男性の気を引きたいのであれば、最も手っ取り早い方法の一つは相手に話しかけることです。しかしながら、好きな男性に話しかけるのは難しいものです。好きな相手にアプローチする時には、おじけづいてしまうこともあるでしょう。まずは、できるだけ落ち着いて、思い切って会話を始めてみましょう。そして、しばらく会話を続けてみます。相手に日常的に話しかけるようになれば、やがて相手と親しくなれるでしょう。心の準備ができた際には、相手に告白します。ただし、誰かを確実に振り向かせる方法は存在しないので、相手から振られる可能性があることは覚えておきましょう。

パート 1 の 3:
会話を始める

  1. 1
    不安な場合は、事前に会話の切り出し方の練習をしましょう。好きな相手と会話を始める時には、怖くなってしまうものです。変だと思うかもしれませんが、事前に自分の考えを言う練習をしておくことが役に立つと感じる人はたくさんいます。好きな相手への話しかけ方が分からない場合は、家にある鏡の前に立ち、練習してみましょう。[1]
    • 会話の切り出し方をいくつか考えておきます。相手とは普段どこで会いますか?同じ授業を受けている場合は、宿題について質問をしたり、最近行われたテストについて感想を述べたりする練習をしてみましょう。
    • 話す言葉を一字一句決めておく必要はありません。あまり練習し過ぎると、逆に会話がぎこちなくなってしまうでしょう。話したい話題に関する漠然とした考えだけを持っておけば結構です。
  2. 2
    会話を切り出すための話題を考えておきましょう。相手に指摘できそうなことや伝えたい考えを決めておき、それを会話のきっかけにします。会話の切り出し方には様々な方法があります。一度会話を始められれば、後は会話を弾ませるだけです。そうすれば、相手のことをもっと深く知ることができるでしょう。[2]
    • まずは、相手を褒めるところから始めましょう。例えば、「ねえ、素敵なセーターを着ているね」などの誉め言葉を伝えます。
    • また、自分の意見を述べるのも一つの手です。例えば、「昨日の小テストについて、どう思った?私はとても難しく感じたわ」と伝えてみましょう。
    • 質問をしてみるのも妙案です。例えば、「あのレポートの提出期限っていつだっけ?書いておくのを忘れちゃったの」と言ってみましょう。
    • 相手が暇そうな時に話しかけてみます。相手が何かをしている最中でなければ、その分簡単に相手の注意を引けるはずです。
    専門家情報
    Maria Avgitidis

    Maria Avgitidis

    デートエキスパート
    マリア・アブギティダスはニューヨーク市を拠点に出会いの仲介サービスを提供している会社「Agape Match」のマッチメイカー、そして最高経営責任者です。ハイグレードな顧客が究極の相手と出会えるよう、家族四代にわたって受け継がれてきた結婚仲介業の伝統と、近代における対人心理学、そして検索技術を取り入れたマッチメイキングを行っています。その業績はThe New York Times、The Financial Times、Fast Company、CNN、Esquire、Elle、Reuters、Vice、そしてThrillistに取り上げられました。
    Maria Avgitidis
    Maria Avgitidis
    デートエキスパート

    周りの環境についてのコメントで話を始めましょう。学校の人のことや仕事で上司から振られた仕事の山のこと、なぜ今日は二人ともモールにいるのか、などについて話しましょう。簡単に会話のきっかけを作ることができます。

  3. 3
    質問を投げかけましょう。会話を始めた後は、相手にいくつか質問をしてみます。最初からスムーズに会話を進めるのは困難かもしれません。しかし、一般的に人は自分について話すのを好むということを一つの役立つヒントとして覚えておきましょう。好きな男性に話し続けてもらうには、たくさんの質問をするのがコツです。また、質問をすれば、相手のことを更に深く理解できるでしょう。[3]
    • 最初は、共通の話題について質問してみましょう。例えば、「この授業、どう思う?」や「今季のアメフトの試合観戦には行く?」と聞いてみます。
    • 一度会話し始めたら、手近な話題に関連する一般的な質問を投げかけてみましょう。例えば、授業中に観た映画についての会話になったら、「普段はどんな映画を観るのが好き?」と聞いてみます。
  4. 4
    適切な長さの会話を心がけましょう。相手と初めて会話する時は、あまり話し過ぎないように注意します。男性の反応にきちんと注目しましょう。自然な流れで会話が終わりそうな時は、適当なタイミングで話すのを止めます。[4]
    • 一つの話題について話し尽くすと、話す内容があまり残っていないように両者が感じ始めるでしょう。そうなると、男性側からの返事がどんどん短くなっていくはずです。
    • それは、必ずしも男性が会話を楽しんでいないという訳ではありません。ただ、会話には、自然な始まり方と終わり方があります。必要以上に会話を引き延ばそうとするよりも、きちんと会話の最後をまとめるようにしましょう。自然な会話の終わらせ方を見つけます。 例えば、「じゃあ、そろそろ次の授業に行かなくちゃ。また後でね」のような発言をしましょう。
    広告

