポーツなどのアクティビティーが良いでしょう。例えば、湖でカヤックをする、公園へピクニックに行く、友達と一緒に映画を見る、地元の観光地を訪れる、新しい趣味やスポーツに挑戦する、地元の遊園地や動物園に行くなどのアクティビティーを考えてみましょう。
  4. 4
    ロマンチックに告白する 結婚前提の交際に家族や助言者の関与があるとはいえ、女性にロマンチックに迫れないわけではありません。デートを楽しくするアイディアを出したり彼女を褒めたり、または彼女の内面外面の両方に恋していると直接伝えることもできます。
    • 女性に結婚を前提とした交際を申し込む際には、公の場での彼女への接し方や彼女の手助けになりたいという気持ちの伝え方が重要です。全てを自分で行いたい女性もいますが、相手への特別な思いを示すのに最も効果的な方法は相手の助けになることです。女性のために手を差し伸べたり、彼女が辛い時に精神的な支えになったりなど思いやりを持って接すれば、自分の気持ちを効果的に伝えることができます。
  5. 5
    2人の関係が確固たるものになるにまでは、熱烈な言葉は控える 精神的親密さは肉体的親密さと同じくらい強力です。ですから、境界線を越えてはいけない場合があります。「愛しているよ」と言う前に、心から本当にそう思っているかどうかを確かめましょう。心の準備ができていいないのに、女性をその気にさせて、2人の関係が次の段階に入ったと思わせてはいけません。
  6. 6
    身体関係を持つべきか否かを決める デートや結婚を真剣に考えるカップルは、すぐに性的関係に飛び込むのをためらう傾向があります。貞操観念について女性ときちんと話し合いましょう。大方の真剣交際では固い約束が親密さよりも重視されます。[6]
    • 交際の形式によってはキスすら許可されないものがあります。キスは結婚式の日に取っておくという考え方に則っています。一方、よりカジュアルでボディタッチも可能な真剣交際の形式もあります。どのような形で関係を進めるべきかを女性と話し合うことが大事です。双方が同じ理解の下で関係を育めると理想的です。彼女の「結婚するまで性的関係は持たない」という固い決意を無視して気持ちを損ねさせてはいけません。とは言え、「いつキスしてくれるのかしら」と彼女を不安がらせるのも考えものです。[7]
  7. 7
    彼女の友達と友達になる 友達も交えてデートに行くこともあるでしょう。そこで彼女の友達と知り合い、彼女の人生に関わりたいと態度で示すことが重要です。
    • とは言え、彼女の親友と親友になる必要はなく、彼女の友達と知り合いになって友好的な関係を作りましょう。ただ、節度を保って付き合うことが大切です。彼女の友人と親友になった後で真剣交際が終わりになったら、彼女もあなたも親友との友情を続けるのが気まずくなるでしょう。
  8. 8
    交際中はアドバイスを聞く 結婚前提の交際は真剣な行為なため、2人の関係をどのように進めるべきか、互いが互いに思いやりを持って接しているかについて、分別のある大人の男性または女性にアドバイスを求めると良いでしょう。助言者または2人の関係を見守ってくれる人がいると、自分が責任ある行動を取っているか、また当初彼女に伝えた通りに行動しているかを確認するのにも役立ちます。[8]
  9. 9
    真剣交際の期間中、随時自分の気持ちを伝える 真剣交際で最悪なのは、自分の考えや意見を相手に伝えずに困惑させてしまうことでしょう。2人の関係をどう考えているか、強い意思を持って交際をしているかなど自分の気持ちを随時彼女に伝えましょう。そうすれば相手も精神的に安定し、この先どうすれば良いか分からないという心配なしにデートを楽しめるでしょう。
    広告

パート 3 の 3:
結婚の可能性を考える

  1. 1
    将来の目標を話し合う 交際が深まり相手を理解できるようになったら、2人の将来についての結論を出しましょう。今後の目標を互いに話し合い、2人の目標が同じであることを確認しましょう。近い将来、実は彼女は1人で自分の人生を謳歌したいと思っていると後になって知ればショックです。以下に考えるべき事柄をいくつか挙げます。
    • 「自分の時間を仕事に多く割きたいか」
    • 「高給取りになりたいか」
    • 「大家族を作りたいか、そもそも家族が欲しいと思っているか」
    • 「移動したいか、それとも一か所に長く落ち着きたいか」
    • 「どのくらいの時間を家族と一緒に過ごしたいか」
  2. 2
    家族と共有したい希望を話し合う これから作る家族と共有したい夢や価値観は人により異なるため、結婚を決意する前にそれらを2人で話し合うことが不可欠です。まず両方とも子供が欲しいかを話し合い、次に理想的な家族の形を話し合いましょう。[9]
    • ここで話すべき重要な事柄は、欲しい子供の数と育て方です。1人が自宅で子供の面倒を見て、もう1人が外で働く形が良いか、特定の価値観や宗教の教えに則って育てるべきか、放任主義にすべきか、隈なく面倒をみるべきかなどを話し合いましょう。
    • 話し合うのが難しいことですが、離婚についても自分の見解を述べましょう。一方は離婚が止むを得ない場合もあると考え、もう一方はどんな状況下でも離婚はあり得ないと考えるなら、結婚に踏み切るべきではないでしょう。2人の価値観が同じことを確かめておけば、結婚後の争いごとも少なくて済みます。
  3. 3
    マネーセミナーを受講する 奇妙に思えるかもしれませんが、お金の問題は結婚生活における最大のストレス要因になる可能性があります。結婚前に互いの経済観念やお金の遣い方が分かっていれば、経済的な問題や懸念に対処するのに役立ちます。地元の自治体や、銀行、証券会社などで適切な講座を探すことができるでしょう。[10]
  4. 4
    2人の相性を判断する これまでに説明した事柄は相性の良さの判断材料になりますが、同時に相性は2人の性格にも左右されます。真剣交際の期間中、2人の性格が正反対なために口論が絶えない、または、女性のライフスタイルが自分の性に合わないとしたら、2人の結婚は上手く行かないかもしれません。
    • 真剣交際は結婚を念頭において行うものですが、すべてが結婚にたどりつくわけではありません。結婚が2人にとって適切ではないと気付いた時点で交際を断ち切る必要があります。将来的に2人が上手く行くとは思えない理由をきちんとかつ穏やかに彼女に説明しましょう。また、交際の機会を与えてもらったことへの感謝も伝えましょう。交際を中止するのは、彼女が全て悪い訳ではなく、単に2人が上手く噛み合わないと思うからだと理解してもらいましょう。[11]
  5. 5
    彼女の父親に結婚の承諾を得る 2人の間に起こり得る問題や懸念を熟考し、互いによく話し合った上で結婚を決意したなら、最後のステップとして彼女の父親に結婚の承諾を求めましょう。昔ながらのやり方に見えるでしょうが、一般的に女性に結婚を申し込む際には、象徴的意思表示として最初に父親に尋ねます。父親に敬意を払うと同時に承諾を得たいという気持ちを父親と彼女の両者に示すのが目的です。
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ:
このページは 53 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告