好意を寄せている女子の電話番号を運良くゲットすることができたとしましょう。しかし、次は何をすればよいのでしょうか?彼女の気を引きたいけれど、緊張しすぎて電話はかけることができないのなら、テキストメッセージを送るのが最も良い方法でしょう。好きな女子にテキストメッセージを送るには、強引になりすぎずに親しくなる方法を知ることが大切です。この記事を読み進め、テキストメッセージを送る際のアドバイスを手に入れましょう。

パート 1 の 3:
インパクトのあるメッセージで印象付ける

  1. 1
    オリジナリティを持たせる 他の男子は送らないような内容のメッセージを送ってみましょう。ただの挨拶文やおかしな絵文字を送るのではなく、彼女が微笑むような、または、彼女の興味を引くような内容のメッセージを送りましょう。「この彼、なんか特別な感じがする。彼とならもっと話していたいかも」と思ってもらえるよう、アイディアをひねり出しましょう。メッセージにオリジナリティを持たせる方法を以下で紹介します。
    • あなたのユーモアに富んだ性格で彼女を魅了しましょう。機転を利かせて物事を観察し、あなた独自の世界観を見せましょう。
    • 彼女を笑わせましょう。テキストメッセージ上でさえも、話し上手なところを見せましょう。
    • 彼女が今までに聞いたことがないようなことを話しましょう。彼女が絶対に驚くであろうニュースを聞いたら、シェアしましょう。
  2. 2
    良い質問をする 会話を始めるには、まずは質問をするとよいでしょう。質問をすれば、彼女もあなたに答えを求められていることが分かります。「その質問に対して何て返事をしたらいいのだろう?」と思われないためにも、質問する内容は率直で具体的であればあるほど良いでしょう。以下で、上手く質問をする方法をいくつか紹介します。
    • その日、または、その週の出来事を聞いてみましょう。最近、何か大切な出来事があったことを知っているなら、そのことについて質問してみるとよいでしょう。
    • 尋ねる質問は、答えやすいものにしましょう。人生の意味など、堅苦しいことを尋ねるのではなく、ゴールデンウイークの予定などを聞いてみましょう。
    • シンプルな質問をするよう心がけましょう。短い文でも会話を広げることは可能です。
    • 会話が続くような質問をしましょう。「昨日の夜、コンサートの後、何時に帰ったの?」などといった質問をするのではなく、「昨日のコンサートはどうだった?」と聞くほうが会話が続きます。1言、2言で答えられる質問をすると、そこで会話が終了してしまうでしょう。
  3. 3
    文法に注意する くだらないと思うかもしれませんが、彼女にメッセージを送る前に、誤字脱字がないか、句読点が正しく使われているか確認しましょう。小説家が書いたようなメッセージを送る必要はありませんが、文法的に正しいメッセージを送ろうと心がけていることが彼女に伝わるとよいでしょう。
    • 句読点が必要な部分には「、」や「。」をしっかりと使いましょう。カッコやカギカッコまでメッセージに盛り込む必要はないかもしれませんが、普段、メールを送る際に見直しをするのと同じくらいには気を使うべきでしょう。
  4. 4
    必死にならない メッセージのやり取りの最中に必死になり過ぎると、彼女にすぐ勘づかれてしまいます。良い印象を与えたいからといって、普段の自分なら言わないようなことを言ったりするのはやめましょう。自分らしいメッセージを送ることを心がけましょう。必死に頑張り過ぎて、彼女に気付かれてしまうのだけは避けたいものです。
    • 落ち着きましょう。長く、熱狂的なメッセージを送ってはいけません。1度のメッセージに1文あれば十分です。
    • 面白くしようと必死になる必要はありません。自然に面白さが表れるのは良い事ですが、面白い事を言っているのだと分かってもらうために、自分が書いたことに対して(笑)などと付け足すのは避けけたほうがよいでしょう。
    • 彼女も少し緊張している可能性があることを頭に入れておきましょう。そうすれば、あなたも少しは気が楽になるかもしれません。完璧な事を言おうと焦る必要はありません。自分らしく振舞えばよいのです。
    広告

