子宮に赤ちゃんを宿すと、妊婦の体には不快な痛みと刺激を引き起こされます。これら痛みをどのように緩和するか知っていると妊娠中の重荷がひとつ減り、妊娠生活をできるかぎり成功へと導きます。

パート 1 の 4:
つわりを軽減させる

  1. 1
    つわりをコントロールして緩和する。つわりは予測不可能で不愉快な吐き気と嘔吐を引き起こし、つらい妊娠の側面であります。しかしつわりをコントロールする方法を覚えると、妊婦にとって妊娠生活がもっと快適なものになります。
    • 少しの量で何回も間食を取る。
    • 肉屋、デパートの香水売り場、魚屋、煙が充満する部屋、かびだらけの場所など、極度に匂う場所へは行かないようにしましょう。
    • いつも何かヘルシーなスナックを携帯しておく。クラッカーの小袋などは鞄に簡単に入り、吐き気を抑えるために効果的だという女性が多いです。
    • 朝ベッドから起きる前にトーストなど刺激が強くないな食べ物を口にすると、それに効果が一番あるという女性もいます。クラッカーをベッド側に置くなどして、朝起きる前に吐き気を和らげる胃にやさしいものを口にするようにしましょう。
    • プロセス食品は避けて、ヘルシーな食物源を食べましょう(たんぱく質、複合炭水化物、たくさんの緑黄色野菜)。
    • 早寝をして、ストレスを避けましょう。
    • しょうが、レモン、ラベンダーはお茶やアロマセラピーとして、もしくは食べ物の形態で摂取するといいでしょう。
    広告

パート 2 の 4:
下半身の不快感を和らげる

  1. 1
    妊娠から来る便秘を軽減しましょう。お腹の中で育つ赤ちゃんが及ぼす身体的な変化から、多くの女性は妊娠中便秘に悩みます。食事に気をつけて飲み物を飲むことで便秘をうまくコントロールができ、運動をすることも便秘解消になります。
    • 他の可能性として、随時おこる尿意があります。これではせっかく早く寝ても、しっかりと睡眠が取れません!この不快感がある場合は、通常始めの13週と妊娠後期のときに頻尿の症状がでます。しかし水分不足には気をつけましょう。日中にたくさん飲み物を飲み夜にあまり飲まないようにして、寝ている間にトイレにあまり立たないようにしましょう。しかしながら、夜中に起きるという行為はこれから起こる育児へのトレーニングでもあります。
      • もし尿の最中に焼け付くようでチクチクする感覚があれば、尿路感染症かもしれませんので、医師と話しをましょう。
  2. 2
    妊娠中の痔を防ぐ。トイレのスケジュールを保ち、妊娠による痔を抑制しましょう。
    広告

パート 3 の 4:
エネルギーのレベルアップ

  1. 1
    妊娠中の疲れを癒す。多くの妊婦は妊娠中に疲れを訴えます。睡眠のスケジュールをコントロールすることで、日中の疲れを操ることができます。
    • 昼寝をしましょう。家にいるときや週末、ランチブレークに昼寝をしましょう。再度言いますが、これも赤ちゃんが生まれたときのためのトレーニングになります!そして家事、移動、重いものを持ち上げる、スーパーへの買い物などは他の人に手伝ってもらいましょう。仕事場では出張を少なくしてもらったり、もし疲れが酷いのであれば仕事内容を変えてもらいましょう。夜遊びをすると疲れの原因となるので、友達や家族とは週末もしくはランチに会うようにしましょう。
    • すでに子どもがいるのでしたら、子どもと一緒に昼寝をしましょう。隣人や友達に昼寝中、子どもを見ておいてもらいましょう。
    広告

パート 4 の 4:
うずきと痛みへの対処法

  1. 1
    妊娠中の腰の痛みを対処する。妊婦は赤ちゃんを子宮に宿す身体的ストレスからの腰の痛みを訴えますが、この不快感を軽減するコントロールするステップがあります。
    • 長時間立ったり座ったままの状態を避ける。自分のいつもの動作を変えなければいけないのであれば、しっかりと変化があるようにしましょう。
    • 素晴らしいサポート能力のある平たい靴を履きましょう。靴の良サポートがどんなものなのかわからない場合は、靴外来クリニックを訪れましょう。
    • 何か持ち上げないといけない場合は、いつも膝を曲げるようにしましょう。
    • 特に急に体を曲げたり、ぐいと引っ張ること避ける。
    • 子どもを車のチャイルドシートに乗せるとき、誰かに手伝ってもらう。
    • 腰痛を和らげるために、温かい(熱すぎない)なお風呂に入る。
    • 腰痛を和らげるために、かいろやゆたんぽを使いましょう。
    • 何を行なっても腰痛がなくならない場合は、医師と相談しましょう。
  2. 2
    友達かパートナーにマッサージをしてもらう。妊婦用のマッサージテクニックを使うと痛みが軽減され、友達に教えてあげるのも簡単です。
  3. 3
    円靱帯の痛みを操りましょう。理学療法、ヨガと律動的運動は、円靱帯妊婦の腰痛を和らげてくれます。
  4. 4
    具合の悪いときには安全な予防処置を取る。妊娠中に熱が出て自分と赤ちゃんにリスクが及ばないように、安全に熱をさます方法を学びましょう。
    • 医師に安全な薬について聞きましょう。妊娠していないときにはいたって安全な薬も、成長中の胎児にとっては害になることがありますので、薬を摂取するときはいつもチェックが必要です。
  5. 5
    胸焼けを治す。グラスにベーキングソーダを適量(小さじ1程度)を入れます。室温にもどした水をその中に入れます。水は乳濁食になります。胸焼けの症状があるとき、もしくは食事・スナックの前にそれを少々飲みましょう。
    広告

