好きな女の子を諦める方法

5 方法:自分の気持ちを大切にする彼女に会う時は公の場所を選ぶ彼女と2人きりになった場合を考える別の場所で自分の気持ちを表現する前に進む

恋愛は、素晴らしくもあり辛い経験にもなります。好きになった女の子が、どんな理由であれ自分には興味がないと分かったら、彼女への思いを諦めて、前進しなければなりません。好きな子を諦めるには、できるだけ彼女との距離をとるとよいでしょう。彼女との交流が避けられない場合には、公の場を選び、個人的な話は避けましょう。2人きりで会う状況になっても、前もって、する事を計画してはいけません。状況を客観的に捉え、明るい未来に向けて一歩一歩前進していくことで、心の傷が癒されるでしょう。

1
自分の気持ちを大切にする

  1. 1
    自分の気持ちに気づく 片思いだと分かったら、その状況を受け入れる前に、悲しくなるのは当然です。しかし、その悲しい気持ちを避けてはいけません。「今は辛い時期だ」と認めて、自分に素直になりましょう。自分の感情を拒否せずに、理解して制御できるように務めましょう。
  2. 2
    彼女に距離を置く 彼女への片思いを克服するには、彼女にできるだけ会わないことが最善策です。彼女との接触を完全に避ける、ということではありません。ただ、会う頻度を減らすように努力しましょう。それでもなお、辛い気持ちになるでしょうが、再出発を切るには、会う頻度を下げることが、最も良い方法です。
    • 現在でも、彼女と友達関係を続けているなら、自分から彼女を誘ってはいけません。彼女から誘われた時にだけ、会いましょう。自分から電話をかけるなど、率先して行動してはいけません。時々会ってお喋りをすることはあるでしょうが、その機会は、どんどん少なくなり、逆に自分の自由時間が増えるでしょう。
  3. 3
    彼女に特別に親切にしてはいけない 特別扱いをしなければ、「ただの友達」だと、はっきりと表明することになります。惹かれているからと親切にすれば、相手は、その気持ちを利用し続け、あなたの本心は伝わらないままになるでしょう。女の子に親切に振る舞うと、相手は「誰にでも親切にするタイプなんだわ」と考えて、その行為を当たり前に思うか、「私とデートがしたくて私の機嫌を取っているのかしら」と不快に思うか、のどちらかでしょう。
    • 頼まれてもいないのに、彼女にプレゼントをする(あるいは、彼女が何かを欲しいと言ったので、プレゼントする)、カフェやレストランで彼女の飲食代を払う、車で送ってあげる、他の友達にしないことを彼女にしてあげるなど、これらは全て特別行為です。彼女への特別行為はやめましょう。
    • 特別行為かどうかを判断しましょう。忘れようとしている女の子に、何かをしてあげたいと思ったら、同性の友達にも同じことをするかどうかを考えてみましょう。しないな、と思えば、彼女への親切心は、友情からではなく特別な思いからです。
  4. 4
    彼女からの依頼を断る あなたの親切心に彼女が慣れていれば、頼みごとをされるかもしれません。依頼されても「他の人が手伝ってくれるかもしれないよ」などと、丁寧に断りましょう。必要であれば、「お金を節約しているんだ」「宿題をやらなきゃならないから」「家の掃除があるから」「今夜は親戚の家に行くから」など、相手を傷つけない言い訳を考えましょう。あなたとの友情に価値をおいているなら、理解してくれるはずです。
  5. 5
    生活のリズムを変える 学校からの帰宅時間を数分早めると、校舎内や下校途中に、彼女に会う機会が少なくなるでしょう。また、普段通らない道を選べば、彼女を見かけることも少なくなります。職場で彼女に会う頻度が高いなら、勤務時間帯を変えれば、彼女と一緒に仕事をする時間も減らせるでしょう。
  6. 6
    遊び場所や仲間を変える 遊び仲間の1人に、片思いをしてしまうケースがよくあります。仲間全員と過ごす代わりに、少数の仲間と過ごすようにすれば、彼女と会うことを避けることができるでしょう。 
    • いつも一緒にいる仲間の他に友達がいるなら、彼らとも頻繁に付き合いましょう。嬉しくなってあなたへの興味も深くなり、あなた自身も、彼女のことを考えずに済むかもしれません。
  7. 7
    彼女に会うのを完全に絶つ 「時々なら彼女に会える」と考えても、心が晴れないなら、彼女に会うのを完全に絶ちましょう。彼女から誘われても、「勉強が忙しいんだ」「今日は仕事で疲れたから」などと、彼女の気持ちを気遣った言い訳を考えましょう。そうすれば、彼女は他の人を誘うようになり、あなたに連絡する頻度も少なくなるでしょう。

