好きな相手にアプローチする方法

共同執筆者 Connell Barrett

好きな人ができると、うっとりと夢見心地になったり、心臓がドキドキすることがあります。相手を思い浮かべるだけで思わず笑みが溢れることもあるでしょう。さらに、着る服に悩み始め、徐々に関係を深められたらなと考えるようになるでしょう。しかし、スムーズに相手との仲を深めたいと思っても、相手への思いが強ければ強い程、緊張のあまり愚かなことをしたり言ったりするのではないかと不安になるかもしれません。誰にとっても最初にアプローチをかけるのは難しいことですが、男性でも女性でも必ず成功できます。

パート 1 の 2:
基礎固めをする

  1. 1
    ボディーランゲージに注意を払う 「人の本音は行動に表れる」と古くから言われていますが、真実をついています。日常のコミュニケーションは7%が言葉で、55%がボディーランゲージで行われます。[1]アプローチをかける前に相手のボディーランゲージに注意を払い、どんなサインを出しているかを観察しましょう。「視線を長く向ける」「明るい表情を見せる」などは相手に対する好意の表れです。こういったボディーランゲージが見られたらアプローチが上手くいく確率は高いと言えるでしょう。
    • 女性が好意を抱いている相手に見せる仕草には、首や手首など体の一部を見せる、髪の毛に触れるといったものがあります。[2]加えて、相手に軽くボディタッチを行う、相手の体に自分の身を寄せる、腕を大きく開いて相手に体を向けるなどもあります。[3]
    • 男性の場合は、より分かりやすく大胆なサインを出す傾向があります。相手の椅子の背もたれに腕をかける、相手の目をじっと見つめる、相手の隣に座ったり体を近づけるなどです。
  2. 2
    ボディーランゲージでコミュニケーションを図る 正しいサインを送り、相手からのサインも正しく判断しましょう。ボディーランゲージを有効に使えば、相手への興味をほのめかすことができます。
    • 笑顔は相手への好意を示す強力なサインです。笑顔をキープして相手に対する好意を伝えましょう。
    • 自分が「ミラーリング」していると気付くことがあるかもしれません。ミラーリングとは、好きな相手の仕草を無意識に真似ることです。相手から笑顔を向けられて笑顔で返すのはミラーリングの例です。気を引きたい相手の仕草を真似てみましょう。ボディーランゲージを通して、相手が同じ気持ちでいるかどうかが確かめられます。相手があなたの仕草を真似したら脈ありです。同じ仕草が返ってこない場合には、相手の仕草を真似して絆を築きましょう。[4]
  3. 3
    会話を楽しむ 相手の気を引く方法は色々ありますが、相手のことをよく理解し、相手との関係を一歩前進させるには、おしゃべりが最適手段です。相手の話をよく聴き優れた会話力を示せば、自信に満ちた人だという印象を与えることができるでしょう。「自信」はとても魅力的な資質の1つです。男性は行動によってモチベーションが上がる一方で、女性は相手の意味のある言葉を重視する傾向があります。[5]しかし、性別に関係なくほとんどの人が相手と楽しくおしゃべりできるのを嬉しく思うのではないでしょうか。会話を弾ませるためのヒントを次に紹介しましょう。
  4. 4
    意味のある質問をする 好きな人との会話では天気の話題を避けましょう。また、一言で答えられるような質問もその後で気まずい沈黙になる可能性があるため控えましょう。[6]
    • 最近の出来事、生い立ち、共通の興味や趣味について自由回答式の質問をすると会話が良い方向に向かいます。
    • 「最近どんな本を読んでいる?」「最近見た映画で良かったものは何だった?」「近所でお気に入りの場所などある?」などと質問すれば会話が弾みます。
    • 答えを聞いた後で「その本で好きな人物はいた?誰?」「その映画の終わり方をどう思った?」「どうしてその場所が好きなの?」などと更に質問を重ねましょう。相手の返答に注意を払い、興味深く聴いていることを示せます。
  5. 5
    正直かつ率直に話す 甘い言葉でおだてたり軽く冗談を言い合ったりすれば会話は楽しくなりますが、真面目な話をしても充実した会話になります。とはいえ、私生活のすべてをさらけ出す必要はありません。例えば、パートナーに求める資質や自分の将来の夢などを正直に話してみましょう。自己認識の高い自信に満ちた人間だと示すことができます。また、相手に自分の経歴が伝わるだけでなく、相手も気負わずに自分の視点を言う気になるかもしれません。[7]
  6. 6
    明るく前向きな姿勢を保つ 明るく前向きな態度で話すと声の調子も軽やかになり、相手への好意も示せて表情も明るくなります。否定的な態度は用心深い印象を与え、相手をしらけさせる原因にもなるでしょう。否定的な意見などがある場合には、明るいトーンで少しユーモアを混じえながら伝えましょう。正直な見解を伝えたい時でも、交際が間もない時期では軽く楽しい会話を心がけましょう。[8]
  7. 7
    ロマンチックな雰囲気を作る 親密になれる場所で簡単にロマンチックになれるデートを計画しましょう。映画や夕食に出かける代わりに、自宅に相手を招待して夕飯やドリンクをご馳走しましょう。開放的でロマンチックな雰囲気を演出しつつも、居心地の良い、安心できる空間を作り出すことが目的です。
  8. 8
    ざっくばらんな雰囲気を作る あなたにも相手にもロマンチックな雰囲気が向かないと思ったら、ざっくばらんな雰囲気作りに挑戦しましょう。
    • 自分の携帯番号を教えましょう。ただし押し付けがましくせずに自然に渡しましょう。好きな映画や本などを紹介した後で、「これ私(僕)の携帯番号。感想など話したくなったら連絡して」と言って渡す方法もあります。
    • SNSで軽いメッセージを送りましょう。Instagramで相手が投稿した写真にコメントを送ってはどうでしょうか。あるいはFacebookからメッセージを送ったり相手にツイートしたりしましょう。相手の最新情報を元に会話を切り出してデートに誘うこともできます。[9]
    広告

