好きな人に自分の気持ちを伝える時が来たと思っても、どうやって伝えたらよいでしょうか。気持ちをさらけ出すのに勇気をふりしぼる必要があるかもしれませんが、相手に正直に向き合えば、結果がどうであれすっきりするはずです。緊張しすぎることなく、また気まずくならないように気持ちを伝える方法を以下にご紹介します。

方法 1 の 3:
正しく反応する

  1. 1
    相手が気持ちに応えてくれなくても落ち込まないようにしましょう。相手が同じ気持ちでなくても悲観する必要はありません。[1] 気持ちを伝える自信をもてたこと、また望んでいた結果にならなかったとしても答えを聞き出せたことを誇りに思ってよいのです。相手が同じ気持ちでなかった場合は、「大丈夫、問題ないよ」、あるいは「話を聞いてくれてありがとう」と伝えましょう。別れる際は、丁寧に優しく振る舞います。「こうなると分かっていた」、「誰も自分を好きになってくれない」などと言って相手を困らせることはやめましょう。
    • 気持ちを伝える自信をもてたことは、今後の恋愛や選択においても自信になると覚えておきましょう。
  2. 2
    相手が自分を好きではないことが分かっても、相手に会った時に気まずい態度をとらないようにしましょう。相手が同じ気持ちでないなら、それはそれでよいのです。友達関係であった場合は少し時間を置くのがよいかもしれませんが、次に相手と会った時に逃げたり避けたりする必要はありません。普段通りに過ごし、道で相手とすれ違ったら幸せそうなふりをしましょう。相手の気持ちはどうにもならないことを忘れず、冷静に振る舞います。
  3. 3
    両想いになったらお祝いをしましょう。相手が気持ちに応えてくれた場合は、この上ない喜びを存分に味わいたいものです。気持ちを伝えられたことを誇りに思い、相手と出かけたり、デートをしたりして楽しみましょう。そして、ゆっくりと仲を深め、次にしたいことを決めます。そうすれば、あなたの大胆さや誠実さに相手が感動し、早く付き合いたいと思ってもらえるでしょう。
    広告

方法 2 の 3:
顔を見て気持ちを伝える

  1. 1
    おしゃれに気合を入れすぎないようにしましょう。気持ちを伝えようとしている時は、もちろん素敵に見せたいものですが、普段カジュアルな服装なら、完璧に着飾ってしまわないようにします。また、いつもラフな服を着ているなら、新しい服をまとってみましょう。しかし、気持ちを伝えるために張り切っていると思われないようにします。普段より少しだけ服装に気を遣い、身なりを整えましょう。こうすれば、いざ告白する時に自信が湧いてきます。
  2. 2
    時と場所を選びましょう。よい結果を望むなら、あなたと相手がリラックスできる状況で、ふたりきりになれる時間を選択する必要があります。授業と授業の間は、告白するのは控えましょう。相手には唐突に思われるかもしれませんし、あるいは次の授業で受ける数学のテストのことを心配しているかもしれないからです。代わりに、ふたりきりになりやすい時間を選びます。例えば放課後や、相手を少しの間呼び出せるようなイベント時などがよいでしょう。
  3. 3
    話があると相手に伝えましょう。大げさに言わず、宿題などを手伝ってほしいというくらいの感じで伝えます。1対1で話したいけれど、深刻な話をするというプレッシャーは感じなくてよいことを知ってもらいましょう。軽くなりすぎない程度にできるだけカジュアルに伝えるようにします。「放課後ちょっと話がしたいんだけど時間あるかな」などと言ってみましょう。[2]
  4. 4
    笑ったり冗談を言ったりして相手をリラックスさせましょう。すぐに「好き」と言葉に出すのはよくありません。ふたりきりになって、相手はまだ少し居心地が悪かったり戸惑っていたりするかもしれないからです。代わりに、冗談を言う、自分自身をネタに笑い話をする、あるいは相手が言うことに大笑いしてみましょう。笑いによって相手は前向きな気持ちになり、あなたの話を聞く体勢になります。
  5. 5
    言葉に出しましょう。もう待つ必要はありません。ふたりきりになり相手がリラックスすれば、気持ちを伝えましょう。言葉にするのは早いほどよいでしょう。そうすれば、緊張したり関係ないことを話してしまったりすることも少ないはずです。「あなたのことが好きだと伝えたかった」、「一緒にいるとすごく楽しい。私の気持ちを知ってほしい」などと言ってみましょう。
    • 告白する時は、相手の目を見て体の力を抜きましょう。相手に近づきすぎたり、床を見たりしないようにします。また積極的すぎ、あるいは内気になりすぎないよう気をつけます。
    • 気持ちを伝える時は、相手の名前を沿えましょう。「太郎さん、聞いて欲しいことがあるの」と言えば、「聞いて欲しいことがある」よりも、より個人に向けた響きをもちます。
    • 伝えることが山積みにならないようにしましょう。自分自身にプレッシャーをかけることになるだけです。
  6. 6
    反応を待ちましょう。「どう思う?」と、すぐに相手に聞いてプレッシャーをかけるのはやめましょう。相手は驚いていて、どう答えるべきか考える時間を必要としていることもあります。数回深呼吸をして一歩下がり、相手の反応を待ちましょう。すぐに気持ちに応えてくれることもありますが、時間が必要なことも十分あり得ます。その場合、「分かった、話してくれてありがとう」、「考える時間をもらってもいい?」などと言ってくるでしょう。これはいたって普通のことです。相手に好かれる可能性を高めたいなら、告白したあとはクールに振る舞うとよいでしょう。
    広告

