PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

礼儀、立ち振る舞い、服のスタイルなどの変化と共に、「女性らしさ」という言葉の定義も変化を遂げてきました。そもそも、「女性らしさ」という言葉は時代遅れだと思う人もいるかもしれませんが、気品、礼儀正しさ、自分や他人に対する敬意など、女性らしさの基本的要素はいつの時代にも存在します。この記事では「現代版」の女性らしさを手に入れる方法を紹介します。

パート 1 の 3:
女性らしく振舞う

  1. 1
    人を紹介する 自分が誰かと話している時に、他の誰かが近づいてきた場合、初めに会話をしていた相手を今その場に来た人に紹介しましょう。
    • ビジネスの世界では、人を紹介する順番は、その人の「重要性」の度合いによって判断します。基本的には、目下の人を先に、目上に紹介します。例えば、友人を職場の上司に紹介する場合、まず上司に「こちらは私の友人の〇〇さんです」などと紹介し、続けて「こちら上司の〇〇部長です」と友人に紹介します。[1] 紹介する際は、肩書きに関わらず、常に取引先や顧客を目上としてみなすことを覚えておきましょう。
    • 可能な場合、紹介する人に関して気の利いた詳細を付け加えましょう。その人の名前だけでなく、肩書きや、その人と知り合った経緯なども紹介するとよいでしょう。[2]
  2. 2
    「お願いします」「ありがとうございます」と言う 礼儀として当たり前のことだと思う人もいるかもしれませんが、こういった言葉を言わない人は(たとえうっかり忘れてしまっただけだとしても)、周囲の目につき、非常に失礼だと思われます。[3]
    • 誰かに何かをしてもらった時は、どんなに些細な事であっても「ありがとう」とお礼を述べましょう。感謝していることが伝わります。
    • パーティーに出席した時や、誰かの家に招かれて訪問した際は、必ず主催者にお礼を言います。テキストメッセージや電話、メールなどを利用して翌日に感謝の気持ちを伝えるとよいでしょう。
    • 贈り物をもらった時もお礼を言うのを忘れてはいけません。メモ書きで感謝の気持ちを伝えてみましょう。
    • 「お願いします」「ありがとう」を多用しないよう注意しましょう。過度に使用すると言葉の意味が損なわれ、相手から下に見られる可能性があります。例えば、ウェイターがあなたのために椅子を引き、ナプキンを広げ、グラスに水を注いでくれたとします。1つ1つの行動に対してその都度お礼を言うのではなく、最後に1度だけ感謝を伝えるようにしましょう。[4]
    • 人に感謝を伝える時は、詳細に述べましょう。問題解決に向けて話し相手になってくれた友人に感謝の気持ちを伝えるのであれば、ただ「ありがとう」と言うのではなく、「私のことを理解しようとしてくれてありがとう。感謝しているわ」などと言えば、誠実さが加わります。
  3. 3
    望まない時は「結構です」と言う 「礼儀正しい振る舞い」と「受け身の姿勢」は意味が異なります。人の言いなりになることが礼儀正しいわけではありません。丁寧な断り方を知ることが大切です。[5]
    • アルコールやタバコはいるかと聞かれた場合、関心がないのであれば丁寧にお礼を述べてから断りましょう。自分の意志に反する行動を取ると、「簡単に影響を受ける人なんだな」という印象を与えてしまいます。
    • また、ある男性から口説かれそうになったり、身体的な危害を加えられそうになった時も、やめてもらいたいことを伝え、自分の身を守りましょう。必要であれば、助けを求めましょう。
  4. 4
    教養を身につける 女性らしく振舞うには、雄弁さに加え、上手く会話を運ぶスキルを身につけましょう。そのためには、多くの本を読み、世界情勢に目を向ける必要があります。必ずしも正式な教育を受ける必要があるわけではありませんが、可能な限り質の高い教育を受ければ自分にとってプラスになります。[6]
    • 学校に通っていない人は、他の方法で教養を身につけることができます。たくさんの書物(フィクション、ノンフィクション共に)やニュースを読み、セミナーや討論会などに参加しましょう。
    • インターネットを利用すれば、ボタンをクリックするだけで様々なトピックに関する学術記事を無料で読むことができます。
    • 公開講座を開催している大学はたくさんあります。参加してみたいと思う公開講座の詳細を調べてみましょう。
  5. 5
    良い姿勢を保つ 立っている時も、座っている時も姿勢が良い女性は、真の女性らしさが備わっていると言えます。さらに、良い姿勢を保つことで体幹が鍛えられるため、背中も美しくなるのです。猫背になりがちの人は特に、慣れるまでには時間がかかるかもしれません。[7]
  6. 6
    他人を尊重する 「女性らしさ」を手に入れるためには、外見を良く見せたり、行儀良く振舞うなど、外側だけの美しさだけでなく、内面の美しさも磨かなくてはなりません。
    • 誰かと話している時は、その人の話にしっかりと耳を傾けるのが礼儀です。そうすることで、会話も盛り上がるでしょう。
    • 他の人が話している最中に遮ってはいけません。[8]
    • 困っている人がいたら手助けしてあげましょう。お年寄りの荷物を運ぶのを手伝ったり、ホームレス施設や動物保護施設などでのボランティア活動を通して人助けをすることもできます。
  7. 7
    魅力的になる 真の女性はただじっと座って時が過ぎるのを待つなどということはしません。女性らしさを持ち備えた人は、周囲と関わり、質の高い会話をし、さり気なく相手と距離を縮めるのです。
    • 魅力的になるにはどうすればよいのか分からないという人は、誰かと話す際は相手に微笑みかけたり、相手を褒めたりすることから始めましょう。相手の靴を褒める時は、「ファッションセンスが最高ですね」など、一味違った褒め言葉を言ってみるとよいでしょう。
  8. 8
    食べ過ぎ、飲み過ぎに注意する 女性らしくなるには自制心を持つ必要があります。食べ過ぎたり飲み過ぎたりするのは自制心が低い証拠です。
  9. 9
    人の家を訪問する際は礼儀正しくする 誰かの家に招かれて訪ねる時は、座る位置、カバンの置き場所、靴は脱ぐべきかなど、招待者に尋ねましょう。[9]
    • 自分の家ではその家の流儀を守って欲しいと思う人もいるということを覚えておきましょう。どう振舞うべきか慎重に判断することが大切です。
  10. 10
    他人のためにドアを開ける 自分が男性であろうと女性であろうと、人のためにドアを支えてあげるといった行いは、敬意と好意の表れと言えます。[10]
  11. 11
    平静を保つ たとえ苛立っていて何かに腹を立てていても、他人に八つ当たりしてはいけません。平常心を保ち、落ち着いて合理的に状況に対処しましょう。そうすれば、ついカッとなって相手に何かをしたり、言ったりして後に後悔するといった事態を避けることができます。
    広告

