誰かを好きになると、その人が自分にも気があるかを考えずにはいられないことでしょう。幸いなことに、注目すべき点を知っておけば、相手も自分を好きかどうかを知ることができるかもしれません!

方法 1 の 3:
ボディーランゲージを観察する

  1. 1
    アイコンタクトを取ろうとするか注目する 常に相手からの視線を感じるのであれば、それはあなたに気があるからかもしれません。会話の最中に交わす普通のアイコンタクトと、より情熱的な視線との違いに注目してみましょう。アイコンタクトを取るのは、あなたの気を引き、自分の存在に気付いてほしいからである場合が多いでしょう。[1]
    • 視線を送っていることをあなたに気付かれた時、相手はそっぽを向くか見てみましょう。そうされたら、あなたに片思いしている可能性が高いでしょう。
    • 相手から見えない位置に立ち、相手があなたのことを見える位置に動くか注目してみましょう。例えば、あなたも相手もグループ内で会話をしている時に、相手があなたのことを見えなくなるよう誰かの後ろに立ちましょう。そして、相手があなたのことを見える位置に動くか試してみましょう。
  2. 2
    どのくらい接近してくるか注目する パーティーなどであなたの近くに来たり、お昼休みにあなたの隣に座ったりするようであれば、かなりあなたに好意を寄せていると思ってよいでしょう。その人はあなたのことを気にかけており、あなたのそばにいることが好きだと伝えるために、できるだけあなたに近づこうとするのです。
  3. 3
    手振りに注目する 人はボディーランゲージを通して自分の感情を表現しますが、手の動きもそのうちの1つです。女子は、髪をかき上げたり、片思いしている相手の肩や手にそっと触れるなどといった仕草をします。男子は片思いしている女子と話す時は嬉しくなり、手を使いながら話す傾向があります。[2]
  4. 4
    ぎこちない素振りをしているか見る あなたのそばにいると赤くなる、理由もなく笑う、あなたの目を見ることができない、もじもじと動く、などの仕草が見られるようであれば、その理由は明らかでしょう。これらは全て、確実にあなたに好意を寄せているというサインです。[3]
  5. 5
    あなたの行動を真似るか見る ある人の行動を真似るのは、その人に惹かれているというサインであり、その人のことを真似ているとは気づかずにしてしまうものです。あなたと仲良くなろうと、あなたが言う言葉やフレーズを相手も言っていたり、あなたの関心事について話したりしていないか注目してみましょう。[4]
    広告

方法 2 の 3:
明らかなサインに目を向ける

  1. 1
    ソーシャルメディアでフォローされる ソーシャルメディアで繋がろうとするということは、その人があなたにすっかり夢中になっているという明らかなサインです。一緒にいない時でもあなたのことを考えており、あなたのことをもっと知りたがっているということでしょう。[5]
  2. 2
    何気ないテキストメッセージが送られてくる あなたが何をしているかを尋ねるためにメッセージを送ってきたり、一日中メッセージが送られてくるようであれば、あなたのことが頭から離れないのでしょう。頻繁にコミュニケーションを取ろうとするのは、その人に片思いしているからであると言えます。[6]
  3. 3
    優しくからかわれる あなたに好意を抱いている人から軽くからかわれることがあるかもしれません。しかしそれは、あなたのことを傷つけるためではなく、笑顔にしたいからなのです。からかうのは、好きな相手とじゃれ合うのによく使われる方法です。[7]
    • からかうことに加え、面白い会話をしようとするか、注目してみましょう。あなたに片思いしているのであれば、あなたを笑わせるために面白おかしい会話をしようとするでしょう。
  4. 4
    あなたといる時は外見に気を使う 相手は常に外見に気を使う人であるのか、あなたの前でだけ自分を良く見せようとするのか、見極めるのは難しいことです。その人とFacebookで友達ならば、あなたと一緒にいない時の外見はどのような感じなのかを知るために、その人の写真を見てみましょう。あなたといる時だけ、格好良くを見せようとしているようであれば、それはあなたに好印象を与えたいからでしょう。[8]
  5. 5
    特別なプレゼントをされる あなたにプレゼントを買うためにあなたの好きなお店へ行ったり、ちょっとしたお菓子などをくれるようであれば、あなたに好意を寄せているサインであると言えます。ささやかながらも愛情表現をしてあなたを喜ばせ、あなたを大切に思っていることを伝えたいのです。[9]
  6. 6
    あなたのために時間を作る いつもあなたと時間を過ごしたがり、あなたに会う機会を決して逃さないようにしているようであれば、その人はあなたのことが好きだと思ってよいでしょう。あなたが参加するパーティーにその人も参加したり、あなたとの付き合いを優先して他の予定をキャンセルしているか、注目してみましょう。[10]
  7. 7
    褒められる あなたに片思いしている人は、あなたのどんなに小さな変化に対しても褒め言葉をかけてくれるでしょう。あなたのことを好きであれば、あなたが髪型を変えたり、新しい靴を履いていたら、それに対して何かしら褒めてくれるはずです。[11]
    広告

