誰かと出会ってすぐに「この人こそが運命の人だ」と感じる人もいるかもしれませんが、自分の目の前にいる人の素晴らしさに気づくのはそう簡単なことではありません。というわけで、誰かに自分のことを好きになってもらうための方法をいくつか知っておくとよいでしょう。しかし、確実に誰かに恋に落ちてもらう方法など存在しないということは覚えておきましょう。あなたにできることは、良い環境を整えておき、その時がやってくるのを待つことです。

方法 1 の 6:
愛嬌のある人になる

  1. 1
    自分の見た目に気を使う 魅力的だと思われたいのなら、外見は非常に重要です。[1] あなたが自分の健康や外見に気を使っているかは他の人から見ればすぐに分かります。人を引き付けたいのなら健康や外見に時間をかけることが大切です。そのような努力をしない人は他人から興味を持ってもらえないでしょう。
    • 最高の自分であるためには、運動と食事に気をつけて、身だしなみを整え、清潔でお洒落な服を着ましょう。
    • 注目を浴びることを恐れる必要はありません。
  2. 2
    相手の記憶に残るようなことをして自分の印象を植え付ける あなたには可愛い笑顔以上の素晴らしさがあることを知ってもらいましょう。
    • あなたの個性を引き出しましょう。彼(彼女)にあなたの好きなものや嫌いなものを知ってもらうことも大切です。何かに熱心に取り組む姿勢を見せれば相手の気を引くことができるでしょう。
    • 自分が過去に成し遂げたことや、自分の才能に誇りを持ちましょう。自信がある人は他人からも高く評価されます。自分の才能を恥ずかしがって隠す必要などないのです。[2]
  3. 3
    優しくする 自分が接してほしいように相手に接しましょう。ありふれた考えだと思うかもしれませんが、大事なことです。相手に思いやりと尊重の心を持って接してほしいのなら、あなたも同じように接するべきです。人間とは、個性的で礼儀正しくかつ他人に親切な人に恋に落ちやすいものなのです。[3]
  4. 4
    自分の欠点を見せる 過去に努力したからこそ、今の自分があるのだということを相手に伝えましょう。例えば、現在は引き締まった体形であっても以前は怠けていたのであれば、どのような変化を遂げたのか話してみましょう。過去の欠点を打ち明けることで、相手はあなたの真の姿を見ることができ、あなたの良さをさらに分かってくれるでしょう。[4]
    広告

方法 2 の 6:
感情を抑え込まない

  1. 1
    悩んでいないふりをしない 多くの人がやってしまいがちなことですが、気にしていないふりや悩んでいないふりをしても何の解決にもなりません。相手にとっても重荷になってしまいます。
  2. 2
    感情を表に出す 恋愛とは難しいものです。誰かに恋に落ちてもらう前に、恋をする準備はできているか自分に問いかけてみましょう。過去の恋愛にとらわれていたり、他の誰かとデートしたいと思っていたり、まだ深い関係にはなりたくないと感じるのであれば、誰かに好きになってもらう必要はないでしょう。[5]
  3. 3
    本当にこの人で良いのか 相手のことをどう思っているのかよく考えましょう。彼(彼女)を愛していますか?親しい友達との間に感じる愛ではなく、本当に好きな人に対して感じるロマンチックな愛でなくてはなりません。たいていの場合、その違いを見分けるのは難しいでしょう。まだ「愛している」といえるような段階ではないのなら、少しペースを落としてみるとよいでしょう。もしも運命の相手なら、お互いの感情は自然と育っていくでしょう。
  4. 4
    何が自分を動かすのか なぜ恋愛したいのかよく考えてみましょう。前の恋人を失った寂しさを埋めたいという理由や、ただ誰かに妬んでほしいという理由で恋愛したいと考えているのなら、それはよくありません。これから本気であなたのことを好きになるかもしれない相手に対して失礼にあたります。この先ずっと一緒にいられる誰かと出会いたい、お互いを支え合えるような関係が欲しいから自分に恋してほしいと感じるようになったら、行動しましょう。[6]
  5. 5
    目標を決める 恋愛するにあたっての長期的な目標を決めましょう。先が見えないような関係ならば、その相手に自分に恋に落ちてもらう意味はあまりないでしょう。あなたにとっても相手にとっても精神的に辛くなってしまいます。ただカジュアルなデートを楽しみたいと思うことが悪いと言っているわけではありません。デートはしたいけれど、この先も続く関係かは分からないと感じるならば、ただその時を楽しんで、深い関係にはならないことです。相手に恋していないとデートすることはできないなんてことはありません。
  6. 6
    他の人もいるということを忘れずに 時には、自分が相手を想うのと同じくらいの気持ちが相手から返ってこないこともあります。それはそれで仕方がないことです。この世の終わりだ、他の人なんていない、などと感じる必要はありません。この地球上には数えきれないほどの人がいます。たとえ誰かと上手くいかなくても、その人はあなたの運命の相手ではなく、その人とでは幸せになれなかったのだろうと諦めることも必要です。なぜそんなことを悩んでいたのかと不思議に思うくらいすぐに次の人が現れるでしょう。
    • 自分のことを好きになってもらうために自分を偽るのはやめましょう。付き合うと決めた人はあなたと相性が良いことを確かめましょう。[7]
    広告

