好きではないと相手に伝える方法

共同執筆者 Paul Chernyak, LPC

この記事には:興味がないと伝える一緒にいたくないと伝える友人になりたくないと伝える13 出典

あまり好きではない相手であっても、あらゆる階層の人たちとうまく付き合おうとするのはよい考えですが、好きではないことを隠すよりも知らせる方がよい場合もあります。例えば、外を出歩いている時に言い寄ってくる相手に、付き合う気はないことを伝える必要があるかもしれません。友人関係を発展させたくないと、誰かに伝えなければならないこともあるでしょう。また、長い間友人だった相手と離れたいことさえあるかもしれません。そのような場合、距離を置いて、礼儀以上のことはしたくないとはっきりと伝えることが必要です。

1
興味がないと伝える

  1. 1
    率直に言いましょう。デートの誘いや電話番号を要求してくる人を拒否するのに、簡潔かつ率直に答えるという方法があります。率直に伝えるのがなぜよいかというと、相手に希望を与えたままにしたり、迷わせたりすることがなく、相手が次に進むことができるためです。[1]
    • 例えば、「誘ってくれたことはありがたいと思うけど、お断りします」などと伝えることができます。
    • また、「今は誰かと付き合うことを考えていません」と言うのもよいでしょう。
    • しっかりと否定して、分かりやすく伝えるようにしましょう。[2]
  2. 2
    遠回しに伝えましょう。相手にきっぱりと断るのを避けたいなら、遠回しに答えましょう。遠回しに言うには、相手をほめることから始め、最後に断りを入れるという方法があります。[3]
    • 例えば、「あなたはよい方ですが、私は誰ともお付き合いするつもりがないのでお断りします」と伝えることができます。
  3. 3
    回避作戦を試しましょう。避けるという方法をとることもできます。つまり、嘘の電話番号を渡すなど、直接的に反応しないようにする対策をとり、相手の要求から逃れるというものです。そうすれば、相手は断られたことに気づきません。[4]
    • 嘘の電話番号を渡すには、適当な番号を作ればよいのですが、誰かの電話番号になっていないことに注意しましょう。また、この作戦は、相手があなたに電話をかけたり、後日あなたに会ったりすることがあれば、面倒なことになる場合があります。
    • この他に、彼氏や彼女がいると伝える方法もあります。友人に、恋人のふりをしてもらうこともできます。しかし、この方法を使うと、あなたが本当は恋人を探している場合でも出会いを遠ざけてしまうことがあります。
  4. 4
    「ごめんなさい」というのをやめましょう。謝ることによって、相手に対して申し訳ないと感じていると伝えることになり、断る状況がさらに気まずくなり得ます。そもそも、あなたがあやまる理由はありません。相手の要求に応えられないことを、簡潔に伝えればよいのです。[5]

2
一緒にいたくないと伝える

  1. 1
    伝える必要があるか考えましょう。すなわち、ただ黙っておく方がよい時もあるということです。相手に伝えても状況が変わることがない場合は、相手があなたをイライラさせるとしても、黙ってやり過ごすとよいでしょう。[6]
    • 例えば、好きではないと上司に伝えても、あなたにとってよい状況になることはありません。上司はあなたのキャリアに対して力をもっているため、あなたの職業人生をみじめなものにすることができます。そのため、上司に好きではないと伝えることには何の利点もありません。不服従だといって問題に巻き込まれることもあるでしょう。
    • また、好きではない人が家族や家族の友人である場合は、どう対処するかよく考えましょう。その相手と定期的に会うことがあるなら、好きではないと伝えると事態をより難しくしてしまうだけです。
    • 同様に、好きではない相手が他の友人との共通の友人である場合、相手に好きではないと伝えると友人たちとの集りで気まずい状況になるかもしれません。
    • また、自分が相手を好きではないということに公平性があるかどうか考えましょう。相手を知ろうとしないまま、一瞬で好き嫌いを決めているかもしれません。一目で判断する前に、相手のことをよく知るようにしましょう。
  2. 2
    礼儀をわきまえましょう。人生に必要ないと相手にどう伝えるかに関わらず、嫌な人間にならないようにしましょう。一緒にいたくないことを、意地悪に聞こえないように相手に伝えるのは可能であり、そうすることで後戻りできるようにもなります。[7]
    • 残忍になりすぎると、あなたが友人を作るのが難しくなるかもしれません。人の噂は回っていきます。
    • 相手に伝える時は、罵倒したり意地悪になったりしないようにします。できる限り相手を尊重し、穏やかに伝えましょう。
    • 例えば、「あなたと一緒にいるのが耐えられない」というのは、かなり意地悪です。代わりに、「二人は価値観が違いすぎる。それに新しい友人を作る時間がほとんどない」と言ってみましょう。
  3. 3
    相手と関わらないようにしましょう。相手が友情を深めようとしていることにあなたが反応しなければ、相手は最終的にあなたの気持ちを感じ取ります。言い換えれば、一緒に会話を楽しんだり、参加したくない計画に同意したりするのはやめるようにします。[8]
    • また、相手に笑顔を見せるのもやめましょう。にらみつける必要はありませんが、笑顔を見せると相手があなたに近づきやすくなります。
    • この方法をとると、あなたが澄ましている、あるいはお高くとまっているように見えてしまうことがあるため気をつけましょう。
  4. 4
    直接的な方法をとりましょう。直接的な方法は残忍になり得ますが、あなたがこれ以上は望んでいないことがすぐに伝わります。相手のことが本当に耐えられない場合、それをはっきりと伝える方がよいかもしれません。しかし、職場では、面倒なことになる場合があります。[9]
    • 例えば、「友人としてうまくやっていけないと思う。でも会えたのはよかった」などと伝えましょう。
  5. 5
    自分の気持ちに正直になりましょう。あなたが心地よいと思う以上の関係を相手が望んでいるなら、批判的にならないようにして相手に率直に伝えましょう。例えば、あなたは知り合い程度でいたいと思っているのに、相手は友情を深めたいと考えている場合などです。
    • 「あなたは私と友人以上になりたいのだろうと感じています。今は、私はそうしたいと思っていません。数か月経ってもまだ私と距離を縮めたいと思うなら、その時もう一度私に聞いてもらえますか?」などと伝えることができます。
    • また、「友達になりたいと言ってくれてありがとう。あなたは素晴らしい人のようだけど、その気がないの」とも言えるでしょう。