2
彼女に会う時は公の場所を選ぶ

  1. 1
    彼女と2人きりになるのを避ける 勤務場所が同じなどの理由で、片思いの彼女から完全に離れることができないなら、環境を自分の有利になるように使いましょう。職場や学校の教室などの公の場所は、感情的に一線を画するのに理想的です。片思いの子に対しても、他の人達と同じように接しましょう。自分自身に対して、また、彼女に対しても、2人は特別な仲ではなく、単に隣同士で仕事をする同僚だ、ということをはっきりとさせましょう。
    • ペア作業が必要な時には、彼女をパートナーに選ばないように努めましょう。2人で一緒に仕事をする必要がある時には、仕事中心に話を進めましょう。
  2. 2
    安全策として大勢の仲間と過ごす 公の場所以外で、片思いの子を近くにしなければいけない時があるかもしれません。そういう時は、グループの輪から離れず、個人個人との接触を控えれば、彼女と2人きりになる機会も最小限に抑えることができ、動揺したり気落ちしたりせずに済むでしょう。
    • 例えば、友達の家で仲間と遊んでいる時に、ソファーに彼女と2人きりになれば、彼女を意識してしまいます。しかし、4人でソファーに座ってゲームなどに興じれば、気が楽になります。
    • 他の友達に接するように、彼女にも接しましょう。そのうちに、プレッシャーを感じなくなります。要は、彼女を普通の女友達として考えることです。

3
彼女と2人きりになった場合を考える

  1. 1
    会話のトピックを考えておく 政治、文化、宗教、科学など、それぞれの分野で興味あるトピック見つけ、自分の考えをまとめておきましょう。たとえ、ビデオゲームや、映画といった単純なものにしか興味がなくても、それらを深く追求しましょう。感情や恋愛関係などの話題を避け、彼女とニュースについて話したり、意見を交わしたりすれば、「彼女は、ただの友達だ」と強く意識しなくても、冷静さを保つことができ、辛いトピックも避けることができるでしょう。
    • すでに夢中になっている事柄については、すんなりと話せるでしょう。しかも、目の前には、聞いてくれる人がいます。実際に話し出したら、止まらなくなるかもしれません
  2. 2
    常に暇つぶしになる遊びを準備しておく 予め計画したことを2人で共にすれば、お互いに「デートをしている」と考えてしまうでしょう。一緒にディナーに行くといった予定を立ててはいけません。思いを寄せている彼女と自分の家、彼女の家、若しくは、車の中で2人きりになってしまう時に備えて、気晴らしになるゲームなどを用意しておきましょう。トランプをしたり、宿題を助け合ったりして、特別な雰囲気を作らないように努めましょう。
    • 重要なことは、曖昧な印象を与えないことです。ソファーで体を寄せ合ったり、郊外で一緒に星を見つめたりなど、恋人同士とも取れる行動を取るのは避けましょう。今すべきことは、彼女を諦めることです。事態を悪化させてはいけません。常に代替策を準備して、ロマンチックな状況を作らないようにしましょう。
  3. 3
    瞑想で心を落ち着かせる 瞑想にはいくつものメリットがあります。際立って素晴らしい点は、心を一点の曇りもなく澄んだ状態に保てることです。感情が乱れている時でも、瞑想によって雑念を払うことができれば、 夜友達と出かけるまで、心を穏やかに保つことができます。瞑想の基本は、集中できる静かな場所で、深く呼吸をしながら、じっと動かずにいることです。「自分の気持ちを制御する」「片思いの恋を諦めることに集中する」と、自分自身に言い聞かせ、彼女に会う時にも、その気持ちを持ち続けましょう。