方法 3 の 6:
絆を深める

  1. 1
    相手のことをよく知る 誰かに自分のことを好きになってもらうには、お互いのことをよく知ることが大切です。相手のことを知るには、的を射た質問をしたり、聞き上手になる必要があるので時間と労力がかかります。
    • 子供の頃は何になりたかったのか、今は何をしたいと考えているのかなどを聞いてみましょう。そうすることで相手の希望や夢、その他にも相手が人生で成し遂げたいことを知ることができます。
    • 好きなもの、嫌いなもの、関心ごと、趣味、目標などについて聞いてみるのもよいでしょう。
  2. 2
    その人が熱中しているものを知る 相手の好きなものに興味を示し、彼(彼女)が喜ぶことは何なのかを知っていきましょう。興味のあるふりをするのは避けましょう。たいていの場合、あなたが心から興味を持っているのかそうでないのかは、相手にはすぐに分かってしまいます。相手の目を見て彼(彼女)の関心ごとに興味を示し、その情熱を分かち合いましょう。そこから絆が生まれ、恋愛に変わっていくかもしれません。
    • 例えば、相手があなたのよく(全く)知らないスポーツの大ファンであるなら、そのスポーツについてもっと詳しく聞かせてほしいとお願いしたり、そのスポーツの仕方を聞いてみましょう。または、相手にお気に入りの音楽があるのであれば、あなたもその音楽をたくさん聴いて、好きな歌を見つけてみるとよいでしょう。
  3. 3
    相手を主役に 相手がまるであなたのヒーロー/ヒロインであるかのように接してみましょう。学校の宿題を手伝ってもらったり(彼(彼女)に自分は頭がいいと感じさせるため)、個人的なアドバイスを求めたり(彼(彼女)に自分には判断力があると感じさせるため)、相手が得意とする分野のことを質問する(相手に専門知識を自慢させてあげる機会を与えるため)とよいでしょう。洋服に関するアドバイスを求めたり、自分が届かないところにある物を取ってもらったり、何かの容器を開けてくれるよう頼むことも、「自分は役に立つ」、「自分は有能だ」と相手に感じさせる方法です。[8]
  4. 4
    信頼関係を築く 健全で長続きする恋愛がしたいのなら、信頼関係を築くことが非常に重要となります。あなたの言動で相手のことを信頼しているということを伝えましょう。また、自分も信頼できる人間であるということも知ってもらいましょう。[9]
    • もしも相手がある秘密を告白してきたら、その秘密は守りましょう。その秘密が彼(彼女)にとって恥ずかしいことなら、それを話題にしたり、そのことでからかったりしてはいけません。
    • あなたの秘密も共有して、他の誰も知らないあなたに関することを打ち明けてみましょう。相手に自分の弱みを見せて、慰めてもらいましょう。
  5. 5
    困難時には支える 真実の愛を育むには相手を支えることがとても大切です。そもそも多くの人は自分を支えてくれる相手が欲しいから恋愛したいと考えるのです。相手を思いやって支えることができるのであれば、うまいこと相手に好きになってもらえるかもしれません。[10]
    • 時には、ただ話を聞いてあげて身体に安らぎを与えるだけでも相手を支えることになるのです。しかし、ただ話を聞くだけでは十分ではない場合もあります。例えば、相手が学業に悩んでいるのであれば、勉強を手伝ってあげる必要があるかもしれません。
    広告