パート 2 の 3:
日常的に会話をする

  1. 1
    共通の興味について話しましょう。好きな男性の前では、自分らしくありたいものです。したがって、すべての話題を相手や相手の興味に合わせる必要はありません。相手に自分のことも知ってもらいましょう。男性と日常的に話すようになったら、共通の興味を探ってみます。そうすれば、互いのことを深く理解し合え、共通点を通して絆を深められるでしょう。[5]
    • 例えば、二人が同じダンス番組を好きだったとします。番組の最新回が放送された後に、男性に感想を聞いてみましょう。例えば、「昨夜のダンスバトルの番組見た?凄かったよね!」と話しかけてみます。
    • そこから、共通の興味に関するさらに広い話題を持ち出しましょう。例えば、「ダンスは好き?私はダンスもミュージカルも大好きだよ」と伝えます。
  2. 2
    質問をすることで相手について知っていきましょう。会話の進みが遅くなった際には、男性に質問を投げかけます。相手に関する質問をすれば、基本的に会話は弾み続けるはずです。また、このような会話は、自分がいずれ好きな相手に告白すべきかを決める際の良い判断材料になるでしょう。共通の興味や意見がたくさんあれば、それだけ二人の相性が合っているということです。以下のような質問をしてみましょう。[6]
    • 「好きな映画は何?」
    • 「何か趣味はある?」
    • 「学校で一番得意な科目は何?」
    • 「今まで行った中で一番楽しかった場所はどこ?」
    • 「一番好きなテレビタレントは誰?」
  3. 3
    ありのままの自分でいましょう。本当に誰かを好きになると、頑張って相手が付き合いたくなるような人物になろうとしてしまいがちです。例えば、好きになった男性がスポーツ好きなのに対して、自分は全くスポーツに興味がなかった場合、自分もスポーツファンであるふりをしたくなるかもしれません。しかし、そのような行動は避けましょう。男性からの悪い評価や拒絶を心配して、自分の興味や趣味、友達などを否定する必要はありません。相手が好きなものに興味がなかった場合は、丁寧な態度でその気持ちを伝えれば大丈夫です(例えば、「ごめんね、私はアメフトにはあまり興味がないんだ」と言います)。そして、その機会を利用して、自分について少し知ってもらいましょう(例えば、「私は生演奏の音楽を聴くのが大好きなの」と説明します)。[7]
    • 好きな男性に夢中になっていると、このステップを忘れてしまいそうになるかもしれません。しかし、本来の自分を愛してくれない男性は、結局は自分と相性が合わないということを覚えておきましょう。
  4. 4
    日常的に相手にメールを送りましょう。相手の電話番号を入手できれば、テキストメッセージを送り合うという素晴らしいコミュニケーション法を使って、相手と親しくなれるはずです。たまにメールを送り、相手の反応をうかがいましょう。そうすれば、相手からも好かれているかがわかるはずです。熱心に返信を送る男性の方が自分に興味を抱いてくれている可能性があります。[8]
    • メールを送る時には、ありのままの自分でいましょう。相手から質問されれば、正直に答えます。自分らしい文体やユーモアのセンスを織り交ぜましょう。
    • 時々は絵文字も送りましょう。送り過ぎは避けたいところですが、笑顔の絵文字をたまに打つくらいであれば、相手と楽しく会話している印象を与えられるでしょう。
    • 時には相手がメールでの会話を始めるのを待ちましょう。自分から送り過ぎると、相手が引いてしまうかもしれません。
  5. 5
    相手との距離を縮めましょう。男性と仲良くなり始めたら、親密さを軽く演出することを心がけます。そうすると、相手への興味が伝わり、また、相手から好かれているかも何となく分かるはずです。親しげな態度を返してきた場合は、相手も自分に興味を持ってくれているのでしょう。[9]
    • 笑顔を見せましょう。笑顔というのは、人に移るものです。笑顔を見せる時には、アイコンタクトを保つことが鍵となります。アイコンタクトを保つと、二人の間に親密な楽しい空気が流れます。男性は笑顔を向けられると、その女性を追いかけたくなるものです。好きな相手に笑顔を向け、すぐに目を逸らしてみましょう。
    • アイコンタクトを取りましょう。相手への好意が伝わるはずです。
    • 相手に軽く触れてみましょう。例えば、話している最中に、相手の腕を優しく撫でてみます。
  6. 6
    避けるべき話題を認識しましょう。会話を台無しにする話題も存在します。したがって、そのような話題を持ち出すのは禁物です。恋愛関係に発展しそうな相手と親しくなる際には、相手を不快にさせる話題は避けましょう。[10]
    • 自分をけなすのは止めましょう。自分を愛し、自分に自信を持っている姿を見せることが大切です。
    • 相手の友達や家族の悪口を言ってはいけません。
    広告