パート 2 の 3:
女性らしい装いをする

  1. 1
    衛生面に気を使う 衛生面に気を付けていれば、整った外見や良い匂いを維持することができ、感染症や病気から身を守ることにもなります。
    • 毎日シャワーを浴びましょう。髪は毎日洗いたくない場合は、シャワーキャップをかぶり、石鹸とお湯で体を洗いましょう。
    • 毎朝、毎晩、歯を磨きましょう。食事と食事の間に歯磨きをすることで、健康的で美しい見た目の歯と歯茎を維持できます。
    • デオドラントを塗りましょう。自分が放つ匂いにも、外見と同様に気を使うようにしましょう。
    • ワックス脱毛をしたり、カミソリやピンセットを使用して無駄毛の処理をしましょう。不要な体毛を処理することで、すべすべの触れたくなるような肌になり、魅力的な外見を手に入れられるでしょう。
  2. 2
    上品な服装をする 体型、年代、シーンに合った装いをするのが上品な着こなしと言えます。自分にはどのような服装が最も似合うのかを見極めましょう。
    • 量よりも質を重視しましょう。安物のワンシーズンで使い捨てるような服を着ても女性らしくはなれません。長持ちする高品質の服を買うようにしましょう。
    • 自分にはきつ過ぎる服を無理に着ようとするのはやめましょう。
    • パンツスタイルよりも、スカートやドレスを着るようにしましょう。スカートやドレスを着ると女性らしさが漂い、パンツスタイルよりも体の曲線をより美しく見せることができます。さらに、洗練された女性になった気分を味わえるはずです。周りの友人が皆ジーンズを履いている中、自分だけスカートを上品に着こなしていたら、さぞかし女性らしさをアピールすることができるでしょう。
    • 素足でスカートを履いてはいけません。常にタイツやストッキングを履くようにしましょう。
    • 無理してハイヒールを履く必要はありません。フラットシューズもハイヒール同様に素敵な靴です。
    • スウェットパンツやトレーニングウェアを着るのは、ジムに行く時や運動している時のみにしましょう。1日中このような格好で過ごしていては、外見に気を使わない人なのだという印象を与えます。
  3. 3
    服を清潔に保ち、アイロンをかける 服にシワがあればアイロンをかけ、シミがあれば洗濯しましょう。
  4. 4
    濃いメイクや露出の多い服は避けましょう。上品な女性になるには、ミニマリズムの精神を身につける必要があります。メイクは自分の美しさを引き立てるためのものであり、隠すためのものではありません。[11]
    • 胸元が大きく開いた服や、おへそが見えるトップスを着るのはやめましょう。露出の多い服を着ると、自分のためというよりも、男性の気を引くために装っている印象を与えてしまいます。
    広告