方法 4 の 6:
相手を愛するということ

  1. 1
    相手を尊重する 恋愛において、相手を尊重することは大切です。相手には常に話す機会を与え、自分の意見を持たせてあげましょう。相手が話しているときは、しっかりと聞きましょう。相手を尊重すると決めたのなら、あなたは不誠実であると思われるようなことはしてはいけません。他の人と少しいちゃついたりするのは楽しいかもしれませんが、あなたが誰とでもいちゃつくような人間であるなら、相手はあなたと真剣に付き合いたいとは思わないでしょう。[11]
  2. 2
    良き親友になる 友達を思いやる気持ちを恋人にも持つとよいでしょう。いつでも彼らのそばにいてあげるのが友達というものです。自分勝手な行動は慎みましょう。相手に喜んでもらいたいから良き親友になるのであって、何か見返りを求めるようではいけません。
  3. 3
    自分と相手は違う人間だということを忘れずに 誰も恋愛の罠になどはまりたくありません。だから真剣になることを避ける人が多いのです。相手が好きなことを自由にやらせてあげれば、「この人のことは好きになっても大丈夫かもしれない」というふうに感じてもらえるでしょう。相手の個性を尊重し、相手を変えようとしたり、相手のプライバシーを侵害するようなことはしないようにしましょう。彼らだって自分の心に秘めておきたいことがあるかもしれません。そのくらいは許容しましょう。
  4. 4
    そのままの彼(彼女)を受け入れる 相手の良いところは褒めましょう。また、嫌だと感じるところをも受け入れる努力をしましょう。あなたのために相手が変わらなければいけない必要はないのです。[12]
    • 例えば、あなたに合わせてもらうために相手に食生活や生活スタイルを変えるよう強制するのはやめましょう。それらについてあなたが相手に言及したとしても、相手が「いやだ。」と言ったら、その考えを尊重し、それ以上そのことについて話すのはやめましょう。
  5. 5
    相手にも一人の時間とスペースが必要 お互いにとって、自分だけの時間とスペースを持つことはとても大切です。あなたとより多くの時間を過ごしてもらうために、相手の一人の時間を減らしてしまうようなことはやめましょう。個人のスペースも尊重しなければいけません。相手の部屋を勝手に模様替えしたり、彼(彼女)の部屋の物をあさったりするのはやめましょう。
    • 週に2,3回は自分だけで過ごす時間や友達と過ごす時間を作りましょう。常にあなたと過ごすことを強要してはいけません。窮屈に感じられてしまうかもしれません。
    広告

方法 5 の 6:
愛を保つ

  1. 1
    相手に感謝する 相手の存在を当たり前に思ってはいけません。誰かがあなたに恋に落ちたとしても、その愛を保つには努力が必要です。ずっとあなたを愛し続けてもらうには、決して相手のありがたみを忘れてはいけません。日々感謝の気持ちを相手に示しましょう。[13]
    • 例えば、相手が何か良いことをしてくれたときには「ありがとう」と言いましょう。「ありがとう」と言うときは気持ちを込めて、何に感謝しているのかを具体的に述べましょう。例えば、「今朝、お皿をさげてくれてありがとう。あと、コーヒーも入れてくれて嬉しかった!感謝しているよ。」などと言ってみるとよいでしょう。
  2. 2
    充実した時間を一緒に過ごす お互いに最高潮に愛し合っていて安定した関係だからといって、もう努力する必要はないというわけではありません。デートに行ったり、花をプレゼントしてあげたりすることは続けましょう。そうすることで、あなたが相手を想う気持ちは変わっていないし、この関係を維持するために努力しているということが伝わるでしょう。[14]
    • なによりも大切なことは、毎日「愛しているよ」と相手に気持ちを伝えることです。
  3. 3
    常にワクワクを感じる いつも同じことをするのは避けましょう。いつもしていることをするのもリラックスできてよいかもしれませんが、時には新しいワクワクするようなことをすることも大切です。そうすれば、あなたとの付き合いはマンネリ化することなく、付き合いが長くても楽しめることはまだたくさんあるのだということが相手に伝わるでしょう。最初に恋に落ちたときのような感覚を取り戻すこともできるかもしれません。[15]
    • スカイダイビングやロッククライミングなど、何か大胆なことに挑戦してみたり、一緒にダンスレッスンを受けたり、絵画を習ったりしてみるとよいでしょう。
    • 家具の作り方を学んで、二人の生活スペースに置けるようなものを作ってみるのもよいでしょう。何か新しいことを一緒に習ってみましょう。
    • 「ボードゲーム・ナイト」などという日を設けて、相手との勝負を楽しんでみるのもよいでしょう。
    広告

