好きな人のことを忘れる方法

共同執筆者 Klare Heston, LICSW

この記事には:距離を置く別れの喪失感に対処する人生を前向きに歩む6 出典

誰かを愛するのは素晴らしいことですが、場合によっては、幸せになるよりも傷つくことの方が多いことがあります。例えば、辛い別れを経験したばかりだったり、自分の方を向いてくれない人のことを好きになったりしていませんか?こうした経験は苦痛でしょう。どうすればそれを乗り越えてまた幸せになれるだろうか、と悩んでいるかもしれません。好きな人のことを忘れるには、その人との間に距離を置き、悲しみに上手く対処し、自分の人生を前向きに進んでいくことが必要です。

1
距離を置く

  1. 1
    交際をやめる 現在交際している人のことを愛するのはもう止めたいのなら、今が別れる時でしょう。相手が自分のことを愛してくれない、または関係が悪化している場合、ひざを交えて、別れたいということを穏やかにかつ毅然と伝えましょう。
    • 「あなたのことはとても好きだけど、もう諦めて前に進もうと思う。あなたは私に愛情を感じていないと言ったけれど、私は、私と同じくらいに自分のことを好きなってくれる人と交際したい」と伝えましょう。
    • 「あなたのことはとても好きだけど、長い間私達幸せじゃなかったよね。笑うよりも泣く方が多かったし、健全な関係とは思えない。もっと時間をかけて話し合うこともできるけど、私の心はもう決まっている」と言うのも良いでしょう。
  2. 2
    相手に会う時間を制限する 好きな人のことを忘れて前進しようとするときは、できるだけその人がいる場所には行かないようにしましょう。いつもとは異なるルートで会社に通勤したり、別の道順で学校に通うようにします。共通の友達がいるために相手に会う可能性がある場合は、その友達と過ごす時間を減らしましょう。[1]
    • 職場や学校のクラスが同じ場合は、必要な時にだけ話すようにします。
  3. 3
    SNS上でフォローを解除するか、友達リストから削除またはブロックする 「去る者は日々に疎し」ということわざがあるように、相手との接点を直接的にもオンライン上でも断ちましょう。全てのSNS上で相手のアカウントをブロックし、お互いにアクセスできないようにします。ブロックしたくなければ、少なくとも友達リストから削除したりフォローを解除する等して、相手の投稿を見なくて済むようにしましょう。
  4. 4
    不必要なコミュニケーションはとらない 相手から連絡が来ても会話しないようにしましょう。コミュニケーションをとる機会が減れば、愛情は早く冷めるものです。ただし、状況によってはコミュニケーションが必要な場合もあるでしょう。相手との間に子供がいる、職場で同じプロジェクトに取り組んでいる、または相手から返してほしいと求められているものがある場合は、話す必要があるでしょう。[2]
    • 相手と話さなければならない場合は、過去の想いが浮上してくるような特別な場所ではない、例えば喫茶店等を選びましょう。相手とは、礼儀正しく、ただしフレンドリー過ぎないように話します。社交辞令として最近どうしているかと尋ねるのは問題ありませんが、早めに話の核心に触れましょう。
    • 「元気そうでよかった。今日は息子のマサルのことで話し合いたくて。明日はマサルの初めての登園日だし、あなたと今後のお迎えのスケジュールを組まないといけないから」という話し方が良いでしょう。
  5. 5
    思い出の場所は避ける 初めてキスやデートをした場所は思い出が蘇るので、行かない方が無難です。こうした思い出を忘れることは決してないでしょうが、相手との別れを更に辛くする昔の記憶をあえて呼び起こす必要はありません。
  6. 6
    可能なら休暇をとる できれば数日間どこかへ出かけましょう。そうすれば、その間は相手に会うことはありません。どこかへ一人旅に出かけるか、または友人や家族と一緒に旅行に行くのはどうでしょうか。
    • 金銭的に余裕がなければ、日帰り旅行でも良いでしょう。地元のビーチや近くの市街地へ出かけるのも一案です。