方法 3 の 3:
質問する

  1. 1
    自分の友達にあなたのことをどう話しているかを知る 自分の友達や家族の前で、あなたのことを褒めたり、事あるごとにあなたのことを話題にしているようであれば、その人はあなたに片思いしているかもしれません。その人は常にあなたのことを考えており、あなたの話をせずにはいられないのでしょう。 機会があれば、相手の友達に、あなたといない時のその人はどんな事を話しているのか聞いてみるとよいでしょう。 以下のような質問をしてみましょう。
    • 「彼って誰かと付き合ってるの?彼からは何も聞いたことがないから、ちょっと気になったの」
  2. 2
    自分の友達に意見を聞く あなたの友達はあなたが知らない事を知っている可能性があるので、良い情報源になります。彼があなたに情熱的な視線を送っていると思うか、あなたが近くにいない時にあなたのことを話題にするか友達に聞いてみましょう。 友達なら本当の事を言ってくれるでしょう。
    • 「彼に好きな人がいるか知ってる?彼が誰かに夢中になってる話とか聞いたことある?」
    • 「彼って私といる時、態度が変わったりするかな?私のこと、友達として見てると思う?それとも、友達以上として見られてるかな?」
  3. 3
    彼に直接聞く 誰かの気持ちを知りたい時は、勇気を出してその人に聞いてみることが最善の方法です。お互いにとって難しいことかもしれませんが、確かな答えを得るには、その方法しかありません。以下のように聞いてみるとよいでしょう。
    • 「ねえ、最近考えていたことがあるの。私のこと、友達として以上に好き?」
    • あなたも彼のことを好きならば、「ずっと話したいことがあって。あなたのことが好きなんだけど、あなたも同じ気持ちかどうか知りたくて」などと言ってみましょう。
    広告

ポイント

  • 好きになりかけている人と時々出かけるなどして、お互いのことをよく知りましょう。
  • 好意を寄せつつある相手がそばにいる時、その人に不親切にしないようにしましょう。
  • あなたに片思いしている人のことを好きではないのなら、気を持たせるようなことをしてはいけません。相手の気持ちを傷つけることになります。
  • 相手のことをじっと見つめている自分に気付いたら、怪しまれないために、友達の方を見るようにしましょう。相手に自分の気持ちを知られたくないのであれば、すぐに赤くならないようにし、平静を装いましょう。
  • 恋愛関係になるのは無理かもしれないと感じたら、友達のままでいるようにしましょう。
  • パーティーなどで、相手に口を滑らせるために「真実か挑戦か」などのゲームをしてみるとよいでしょう。友達にそのゲームをしてもらうよう頼み、相手に正直に答えてもらうため、あなたはゲームに参加しないほうがよいでしょう。
  • あなたによく触れてくるようであれば、その人はあなたを好きだと言えるでしょう。
  • 相手のそばでは自分らしく振る舞いましょう。

広告

関連記事

How to

彼氏がいることを両親に打ち明ける

How to

相手のことを好きなのか寂しいだけなのか見分ける

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

男性からの好意に気付く

How to

誰かを好きになるのをやめる

How to

恋に落ちたか判断する

How to

男性から好意を持たれているか知る

How to

彼女を自分とセックスさせたくする

How to

男性が自分への興味を失ったことを見分ける

How to

男性を興奮させる

How to

女の子を笑わせる

How to

彼氏の気を引く

How to

女の子と両想いかどうかを確かめる

How to

映画館でイチャイチャする
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む57人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ:
このページは 624 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告