パート 2 の 2:
最高の方法でアプローチをかける

  1. 1
    デートに誘う 初めてデートに誘う時には「私(僕)とデートに行かない?」などとあからさまに尋ねるのは避けましょう。その後で気まずい空気になる可能性もあります。2人ともピザが好きなら、自分のお気に入りのピザ屋に週末行かないかとさりげなく提案したり、相手が映画好きならいつか映画を一緒に見に行きたいと自然に伝えたりしましょう。相手が乗り気を見せたら、実行に移しましょう。「そうだね。いつか映画行こうね」と返すのではなく「『カサブランカ』が木曜日の午後7時に地元の映画館で上映しているよ。見に行かない?」と具体的に提案しましょう。
  2. 2
    一緒に時間を過ごした後で気持ちを伝える 夕食や映画に出かけたら、その後で楽しかったと携帯メールで伝えましょう。余韻に浸っていることを伝えられます。
    • 冗談や2人の食べた物などデート中の具体的な事柄に触れてみましょう。それを切り出しに使えば会話が広がるでしょう。[10]
  3. 3
    勇気を出して相手をデートに誘う 時には積極的でストレートなアプローチが功を奏します。相手の態度から自分と同じ気持ちだと判断できたら奇をてらわずにデートに誘いましょう。
    • 押し付けがましい態度をとってはいけません。積極的に誘いながらも軽い雰囲気を維持しましょう。相手の気持ちを考えずにズケズケとした態度で推せば、相手は恐がって逃げてしまいます。
  4. 4
    グループデートに誘う 恥ずかしさがあるならグループデートを計画して相手を誘いましょう。夕食に出かける、パブにちょっと立ち寄る、スポーツイベントに参加する、パーティーに行くなど色々と考えられます。グループで行動すればプレッシャーもそれほど感じずに2人で会話を楽しめるでしょう。[11]
  5. 5
    ボディタッチをする前に相手の気持ちを確かめる 必ずしも言葉で確認する必要はありません。体を触れられるのが好きか嫌いかは、一般的にその人の仕草で分かります。示し方は人によって異なりますが、相手があなたの顔や体の一部に触れたら脈ありのサインです。相手のボディーランゲージやリアクションに応じて判断しましょう。
    • 相手の体に触れたいと思ったら、双方ともに口頭か態度で同意を確認し合わなければなりません。以前言ったことや行ったことは関係ありません。ボディタッチはその時その時に双方の同意が必要です。[12]
    • 双方が筋の通った意思決定が可能な状態でなければなりません。つまり2人とも酔っていない状態であることが重要です。初めての場合には特にそうです。
    専門家情報
    Connell Barrett

