女装または男装をする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:女装する男装する8 出典

異性装(女装または男装のように異性の洋服を着飾ること)は、男らしさ、女性らしさといったそれぞれ性別が象徴する美的感覚を、異性の衣類を身に付ける事によって曖昧にする行為です。[1] 男性が女装をすることもあれば、女性が男装をすることもあります。たまに異性装を楽しむ人もいれば、自分のアイデンティーが体とは異なる性であると認識している人が行う場合もあります。また、役者が異性を演じる場合に異性装をすると簡単に見た目を変えられるので便利です。異性装の正しいやり方というものはありませんが、着る洋服によって性を変えるという複雑なやり方を学ぶガイドとしてこの記事が役に立つかもしれません。

1
女装する

  1. 1
    模倣したい人物を選びましょう。男性から女性への変換を遂げるには、どんな体つきの女性を模倣するか選ぶことが成功への鍵となります。女性はみな、女性らしい曲線を携えていますが、現れ方は人によって異なるものです。 小柄のアスリートタイプの女性とお色気たっぷりのグラマラスな女性が異なるように、可愛らしいおばあちゃんもまた全く違う体つきをしています。
    • 模倣する女性を選ぶ際には、自分と割と似通った体つきの女性を選ぶと良いでしょう。
      • マリリン・モンローはくびれのある体つきで、痩せてもおらず、中背といった女性らしい体つきのよい例と言えるでしょう。
      • 映画「ゲーム・オブ・スローンズ」の役柄であるブライエニーは、もっと筋肉質です。
      • もちろん正確に模倣することが目的ではありません。例えば、笑いを狙って女装するときは、大柄で筋肉質な男性が妖精のコスチュームを着るなどして、あえて真逆な印象を与える着方をしてみてもよいでしょう。
  2. 2
    コントゥアリングメイクをしましょう。顔の特徴が性別を象徴することも多く、また他人との違いを示すわかりやすい身体的な特徴とも言えます。 女性らしい顔つきにするには、頬骨の位置を高く、顎を小さくするようにして「肌ギリギリまで」顔そりをしておく必要があるでしょう。[2]
    • 様々な年代の女性で検証されてきたことですが、正しく輪郭メイクを行うと見た目をがらっと変えることができます。顔のある部分を小さく見せたり、逆に主張させたりして目の錯覚を起こし、女性または男性的な特徴に目がいくように人の目線を誘導することもできるのです。
    • 女性の顔を作るには、コントゥアリングパウダーやハイライトを使って、頬骨の位置を高く、目は大きく、鼻は小さく、唇を厚めにするのがコツです。
    • 元々の顔の特徴を隠したり変えたりして、より女性らしく見えるメイクアップをしましょう。つけまつげ、マスカラ、ほお紅、アイシャドー、アイライナー、口紅を使うと非常に女性らしい顔を創り出すことができます。
  3. 3
    バストを強調しましょう。アパレル、美容整形、出版関係の全ての企業の影響により、人々の意識の中にバストと女性らしさを結びつけて考える土台ができあがっています。異性装をする際に、バストをどう扱うかで体と心をどこに置きたいのかを考えるきっかけとなるでしょう。
    • バストを作る1つの方法として、ブラジャーを購入してティッシュペーパーや靴下を詰めるという方法があります。胸の谷間を見せる必要がないのなら、この方法でうまくいきます。自然のバストのような重みと手触りがあり、揺れるような谷間を目指すのなら、人工的に作られたシリコンバストを購入し、[3]体に装着してその上からブラジャーを付けてみるのも良いでしょう。
    • 自然な見た目にしたいのなら、「巨大おっぱい」はやめましょう。自分の体のサイズにあったバスト、もしくは体に対して少し小さいサイズを選びましょう。あまりに胸が大きいと、自然な見た目とはいえません。
  4. 4
    腰のくびれを作りましょう。くびれのあるウエストとヒップのギャップが女性らしい体つきと言えるでしょう。[4] 洋服のスタイルによってあまり目立たないもの(例えばフラッパードレスなど)もありますが、腰のくびれがあると、体の他の部分にも良い効果があります。
    • コルセットなどの補正下着を着用すると、くびれのある体つきを演出できます。パッド入りの下着やシリコン製の人工おしりパッドを使って、お尻の嵩を増すと曲線美のあるセクシーなお尻をつくることができます。
    • 男性器を隠してテープで貼り付けましょう。男性器をあっというまに隠すことができる高価な下着もありますが、ストッキングとテープ(医療用のテープです。肌のためにもダクトテープはやめましょう!)を使ってお金をかけず簡単に隠すこともできます。[5]wikiHowの「女装のための股間タック法」という記事を参考にしてみましょう。
  5. 5