パート 2 の 3:
彼女の気を引く

  1. 1
    会話に惹きつける テキストメッセージで楽しい会話を続けられることを示しましょう。そうすることで、面と向かっての会話も途切れることなく進めてくれる人なのだろうと思われます。彼女にテキストメッセージを送ることの目的は、あなたの性格を少し見せて、もっと知りたいと思ってもらうことです。あなたの会話に夢中にさせることができれば、ずっとあなたと話していたいと思ってもらえるでしょう。以下で、会話で彼女の気を引く方法を紹介します。
    • 共通の興味を見つけましょう。テキストメッセージで政治的思想や宗教的信念を話す必要はありませんが、お互いに共通する話題を見つけるべきでしょう。テレビ番組やバンドなどの話でも会話を続けるきっかけになります。
    • サッカーや、パスタ料理を作ることなど、あなたが夢中になっていることについて話してみましょう。彼女の気を引くことができるでしょう。
    • 自分が興味のあることには時間を費やしても良いと思っていることを伝えましょう。友達付き合いがあったり、バンドの練習などをしているのであれば、彼女にそのことを話しましょう。自分の人生を生きている人であることが分かると、あなたへの関心は増すでしょう。
    • 頭の回転の良さを見せましょう。彼女が何か面白いことを言ったら、ただ「あはは」などと言うのではなく、何か面白い事を言い返し、上手く彼女との会話を続けられるところを見せましょう。
  2. 2
    親密さを示す 親密さを示すことで、もっと話していたい気にさせることができるだけでなく、彼女に気があることをそれとなく伝えることもできるのです。彼女に対する好意が伝わる程度に親密さを示すべきではありますが、やり過ぎると避けられてしまう可能性があるため、注意しましょう。以下で、親密さを示しながら会話を続ける方法を紹介します。
    • 茶目っ気を出しましょう。タイミングを見て何か面白い事を言い、あなたのお茶目な一面を見せましょう。あまりに真面目過ぎる男子は女子から好かれません。
    • 彼女をからかってみましょう。からかい合える仲であれば、優しくからかい、彼女もあなたのことをからかってくるのを待ちましょう。冗談を言っていることが読み取れるトーンでメッセージを作成しましょう。
    • ウインクの絵文字は時々であれば使ってもよいでしょう。使い過ぎは避けるべきですが、タイミングよく使えば、上手く親密さをを示すことが可能です。
  3. 3
    彼女のことを大切に思っていることを示す あからさまにならずに彼女のことを大切に思っていることを示す方法はいくつかあります。適切なタイミングでテキストメッセージを送れば、彼女のことを考えていることや、彼女はあなたにとって大切な存在であることを伝えることができます。以下で、テキストメッセージを通して彼女のことを気にかけていることを伝える方法を紹介します。
    • 彼女の意見を大切にすることを示しましょう。 新作映画やオープンしたばかりの新しいレストランなどについて、彼女の意見を聞いてみましょう。
    • 彼女についての質問をしましょう。あまり個人的な内容を聞くのは避けるべきですが、何をしているところなのか、週末はどのように過ごすのが好きかなどを聞いてみましょう。
    • 前にした会話を覚えていることを見せましょう。彼女がもうすぐある大事なテストについて前にあなたに話したのであれば、テスト前日の夜に、「頑張って」などといったメッセージを送って彼女を驚かせましょう。
  4. 4
    やり過ぎには注意する あなたの気持ちに彼女も応えてくれているか、また、テキストメッセージを送り過ぎて迷惑がられていないか、注意する必要があります。自分の好意を伝えるのは構いませんが、必死になり過ぎたり、しつこく、恥ずべき振舞いをするのは避けたほうがよいでしょう。積極的になり過ぎないようにするにはどうしたらよいか、以下で紹介します。
    • あなたも彼女も、同量のメッセージを送っているか確認しましょう。あなたが10通メッセージを送っても、彼女からは1、2通しか返事が来ないようであれば、一旦メッセージを送るのをやめたほうがよいでしょう。
    • 彼女からメッセージが届いてもすぐに返信をするのはやめましょう。彼女からの返信が来るのに1日かかったとしても、落ち着きましょう。彼女からの返事がやっと来た5分後に返信をすると、熱心どころか必死になり過ぎている感じがしてしまいます。冷静さを保ち、自信を持ち、落ち着きましょう。
    • 絵文字の使い過ぎには注意しましょう。時々、適切な部分で絵文字を使うのは親密さを示すのに良い方法ですが、使い過ぎには気を付けましょう。
    • 句読点やカッコの使い過ぎにも注意しましょう。
    広告

