PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

素晴らしい女の子と出会えたと思ったのに、その子には既に付き合っている彼氏がいるということがよくあります。これは不利な状況ですが、必ずしも勝負が決まったという訳ではありません。巧く立ち回れば好きな女の子を彼氏から奪い取ることが出来るかもしれません。

方法 1
方法 1 の 2:
自信を持って振る舞う

  1. 1
    信頼を築く 一緒に食事をしたり、映画を見たりというような、友人としての付き合いを通じて信頼を築きます。 悩みを聞いて相手のことを知りましょう。特別扱いはせず、普通の女友達として接しましょう。[1]
    • 彼女にしようと焦るのは禁物です。相手はそれを立ち入った行いと捉え、弄ばれていると感じます。
    • 相手にしつこく頼ってはいけません。依存すると相手はあなたを恋愛の対象としてではなく、単なる友人として見るようになります。
  2. 2
    楽しい思い出を作る 楽しく前向きな感情を共有すると、相手は次第にあなたの事を考え始めます。相手に気を配り、二人で一緒に楽しめることをしましょう。ボーリングが好きな女の子の彼氏がボーリング嫌いなら、あなたが代わりに相手をしましょう。口論は避けます。彼氏や彼氏との関係について、否定的な発言をしないようにしましょう。[2]
    • これは彼氏との関係の弱点を探り出して、隙間に入り込むチャンスになります。彼氏への不満を聞き逃さないようにしましょう。
    • 共通点を見つけましょう。つながりを深めることに大変効果的です。例えば、相手はスカイダイビングに、あなたはサファリ探検に興味があるなら、2つの異なるイベントを「冒険好き」という共通点で結びつけます。
    • 相手があなたと一緒にいたがるということは、彼氏との関係に満足していないという証拠です。
  3. 3
    相手が周りに見てもらいたい姿を理解する 楽しく戯れるのもよいですが、恋愛の対象としてではなく一人の人間として接します。それには話をよく聞いて、相手を励ましましょう。例えばその子が写真家を目指しているなら、作品を誉め、肯定的な感想を述べます。外見に興味があるだけで、彼女の夢の邪魔をする男性が山ほどいるということを覚えておきましょう。もしかすると彼氏もその中の一人かもしれません。[3]
  4. 4
    他の女友達との付き合いを続ける 女の子はしつこくされると冷めるものです。あなたには自信があり、相手を特に必要としていない所を見せましょう。これは態度のはっきりしない女の子に効果的です。例えば教室で今までイチャイチャしていたのに急によそよそしくなったら、他の女の子達に話しかけます。そしてその子達を笑わせましょう。相手の嫉妬心に火をつけるはずです。[4]
    • 他の女の子達と会話をした後で、遊びに誘います。その週のうちにランチに行くというような内容がよいでしょう。相手が難色を示すようであれば、一緒に出掛ける程の興味をあなたに持っていないのかもしれません。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
上手にコミュニケーションをとる