4
別の場所で自分の気持ちを表現する

  1. 1
    リストを作る 自分の気持ちを紙に書くと、気持ちを整理し易く、また、感情のはけ口にもなります。この恋がどうして実らないのか、一番明らかな理由から書き出しましょう。「彼女は、僕が彼女を思うように、僕のことが好きじゃない」とリストの最初に書きましょう。その次に考えられる理由を、どんなに小さなことでも、書き足しましょう。「スケジュールが合わない」「宗教が異なる」「彼女が好きな人を、僕は好きではない」などが挙げられるかもしれません。リスト作成の目標は、叶わぬ恋の理由をたくさん書き出し、その恋に対する強い反対論を構築することです。10くらい理由が見つかれば、1つの揺るぎない理由と同じくらいの重みになり、心が軽くなるかもしれません。
    • 理由が思い浮かぶ度に、忘れずにリストに書き足しましょう。自宅を離れている時には、覚えておくようにしましょう。重要な理由なら、家に帰るまで忘れることはありません。一次的にどこかに書いておくという方法は、避けましょう。
  2. 2
    リストは秘密にする 感情を書き出したリストは、他人に見せてはいけません。また、放置してもいけません。誰かに読まれてしまう恐れがあります。自分の部屋があるなら、そこで書くようにして、誰の目も届かない場所に保管しましょう。自分の部屋がないなら、1人になれる場所を選んでリストを作りましょう。書き出したリストは、誰にも見つからない場所に隠しましょう。
    • リストは、パソコンではなく、手書きで作成しましょう。パソコンに保存したファイルは、簡単に見つけられます。
    • 学校や職場にリストを持って行ってはいけません。誰かに見つかれば、プライバシーが侵害され、気分を害することになるでしょう。
  3. 3
    リストを頼りにする 彼女を考えて悲しくなったり落ち込んだりしたら、リストを読み返しましょう。また、彼女を思って空想に耽り出した時にも、リストを読みましょう。彼女への気持ちを吹っ切るために書いた、叶わぬ恋の理由を読み返せば、明るい未来に向かって前進するパワーが出るでしょう。
  4. 4
    秘密を守ってくれる親友に話す 多くの場合、親や親戚の大人が、その役目を果たしてくれます。悲しみを癒すには、感情を誰かに打ち明けることが一番効果的です。信頼できる人がいるなら、話を聞いてもらえるか、アドバイスや支援がもらえるかを訊いてみましょう。親身になってくれる人に話をすれば、随分と楽になるでしょう。
  5. 5
    カウンセリングを受ける 悩める人全員が、カウンセリングを受ける費用と、時間があるとは限りませんが、その余裕があれば、カウンセラーに相談することを考えましょう。カウンセリングでは、専門家に自分の考えや感情を直接話すことができ、相談ごとは、極秘扱いにしてもらえるため、プライバシーが侵害されることがなく安全です。また、クリニックを離れても対処できるようにアドバイスを施してくれます。
  6. 6
    芸術的手段をとる 芸術は、思想や感情を表現するために人間が考案した、最強のツールでしょう。散文、詩、エッセー、彫刻、絵画、コラージュ、歌、楽器演奏、作曲など、能力のあるなしに関わらず、理解してもらいたいという欲求を、創作を通して表わすものです。どんな手段を選ぶにせよ、自分の感情や思想を、破壊的ではなく建設的な方法で、安全に表現しましょう。
    • 片思いの彼女に対する気持ちを、物語にしてみましょう。初めて彼女に会った時から、叶わぬ恋と知り、彼女を諦め明るい未来に向かって進み出した今に至るまでを、物語にして表現しましょう。
    • 詩の中で、自分の気持ちを代役を通して表現しましょう。
    • 絵筆で、キャンバスに苛立ちをぶつけましょう。
    • 友達と即興の演奏会を開きましょう。
    • 芸術的な手法が苦手なら、自分自身に手紙を書きましょう。言いたいことをできるだけシンプルに、全て書き出しましょう。書き終えたら、先に作成したリストと一緒に保存しましょう。