2
別れの喪失感に対処する

  1. 1
    相手を思い出させるものを取り除く 2人でとった写真が部屋にあるなら、処分するかどこかに収納する等します。クローゼットの中に相手の着ていたセーターがあれば、慈善団体に寄付しましょう。相手を思い出させるこうした些細なものが残っていると忘れ難くなってしまうので、片付けるか処分するのが賢明です。
  2. 2
    楽しかったことよりも辛かったことを思い出す 一緒に笑ったり楽しく過ごした時間を考えてしまうかもしれませんが、そうではなく辛かったことを思い出しましょう。理由があって相手をもう愛せないと思ったのですから、そう決断した背景を忘れないようにしましょう。
    • 自分の母親に失礼な態度をとった、誕生日に泣かされた、たいがい自分勝手だった等、不快な気分にさせられた時のことを思い出しましょう。
  3. 3
    日常的に瞑想をする 好きな人のことは常に頭で考えてしまいがちです。瞑想は雑念を払い、日々の生活に平安をもたらすことのできる一方法です。毎日都合の良い時間を選んで、最低10分間静かな場所に座って瞑想しましょう。瞑想中は呼吸のみに意識を向けるようにします。
    • 瞑想の経験がない人は、「MEISOON」や「瞑想なう」などのアプリをダウンロードして活用すると良いでしょう。
  4. 4
    友人にサポートしてもらう 誰かへの愛情を手放すのは簡単ではありませんが、友人や家族に少し手伝ってもらえば可能です。孤立するのではなく、友人に連絡して話をしましょう。もう愛するのを止めようとしている相手に対して自分が感じていることを話したり、その他自分の人生についての近況を語る等しましょう。[3] 
    • ただし、相手と別れることが辛くて友人や家族に何度も頻繁に電話するのは避けましょう。どんなに良い友達であっても、いつも悲しいニュースを聞かされたくはないはずです。
  5. 5
    鬱かもしれないと思ったらセラピストに相談する もう何ヶ月も相手のことを忘れようと努力しているにも関わらず、気持ちを振り払うことができない場合は、セラピストに相談しましょう。ベッドから起きられない、以前のように物事を楽しめない等と感じているのなら、鬱になっている可能性があります。すぐに対処して気分を向上させましょう。

3
人生を前向きに歩む

  1. 1
    生活に多くの変化を取り入れる 好きな人のことを忘れようとしている時は、自分に再投資するのが良いでしょう。相手のことを好きだったのは昔の自分として解釈し、気持ちの切り替わった新しいバージョンの自分を作り上げましょう。ワードローブや家の中を刷新したり、新たな目標を立てる等しましょう。次のような変化を取り入れてはどうでしょうか。
    • 何年も着ていない服を処分して、新しいスタイリッシュな服に買い替える。
    • 引っ越し、家具の配置換え、または買い替えを行う。
    • 履歴書を更新して、今より高い役職の仕事に応募する。
  2. 2
    気分を良くするために運動をする 運動は体に良いだけでなく精神面の健康にも好影響を与えます。運動をすると、エンドルフィンと呼ばれる気分を高揚するホルモンが分泌されます。誰かへの愛を諦めるというのは悲しいことですが、ジムに出かける等して気分を向上させましょう。[4]
    • フィットネスのクラスに通ったり、友人と一緒に近所をジョギングしたり等しましょう。
  3. 3
    友人とでかける 特定の人への愛を諦めても、家族や友人への愛情表現を止める必要はありません。毎週時間を見つけて家族や友人達と集まったり、映画や飲みに出かける等してはどうでしょうか。外出を再開すれば、早く気分も良くなり前進できるようになります。[5]
  4. 4
    新しい趣味を見つける 好きな人のことを忘れようとしている最中は、楽しいアクティビティで忙しくするのが良いでしょう。ずっとやりたかったことに挑戦したり、昔の趣味にもう一度没頭したりしてみてはどうでしょうか。相手と別れたおかげでできた自由な時間は、全部自分の楽しみのためにつぎ込んで良いのです。[6]
    • ダンス、読書、乗馬、料理、絵画等も良いでしょう。
  5. 5
    デートを再開する 愛情が冷めて相手のことを毎日考えることがなくなったら、前に進みましょう。友人に頼んでシングルの知り合いを紹介してもらったり、インターネットの出会い系サイトを見てみるのも良いでしょう。どんなに辛くても、必ず乗り越えらるということを忘れないでください。
    • 新たな恋愛は心ときめくものですが、前の恋愛の反動として次の恋愛を始めるのは避けましょう。新しい恋人とデートを始めるのは、自分の気持ちが完全に切り替わってからにしましょう。気持ちが切り替わったサインとしては、泣くことが減った、起床時や就寝時に相手のことを考えなくなった、あるいは以前聴いていた歌を聴いても感情的にならなくなった等があります。
  6. 6
    忍耐強くなる かつて好きだった人のことを忘れるには、時間と感情面での努力が多いに必要です。終わった恋愛についてはできるだけ考えないようにすべきですが、私達は所詮人間ですから、相手のことが時々心に浮かんでくることもあるでしょう。そのような場合でも、うろたえる必要はありません。 

記事の情報

この記事はKlare Heston, LICSWが共著しています。 クレア・ヘストンはオハイオ州に住む認定医療ソーシャルワーカーです。バージニア・コモンウェルス大学にて社会福祉学の修士号を取得しています。

カテゴリ:

他言語版:

English: Stop Loving Someone, Español: dejar de amar a alguien, Português: Deixar de Amar Alguém, Deutsch: Jemanden nicht mehr lieben, Français: arrêter d'aimer quelqu'un, Italiano: Smettere di Amare Qualcuno, Русский: перестать любить человека, 中文: 停止爱一个人, Bahasa Indonesia: Berhenti Mencintai Seseorang, Nederlands: Stoppen van iemand te houden, Čeština: Jak přestat milovat, العربية: التوقف عن حب شخص, Tiếng Việt: Ngừng yêu ai đó, ไทย: หยุดรักใครบางคน, 한국어: 누군가를 그만 사랑하는 법

このページは 274 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?