    ヘアスタイルを作りましょう。自然に地毛を伸ばして女性に近づけることもできますが、かつらを使えばその時だけ髪型を変えたり、自分に似合う色やヘアスタイルを色々と試せるという利点があります。インターネットでセレブのヘアスタイルをチェックして、化粧を施した顔に似合う髪型を探してみましょう。
  6. 6
    女性用の洋服を着ましょう。女装後の体型に合う洋服のサイズを、手持ちの洋服を試着しながら把握しましょう。せっかくドレスを買ったのに、作った胸の谷間に合わなかったという事態は避けたいものです。自分の体のサイズを測って必要なものを決めましょう
    • 胸のサイズは、メジャーテープを脇の下からブラカップの上に通して計測します。
    • ブラジャーの膨らみが1番大きな部分にメジャーテープを合わせます。メジャーテープを締めすぎて、不自然に胸を潰してしまわない様に気をつけましょう。
    • ウエストを測るには、腰骨の真上と脇腹の真下の間で一番細くなっている部分を計測します。
    • ヒップは腰とお尻の間で一番大きな部位を計測します。
    • ドレスを購入するときは、計測した値の最大値を目安に購入すると安心です。
  7. 7
    細部に注意を払いましょう。単純に男性が女装する、または女性が男性らしくメイクをして異性として認識されれば良いというわけではありません。異性装をしていることが周りにバレる原因となる小さな差は山ほどあります。あからさまな女装をしたいのなら、これ以降のヒントは読み飛ばしても大丈夫です。細部に渡って女性らしくなりたいのなら以下の項目も読みましょう!
    • 体毛:男性と女性では体毛の見せ方が異なります。ワックス、シェービングによる除毛を行うか、パンティーストッキングを使うとより本物の女性らしくなれます。 眉毛も大事で、眉毛を整えると女性の見かけに近づきます。しかし、普段男性でいる時に、整えた眉毛が目立ってしまうのが気になる点かもしれません。
    • 爪:女性の特徴としてわかりやすいのに、見落とされがちなのが爪です。目指す外見になるようにマニキュアを塗りましょう。
    • アクセサリーなどの小物:ベルト、ネックレス、イヤリングは男女共用ではありません。アクセサリーは女性用の売り場で購入しましょう。
  8. 8
    女性らしい振る舞いをしましょう。美容や美しさが目的で女装を楽しむ人もいます。美容目的の女装の場合は、以下のヒントはあまり重要ではないでしょう。しかし、見た目だけでなく女性としての人となりも兼ね備えたいのならば、それ相応の立ち振る舞いをすることが大切です。
    • 性格を演出しましょう。実際には、女性もあらゆる振る舞いをするものですが、中でも女性らしさを象徴する振る舞いがあります。例えば女性は控えめに、しとやかであれと教えられます。また女性は、男性よりも感情的であることを許されているとも言えます。
    • 例えば、レストランで「サラダもらうわ」ではなく「サラダを頂こうかしら」といった話し方をします。
    • 女性の方が感情を露わにすることが多いでしょう。 一般的に男性は「感情を表に出すな」と言われて育つのに対して、女性はあまり言われません。
    • 声のトーンを変えましょう。手始めに、女性の声を真似するべく声のトーンを少し上げてみましょう。女性が使う言葉を使うのも大事です。とはいえ、裏声を使い続けようとしても長くは持ちません。普段男性として話している時よりも、より柔らかく、声のトーンや音量を調整しつつ、歌うような話し方をしてみましょう。
    • 女性らしく歩きましょう。男性と女性は歩き方が異なり、[6] また歩き方は家庭環境や文化的背景を基に教え込まれてきています。男性は子供の時から「男らしく歩け」と言われて育っているため、習慣が体に染み込んでいるものです。 どすどすと力を込めて歩くのではなく、女性は女性らしく、優雅に歩くようにと教育されています。そのため男性は、歩き方を変えなければなりません。
    • ハイヒールで歩く練習をしましょう。ハイヒールを履いているのにぎこちない歩き方だと、全然女性らしく見えません。ハイヒールで外出する予定がなくとも、ハイヒールを履くだけで、体のバランスの取り方、小さな歩幅、柔らかな女性らしい足取りを学ぶことができます。特に、階段の上り下りの練習をしてみましょう。ハイヒールを履きこなすということは、ただ歩けるだけではなく、ハイヒールを履いて踊ることができるという意味です。
    • 一般的に、女性は男性よりも歩くスピードが早く、歩く際に腕を大きく動かします。女性の歩き方を真似る時はペースを早めて腕を振るようにしてみましょう。その際、ロボットのような固い動きではなく、柔らかに腕を動かしましょう。
    • 「お尻は嘘をつかない(体は無意識に正直に反応するという意味)」という歌もあるように、大げさにならないように、微かにおしりを揺らしながら歩きましょう。
    • 静かに歩く様にしましょう。男性はドンドンと音を立てながら廊下や階段を歩きますが、女性はそのような歩き方はしません。女性はもっと注意深く優雅に歩く様に教えられています。スカートを履いて、膝を高く上げない様に階段の上り下りの練習をしてみましょう。