方法 6 の 6:
恋を始めるには

  1. 1
    自分にぴったりの人を見つける 自分に合った人を見つければ、お互いに恋に落ち、ずっと愛し合うことができる可能性も高くなります。あなたが選ぶ相手は、あなたと相性が良いことはもちろん、真剣に付き合う気があり、恋愛から生じる情緒的ストレスに耐えられる人を選びましょう。この条件を満たせない人と付き合っても、結果的にあなたが傷つくことになるかもしれません。それでは時間が無駄になってしまいます。[16]
    • 相性についてよく考えましょう。共通の楽しみはありますか?人生の目標は同じですか?上手くいくカップルというのは、困難の乗り越え方や人生においての優先事項が似ている傾向にあります。
  2. 2
    デートに誘う デートに誘うときは、回りくどい言い方をするのではなく、単刀直入に、そして具体的に言いましょう。お互いが楽しめる具体的なプランを提案し、なぜ一緒にデートしてほしいのかはっきりと伝えましょう。こういった場面で率先して行動するのは立派なことであり、自信があるように見えてよいでしょう。[17]
    • 「今週末、動物園に行きたいのだけど、もしあなたが一緒に来てデートしてくれたらとても嬉しいわ。」などと言って誘ってみるとよいでしょう。
  3. 3
    素敵なデート相手になる あなたと一緒にいるのは楽しいと思ってもらえるように、最初のデートから好印象を与えることが大切です。デートする前にも一緒に時間を過ごす機会を設けてあなたの良さを知ってもらうとよいでしょう。
    • 二人が楽しめる内容のデートにしましょう。まだお互いのことをよく知らない状態であれば、後で話題にできるように映画を見るとよいでしょう。お互いのことをよく知っている関係であれば、あなたの新しい一面を見てもらえるように、いつもとは違ったことをしてみるとよいでしょう。
    • アクション映画や遊園地でデートをするのもワクワクしてよいでしょう。このような場所でのデートは、お互いにより魅力を感じさせる効果があると言われています。[18]
    広告

ポイント

  • 相手の話をよく聞いて、内容を書き留めておきましょう。今相手が欲しがっているもの、または以前に欲しがっていたものなどをプレゼントして驚かせると、とても喜んでもらえます。あなたがどれだけ相手のことを想っているかがよく伝わるでしょう。
  • 誰かに興味を持ってもらったからといって、あなたが人として立派になったわけではありません。あなたの地位を高くするための手段として相手を利用してはいけません。
  • 相手の趣味にも興味を持ちましょう。本当はたいして関心が持てなくとも、相手の趣味に興味を示すことで、あなたのことを友達として見てくれるようになり、恋愛関係に発展する可能性もあるのです。

広告

注意事項

  • あなたを拒絶した相手にしつこくしたり、厚かましい態度をとるのはやめましょう。好きになってもらうために必死に頑張らなくてはならないような相手があなたのことを好きになる可能性は限りなくゼロに近く、努力するだけ時間の無駄でしょう。相手との関係を追い求めすぎると、かえって怖がられてしまうだけで、あなたの周りには人が寄ってこなくなってしまうでしょう。
  • 愛とは人の人生を変えてしまうほど強い力を持つものであり、愛が生まれるまでには時間がかかります。愛は強制から生まれるものではありません。運命の愛が存在するのなら、それは自然にやってくるでしょう。誰かにあなたを愛するよう強制しなくてはならないようでは、運命の相手など現れないでしょう。
  • ここで紹介した方法で必ず誰かを恋に落とすことができるわけではありません。上記で述べた方法を全て試しても相手があなたに恋に落ちないのなら、今後もあなたを好きになることはないでしょう(すでに他に恋人がいる可能性もあります)。相手が悪かったということです。たとえあなたが相手に強い思いを寄せていても、どうしても相性が合わないこともあります。辛いかもしれませんが、相手があなたの気持ちに応えてくれないのであれば、その関係は終わらせたほうがあなたのためでしょう。
  • フェロモン剤を使ったり、科学スプレーや食べ物を使って自分を好きにさせるような考えは捨てましょう。そのようなものが恋愛的感情をコントロールする脳の部分に影響を与えると科学的に証明されている一方で、それらの化学物質で誰かが恋に落ちるよう強いられるようなことはありません。誰でも確実に恋に落とす魔法の薬など存在しないのです。
広告

関連記事

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

彼氏がいることを両親に打ち明ける

How to

男性からの好意に気付く

How to

相手のことを好きなのか寂しいだけなのか見分ける

How to

彼女を自分とセックスさせたくする

How to

恋に落ちたか判断する

How to

女の子と両想いかどうかを確かめる

How to

彼氏の気を引く

How to

女の子を笑わせる

How to

女性の気持ちを知る

How to

彼が本当に愛してくれているか知る

How to

フレンチキスをする

How to

彼氏に利用されているかを確かめる

How to

彼氏を信頼する
広告

このwikiHow記事について

Christina Jay, NLP
共著者 by
デート・リレーションシップコーチ
この記事の共著者 by Christina Jay, NLP. クリスティーナ・ジェイはカナダのオンタリオ州トロント市に住むマッチメーカー及び認定ライフコーチです。NLPカナダ訓練所にて神経言語プログラミング(NLP)認定資格を取得。コーチとして10年以上の経験があり、自身が経営する「Preferred Match」にて、ハイクラスなクライアントの恋活・婚活を応援するマッチングサービスを提供しています。ブロック大学にて経済学の学士号を取得。 この記事は1,389回アクセスされました。
カテゴリ:
このページは 1,389 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告