方法 3 の 3:
他の方法で気持ちを伝える

  1. 1
    電話で気持ちを伝えましょう。直接会って告白した方が堂々として大人に見えるため、電話での告白はできるだけ避けたいものです。しかし、告白するのが非常に恥ずかしい場合は、電話で気持ちを伝える方法をとりましょう。電話では、冗談を言ったり気楽な話をしたりして相手をリラックスさせてから、「聞いて欲しいことがある」と言って想いを伝えます。
    • 電話では顔が見えないので、緊張を抑えられます。それでもまだ緊張する場合は、その場で少し歩いてみると緊張がほぐれるでしょう。
    • 電話で告白することを決めたら、友人に電話をかけ、どのように話を始めるか練習するとよいでしょう。
    専門家情報
    Joshua Pompey
    Joshua Pompey
    リレーションシップエキスパート

    デートなど一緒に出掛けたあとで相手にメールを送る場合は、間を置かずに送りましょう。誰でも携帯電話を四六時中身に着けているこのご時世に、メールを送るのに3日も待つなど無意味です。間を開けすぎると相手に悪い印象を与えます。ただし、バランスが肝心です。 送ったメールが相手を楽しませるうちはよいのですが、たくさん送りすぎると、「深く知りたくて追いかけ」させる効果が台無しになります。

  2. 2
    手紙で気持ちを伝えましょう。手紙に想いを記し、相手のロッカーや教科書、あるいはカバンに入れておくのも、気持ちを伝えるのによい方法です。「田中君へ あなたのことが好きです」などと書くだけで大丈夫です。あるタイミングで相手が手紙を見つけたら、嬉しいサプライズになるでしょう。ここで大切なのは、手紙を見つけやすいようにしておくことです。
    • 手紙を使う場合は注意が必要です。手紙は無くなったり、他の人に回されたりすることがあります。間違った相手に手紙が渡ってしまわないように気をつけましょう。
  3. 3
    遊びに誘ってみましょう。「君のことが好きだ」と言うのに緊張してしまう場合は、核心に迫る前に遊びに行こうと誘ってみましょう。映画や舞台のチケットが余っていると言って相手を誘ったり、何か食べに行かないか、どこかでコーヒーを飲まないか、あるいは公園を散歩しないかと聞いたりしてみます。ふたりきりで出かけようと誘うことで、あなたの気持ちは十分明らかなので、あとは相手の考えに任せましょう。
  4. 4
    してはいけないことを知っておきましょう。相手に想いを伝え、よい結果を望むなら、避けるべきことがあります。堂々とした大人っぽい人に見せたい場合、以下の点に気をつけましょう。
    • 自分の代わりに友人に気持ちを伝えてもらうのはやめましょう。一人前に見られたいなら、自分自身で実行すべきです。
    • SNSで告白をするのはやめましょう。こうすると真剣に見えず、顔を見て話す自信がないように思われます。
    • 告白する際、積極的になりすぎないようにしましょう。「2年生の時からずっと好きで…」と言うより、「君のことが好きだ」とシンプルに伝える方がより効果的な上、相手を驚かせることも少ないでしょう。[3]
    広告

ポイント

  • まずは友達になりましょう。相手と友人関係であり、次のステップに進みたいと思ったらゆっくりと進みましょう。[4] 時と場所を選び、よい雰囲気を作り、話す時はリラックスするようにします。そうすればふたりとも居心地よく感じられるはずです。
  • ロマンチックな雰囲気にしたい場合(あるいは気まずい状況が苦手な場合)はラブレターを書きましょう。想いを綴り、[5] ロッカーなどの、相手が見る場所に入れておきます。相手の本などをいたずらで盗み、相手に「偶然」見つかるように手紙を挟んでおくのも、気が利いたやり方です。
  • 顔が赤くなっても心配したり隠したりする必要はありません。深呼吸をし、まっすぐ相手の目を見ましょう。
  • 外見が好みというだけ、あるいは友人たちが皆誰かと付き合っているという理由で相手を好きになっていないか確認しましょう。
  • 緊張して仕方ない場合は、相手に伝えたいこと、そして相手の返事がよかった場合と悪かった場合に返す言葉を書き出しておくとよいでしょう。
  • 周囲に相手の友人がいない時に告白しましょう。あなたをからかってくるかもしれません。
  • 相手が自分を好きかどうか、人に確かめてもらうのはやめましょう。こうすると相手に怪しまれ、計画が裏目に出ることがあります。
  • 威張るのではなく、堂々と振る舞いましょう。気持ちを伝える時に自信をもつのはよいことですが、横柄にならないように気をつけます。
  • 振られて泣かずにはいられない場合、誰にも見られない、一人だけになれる場所へ行きましょう。
  • 自信をもちましょう。これは簡単なことではありません。しかし断られたとしても、必ず別の相手が見つかります。ありのままの自分でいましょう。相手が気持ちに応えてくれなくても、あなたは十分素晴らしい人間です。

広告

注意事項

  • 振られても、すぐに別の人、特に振られた相手の友人に告白するのは控えましょう。
  • 不適切な、あるいは性的な言葉を使って気持ちを伝えるのはやめましょう。気を引くのは問題ありませんが、これらの方法は使えません。
  • 振られたら耐え難いと思うかもしれませんが、家族や友人、また生活の中にある小さな喜びが大きな助けとなり、失恋を乗り越えられます。時間が少し必要なだけなのです。[6]
広告

関連記事

How to

ずる休みをする

How to

夢精を止める

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

勃起を隠す

How to

女の子らしい女の子になる

How to

背を高くする

How to

学校を楽しむ

How to

彼があなたのことを好きかどうか知る

How to

見つからないようにこっそり家を抜け出す

How to

こっそりとコンドームを買う

How to

ありのままの自分に満足する

How to

彼女を自分とセックスさせたくする

How to

未来の自分に手紙を書く

How to

宿題がしたくなる
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む158人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: | ティーン
このページは 916 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告