  1. 1
    コミュニケーションを重ねて実績をつくりあげる 時間が掛かるかもしれませんが、女の子が知り合ってから日の浅い男性の為に自分の彼氏と別れることは、まずありません。彼氏との関係が幸せであればあるほど、辛抱強く待たなければなりません。話す時には堂々と、積極的に、余裕に満ちている様子をアピールしましょう。[5]
    • それには自尊心を高めましょう。体を清潔に保ち、運動で鍛え、正しい食生活を送ります。鏡や他人を利用して話し方の練習をしましょう。
    • 落ち着いた状態でアプローチをかけましょう。目をまっすぐに見つめ、はっきりと話しましょう。
    • 相手に関連のある話題をふるなら、単刀直入にいきましょう。例えばその子が本を読んでいるなら、本について質問します。会話が途切れ始めるまでその話題に集中し、頃合いを見て話題を変えましょう。[6]
  2. 2
    話題に多面性を持つ 仕事や友達についてなど、ありふれた話題を選んでしまいがちですが、これは間違いです。退屈であるうえ、誰もが友達と話すような内容です。他のみんなとは違った話題を選びましょう。実話を少し混ぜた楽しい話題で相手を引き付けましょう。
    • 「はい」と「いいえ」では答えられない質問をする、というコミュニケーションの技があります。例えば「銀行の窓口で働いていると面白い人にたくさん出会いそうだね。お気に入りのお客さんのことを話してよ。」というように、他人に関しての質問をする所がポイントです。[7]
  3. 3
    自分を売り込む その為にはまず、相手の理想の彼氏像を探り出します。「世の中のどんな男性でも手に入るとしたら、君はどうする?どういう外見で、どういう性格の人がいい?」というような質問をしてみましょう。出来る限り鮮明なイメージを引き出します。そしてこの理想の彼氏像と実際の彼氏を比べてみましょう。[8]
    • 例えば相手が「わたしの話を聞いてくれる人がいい。」と答えたら「君の彼氏は忙しそうだものね。でも彼は精一杯頑張っていると思うよ。」というように返します。
    • 決して彼氏を侮辱したり、彼氏の欠点を決め付けてはいけません。
  4. 4
    二番手の彼氏にならない あなたが惹かれている相手の周りには、彼女の美しさを称賛する男性がたくさんいるかもしれません。誉めそやしたり、話の聞き役に徹したり、食事をおごるなど、単に彼氏の穴埋めをするような行いはやめましょう。彼氏の元に戻るまでの、ただの友達、世話係、お金の調達源という役になってしまいます
    • シングルである事を利用して、彼氏になりたいという願望をアピールするより、むしろミステリアスで自由な、興味をそそられる人物を装いましょう。
  5. 5
    スキンシップをはかる 告白せずに気持ちを伝える所がポイントです。相手が自らあなたを好きになるように仕向けなくてはなりません。会話を重ね、辛抱強くリードしましょう。嫌がる様子を見せないようであれば、時々軽く手や手首、または肩にふれてみましょう。やがてボーリングボールの投げ方を教えたり、ハイキングの途中で登る手助けをするというような、更なるボディタッチのチャンスが訪れるかもしれません。
    • 本心を伝えてはいけません。あなたが彼氏との関係を脅かす存在として映ります。相手はそれを不快に思い、弄ばれているように感じます。
    • 女の子は感情に敏感です。気まずい雰囲気になったら、無理強いをしてはいけません。相手から「やめて」と言われたら、体にふれるのをやめましょう。
    • 決断を要求してはいけません。自分か彼氏かを選ばせるようなことはしないようにしましょう。
  6. 6
    キスを奪う 友人としての付き合いをしばらく続けたのち、愛情表現をしてみましょう。相応しい瞬間を判断しましょう。スキンシップや親密感、そして楽しい体験を通じて、お互いに惹かれていることを確かめてから、二人きりの場所で試します。相手が拒絶の態度を示したら、強要せず直ぐにやめましょう。[9]
    • 先に進むよりも、むしろキス止まりにして相手にあなたの事を考えさせるほうが効果的かもしれません。
    • これにはリスクが伴いますが、友人の関係から抜け出せない場合には、相手の感情を混乱させることも必要です。このあと相手があなたを避け始めるようであれば、きっぱりと諦めましょう。
    広告

ポイント

  • 彼氏の都合が付かない時には傍にいてあげましょう。ただし相手が泣き付くだけの存在にはならないようにしましょう。
  • 巧く立ち回りましょう。状況によっては相手を庇って味方になりましょう。あなたの勇気に感謝してくれるはずです。
  • 彼氏の前では注意深く接しましょう。彼女を守るような発言をしましょう。ただし決して彼氏を侮辱してはいけません。
  • 彼氏に怒りをぶつけてはいけません。彼氏はあなたに対し、失礼な事は何もしていないはずです。彼氏に対して嫌味な態度をとると、嫉妬心にかられた未熟な人間だと思われます。
  • 時間をかけて取り組まなくてはならないことを覚えておきましょう。信頼や恋愛感情を築くためには長い時間が必要です。
  • 浮気はよくありません。相手が自然に彼氏と別れるのを待ちましょう。彼氏を陰で裏切るような女の子は、あなたにも同じ事をするかもしれません。
  • テキストメッセージを必要以上に送ったり、電話を頻繁にかけないようにしましょう。必死だと思われてしまいます。
広告

注意事項

  • 彼氏と別れるようにほのめかすと、あなたの魂胆がばれ、相手はあなたに操られているように感じて、恋愛関係になるチャンスも台無しになります。
  • 彼氏と速攻で別れたり、いつまでも完全に別れられないような女の子は、後々あなたを苦しめることになります。彼氏との関係がうまく行っていないならともかく、浮気性な女の子はあなたに対しても同じことを繰り返すでしょう。
  • 同じ技を使った他の男性に好きな子を奪われるかもしれません。そうなっても今までのポジションを維持し、相手の信頼を失ってはいけません。
  • 彼氏の役を演じたり、恋愛の悩み事を聞いたり、一緒にショッピングに行くというような付き合いを続けていると、単なる友人になってしまいます。
  • あなたを利用したり、期待を持たせるようなことをする女の子には用心しましょう。振り回されてはいけません。自分の人生は自分でコントロールしましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,895回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 2,895 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告