ポイント

  • 睡眠を助けるために、枕をひとつもしくはふたつ余分に使いましょう。お腹が大きくなるにつれて、寝ることがだんだんと不快になります。枕を頭の位置に置くとお腹の後ろ盾になり、下半身をサポートすると不快感が軽減されバランスが取れます。もし隣で寝るパートナーや配偶者が睡眠中動き回るのであれば、夜間違えて蹴られる可能性を少なくします。しかし、枕をあなた方2人の愛のバリアにはしないように。
  • 気分の激しい変動は妊娠中の女性によくあることで、不快感の原因になります。まずここで言いたいのは、あなたはいたってノーマルだということです。妊娠をしていないときのいつもより悲しくなったり、感情的になったり、大喜びになったり、わくわくしたり、気分がすぐ変わったり、心配になったり、短気になったり、ハッピーになったりします。ときには涙もろくなることも、妊娠中にはよくあることです。妊娠中は体が変化する非常に感情的な時間なので、自分にやさしくなりしっかりと休息を取り、これは一時的なものですぐになくなることを覚えておきましょう。他の人と会話をすることは、過度の感情に対応するいい方法です。明らかなことではありますが、アルコール、カフェイン、ドラッグなどには手を出さないこと。友達や家族が一番いい癒しの源です。
  • 妊娠中におこる膨張も、不快の大きな原因です。医療的に浮腫として知られるこの症状は、あなたの足の指、手の指、足、足首などに影響を及ぼします。結婚指輪やエンゲージリングを腫れた指から切り取らないといけない場合もあります。妊娠中、体が水分をとどめるからです。座って足を90度以上に上げる、もしくは完全に寝転がり背中をまげるために、クッションのサポートを使いましょう。しっかりフィットする靴を選びタイトな服は選ばず、塩の消費を少なく、もしくは完全に食事からなくし、しっかりと水分補給をしましょう。
  • 敏感な胸も妊娠中の不快感の原因です。ありがたいことに、これは妊娠初期がすぎると大抵の女性からは消えてなくなる症状です。一番いいのがブラがしっかりフィットしているかどうか、チェックをしてもらうことです。妊娠中は最低でも1サイズ上のサイズになっています。妊娠中は胸がどんどん大きくなっていくので、チェックを怠らないように。幅の広いストラップのブラ、胸の下にくるサポートバンドの幅が広くて、コットン製のものを探しましょう。胸の痛みがブラを変えても治らず、痛みをがまんしているのであれば、医師と相談しましょう。
  • 医師のアドバイスの下、できるかぎり運動をしましょう。健康を維持することは、妊娠中の不快感を回避する重要な方法です。

広告

注意事項

  • いつも自分のニーズに合ったアドバイスを医師から受けるようにしましょう。
  • もしその不快感がアブノーマルでどうしても我慢ができず、妙に長時間続く痛みなのであれば、医師もしくは助産婦とすぐに連絡するようにしましょう。
  • 嘔吐を頻繁にしているのであれば、水分補給のためにたくさん水を飲みましょう。医師もしくは助産婦と相談するように。
  • 多くの妊婦にとって、妊娠中ひっきりなしに行なわれる医師のテストが不快の原因になります。それは自分が取らないといけない体形だったり、長い待ち時間だったり、テストルームの温度であったり、糖尿病テストの砂糖シロップだったり(非常に甘いです)、針や膣内鏡などの器具だったりします。いつも質問をして言われることをしっかりと理解し、もし不快感、恥ずかしい気持ち、痛みがあるのであれば、医師にしっかりと伝えましょう。いつも安心感を求めましょう。


広告

関連記事

How to

タバコを吸う

How to

双子が生まれる確率を高くする

How to

生理を早める

How to

家庭での陣痛促進

How to

子供にゲームをやめさせる

How to

母乳を自然に止める

How to

男の子を産む

How to

彼氏がいることを両親に打ち明ける

How to

子供の自閉症を見分ける

How to

お尻を叩いて叱る

How to

居候している友人や親せきに出て行ってもらう

How to

母乳の分泌量を増やす

How to

自分で搾乳する

How to

自閉症の子供を落ち着かせる
広告

出典

  1. Kaz Cooke, Up the Duff': The Real Guide to Pregnancy, (1999), ISBN 0-670-88289-5 – ユーモアのセンスを忘れず妊娠生活をおくるための情報とリサーチです。

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む17人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は6,352回アクセスされました。
カテゴリ: 家族
このページは 6,352 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告