自分が好意を寄せている相手に話しかけるのは、とても神経を使う作業です。自分が何を言っているかも分からない状況に陥ってしまうと、なおさら疲れるでしょう。好きな人と上手く話せず困っているのであれば、以下のステップを読んで自分らしい会話術を会得しましょう。

パート 1 の 2:
リラックスする

  1. 1
    自分の興味を把握しましょう。人と上手く話すために賢くなる必要はありませんが、自分の好きなものに対して情熱や興味を持つことは大切です。「デートの相手を見つける」という淡い期待を抱きながら事前に用意した台本どおりに話す男性よりも、自分の趣味に関して自然に話せる男性の方が話し相手として魅力的です。
    • 趣味に関するちょっとした一覧を作ってみましょう。自分が興味のあることを全て書き出します。内容はできるだけ詳細に書きましょう。例えば、「音楽」とだけ書くのではなく、「クラシックギターを演奏する」、「コンサートに行く」、「ファンクミュージックの古いレコードを集める」など具体的に書いていきます。
    • 書いた一覧を発展させて、話題を考えていきましょう。先ほどの例で言うと、「自分はどのブランドのギターを持っている/レンタルしているか、そしてどのギターを欲しいと思っているか」や「今までにどんなコンサートに行ったことがあるか」、「どのファンクバンドが好きか」などについて考えてみます。
    • 思いついたすべての話題に対して、自分なりの意見を持っておきましょう。そうすれば、自分を今以上に深く知ることができるはずです。また、きちんと意見を考えておけば、自分の興味のある話題が上がった時に、なぜそれに興味があるのかを自信を持って話せるでしょう。女性との会話も弾むはずです。
  2. 2
    声を出す練習をしましょう。まずは話すこと自体に慣れなければ、女性と楽しく会話などできません。落ち着いて人と話せるようになるための最も簡単かつ単純な方法は、独り言を言うことです。そうすれば、自分の声を聞くことに慣れるでしょう。上手く声を出せるようになれば、人に返事をするだけではなく、自分から積極的に「話しかける」ことができるようになるはずです。
    • 独り言を言えるようなタイミングと場所を見つけましょう。例えば、一人で家にいる時間は独り言を言うのにピッタリな状況です。もちろん、独り言を言う時間を毎日のスケジュールに組み込む必要はありません。機会が訪れたら、その瞬間をフル活用しましょう。
    • 試しに何かを言いましょう。数単語をボソボソ言うだけではなく、少しでも何かについて話す方が効果的です。例えば、最近見たテレビ番組や映画のあらすじを自分に話してみます。話題が何も思いつかない場合は、適当な本を見つけ、朗読してみましょう。
      • 本を読む時は、できるだけ自然な話し方を心がけましょう。人は朗読をする際に、大袈裟でダラダラとした読み方になってしまいがちです。それを避けるために、あらかじめ脳内で1、2文先を読んでから、あたかも自分が今思いついた言葉かのようにそれらの文章を声に出してみましょう。
      • そのような読み方をするためには、詩集が役立つでしょう。一般的に詩というのは、声に出して読むことが前提で書かれています。詩を自然に読むことに集中すれば、独り言を言う馬鹿馬鹿しさなど気にならなくなるはずです。
    • しばらくの間、自分に話し続けましょう。少なくとも1分間は話す努力をします。その努力を続ければ、人に話しかけることや自分の意見を述べることへの抵抗感が薄れていくでしょう。好きな相手に良い印象を与えるには、これらのスキルはとても重要です。
  3. 3
    女性に話しかけましょう。職場、学校、部活動など、女性と日常的に接する場では、積極的に世間話をするようにします。その状況に慣れてしまえば、たとえ自分が相手に好意を寄せていたとしても、女性と話すこと自体に不安を感じる必要はないと実感できるはずです。
    • まずは、同僚など、自分が現時点ですでに多少の接点を持つ人物を話し相手として選びましょう。例えば、相手に「今週の調子はどう?」と聞いてみます。短い質問をたくさん投げかければ、相手はさらに話し続けてくれるでしょう。ちょっとした世間話であれば、ほとんどの女性が喜んで付き合ってくれるはずです。
      • 今週の調子を答えてくれた後に、相手も同じ質問をしてきた場合は、礼儀正しく答えましょう。その際に重要なのは、相手と同程度くらいの詳細さで答えるということです。(もちろん、自分が女性と話し慣れる努力をしている事実を伝えてはいけません。)
    • ペアワークの相手には、親切に接しましょう。授業中やボランティア活動中など、ペアワークをする場面というのは多々あります。あまり親しくない女性とペアを組んだ時には、愛想よく接すれば、互いに作業しやすくなるでしょう。
      • 最初はできるだけ相手のことを質問するのではなく、ペアワークの内容について話しましょう。相手からの反応が良ければ、会話を続け、雑談や簡単な質問を織り交ぜるようにします。
        • 相手や相手の生活に関することを聞くのは禁物です。代わりに、教師など、別の人物に対する感想や、両者が知っている近日のイベントに対する意見を聞いてみましょう。
      • あまり話しかけすぎないように注意しましょう。自分はあくまで相手の役に立つこととペアワークを完成させることに主眼を置いていると示す必要があります。無駄に会話を引き延ばすのではなく、話したい話題を思いついた時に話しかけるようにしましょう。
    広告

