女性にメッセージを送るとき、スマートフォンの画面を見つめたまま指をキーパッドに置き、「この子に絵文字を送るべきか?」、「軽薄な男だと思われたり、うんざりされたりはしないだろうか?」などと悩むかもしれません。この記事は、そのような悩みを解消し、完璧なメッセージを送るための助けとなります。女性へのメッセージに絵文字を使う際に、多くの男性が疑問に思うことに回答しました。

Question 1
Question 1 の 6:
女性は絵文字を使う男性を嫌いますか?

  1. 1
    いいえ、女性は男性が絵文字を使うことを全く気にしません 一般的に、女性は絵文字を使うことを好むため、男性よりも頻繁に絵文字を使います。[1] しかし、絵文字を使うのは女性のみではありません。絵文字は誰でも使うことができ、実は女性を口説くのに役立つ場合があります。[2]
    • 絵文字を使用すべきかどうか不確かな場合は、相手の女性に合わせましょう。相手が絵文字を使用している場合は、自分もメッセージに絵文字を使いましょう。一方で、相手があまり絵文字を使用しない場合は、自分も使用を控えるのがよいかもしれません。
  2. 2
    女性は性的な暗示を含む絵文字を嫌う可能性があります 専門家によると、一般的に、女性は交際の早すぎる段階で、性的な暗示を含むメッセージを受け取ることを好ましく思わないそうです。したがって、はじめのうちは性的な意味に結び付けられることの多い絵文字(🍆や🍑など)を避けてメッセージをやり取りし、相手がこうした絵文字を使ったやり取りを好むことが分かってから使うのがよいでしょう。[3]
    • メッセージのやり取りでは、🍆は男性器、🍑は臀部を表します。
    • 🍆や🍑だけでなく、💦と👅、👉と👌、👉と🍩、🌭と🌮などの組み合わせも使わないようにしましょう。こうした絵文字の組み合わせも、性的な意味を表します。
    • 同様に、😈や💦も「淫らな」という意味で解釈されることが多いため、使わない方がよいでしょう。[4]
    広告

Question 2
Question 2 の 6:
絵文字を送ることは相手を口説いていることになりますか?

  1. 1
    必ずしもそうではありませんが、絵文字は相手を口説くのに有効です 絵文字は友達同士でも日常的に使われています。したがって、絵文字を送ったとしても、必ずしも相手を口説こうとしていることにはなりません。しかし、相手の気を引くために用いられる絵文字もあります。😉や😍をうまく活用すれば、相手に気があることを伝えることができます。[5]
    • 相手を口説くには、「今日の服装素敵だったね😍」や「今度一緒に勉強しようよ😉」などのようにメッセージを送ります。
    • 😉は、対面している相手にウインクするのと同じ感覚で使うことができる絵文字です。😍を使うことで、自分がそれを非常に気に入っていることを示すことができます。

Question 3
Question 3 の 6:
女性にメッセージを送るときには、どの絵文字使えばよいですか?

  1. 1
    態度や雰囲気を伝えられる絵文字を送りましょう テキストメッセージでは相手の声色や口調が分からないため、誤解が生じやすい問題があります。幸いなことに、絵文字を活用することで、態度や雰囲気を相手に伝えやすくなります。自分の感情を伝えるには、メッセージに顔文字を使いましょう。[6]
    • たとえば、相手に気があることを伝えるには😉を使い、うれしい気持ちであることを伝えるには😀を使います。
    • 「今晩一緒に出かけたいな!😉」や「元気?😀」などのように使います。
  2. 2
    ハートや花を送って口説いてみましょう 絵文字は相手を口説くのに大変役立ちます。🌹や❤️をメッセージに使って、少しだけロマンチックな雰囲気を演出しましょう。こうした絵文字をメッセージに少し使うことで、強引にアプローチしているという印象を相手に与えにくくなります。[7]
    • たとえば、女性の気を引くために、ハートや花などの絵文字を1日に1、2個送るとよいかもしれません。ただし、相手に気味悪がられてしまうかもしれないので、こうした絵文字を何個も重ねて使わないようにしましょう。
    • 「君がいるといつも楽しいよ!❤️」や「あなたことを想っています!🌹」などのように使うことができます。
    • ❤️は「愛情」や「大好き」を意味します。相手の女性に好意を伝えるために、💕を使うのもよいでしょう。🌹も「愛情」や「好意」を意味します。
    • あるいは、💋を使うこともできます。
    広告

Question 4
Question 4 の 6:
絵文字はデートの約束を取り付けるのに役立ちますか?