    Connell Barrett

    デートコーチ
    リレーションシップエキスパートのコネル・バレットは、2017年にニューヨーク市にて自身で開設した恋愛コンサルティングサービス「Dating Transformation」のエグゼクティブコーチ、そしてデートアプリ「The League」のデートコーチを務めています。Dating Transformationでは、Authenticity (信頼性)、Clarity(明晰さ)、 Expressiveness(表現力)を柱としたA.C.E. Dating Systemをもとに恋愛に関するアドバイスを提供しています。その業績はコスモポリタン、The Oprah Magazine、そしてTODAY (テレビ番組)で取り上げられました。
    Connell Barrett
    Connell Barrett
    デートコーチ

    最初は軽いタッチで、徐々に親密度を高めていきましょう。 最初は隣に座ったり話しながら肩に触れたりなど軽いタッチで相手の様子を見ましょう。拒否反応がなければ「より親密な行為に移っても良い」というサインです。

  6. 6
    キスをしてからゆっくりと親密度を高める デートに誘うのと同じくらい最初のキスは勇気が要ります。肩の力を抜いて自信を持ちましょう。ただし過度に積極的になってはいけません。相手の目を見ながら体を近づけ、互いの顔がキスできる距離になったらいったん動きを止めて相手の気持ちを確かめましょう。相手が「OK」サインを出したらキスしましょう。そこから徐々に親密度を高めていきましょう。
  7. 7
    初めて相手の体に触れる時には焦らない キスの後は更に相手との距離を縮めたいと思うでしょうが、相手が同じ気持ちでいるかどうかも確かめましょう。相手に軽く触れたり相手の体にそっと寄り添えば自分の意思を伝えられ、相手が好意的に応じれば、より親密なボディタッチがしたいという意思表示だと考えられます。
    • 相手が「ノー」と言う可能性もあるため、ゆっくりと進めましょう。双方が合意の下、安全で楽しい時間を過ごしたいものです。また相手が快適だと感じることも重要です。相手があなたと同じ気持ちになれない場合には、その気持ちを尊重しましょう。
    • コンドームなどの避妊具を用意しましょう。当然のことだと思うでしょうが、性行為を考えているならコンドームを常に手元に用意しておきましょう(性別に関係なく誰もが避妊具を用意するべきです)。 一緒に楽しい時間を過ごすには、安全かつ快適でなければなりません。常に避妊具を用いましょう。
    広告

ポイント

  • 最初にアプローチをかけるのは女性か男性かについては議論があります。ジェンダーによって相手への関心を示す方法は異なりますが、特定のジェンダーが最初にアプローチをかけるべきだというルールはありません。この記事で紹介したヒントは全てのジェンダーに当てはまります。
  • パートナーが「止めて」「ちょっと待って」と言ったらその通りにしましょう。「ノー」は「ノー」でしかありません。
  • 同意の決断は2人とも冷静な時に下す必要があります。親密度をエスカレートさせる前に薬物やアルコールを試すのは避けましょう。
  • 最初はゆっくりとしたペースを維持し、互いの気持ちを確認し合いましょう。
  • 信用できない人に個人的な話をしてはいけません。
  • 安全であることを心がけ2人で楽しい時間を過ごしましょう。
  • 相手に否定的な態度を取られたら、友達以上の交際は避けましょう。
  • なるべく自信を持ちましょう。それでも、緊張することはあるでしょう。緊張していても自分の快適ゾーンからすぐに踏み出せる人もいますが、自分は初心者でハードルが高すぎると思ったら、すぐにキスをするのは控えましょう。

広告

このwikiHow記事について

デートコーチ
この記事はConnell Barrettが共著しています。 リレーションシップエキスパートのコネル・バレットは、2017年にニューヨーク市にて自身で開設した恋愛コンサルティングサービス「Dating Transformation」のエグゼクティブコーチ、そしてデートアプリ「The League」のデートコーチを務めています。Dating Transformationでは、Authenticity (信頼性)、Clarity(明晰さ)、 Expressiveness(表現力)を柱としたA.C.E. Dating Systemをもとに恋愛に関するアドバイスを提供しています。その業績はコスモポリタン、The Oprah Magazine、そしてTODAY (テレビ番組)で取り上げられました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 227 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告