PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

男性が女装する場合は、体にぴったり合うブラをつけるとボディラインが整うだけでなく、身体的にも精神的にも女性らしくなるでしょう。ブラには数えきれないほどの種類があり、購入する際はサイズにも迷うかもしれませんが心配は無用です。まずは基本的な測定を行い、胸にフィットするアンダーバストのサイズを確認しましょう。それから好みのカップサイズを選び、ブラパッドやシリコンバストなどを使ってバストを理想的な大きさに整えます。ブラの種類やデザインは好みに応じて選びましょう。曲線的なボディラインを作るために、様々なブラを自由に試しましょう。

方法 1 の 3:
ブラのサイズを決める

  1. 1
    乳首の5㎝下にメジャーを巻いて胸囲を測りましょう。ブラをつけずに、薄手のTシャツの上か素肌に柔らかいメジャーを巻きます。乳首の5㎝下かバストのすぐ下、ブラのベルトがあたる部分に巻きましょう。メジャーを水平に保ちながら胸の周りに巻き、値を書き留めます。[1]
    • 胸の脇から肩甲骨の下を通るようにメジャーを巻き、メジャーが床と水平になっているか鏡で確認してから値を書き留めましょう。
    • 息を止めると胸が膨らむ可能性があるので注意しましょう。息を吐いて肺から空気を抜き、胸骨が膨らんでいない自然な状態で測ります。
  2. 2
    アンダーバストのサイズを確認しましょう。アンダーバストサイズは5㎝刻みで、前後2.5㎝が許容範囲です。具体的には、「62.5~67.5cm:サイズ65」、「67.5~72.5cm:サイズ70」、「72.5~77.5cm:サイズ75」、「77.5~82.5cm:サイズ80」、「82.5~87.5cm:サイズ85」、「87.5~92.5cm:サイズ90」、「92.5~97.5cm:サイズ95」、「97.5~102.5cm:サイズ100」となります。計測値を基に自分のアンダーバストサイズを確認しましょう。[2] [3]
    • 胸囲が78㎝の場合、アンダーバストサイズは80です。
    • 胸囲が87㎝の場合、アンダーバストサイズは85です。
    • アンダーバストサイズは、AやBなどのカップサイズの次に数字で記載されています。C80とD80のブラは、アンダーバストサイズは同じですがカップサイズが異なります。
  3. 3
    実際のカップサイズを確認するために、乳首の高さにメジャーを巻いて胸囲を測りましょう。今度は乳首にメジャーをあて、トップバストを測ります。乳房があると、この値は最初に測った値より大きくなります。トップバストの値がアンダーバストの値より小さい、同じ、大きいにかかわらず、その差を求めてカップサイズを確認しましょう。[4]
    • トップバストとアンダーバストの差が0~8.5㎝なら、AAカップを選びましょう。9~11㎝ならAカップ、11.5~13.5㎝ならBカップ、14~16cmならCカップ、16.5~18.5㎝ならDカップ、19~21㎝ならEカップ、21.5~23.5㎝ならFカップ、24~26㎝ならGカップです。[5] [6]
    • アンダーバストが75㎝でトップバストも75㎝の場合、パッドを使わないのであればAAカップを選び、AA75のブラを購入しましょう。
    • アンダーバストが95㎝でトップバストが105㎝の場合は、Aカップが最適かもしれません。パッドを使わない場合は、A95のブラを試しましょう。
  4. 4
    パッドを使う場合は、理想的なカップサイズを選びましょう。計測値を基にアンダーバストのサイズを確認し、カップサイズは体とのバランスを考えて選びます。胸と肩が広い場合は、DカップかEカップが良いかもしれません。細身の人は、BカップやCカップを選ぶとバランス良く見えるでしょう。様々なカップサイズを試して好みのサイズを見つけましょう。
    • ブラサイズの先頭に記載されている文字がカップサイズです。パッドを使わないときに体にフィットするブラサイズがAA75の場合、カップを大きくするのであればB75やC75などのブラを探しましょう。
    • 様々なサイズのカップとパッドを試しましょう。ただし、ブラに合う大きさのパッドを選びます。
  5. 5
    下着専門店でブラを試着しても良いでしょう。ブラのサイズに慣れていない場合は、下着専門店の販売員に適切なサイズをアドバイスしてもらいましょう。ブラを試着する際は、様々な種類やサイズのブラを試着室に持ってきてもらいます。こうすると手間がかからず、体にぴったり合うブラを選ぶのが楽しくなるでしょう。
    • 店で試着するのが不安な場合は、事前に連絡してみましょう。男性のブラの試着に対応できる販売員がいるか確認し、予約ができるか尋ねます。[7]

