女性と会話している時に相手の胸から目を離せない場合は、何としても視線を逸らす方法を見つけることが重要です。胸をじっと見つめられると、女性は不快な上に、物として見られていると感じる場合があります。女性の気持ちを考慮しつつ、凝視しないための効果的な方法を繰り返し実践すれば、女性を尊重しながら集中して会話を楽しめるようになるでしょう。

パート 1
パート 1 の 3:
視線を移す

  1. 1
    相手と視線を合わせることに集中する 女性と視線を合わせるようにすると、相手の胸から目を逸らせることができるだけでなく、自信に満ちあふれた態度で会話に集中しているように見えるでしょう。相手の目への視線を保つには、目の色や形をしっかりと観察するようにします。ずっと目を見続けるのが困難な場合は、代わりに相手の眉間の辺りを見るようにしましょう。[1]
    • 時折視線を逸らすことを忘れてはいけません。常に目を合わせることを不快に感じる人もいます。
  2. 2
    女性と会話している時は顔の横付近を見つめる 相手が話している間は笑ったり頷いて、相手の会話に集中している姿勢を示しましょう。頻繁に視線を合わせ、無関心だと思われないようにします。また、自分が話している間も同じような動作をすると、適切な発言をしようと一生懸命頭の中で考えているように見えるでしょう。
  3. 3
    興味深い対象物を見つけて一緒に見る 外の景色が美しいのであれば、会話をしている相手にその旨を伝え、2人で一緒に景色のほうに体を向けて風景を眺めるとよいでしょう。屋内にいる場合は、壁にかかっている写真やその他のものを指さして「あんなに面白い写真だなんて今まで気づかなかったよ」などと言ってみます。双方の興味を別の場所に向けることで、相手の胸を凝視せずにすむようになります。
  4. 4
    椅子の位置を調整し、2人が同じ方向を向いて座れるようにする 注意が散漫になり女性の胸を見つめたいと思った時は、椅子を移動させて相手と同じ方向を向くようにします。向かい合って座っている場合は、椅子を相手の隣に移動させて同じ方向を見ながら会話を続けましょう。

パート 2
パート 2 の 3:
考え方を変える

  1. 1
    胸を見つめる癖を直す 他の癖と同様に、凝視する癖は直せる可能性があります。意識的に努力すれば、女性の話に真剣に耳を傾けながら有意義な時間を過ごすことができます。胸を見ないようにする練習を続ければ、すぐに慣れるでしょう。[2]
    • 女性と一緒に過ごしている時につい胸を見てしまったらそのことを意識し、目を逸らすように自分に言い聞かせましょう。
    • 魅力を感じている人に今から会う場合は、胸を凝視しないように自分に言い聞かせましょう。
  2. 2
    意識を会話に集中させる 相手が話している内容に熱心に耳を傾けて適切に反応し、意味のある質問をするようにします。会話で気を紛らわせ、女性の体を見つめたいという欲求を抑えましょう。[3]
    • 例えば映画に関する話をしているのであれば、最近見た映画を思い出して相手に話してみます。その映画に関して良かった点や悪かった点を話し、相手から質問があれば答えましょう。
  3. 3
    相手の胸を凝視していることを気付かれた時の影響を考える 気付かれた場合、相手は恐らく不快に感じて今後あなたとの会話を避けるようになるでしょう。そのことに関して何かを言われる可能性もあり、他の人達の前で一騒動が起きるかもしれません。相手がどのように反応しても、大切な関係性が崩れる上に恥ずかしい思いをするでしょう。女性の胸をじっと見つめたくなった時には、このような影響が出るかもしれないことを覚えておくようにします。
  4. 4
    会話をしている相手の女性が「物」ではなく、「人」であることを自分に言い聞かせる 相手が複雑な感情を持つ1人の人間であることについて考えてみます。相手を人として見るのが難しい場合は、相手の友人や家族がどんな人達か、または相手の趣味などについて考えてみます。こうすると、相手を人として見ることができるようになるでしょう。

パート 3
パート 3 の 3:
衝動を抑える

  1. 1
    胸を凝視したい衝動を認識する 自分の衝動を意識するようにすると、抑えやすくなります。胸を見つめたい衝動に駆られたら、その事実を心に刻んでおきましょう。時間が経つにつれて、胸を見つめたいと思うきっかけを認識できるようになり、その衝動を抑える努力ができるでしょう。[4]
  2. 2
    胸を見つめたい衝動に駆られたら、頭の中でゆっくりと10まで数える 数を数えて気を紛らわせ、衝動を抑えましょう。10まで数えても、まだ胸を見たいと思うのであれば、欲求が消えるまで数を数え続けましょう。[5]
  3. 3
    他の何かを見つめる 女性の胸を見つめたい衝動に駆られた場合は、代わりに他のことを試してみます。天井を見上げる、スマートフォンを見る、指で手のひらをたたく、シャツの袖をまくるなどを試してみましょう。その動作自体は重要ではなく、胸を見たいという衝動に駆られた時に代わりに実行できる他の動作があるという点が大事なのです。[6]
  4. 4
    自分自身を抑えられない場合は、その場から立ち去る 女性の胸を見つめることによって相手や自分が不快な思いをするのに、それでも凝視するのをやめられない場合は、しばらくその場を離れます。会話を丁寧に終わらせて立ち去りましょう。場合によっては、頭の中で衝動を認識してその状況から離れるほうが、胸を凝視し続けるよりもよいでしょう。[7]
    • 例えば、トイレに行くという口実でその場を離れるとよいでしょう。
    • 十分落ち着いて自分の行動をコントロールできる状態になってから、相手のところに戻りましょう。

ポイント

  • 女性の胸を凝視しているのに気付かれた場合は、すぐに丁重に謝りましょう。

このwikiHow記事について

Christina Jay, NLP
共著者 ::
マッチメーカー、認定ライフコーチ
この記事の共著者 : Christina Jay, NLP. クリスティーナ・ジェイはカナダのオンタリオ州トロント市に住むマッチメーカーで認定ライフコーチです。NLPカナダ訓練所にて神経言語プログラミング(NLP)認定資格を取得しました。コーチとして10年以上の経験があり、自身が経営する「Preferred Match」にて、ハイクラスなクライアントの恋活・婚活を応援するマッチングサービスを提供しています。ブロック大学にて経済学の学士号を取得。 この記事は5,338回アクセスされました。
カテゴリ: ティーン
このページは 5,338 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?