女性をデート誘うなんてきっと簡単、とにかく声をかけて誘うだけ、と考えていませんか?内気で緊張しやすい人にとってはそれがとても難しい場合もあります。それでも、ある段階で覚悟を決めて大胆になることが必要です。そうでもしない限り「あの時もし声をかけていたら」と悔やむことになります。ここに紹介されている手順を読み、勇気を出して気になっている女性を誘ってみましょう。

パート 1 の 3:
事前に相手の様子をうかがう

  1. 1
    興味の度合いを測定する 相手からのアイコンタクトはありますか?自分に向かって微笑んだり、笑いかけたり、会話を楽しんでいるような様子は見受けられますか?そうであれば、前途は明るいかもしれません。自分が常に見つめているせいで、彼女のほうは苛立った様子でこちらを見返している、ということはありませんか?これは良い兆候とは言えないでしょう。相手は少しストレスを感じているかもしれません。自分の気持ちはできるだけ内に秘め、あまりに分かりやすく見せてしまわないようにしましょう。
  2. 2
    相手のボディタッチの有無に注意を向ける 相手が頻繁に自分の手を触れようとしたり、触れる口実を作っているのであれば、おそらく興味を持ってくれています。その一方で、ボディタッチがないから好かれていない、ということではありません。同様に、相手からのアプローチが無いのであれば自分から触れてみたりすることも控えましょう。たいていの場合、怖い思いをさせたり、怯えさせてしまいます。相手は自分のことを見ようともしない場合、落ち着いて、話しかける口実を見つけましょう。
  3. 3
    相手が自分を見る目を観察する 相手も自分に好意を持っているのであれば、じっとこちらを見つめてきたり、あるいは目をさっとそらしたりするでしょう。このどちらの行動も、相手もこちらのことが好きであるというサインです。自分がたまたま相手のほうを見たときに相手もこちらを見返してくる場合は、彼女に好かれていないでしょう。又はすぐに視線を違う方向に向けてしまうけれども好かれている、というケースも考えられます。意地の悪い表情でこちらを見ている場合、歯に何か付いていないかを確認しましょう。また、相手がすぐに視線をそらしてしまう理由として、好きだけれど緊張しているということもあります。
    • 会話中、女性は相手の顔を見る傾向にあります。つまり、自分が話していて、相手がそれを聞いているというだけで、自分が好かれていると簡単に思い込まないほうが良いでしょう。しかし一度も話しかけることがなければ、付き合ってもらえる可能性は低いままです。友情は恋愛に発展する可能性を残していますが、友人関係すら築いていなければ、その可能性すらありません。
    広告

パート 2 の 3:
交流を持つ

  1. 1
    相手をまっすぐに見つめる 相手の顔、特に目をまっすぐと見つめましょう。相手の話している内容に耳を傾け、何か質問をしてきたり、話が止まった場合は、自分が知的に会話を続けられるようにしましょう。相手の体(特に胸)を凝視しているところを気づかれないように気をつけましょう。このような行動を好意的に受け取る女性はほとんどいません。相手の方から自分を見ることがなく、無視をされているようであれば、一歩引き、強要しないよう振る舞いましょう。女性の中には、異性の目を見て話すことが苦手な人もいます。 相手のボディーランゲージを読みましょう
  2. 2
    手助けをする 重たいものを代わりに持つ、職場でランチに誘うなど、喜ばれることを率先して行いましょう。断られた場合は、相手が落ち込んでいたり、運の悪い一日に見舞われている時など、本当に助けや優しい言葉を必要とするまで待ちましょう。親切に、社交的な態度で接することが大切です。素早く立ち去られてしまっても、後を追ったり、「なぜ?」などと責めず、そっとしておきましょう。
    広告

パート 3 の 3:
誘う

  1. 1
    見た目を整え、臭っていないことを確認する デートに誘うためにスーツとネクタイを着込む必要はありませんが、清潔で体に合った服を着て、きちんと歯を磨き、制汗剤をつけましょう。前日と同じ服装にならないよう気をつけましょう。例えば、月曜日に着ていたものと同じ赤のスウェットパンツを、火曜日に着て登場するのはご法度です。
  2. 2
    相手に話しかける 気の利いたことを言う必要はありません。「おはよう」、「あのさ」といった始め方で大丈夫です。会話が進んでいくにつれて、相手を褒めたり、質問をしてみましょう。
    • 会話が得意では無い場合、さらに次のようなスキルも確認しておくと良いでしょう。
      • 他人と会話をする
      • 興味を引く話題を考える
  3. 3
    気軽に楽しんでいるような口調を保つ いたって自然で気軽に感じられるような場にしましょう。少し戯れあってもいいでしょう。リラックスして、冗談を言ったり、思い切ってボディタッチも試してみましょう。
  4. 4
    適切なタイミングで、デートに誘う 映画など、双方が興味を持てそうな場に誘ってみましょう。二人の好みのバーやレストランのハッピーアワーも良いでしょう。ありきたりのデートとは違う内容を考えてみましょう。
    • 例えば「こんな映画があるんだけれど、好き?」と尋ねてみます。楽しめそうだという返答であれば、一緒に見に行くことを提案してみましょう。「これってデート?」などの質問があれば、しっかりそう答えましょう。はっきりとしていている男性のほうが、意気地なしの男性よりも好かれます。
    • その他のカジュアルな誘い方として、「この展覧会の初日が今度の土曜日の夜にあるのだけれど、一緒にどう?楽しめると思うよ」といった内容も良いでしょう。
  5. 5
    自信を持つ 相手から、これはデートなのか確認された場合、きちんと肯定しましょう。自分に自信のある男性は好かれます。
  6. 6
    拒絶に対しての心の準備をする 答えがノーでも落ち着いた態度を崩さないようにして、笑顔を忘れず優雅に「大丈夫、また次の機会に」という旨を伝えましょう。会話のトピックを変えたり、どうしてもそれ以上一緒に居たくなければ一旦去っても良いでしょう。相手に依存しているような態度は見せないようにしましょう。素っ気なさが逆に相手の気を引くこともあるためです。誘いに対して、見るからに嫌そうな様子で大声で「絶対やだ!」といった風に断られた場合、相手に気持ち悪がられていることを意味しています。その相手のことはあきらめ、次の人を見つけ前に進みましょう。あまり傷心になりすぎる必要もありません。無気力になってしまいます。こうしたやり取りそのものを好まない女性もいるものです。
    広告