パート 2 の 2:
好きな女性に話しかける

  1. 1
    きちんと準備しておきましょう。好きな相手に良い印象を与えたいのであれば、最低でも自分の態度と衛生面は自己管理しなければなりません。
    • 入浴、洗顔、歯磨き、髪の手入れなどの日常的な衛生管理をきちんとこなしましょう。デオドラントも使います。定期的に爪も切りましょう。
      • 普段からコロンを付けている場合は、注意が必要です。付けすぎよりも、ほんのり香るくらいのほうが魅力的だということを念頭に置いておきましょう。最大約30~60センチほどの距離から香るように、手首と首の付け根にコロンを付けます。それ以上遠くから香るのは付けすぎです。良いコロンというのは乾いてからも数時間香るものです。付けすぎる必要はありません。
    • 常にお洒落には気を使いましょう。いつも清潔な服を着ます。また、ぎりぎりになってから服決めで困らなくて済むように、好きな相手と会う前日の夜にコーディネートを決めておきましょう。
    • 礼儀正しい態度を示しましょう。普段からクラスのお調子者キャラなのであれば、それをやめる必要はありませんが、好きな女性に知られたくないようなことを言ったり、したりするのは禁物です。自分の何気ない言動が、いつどんな形で相手を不快にさせるかは分かりません。したがって、常に他者に優しく、寛大に接し、目上の者とはいざこざを起こさないように注意しましょう。
  2. 2
    積極的にアプローチしましょう。好きな相手と二人で話すチャンスが一瞬でも訪れた際には、たとえ周囲に人がいたとしても、思い切って声をかけてみます。
    • 相手の注意を引きましょう。相手の名前を呼び、笑顔で手を振ってみます。相手に会えて嬉しいということを表情に出しましょう。
    • 自分から相手との接触を図りましょう。相手がこちらに気付いたら、すぐに相手の元まで歩いていきます。相手から近づいてくるのを待ってはいけません。自分から進んで距離を詰めることで、自分がいかに積極的で自信のある性格かということを示しましょう。
      • こちらの挨拶に対して相手が不快そうで鬱陶しそうな顔を見せたら、あるいは聞こえないふりをしてきたら、おそらく相手はこちらと親しくなりたいとは思っていません。諦めて、次の恋に進みましょう。もっと嬉しそうな顔をしてくれるような、自分にふさわしい女性がどこかにいるはずです。
  3. 3
    相手とたくさん話してみましょう。この時点であなたは、女性と話すことにも慣れ、自分はたくさんの話題に対して多くの意見を持つ面白い人間であるという自信が持てているはずです。これを機に、今まで習得してきたスキルを活かし、好きな女性に最高の印象を与えましょう。
    • 相手と一度も話したことがないのであれば、まずは自己紹介をして、相手のことをどこでいつも見かけているのかを伝えてみましょう。相手がこちらを認識した場合は、おそらく相手から「元気?」や「調子はどう?」などの社交辞令的な質問が返ってくるはずです。その時に、素っ気なく答えてはいけません。機転を利かせ、会話を続けられるような返答をしましょう。
      • それでも上手くいかない場合は、相手をたまたま見かけたから少し話しかけようと思った旨を伝えてみます。そうすれば、次の発言で自然と会話が始められるはずです。
  4. 4
    しばらく会話を続けてみましょう。共通の知人や場所について聞いてみます。相手が質問に答えてくれた時は穏やかに返事をし、自分の意見を言う時は優しいユーモアを織り交ぜます。