    メモ:異性装全般に言えることですが、特徴を過度に強調しても女性らしさが増すことはなく、むしろ男がドレスを着ているだけにしかみえないので注意が必要です。

2
男装する

  1. 1
    模倣する人物を選びましょう。参考にしたいタイプの男性を数人選びましょう。その男性を元に、外見、動き方、態度など、男らしい格好いい面を参考にしましょう。
    • 体格や顔の作りなど、自分にある程度似たタイプの男性を選びましょう。そうでないと、男装がしにくくなります。
  2. 2
    胸を隠しましょう。男装に胸は不要です。男性らしく見せたいのなら、胸がないように見せなければなりません。 [7]
    • 胸を小さく、平たく見せる下着を着用するのが一般的です。2サイズ小さいスポーツブラやパンティーストッキングを切って作った巻き布を使用すると、胸が潰れて真っ平らな見た目になるでしょう。

    メモ:胸を隠すためにさらしなどをきつく巻きすぎたり、長時間その状態でいると、健康に深刻な害を及ぼしたり、呼吸がしにくくなることがあります。

  3. 3
    体の曲線を隠しましょう。男性は女性に比べて肩幅が広く、脇腹から腰にかけてまっすぐなラインを描いていて、一般的にお尻も小さめです。肩とウエストにパッドを詰めて、お尻が強調されないような見た目を目指しましょう。
    • 一般的に体の曲線が目立たないように、大きめの洋服を着ます。
    • ジムに行き、特定の筋肉群を鍛えるとより男性らしい体つきになるでしょう。胸、腕、足に筋肉をつけて体に「筋肉の塊」を作りましょう。
    • ウエストに厚みを持たせるには、タオルなどの布を数枚入れ込むことでより男性らしく見えます。ウエストの隙間を埋める補正下着もあります。 数枚の布でも、女性らしい大きな骨盤を隠せれば十分です。
  4. 4
    輪郭メイクで顔の印象を変えましょう。女性の顔は男性に比べて小さく丸く、あごや鼻が尖っていないのが特徴です。メイクアップで女性の顔つきを隠すこともできますが、男性さを出したいのならば見た目よりも態度の方が重要です。
    • 男性は女性に比べて唇が薄く、鼻が大きく、眉毛が太く、頬骨の位置が低く、顎の形がはっきりしています。コントゥアリングパウダーを使ってそれらの特徴を強調しましょう。[8] 色味のある化粧品を使ってはいけません。「顔毛」を生やすとそれらしい見た目になりますが、よく見ないと目立たないという難点もあります。質のよいつけ髭やあご髭を使うと男性の見た目に近くので、検討してみましょう。顔毛があまりない男性でも髭やあごひげは生えてくるものです。しかし、いかにももじゃもじゃの髭をつけると、偽物だとバレてしまうのでやめましょう。
    • 男性器を演出しましょう。10円玉をロール(棒金状)にした大きさが平均的なサイズと言えますが、自分の体格に合わせてサイズを微調整しましょう。10円玉ロールの大きさが目安になるのは確かですが、そこまですると本気の男装とも言えるでしょう。 靴下を詰めたり、偽物のペニスの装着も検討してみましょう。ウール製の靴下を使うと、痒くて無意識に股間を掻くという、いかにも男性らしい仕草に見えるかもしれません。
  5. 5
    髪の毛を切りましょう。現代の風潮からいって、女性がショートヘアをしていてもなんら問題ありません。特に、異性装が受け入れられているような場所であればなおさらです。髪を切ることが大きな問題になることはないでしょう。