ポイント

  • 二人きりの時に誘いましょう。周囲に人がいる状況で誘うと、イエスであれノーであれ、答えなければいけないというプレッシャーを与えてしまい、真意のある回答を受け取れなくなってしまいます。
  • リラックスして自信の満ちた態度が、心地よい沈黙か耐えがたい沈黙かを分けます。会話をしていて、ふと話が途切れるのはごく自然なことです。そこで焦らないようにしましょう。相手もきっと緊張しています。
  • 女性は一人一人異なるということを忘れないようにしましょう。ここでのステップは誰にでも適しているものではありません。自分でも判断ができるようになりましょう。
  • 拒絶を恐れてはいけません。女性の多くは寛大で、仮に誘いを断ったとしても断り方も優しいことが多々あります。女性の中には、せっかく誘ってくれたのだからという親切心でデートに応じてくれる人もいます。ここで誤解をしないように気をつけましょう。気持ちを傷つけないよう気遣いをする程度には好きでいてくれていますが、交際を開始するほどではないという場合もあります。
  • 女性に話しかける際、「今ちょっといい?」、「聞きたいことがあるんだけど」と、その後の会話ができる限りスムーズに流れていくように切り出しましょう。
  • 直接話しかけて誘いましょう。メールやFacebookなどのソーシャルメディアでは冷たい印象を与えてしまうでしょう。傲慢だと受け取られない限り、 自信を持った振る舞いは魅力的に映ります。
  • 色々な相手とデートしていると、遊んでいる印象を与え、女性に引かれてしまうかもしれません。女性が好んでデートする相手は信頼ができて、交際を続けられそうな人である傾向があります。逆にデートに誘い、そのあとすぐに別れてしまうのは相手として最悪のケースと言えるでしょう。
  • 誘った相手からイエスという返事をもらう可能性を高めるためには、相手が求める要素を示す必要があります。誘う前から、相手に魅力的に映っていれば、誘う勇気を振り絞るストレスもかなり軽減します。
  • 男性から話しかけられて緊張する女性もいます。唇をかんだり、視線を逸らしたり、顔が赤くなったりするのは緊張しているサインです。こうした際は相手に十分に考える時間を与えましょう。2~3週間後、もう一度気軽に声を掛けたらイエスという返事が返ってくるかもしれません。

広告

注意事項

  • 相手の態度が自分に送られているサインだと思い込まないようにしましょう。親切に接してくれているからと言って、気があるとは限りません。普通に優しい人が、親切に接したいという気持ちから誰とでも同じように話しているということも考えられます。
  • 直接誘わないことで、拒否される可能性は高まります。メール、電話、Facebook、ツイッターを通して誘うことは控えましょう。
  • 粘り強くありつつも、しつこくならないよう気をつけましょう。優しく断っているのは、興味がないということを丁寧に伝えていることを意味しています。逆にきっぱりと断られたのであれば、そのまま退散しましょう。ストーカーと間違われないよう気をつける必要があります。
  • デートに誘いたい女性が現れたら、その人が自分に対してどのように接しているのかを注意深く観察しましょう。依存したがる様子の女性は、仮に付き合っていない関係でも要注意です。デートに誘った際は、相手の反応に注意を向けましょう。あまり重要でないことに過度に反応する人もいるでしょう。
  • デートに誘う前に必ず先に友人関係を築かなければいけないというわけではありません。通りを歩いている時やカフェで見かけた女性を誘うことも可能です。ただ、その前に必ず良い印象を与えるようにしましょう。


広告

関連記事

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

復讐する

How to

他者に依存しない

How to

キスが上手になる

How to

泣いている人を慰める

How to

敬意を持って人に接する

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

女性をその気にさせる

How to

男性からの好意に気付く

How to

友達がゲイかどうか見分ける

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

落ち込んでいる友達を励ます
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む285人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,345回アクセスされました。
カテゴリ: | 人間関係
このページは 1,345 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告