パート 3 の 3:
正しいテーブルマナーを身につける

  1. 1
    食事が揃うまで食べ始めない レストランでの食事会であれば、全員の食事が揃うまで食べ始めてはいけません。[12] ディナーパーティーの場では、 主催者が自分のナプキンを広げるまで食事を開始してはいけません。
  2. 2
    口に食べ物が入った状態で話さない 失礼なだけでなく、他の人の食欲を損う原因となります。[13]
    • げっぷをする、舌鼓を打つ、そわそわするなどといった行為もテーブルマナーとして不適切です。
    • テーブルで食事中に咳やくしゃみをする場合は、必ずナプキンで口をおさえましょう。
  3. 3
    席を外す時は一言断る 化粧室などに行く際は、行き先を伝えてから席を立ちましょう。 
  4. 4
    携帯電話でテキストメッセージや電話をしない 携帯電話の使用は一緒に食事をしている相手に対して失礼に当たります。相手が料理を作ってくれたのであれば、尚更です。レストランにいる場合は他の客の迷惑にもなります。電話をするのは食事が終わるまで待ちましょう。
    • フォーマルな食事会などの場では、携帯電話の電源を切るか、マナーモードに設定しましょう。
  5. 5
    テーブルに肘をつかない 食事の最中にのみ守るべきマナーです。食べ物がテーブルに運ばれてくる前や、水や飲み物を飲んでいる時はテーブルに肘をついても構いません。
  6. 6
    食べ物を一口サイズに切る 大きな一口を頬張るよりも健康的なだけでなく、素早く噛んで飲み込みやすくなるため、口に食べ物が入っている時に誰かに質問されても焦る心配はありません。大きな一口を頬張った後に、誰かに質問されると焦ってしまい、恥ずかしい思いをすることになるかもしれません。
  7. 7
    自分の手が届く範囲にある物のみを取る 手が届かない位置にあるものは、他の人に頼んで取ってもらいましょう。
    • 塩または胡椒を取ってほしいと頼まれたら、両方とも渡すようにしましょう。塩と胡椒は常に一緒に置いておくべきアイテムです。
  8. 8
    ナプキンを使用する 必要に応じて指や口についた汚れをナプキンでふき取りましょう。
  9. 9
    丁寧にお礼を言う レストランで食事の際はウェイターやウェイトレスに、夕食会の場では主催者にお礼を言い忘れないようにしましょう。料理を作った人と一緒に食事する時は、その食事に対する褒め言葉も忘れずに言いましょう。
    広告

ポイント

  • 女性らしく振舞うには、明るく自信に満ちた声で話すとよいでしょう。鼻にかかった声、甲高い声、単調な声の人、ボーカルフライ(声帯を振動させて出す声)を出す人、語尾を上げて話す人、「聞き取れなかったのでもう1度言ってください」とよく言われる人は、ボイスとレーニングを受けることを検討してみましょう。女性のためのボイストレーニングのレッスンを提供している大学やビジネススクールは多数あります。
  • できる時は脚を組んで座ってみましょう。
  • 女性らしさを放つには、膝ではなく足首で脚を組みましょう。膝で脚を組むと露出度が高い印象を与えます。
  • 食事が終わった後は、ナプキンをお皿の横に置きましょう。
  • 恥ずかしい事態を招いてしまっても、そのことには大して触れない(少なくともすぐには)のが賢明です。そのような事態になったら丁寧に助けを求めるとよいでしょう。
  • 毎日着飾る必要はありません。仕事やフォーマルな場に行く時のみで構いません。自分の体型に自信がないのであれば、体型が強調されるような服を着るのはやめましょう。女性らしい装いをしたからといって、体型の問題が解決される訳ではありません。
  • 女性らしくなるには、どんな時も受容力と忍耐力を持つ必要があります。真の女性は相違点を指摘して他人に不快感を与えるようなことはしません。例えば、相手のことをよく知りもしないのに、その人の歩き方が周囲と違うことを指摘して質問するなどしてはいけません。
  • 女性らしく振舞うために、往年の名作映画を見るなどして参考になるアイディアを見つけるとよいでしょう。
  • マナー講座を受けることを検討してみましょう。
  • げっぷをしてしまったり、その場を離れる時などは「すみません」と言いましょう。
広告

関連記事

チャットで会話を盛り上げるチャットで会話を盛り上げる
相手に嫌われていないかを判断する相手に嫌われていないかを判断する
授業中にお腹が鳴るのを止める授業中にお腹が鳴るのを止める
酔っぱらっても吐かない酔っぱらっても吐かない
別人になる別人になる
口数を減らす口数を減らす
人を良い気分にさせる人を良い気分にさせる
話題が無い時に会話を始める話題が無い時に会話を始める
心を鬼にする心を鬼にする
物静かな人になる物静かな人になる
うまい皮肉を言ううまい皮肉を言う
楽しく会話する楽しく会話する
好きではないと相手に伝える好きではないと相手に伝える
挨拶をする挨拶をする
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む103人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 社交
このページは 310 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告