    • 何らかの理由で髪の毛を切りたくないのならば、ショートヘア用のかつらを使いましょう。

    ヒント:女性に戻った時に柔らかい印象になるので、ある程度の長さを残しておくとよいでしょう。男装をする時には髪を後ろに撫で付けましょう。

  6. 6
    男性用の洋服を着ましょう。男性用のジーンズは女性の体つきを隠すのにちょうど良いでしょう。腰履き風にすると、後ろからみても女性だとは気づかれません。 大抵の場合、大き目の洋服を選ぶとちょうどよくなるはずです。しかし、もっとおしゃれでカチッとしている外見を好むのであれば、男性用の洋服を購入して、パッドを詰めたりしながら曲線を隠し、男性らしい外見を演出しましょう。
  7. 7
    細部にも気を配りましょう。性別を区別するという意味では第一印象が大きな役割を果たしますが、細部にも注意を払うことでその印象が長持ちします。
    • 体毛を見せましょう。足や脇の体毛を伸ばしたままにしましょう。オリンピックの水泳選手やレースに出場するようなロードバイカー(自転車)でもない限り、男性は体毛を剃ったりしません。
    • 爪を切りましょう。 わかりやすいのに、見落とされがちなのが爪です。爪先の白い部分を少し残して爪を切りましょう。深爪するほど短いと神経質な人に見えてしまいます。
    • アクセサリーなどの小物を選びましょう。アクセサリーを好む男性もいる一方で、ほとんどの男性はネックレス、ブレスレット、イヤリングなどのアクセサリーは身に付けません。女性だと見間違われたくないのですから、誤解を招く物を身に付けるのはやめておきましょう。それでもアクセサリーを身に付けたいのであれば、男性物のアクセサリーを購入しましょう。
  8. 8
    男性らしい振る舞いをしましょう。見かけでなく、性格も男性を装いたいのならば、「男らしい態度」を保つことが大事です。
    • 性格を演出しましょう。どんな男性になりたいか考えてみましょう。理想の男性を元にして、あなたの基本的な性格に少し味付けをしてみましょう。欲しいものを頼む時は感じよくお願いするのではなく、少し強めに直接的な物の言い方をしてみましょう。 例えば、飲食店で水を頼む時に「すみませんが、人数分のお水をお願いします」と依頼するのではなく「すいません、ここに水持ってきてもらえるかな?」などと言ってみるとよいでしょう。質問する形を取っていながらも、内容は質問ではない物言いをするのが男性です。
    • 声のトーンを変えましょう。男性のように声を低くしましょう。そして男性らしく、抑揚のない、1音1音途切れるような、大きめの声で話しましょう。また女性なら「この靴絶対欲しい!」と「絶対」という言葉で意思を強く表現するところを、男性の場合は「あの車手に入れたいな」と曖昧な言い方をします。男性が使う言葉を使うことも大切です。男性は「素敵」「かわいい」といった言葉で物事を形容しません。元から喉ぼとけがあるならよりよいでしょう。
    • 話し方の次は歩き方です。ゆっくり歩きましょう。男性は腕の振りが小さく、おしりが揺れない様に骨盤を固定して歩き、歩くスピードもゆっくりです。歩幅は大きく、堂々と歩きましょう。「地図を広げて現在地を確認しなくちゃ」という態度ではなく「俺は行き先はわかってるんだ」という態度を細部に盛り込みましょう。
  9. 9
    今まで読んできたこと全てを統合させましょう。話し方、歩き方、洋服の着こなし、男性らしい振る舞いを全て実践して、男になりましょう!