3
友人になりたくないと伝える

  1. 1
    最終目標を考えましょう。今の状況をどうしたいのか考え、ストレスを最小限に抑えて目標を達成するための行動を選択します。相手に会わないようにしたいだけなら、相手に好きではないと伝える必要はないかもしれません。相手の存在を人生から完全に消したい場合は、単に無視するよりも率直に伝えるのが最善でしょう。[10]以下のような質問を、自分に問いかけてみましょう。
    • 好きではないことを相手に伝えた時に、どういう状況になってほしいのか。
    • 相手に放っておいてもらいたいのか。(それなら、そう頼むべきだろう。)
    • 相手に会わないようにしたいのか。(それなら、月1回しか遊べないと言うべきだろう。)
    • 相手の気持ちを傷つけたいのか。傷つけた後、後悔するだろうか。
  2. 2
    できるだけ礼儀をわきまえましょう。基本的には誰かを拒否しているにもかかわらず、嫌な感じにならないようにします。意地の悪さを最小限に抑えるようにすれば、相手を最悪の気分にさせたり、絶望させたりすることはないでしょう。[11]
    • 例えば、「君はおかしなやつだし、好きじゃない」と言うのは適切ではありません。代わりに、「君は僕ともっと遊びたいと思っていることは知っている。でも僕は居心地が悪いんだ。信じるものも違いすぎる」と言うことができるでしょう。
  3. 3
    友情を恋愛関係のように扱いましょう。親しい友人にもう会わないことを伝えようとする際は、恋愛関係の場合と同じように対処しましょう。すなわち、恋人に別れを告げるように、友人に伝えるのです。[12]
    • 手紙やメールを送ることしかできない場合はそうしてもよいですが、相手と一緒に座って伝えるのが最善です。友人関係をやめたい理由を伝えましょう。「私は以前と変わってしまいました。だから私たちはもう友達としてうまくいかないと思います」などと、問題はあなたにあることにするのが理想的です。
    • 一旦距離を置きたいと伝える方法もあります。一旦距離を置くことも、永遠に距離を置くよう徐々に相手を導く方法ではありますが、あなたは単に少し自由になりたいだけかもしれません。
  4. 4
    相手を避けましょう。これは最善の方法ではありませんが、1つの方法として使えます。単純に電話を返さないようにする、あるいは会っても話すのを避けましょう。そうすれば最終的に、あなたが友人でいたくないと思っていることを相手が感じ取るはずです。[13]
    • 私たちは、相手の気持ちを容認しようとしてこの方法を使うことがあります。しかし、この方法のように急に付き合いをやめると、相手をより混乱させ、傷つけ、また変えることのできない事実を先延ばしにするだけになります。相手はあなたを心配し始めることもあれば、あなたが友人関係を終わらせようとしていることに気づかないこともあります。そのため、通常は可能であれば、率直に伝えるのが最善です。
    • 相手を避けるなら、最終的には直接的に伝える必要があるかもしれないことを分かっておきましょう。何か問題があるのか、あるいは怒っているのか、自分を避けているのかと、相手から聞かれるかもしれません。これらの質問に答える準備をしておきましょう。
    • 面と向かって相手を避けるのに、仕事を言い訳にするという方法があります。例えば、「話したいのですが、本当に仕事に戻る必要があります」という言い訳ができます。
  5. 5
    現実的になりましょう。誰かを拒否するのは、相手が不屈の場合は特に、拒否されるのと同じような痛みを伴います。お互いの気持ちを傷つけることなく、この状況を乗り切れることはありません。しかし、友人として本当に合わない相手であれば、この関係を解消して、お互いにより健康的で生産性のある関係を他に作れるタイミングなのかもしれません。

記事の情報

この記事はPaul Chernyak, LPCが共著しています。 ポール・チェルニャクはシカゴに住む認定カウンセラーです。2011年に心理学の専門大学、「American School of Professional Psychology」を卒業しています。

カテゴリ: 社交

他言語版:

English: Tell Someone You Don't Like Them, Español: decirle a alguien que no te agrada, Русский: дать человеку понять, что он вам не нравится, Italiano: Fare Sapere a Qualcuno che non ti Piace, Português: Mostrar a uma Pessoa que Você Não Gosta Dela, Deutsch: Jemanden wissen lassen, dass du ihn nicht magst, Français: faire savoir à quelqu’un que l’on ne l’apprécie pas, Bahasa Indonesia: Menunjukkan Ketidaksukaan pada Seseorang, Nederlands: Iemand duidelijk maken dat je hem of haar niet mag, ไทย: บอกใครบางคนว่าคุณไม่ชอบเขา, 中文: 告诉某人你不喜欢对方, Tiếng Việt: Nói với ai đó rằng bạn không thích họ, العربية: إخبار شخص بأنه لا يعجبك, हिन्दी: किसी को बताएँ कि आप उसे पसंद नहीं करते हैं (Tell Someone You Don't Like Them)

このページは 74 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?