  1. 1
    はい、絵文字は相手をデートに誘うのに役立ちます! 専門家によると、絵文字を使う人の方が使わない人よりもデートに行く機会が多いそうです。つまり、絵文字は好きな人に好印象を与えるのに間違いなく役立つということです。絵文字を使うことに抵抗がなければ、臆せずに絵文字を送りましょう。絵文字は恋人を作るのにも役立つかもしれません。[8]

Question 5
Question 5 の 6:
どのような場合に、絵文字を使うのを避けるべきですか?

  1. 1
    出会い系アプリで相手に送る最初のメッセージには絵文字を使わないようにしましょう 最初のメッセージに絵文字を使うには注意が必要です。残念ながら、女性は出会い系アプリで他にもたくさんのメッセージを受け取っており、どの男性に返信するかを判断するのに苦労することがよくあります。場合によっては、絵文字は手抜きという印象やいかがわしい印象を与えてしまう恐れがあります。絵文字を使うのは、会話を進めてからにしましょう。[9] 以下のようなメッセージで会話を始めるとよいでしょう。
    • 「こんにちは、僕も読書好きなんです。今は何を読んでいますか?」
    • 「ピアノの写真、素敵ですね!どのくらい習ったんですか?」
    • 「君のワンちゃんは、君と同じくらい可愛いね!何か芸ができるの?」
    • 「真面目な質問があるんだけど・・・味噌汁には木綿豆腐と絹豆腐どっちを入れたらいいのかな?」
  2. 2
    会話中の言葉を絵文字で置き換えないようにしましょう 会話を続けることが難しく、返信を書く代わりに絵文字を使いたくなる場合があります。しかし、そうしてしまうと、自分に興味や関心がないのだと相手に誤解されやすくなります。絵文字だけで回答するのは避け、メッセージを補完するために絵文字を使いましょう。[10]
    • たとえば、女性から「今夜の試合であなたに会うのが待ち遠しいわ!」と送られてきたとします。この場合、サムズアップの絵文字だけで返信するのではなく、「ボクも会うのが待ち遠しいよ!😀」と返信しましょう。
    • あるいは、「新しいトップスを着てみたけどどうかな?」というメッセージが送られてきたとします。この場合、目がハートの絵文字だけで返信するのではなく、「すごく似合っているね!😍」と返信しましょう。
    広告

Question 6
Question 6 の 6:
男性は絵文字を使いますか?

  1. 1
    はい、ただし使用頻度は高くありません 一般的に、男性はあまり絵文字を使いません。しかし、これには理由があります。多くの男性は、絵文字を使う必要性を感じていないからです。絵文字を好むかどうかは、あくまでも個人次第です。[11]
    • 女性にメッセージを送るときの方が男性に送るときよりも、絵文字を使う頻度が高くなるかもしれません。それはまったく問題ありません。

ポイント

  • 他人が絵文字を使っているかについて、あまり気にすることはありません。飾らない自然体のメッセージを書きましょう。そうすることで、好きな女性に本当の自分を知ってもらうことができます。
  • 相手の女性に合わせましょう。相手があまり絵文字を使わない場合は、自分もあまり絵文字を使わないようにするとよいでしょう。同様に、絵文字を多用する女性とやり取りする場合は、たくさん絵文字を使用するとよいでしょう。
広告

関連記事

「別れたら死ぬ」と言っている人と別れる「別れたら死ぬ」と言っている人と別れる
嘘をついて失った彼女の信頼を取り戻す嘘をついて失った彼女の信頼を取り戻す
女の子が自分に気があるかどうかを見極める女の子が自分に気があるかどうかを見極める
女性に愛撫する女性に愛撫する
彼女との電話の会話を続ける彼女との電話の会話を続ける
男性が自分への興味を失ったことを見分ける男性が自分への興味を失ったことを見分ける
彼氏を信頼する彼氏を信頼する
彼女が激怒した時に許してもらう彼女が激怒した時に許してもらう
いい彼氏になるいい彼氏になる
彼氏の気を引く彼氏の気を引く
心の浮気を見抜く心の浮気を見抜く
フレンチキスをする
彼が体目当てで付き合っているかを判断する彼が体目当てで付き合っているかを判断する
彼が本当に愛してくれているか知る彼が本当に愛してくれているか知る
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 恋愛関係維持
このページは 83 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告