ポイント

  • まずは試してみましょう。理想の外見を目指してお金や時間を投資するまえに、まずはできるところから始めてみましょう。例えば、ブラジャーを違和感なく付けられるかわからないのに、ブラジャーを何枚も購入するなんてことはやめましょう。女装をしている男性の中で実際にブラジャーを付けている人はそう多くありません。同様に、男装する際は、まずは自宅で下着に「詰め物」をしてみましょう。ぶっつけ本番で夜通し詰め物をしていると、途中で不快に感じてしまうかもしれません。
  • 感情も込めましょう。異性装は外見だけ異性になることではありません。異性装には女性と男性それぞれが持つ感情に気持ちを入れることも含まれます。不安を感じたりサポートが必要だと思ったら、異性装をテーマにしたブログやチャットルームを探してみるとよいでしょう。自信を持って異性装をするためにも大切なことです。
  • 信頼のおける異性の友人に手伝ってもらいましょう。自分では考えもしなかったヒントをもらえるかもしれません。
  • 周りからジロジロ見られることもないので、異性装をするにはハロウィーンが最適です。
  • 男装時は、歩きながらそれぞれの足が離れるように(離れすぎない程度に)歩きましょう。女装時は、歩きながらお尻が揺れるようにそれぞれの足が一歩ずつ重なるよう歩きましょう。
  • まるきり異性に見えるようになるまでには時間がかかるでしょう。実践あるのみです。
  • 男装時は、少しズボンをさげてお尻が目立たないようにしましょう。
  • 女性または男性の話し方に近づくように、周囲の人たちのおしゃべりを聞いて(気持ち悪がられないように気をつけましょう)気になった点をメモしましょう。

注意事項

  • 準備には時間をかけましょう。焦って準備をしてはいけません。
  • 体の部分を隠したり締め付けたりする時に伸縮性の包帯は使用しないようにしましょう。

必要なもの

  • 化粧品
  • 洋服
  • かつら(必要であれば)

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 人間関係

他言語版:

English: Crossdress, Italiano: Fare Crossdressing, Português: Fazer Crossdressing, Español: travestirse, Français: se travestir, 中文: 反串为另一种性别, Čeština: Jak se oblékat jako opačné pohlaví, Bahasa Indonesia: Berdandan Seperti Lawan Jenis, 한국어: 남장 혹은 여장하는 법, Deutsch: Sich gegengeschlechtlich kleiden, ไทย: แต่งตัวเป็นเพศตรงข้าม, Nederlands: Crossdressen, हिन्दी: क्रॉस ड्रेस करें (Crossdress)

このページは 350 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?