パート 3 の 3:
印象深いメッセージで終える

  1. 1
    適切なタイミングで会話を終える 彼女の興味を引き続けたいのであれば、良いタイミングで会話を終える必要があります。さもないと、長ったらしいやり取りに彼女は退屈してしまうでしょう。彼女が忙しそうにしている時や、単に話題が無くなってしまった時などのために、どのタイミングで会話を終えて、次の会話はいつ始めるべきかを知っておくとよいでしょう。会話を終えるべきサインを以下で紹介します。
    • いつも彼女のほうから会話を終わらせるのであれば、しばらくの間彼女にメッセージを送るのは避け、彼女から何かしら言ってくるのを待つべきかもしれません。
    • 1言、2言の返事しか返って来ない場合は、彼女は忙しいのかもしれません。または、会話をしたいと感じるほどあなたに興味を抱いていないということでしょう。
    • 彼女からの返信が来るまでに何時間、何日もかかるようであれば、しばらく落ち着いたほうがよいでしょう。彼女にも自分の生活がありますから、あなたも自分自身のことに集中しましょう。イライラせず、落ち着き、ポジティブでいるようにしましょう。彼女と再びやり取りできるチャンスはすぐそこにあるかもしれません。
  2. 2
    良い雰囲気のまま会話を終える 会話を切り上げる時、完全に会話を終わらせない状態にしておくと、次回の会話を始めやすくなります。「また後で会うのを楽しみにしている」「それについては今度夜にでも話そう」などといった簡単なことでよいのです。会話の終わりにすべきことをいくつか紹介します。
    • 彼女が何かをする予定、どこかへ行く予定がある時は「楽しんで」と伝えましょう。
    • 「君のことを考えているよ」とさり気なく伝える方法を見つけましょう。
    • 「おはよう」や「おやすみ」は適切なタイミングで言うようにしましょう(初めのうちは、しつこくし過ぎないよう注意が必要です。お互いに同じ気持ちでいると分かったら言うようにしましょう。そうでないと、必死になり過ぎている、しつこいと思われてしまいます)。
    • あなたの行き先を伝えましょう。彼女に会いたいとほのめかしていることを読み取ってくれるかもしれません。
  3. 3
    彼女との仲が深まり、お互いに会話を楽しんでいると感じたら、デートに誘ってみましょう。自然な流れで誘うとよいでしょう。誘いを断られてしまったら残念な気持ちになるかもしれませんが、この世の終わりというわけではありません。順調に会話が進んでいるのであれば、思い切って聞いてみましょう。以下で、その方法を紹介します。
    • 堅苦しく誘う必要はありません。数人の友達とバーに行く、レストランに行く、コンサートに行くので、彼女も友達を誘って来ないか聞いてみるとよいでしょう。
    • 長く詳細にわたるメッセージのやり取りをしているのであれば、「この会話の続きは直接会ってしたいんだけど、夕飯でも一緒に食べながら、どうかな?」などと言ってみてはいかがでしょうか。立派なデートのお誘いです!
    広告

ポイント

  • 毎分メッセージを送っては返信を期待するのはやめましょう。彼女には他にも友達がいることを忘れてはいけません。
  • 彼女からすぐに返事が来なくても、辛抱強く待ちましょう。「何してるの?」などといった質問のメッセージを送ってはいけません。
  • 彼女との会話がどのくらい続くかメモしておきましょう。数時間も会話が続くようであれば、彼女はあなたに好意を寄せている可能性があります!あなたが会話を続けようと努力するのと同じくらい彼女も努力している様子が見られたら、それも良いサインとして受け取ってよいでしょう。毎回あなたからメッセージを送るのは避けましょう。数日間が経ち、彼女からメッセージが送られてきたら、あなたに話しかけてほしいと感じているか、あなたのことを思っているということでしょう。可能であれば、彼女がどれくらいの頻度でテキストメッセージを送るか、または、他の友達にはどれくらいメッセージを送っているのかを確かめ、あなたが彼女にとって特別であるのか知りましょう。あなたは他の人より彼女に多くメッセージを送っていることを示しましょう。彼女は自分が特別な存在であると感じるでしょう!
  • 即座に返信をするのはやめましょう。しつこい人だと思われてしまうかもしれません。

広告

関連記事

How to

彼氏がいることを両親に打ち明ける

How to

相手のことを好きなのか寂しいだけなのか見分ける

How to

男性からの好意に気付く

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

誰かを好きになるのをやめる

How to

恋に落ちたか判断する

How to

男性から好意を持たれているか知る

How to

彼女を自分とセックスさせたくする

How to

男性が自分への興味を失ったことを見分ける

How to

男性を興奮させる

How to

女の子を笑わせる

How to

彼氏の気を引く

How to

女の子と両想いかどうかを確かめる

How to

彼が本当に愛してくれているか知る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む45人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ:
このページは 493 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告