パート 3 の 3:
自分の気持ちを告白する

  1. 1
    相手からの好意を示すサインを探しましょう男性に告白する前に、相手からも好かれているかを確かめるのは良い考えです。相手から全く興味を持たれていなさそうな場合は、そのまま友達関係を続ける方が賢明な判断でしょう。[11]
    • 男性が女性に興味を抱いている時には、その気持ちが身振りに表れやすいものです。男性が自分に話しかける際に前のめりになる、アイコンタクトを取る、頻繁に笑顔を向けるなどの身振りを見せれば、それは好意の現れです。
    • 時に人は、自分が関心を抱いている相手の動きを少し真似してしまうことがあります。例えば、自分が足を組んだ時に、男性も足を組むかもしれません。
    • 男性が何らかの口実を設けてあなたに触れようとした場合、それは相手からの好意を示す合図です。相手は腕を撫でたり、ハグをしたり、その他の方法であなたに触れてくるかもしれません。
    • 自分と他者の前で男性の態度が異なるかという点にも注目してみましょう。態度に違いがあれば、それは相手からの好意を示す可能性があります。また、相手が自分の前で見せる態度は、普段他者に見せている態度とは正反対のものかもしれません。例えば、普段は誰とでも馴れ馴れしく話す男性が、自分の前では静かで内気な場合は、それは相手が自分といると緊張してしまうからかもしれません。
    • これらの合図は全て、相手からの好意を示す絶対的なものではないことを念頭に置いておきましょう。
  2. 2
    単刀直入に告白しましょう。時には、正直に気持ちを伝えるのが最善の方法となる場合があります。自分の気持ちを打ち明けるのは怖いものです。しかし、相手からも好かれているという自信があれば、遠回しに探るよりも、思い切って告白してしまう方が簡単でしょう。[12]
    • シンプルな告白にしましょう。例えば、「あなたのことが大好きだよ。あなたも同じ気持ちでいるかが知りたいな」と言ってみます。
    • 相手に告白する前に、深呼吸を数回しましょう。落ち着くのに効果的です。
  3. 3
    男性をデートに誘いましょう。告白が成功した場合は、相手をデートに誘います。例えば、「今夜、映画を観に行かない?」や「一緒に学校主催のダンスパーティーに行かない?」と誘ってみましょう。自分から積極的に最初の一歩を踏み出すのは大変かもしれませんが、相手と両想いだということが分かっていれば、幾分かは楽でしょう。[13]
  4. 4
    振られても気にしないようにしましょう。誰かから好かれていることを100%確信するのは不可能です。たとえ相手から示された合図を正しく読んでいたつもりでいても、男性から振られてしまう可能性は常にあります。そのような場合でも、事実を受け入れ、前に進みましょう。[14]
    • 男性に振られても、相手を問い詰めたり、怒ったりするのは禁物です。「そっか。残念だけど、分かったよ」などの言葉を伝えましょう。そして、軽く別れの挨拶をしてその場から去ります。
    • 友達や家族から慰めてもらいましょう。自分の悲しい気持ちのはけ口となる人を見つけます。
    • 傷ついた心を癒すために、自分にご褒美を用意しましょう。例えば、新しい服や自分の好きな物を買います。あるいは、一日休んで、友達と映画でも観に行きましょう。
    広告

ポイント

  • 好きな男性と話す時には、腕を組む、指で遊ぶ、携帯電話の上に座るなどの行為は避けましょう。自信のない印象を与えたり、ただ単に退屈にしていると思われてしまいます。
  • とりあえず落ち着きましょう!好きな男性が自分の家族や親しい人であると思い込んで話してみます。
  • 授業の内容でつまずいた場合は、相手からの手助けを求めてみましょう。逆に、相手が授業についていけていない時には、自分が手助けすることを提案します。いずれの場合においても、好きな男性と二人きりになる時間が確保できるかもしれません。

広告

関連記事

How to

壁の向こう側の会話を聞き取る

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

げっぷする

How to

キスが上手になる

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

他者に依存しない

How to

復讐する

How to

笑ってはいけない時に笑いを止める

How to

男性からの好意に気付く

How to

女性をその気にさせる

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

泣いている人を慰める

How to

自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
広告

このwikiHow記事について

Maria Avgitidis
共著者 :
デートエキスパート
この記事の共著者 Maria Avgitidis. マリア・アブギティダスはニューヨーク市を拠点に出会いの仲介サービスを提供している会社「Agape Match」のマッチメイカー、そして最高経営責任者です。ハイグレードな顧客が究極の相手と出会えるよう、家族四代にわたって受け継がれてきた結婚仲介業の伝統と、近代における対人心理学、そして検索技術を取り入れたマッチメイキングを行っています。その業績はThe New York Times、The Financial Times、Fast Company、CNN、Esquire、Elle、Reuters、Vice、そしてThrillistに取り上げられました。 この記事は1,617回アクセスされました。
カテゴリ: | 人間関係
このページは 1,617 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告