方法 2 の 3:
ブラの種類を選ぶ

  1. 1
    バストをしっかり固定するには、ワイヤーが入ったパッド付きのブラを選びましょう。パッド付きのブラとプッシュアップブラの多くには、厚みがあるウレタンパッドが付いています。胸を大きく見せたければ、このようなブラを選びましょう。後からパッドを入れる場合は、パッドを持ち上げて固定できるようにワイヤーが入ったブラを選びます。
    • ワイヤー入りのブラは、左右のカップの下にU字のワイヤーが入っています。ワイヤーが入っているかどうか確認するには、この部分が硬いか触れてみましょう。
    • アンダーバストのサイズが合っていないとワイヤーが胸に食い込む可能性があるので、適切なサイズのブラを選びましょう。
  2. 2
    柔らかなシルエットが好みなら、パッドが付いていないノンワイヤーブラを試しましょう。胸を大きく見せない場合やパッドを使わない場合は、柔らかいノンワイヤーブラが良いかもしれません。ノンワイヤーブラには、スポーツブラのような形のブラ、部屋着のようなジャージー素材のブラ、レースのブラレットなど様々な種類があります。好みに応じて選びましょう。
    • ブラをつけるのに慣れていない場合、最初はパッドが付いていないブラを試してつけ心地を確認すると良いでしょう。
    • ノンワイヤーブラにはフックで留める物もありますが、伸縮性がある素材で作られていて頭からかぶるタイプの物もあります。好みに応じて選びましょう。
  3. 3
    大きなパッドがずれないように、ポケット付きのブラを選びましょう。ブラパッドを購入した場合は、パッドに対応したブラがその店で販売されているか確認しましょう。左右のカップにパッドを収めるポケットが付いたブラを探します。
    • 大きい、または厚いパッドを使う場合は、ブラのポケットに収納するとずれる心配がなく、しっかり固定できます。
    • パッドの大きさに応じて、適切な大きさのポケット付きブラを選びましょう。カップが小さすぎると、パッドを入れるために生地を伸ばすことになるかもしれません。
  4. 4
    ロングラインブラをつけて胴体をすっきり見せます。補正下着としても使えるブラを探しているのなら、ロングラインブラを選びましょう。一般的に、ロングラインブラは丈がウエスト近くまであります。ワイヤーが入っているので腹部の膨らみがなくなり、ウエストが引き締まって見えるでしょう。このようなブラは体に密着するので、アンダーバストが1サイズ大きい物を選びましょう。
    • ロングラインブラには背中のホックがたくさんある物が多いので、最初は留めにくいかもしれません。時間をかけてホックを留める練習をしましょう。1番上のホックから下に向かって順に留めていきます。
  5. 5
    ストラップを取り外せるブラを試しましょう。普通のストラップが短すぎてきつい場合やトップスやワンピースに合わせてストラップを付けたり外したりしたい場合は、ストラップを取り外せるブラが適しています。ストラップの前と後ろが外れるか確認しましょう。また、ブラの内側を見て、別の個所にストラップを取り付けるための余分な金具が付いているかも確認します。ブラをつける際は、ストラップを長くして好みの位置に取り付けてから適切な長さに縮めましょう。
    • ストラップを取り外せるブラは、ストラップを後ろで交差させる、片方のストラップだけ外す、ホルターネックブラのようにストラップを首にかけるなど、様々なアレンジが可能です。また、ストラップを取り外せるブラのほとんどは、ストラップを外したままでも着用できます。[8]
    • 目立たないストラップが必要なら、透明の樹脂製ストラップを購入しましょう。
  6. 6
    ホックが前にあるブラと後ろにあるブラのどちらかを選びましょう。普通のブラは背中にホックがありますが、フロントホックのブラもあります。ブラをフィットさせるためにベルトを伸ばしたり詰めたりする場合や延長ホックを付ける場合は、後ろにホックがあるブラを選びましょう。胸が広い場合や腕を後ろに伸ばしづらい場合は、フロントホックブラが良いでしょう。
    • フロントホックブラには、左右のカップの間にプラスチック製のホックが1組付いており、これをカチッとはめて留めます。[9]
    • 胸を締め付けられるのが気になる場合は、ベルトの伸縮性が高いブラを探しましょう。
    • ベルトがきつすぎるブラをつけるのはやめましょう。つけ心地が悪いだけでなく、背中の肉がはみ出してしまいます。
  7. 7
    好みの色や形、生地のブラを選びます。ブラの形やシルエット、色、生地、デザインは数限りなくあるので、個性やファッションセンスに応じたブラが必ず見つかるでしょう。おとなしいブラが好みなら、滑らかな生地でできた黒やベージュなどのニュートラルカラーのブラを選びましょう。派手なブラが好みなら、レースやスパンコール、細かい装飾が施されたブラを探しましょう。
    • 体にぴったりしたトップスを着ると、ブラのレースや縁取り、プリーツ、縫い目、生地の凹凸などが透けて見えるので注意が必要です。
    • 体にぴったりしたトップスを着る場合は、パッドとカップが付いたシームレスブラを試しましょう。
    • フィット感や好みに応じて、様々な形のカップを試しましょう。カップの形には、フルカップ、3/4カップ、ハーフカップの3種類があります。
  8. 8
    店やネットショップでブラを購入しましょう。ブラは、ほとんどのデパートや大型衣料品店で販売されています。大きいサイズやポケット付きなどの特殊なブラは、下着専門店で探しましょう。店でブラを購入するのが不安なら、インターネットで注文しましょう。ただし、サイズが合わない場合もあるので、返品や交換に対応しているネットショップを選ぶと安心です。
    • 店でブラを選ぶのはとても楽しいものです。友人と一緒に行って、ショッピングを楽しみましょう。