    • 例えば、二人が田中先生という共通の教師の授業を取っていたとして、その田中先生がいつも気だるげだったとします。そんな時には、好きな相手に田中先生に対する感想を聞き、彼女が質問に答えてくれた後には、田中先生がいかにいつも気だるげかを話してみましょう。
  5. 5
    前向きでいましょう。常に笑顔を保ち、相手が話している最中は臆することなく相手の顔を見つめましょう。「笑う門には福来る」という諺があります。話している相手に「一緒にいると楽しい」と思わせることができれば、最高に良い印象を残せるでしょう。
    • 相手と会話する際には、真剣な話題や悲しい話題は避けましょう。どうしても暗い話題が上がった場合は(例えば、最近共通の知人が亡くなったけれど、その死について知らずに相手がその人物の話題を持ち出した時など)、素直な気持ちで話せば問題ありません。ただ、あまりその暗い話題に集中しすぎないように気を付けましょう。
  6. 6
    会話をリードしましょう。良い雰囲気で話せている最中に会話が途切れてしまった場合、自分の個人的な趣味に関連する最近の出来事について話してみます。例えば、ステップ1に登場した音楽の例で行くと、最近見に行ったコンサートや最近購入したアルバムについて話してみましょう。
    • とはいえ、自分の趣味の話を深く語り過ぎてはいけません。相手が専門知識を持っていなくても付いてこられる程度には一般的な話をしましょう。相手が言葉を挟んだり、話題転換しやすいような空気感を作ることも必要です。大切なのは、会話を面白く、生き生きとしたものにすることです。
  7. 7
    相手の電話番号を聞きましょう。相手との会話がいかに楽しかったかを伝え、近々もう一度会う提案をしてみます。その際に、電話番号を聞いてみましょう。二人の関係をゆっくりと発展させたい場合は、すぐに電話番号を聞くのは適切ではないかもしれません。しかし、会話の後にすぐに「バイバイ」と言うのも、いきなり交際を申し込むのも不自然なので、その妥協案としてはちょうどいいはずです。
    • あるいは、フェイスブックで友達申請させてもらうか、メールアドレスを教えてもらうのも手です。デートの誘いをするための手段としては電話番号ほど露骨ではありません。また、ネット上の連絡先を交換することに抵抗感を覚える人は割と少ないものです。
  8. 8
    立ち去りましょう。相手にまた近々電話をする(あるいは、別の手段で連絡をする)ことを伝え、笑顔で手を振り、立ち去ります。すべて上手く行けば、1、2週間以内に再び会う約束ができるはずです。ひょっとすると、初めてのデートまでこぎつけるかもしれません。
    広告

関連記事

How to

ずる休みをする

How to

勃起を隠す

How to

夢精を止める

How to

女の子らしい女の子になる

How to

背を高くする

How to

学校を楽しむ

How to

彼があなたのことを好きかどうか知る

How to

こっそりとコンドームを買う

How to

初潮が近いことを知る

How to

生理中に水泳をする

How to

未来の自分に手紙を書く

How to

宿題がしたくなる

How to

見つからないようにこっそり家を抜け出す

How to

ありのままの自分に満足する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む35人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,626回アクセスされました。
このページは 1,626 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告