5
前に進む

  1. 1
    片思いの相手を客観的に考える 相手を諦めようとする過程において、彼女に対する腹立たしさや、嫌悪感が生まれてくるかもしれません。しかし、ネガティブな感情は誰の得にもなりません。憤慨や怒りで一杯になったら、彼女が1人の人間として価値があること、また、彼女が素敵だから恋をしたのだ、という事実をもう一度考えましょう。彼女の長所を否定してはいけません。彼女とはデートに行けないだけだ、という状況を受け入れられるように、努力しましょう。
  2. 2
    別のことに没頭する 傷心を癒すために、真正面に悲しみに立ち向かい、静かな場所で考えられる1人の時間をとることができました。次は、その時間を彼女以外の何かに没頭できないかを、考えましょう。これまで、叶わぬ恋のために、どれくらい悩んだかをふり返りましょう。1週間にどれくらいの時間、悩んでいたかを推し量り、その時間を他のことに使って、悩みを解決するように努力しましょう。夢を大きく持ち、新しいことにチャレンジするには、今をおいて他にはありません。
    • 読みたかった本を読みましょう。または、本を書くのもよいでしょう。新しい同好会を見つけて参加したり、毎週土曜日にボランティア活動に出かけてみましょう。視野を広げれば、世界は広く、美しく、不思議なことが多い所だと、改めて認識できるでしょう。1人の人間のために心身を使い過ぎて、世の中の素晴らしさに目を向けられないとしたら、勿体無いことです。
  3. 3
    大きく目を開く 可愛らしくて親しみ易く、面白くて頭の良い女の子はどこにでもいます。自分の周りにも、いるかもしれません。大きく目を見開いて、気づく努力をしましょう。「よい人は、まだたくさんいる」という諺を思い出しましょう。また片思いになる、などと考えてはいけません。これまで気がつかなかったけれど、魅力的な女の子がたくさんいる、ということに目を向け、楽しい気持ちになれるようにしましょう。
    • 友達と公園のベンチに座って、通り行く女の子を観察し評価してみましょう。ほとんどの女の子が、洋服に合わせてアクセサリーを選んでいることに気づくかもしれません。1人の女の子に焦点を当てずに、大勢の女の子を観察しましょう。
  4. 4
    過去を引きずらない 時の経過とともに、悲しみも薄れ、状況が受け入れられるようになると、自分の書いたノートを読む直す機会も減っていきます。そうなったら、立ち直り時期も間近に迫り、明るい未来に向かって前進する準備が整った証拠です。
    • 苦悩を表現するために創作した作品をしまいましょう。探そうと努力しなければ見つからない場所に保管しましょう。何年か経てば、保管しておいて良かった、と思うかもしれませんが、今は、目の届かない場所にしまっておきましょう。
    • 叶わぬ恋の理由を書いたリストや、書き殴った手紙など、芸術的作品とは言い難いものは処分しましょう。燃やしてしまう方法があれば、全ての名前をペンで消し、瓶に詰めて海に流してしまう方法もあります。自分の思考や感情を物理的に追いやる行為には、セラピー治療としての効果があります。
    • デートの相手を探しましょう。行事や会合に参加する時には、新しい女の子や、これまであまり知る機会がなかった女の子と話してみましょう。また、友達と出かけたり彼らの友達に会ったりして、交流の輪を広げましょう。いいな、と思う女の子に出会ったら、その場でコーヒーなどに誘いましょう。10人中9人から断られるかもしれませんが、10人目の女の子から「イエス」の返事があるかもしれません。ロマンチックな経験はまだまだできる、と分かるでしょう。

ポイント

  • 自分を叱咤激励し、感情に溺れてしまうのを防ぎましょう。自分の感情を理解することと、惨めな気持ちのまま、ふさぎこんでしまうことは、別物です。
  • 焦ってはいけません。じっくりと考えられる時間と場所を確保しましょう。とても速く立ち直れる人がいれば、時間がかかる人もいます。
  • 忙しくしましょう。彼女のことを考えないようにしましょう。やがて、あまりの忙しさに彼女の名前さえも思い出せなくなるかもしれません。
  • 胸を張りましょう。あなたが自分らしくいることを、彼女は取るに足らないことだと思ったでしょうが、実際には、輝かしいことで、他の女性が飛びついて自分のものにしたいと願うトロフィーのようなものです。ある女性のせいで惨めな気持ちになった、と意気消沈してはいけません。健康的な考え方ではありません。
  • ロマンチックな関係を持った最初の相手に、恋焦がれてはいけません。相手のことをよく知らないでいると、軽く扱われる恐れがあります。そのような状況は避けましょう。「注意すべきかもしれない」という直感は、往々にして正しいことが多いものです。

注意事項

  • 否定的な考えや、破壊的な思考や行動は、できるだけ避けましょう。理解する、対処する、表現する、解き放つという観点で物事を捉えましょう。
  • 片思いの相手を忘れることができると、世の中が変わって見えます。友達をより親しく感じるようになるでしょう。このような変化を怖がらずに、準備をして待ちましょう。

記事の情報

カテゴリ: 人間関係

他言語版:

English: Get Over a Girl You Love, Español: olvidar a la chica que amas, Italiano: Dimenticare una Ragazza Che Ami, Português: Esquecer uma Garota que Você Ama, Deutsch: Über das Mädchen das du liebst hinwegkommen, Русский: забыть девушку, которую вы любите, 中文: 放下爱而不得的姑娘, Bahasa Indonesia: Mengatasi Kesedihan karena Gadis yang Anda Cintai Menolak Anda, Nederlands: Je over een meid heen zetten van wie je houdt, Čeština: Jak zapomenout na dívku, kterou milujete, Français: oublier une fille que l'on aime, العربية: تجاوز الفتاة التي تحب, ไทย: ลืมสาวที่คุณรัก, Tiếng Việt: Vượt qua tình cảm dành cho cô gái mà bạn phải lòng

このページは 217 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?