方法 3 の 3:
ブラにパッドを入れる

  1. 1
    パッドが少しだけ必要なら、ブラのカップにティッシュや靴下を詰めましょう。厚手のパッドが付いたプッシュアップブラのカップを埋める場合は、それほど大きなパッドは必要ないでしょう。ティッシュ数枚をくしゃくしゃに丸めて隙間に詰め、ずれないようにテープで留めましょう。もしくは、靴下を折りたたんで詰めます。
    • カップの上部と胸の間に隙間ができる可能性があるので、ブラが隠れる服を着る場合はこの方法が最適です。
  2. 2
    自分の胸を少し大きく見せるには、ウレタン製やシリコン製のパッドを使います。胸の肉を少し持ち上げたければ、カップの下のほうにシリコン製の底上げパッドを入れましょう。胸の肉を持ち上げてパッドの上に載せます。胸に膨らみを持たせるには、カップにウレタンパッドを入れましょう。柔らかくて柔軟性があるウレタンパッドや、底上げパッドのように成形された硬めのウレタンパッドがあります。[10]
  3. 3
    バストを大きく見せるには、シリコンバストを使いましょう。シリコンバスト(人工乳房)の形や大きさは様々です。バストを好みの形に整えるために使われますが、中には本物の乳房のように乳首が付いている物もあります。シリコンバストがずれないように胸に貼り付ける場合は、裏に粘着剤が付いた物を選びましょう。もしくは、普通のブラのカップにシリコンバストを入れたり、ずれないようにブラのポケットに入れたりしても良いでしょう。
    • 左右対称のシリコンバストを選ぶと、どんなブラにも合わせやすいでしょう。
    • バストを自然に見せたければ、左右で形が異なるシリコンバストを使いましょう。[11]
    • 大きく盛り上がったバストを作るには、胸の谷間が付いている装着式シリコンバストを使いましょう。装着式シリコンバストは、首から胸までを覆うシリコン製の肌着と乳房が一体化した物です。自分の肌の色に合わせて選びましょう。[12]

ポイント

  • 最初は家でブラを試着し、つけ心地や見た目を確認しましょう。
  • インターネットには、ブラの最適なサイズを探すのに役立つブラサイズ計算機がたくさんあります。
  • ブラは手洗いするか洗濯ネットに入れてデリケートコースで洗い、干して乾かしましょう。洗濯ネットに入れると、ストラップやホックが他の服や洗濯槽に絡まったり引っかかったりする心配がありません。
  • 低刺激の石鹸と水でシリコンバストを拭きましょう。濡らしたタオルで石鹸を拭き取り、自然乾燥させます。熱を加えると溶けたり損傷したりする可能性があるので、乾燥機を使うのはやめましょう。[13]
  • シリコンバストやブラは寝る前に外しましょう。特にシリコンバストを胸に貼り付けている場合は、寝ている間に蒸れないように外す必要があります。

関連記事

女装のための股間タック女装のための股間タック
女性をその気にさせる女性をその気にさせる
バイセクシュアルと付き合うバイセクシュアルと付き合う
ゲイの男性をナンパするゲイの男性をナンパする
FTMが自身を男性として通すFTMが自身を男性として通す
(トランスジェンダー向け)女の子らしく着飾る(トランスジェンダー向け)女の子らしく着飾る
「フェミニン」になる(男性向け)「フェミニン」になる(男性向け)
トランスジェンダー:男性から女性へと性別を移行するトランスジェンダー:男性から女性へと性別を移行する
レズビアンのパートナーを見つけるレズビアンのパートナーを見つける
年上の女性を誘惑する年上の女性を誘惑する
可愛い女の子の気を惹く可愛い女の子の気を惹く
女性から誘う女性から誘う
フットマッサージで女性を誘惑するフットマッサージで女性を誘惑する
自分のセクシュアリティを把握する自分のセクシュアリティを把握する

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む27人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は17,070回アクセスされました。
カテゴリ: 誘惑・女装
このページは 17,070 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?