妊娠を判断する方法

3 方法:兆候を見極める確実な妊娠判定自分の選択肢を考慮する

現在、家庭で最も正確に妊娠を確認できるのは、市販されている一般的な妊娠検査キットです。また、妊娠初期には女性の体に変化が起こります。体の変化は誰にでも起きるわけではなく、妊娠した時と同じ症状があるからといって、必ずしも妊娠しているとは限りません。それでも、妊娠の初期症状を知っておくと、実際に妊娠した時に症状を認識しやすくなります。

1
兆候を見極める

  1. 1
    自分の過去の行動を振り返る コンドームを使わずに性交渉を行いましたか?または性交中にコンドームが破れてしまったことはありませんでしたか?妊娠する可能性のある行動に覚えがある場合は、それが原因で妊娠してしまったということも考えられます。しかし、しっかりと避妊して気をつけていたのなら、妊娠の確率は低いでしょう。避妊に失敗して妊娠するというケースはあまりありません。
    • ただし、膣外射精は一般的に効果がありません。これを正しい避妊方法だとは考えないようにしましょう。
  2. 2
    生理がなかったことに気付く 月経周期をきちんと記録している女性もいますが、そうでない人は、生理が来なかったことに気付くのが遅れるかもしれません。
    • 最後に生理が来たときのことを思い出してみましょう。特別な出来事やイベントに照らし合わせると思い出しやすくなります。旅行中に生理だったり、コンサートに出かけた時に生理だったことを覚えていますか?最後の生理から30日以上経っていて、普段から性生活があるという場合は、もしかしたら妊娠しているかもしれません。
    • 性生活があり、普段から月経周期が一定でない場合は妊娠テストを定期的に行ないましょう。喫煙者や飲酒家、合法ドラッグを使用している人は特に注意が必要です。知らないうちに妊娠初期の胎児に悪影響を及ぼしている可能性があるからです。
  3. 3
    着床による出血に注意する 生理予定日やその前後に少量の出血があるかもしれません。これは着床出血と呼ばれます。これは妊娠の兆候のひとつです。
  4. 4
    乳房の変化  妊娠すると、特に初めての妊娠の場合は、最初に乳房の変化に気付きます。胸に痛みや疼きを感じるようになるでしょう。乳房が大きく膨らんで、乳首も大きく濃い色に変わります。[1]
  5. 5
    吐き気、嘔吐、消化器官の異変 誰もが経験するわけではありませんが、妊娠初期につわりを経験する女性はたくさんいます。つわりによりコーヒーの香りなどの特定の匂いを激しく嫌悪するようになり、めまいを引き起こす妊婦さんもいます。また、便秘もよくある症状です。
  6. 6
    疲労感 妊娠初期には極度の疲労を感じることがあります。就寝時間が早くなったり、いつもは必要のない昼寝をするようになるかもしれません。
  7. 7
    気分の移り変わり 妊娠によるホルモンバランスの変化は妊婦さんの気分にも影響を及ぼします。急に気分が高揚したり、次の瞬間には泣き出してしまうというようなことが起こります。感動的な映画のシーンや本の一節などに気持ちを大きく揺さぶられることもあります。または、子どもに危害が及ぶというような本の内容やニュースなどを見聞きできなくなるかもしれません。
  8. 8
    トイレに行く頻度が増える 頻尿は妊娠の明らかな兆候です。便秘も同様です。こうした兆候がある場合は、妊娠の可能性が高くなります。
  9. 9
    めまいに気をつける めまいも妊娠の一般的な兆候です。立ちくらみがしたり、妙なタイミングで気を失なったり倒れそうになることがあるかもしれません。これに気付いたら、妊娠の可能性があります。

2
確実な妊娠判定

  1. 1
    妊娠検査キットを使う 妊娠検査キットは地元のドラッグストアやスーパーで購入できます。通常は女性用ケア製品の売り場にあります。
    • 生理が遅れていると気付いたら、その翌朝にすぐに検査を行いましょう。朝起きてすぐにトイレに向かう人が多いはずですが、その時に検査をするのが最も効果的です。
    • 使用上の注意に従って検査を行ないます。たいていの検査キットは試験紙のついたペンのような長い形の器具です。検査はトイレで試験紙に尿をかけて行います。
    • 結果を待ちましょう。説明書には結果が陰性か陽性かを判断する方法が判りやすく書かれています。たいていの場合、尿が試験紙にかかるとすぐに結果が出ます。
    • 結果が陰性であるのに生理が来ない場合は、数日後にもう一度検査を行ないましょう。妊娠を判断するためのホルモンが体内に蓄積されて、検査結果が出やすくなります。
  2. 2
    病院または医師の診察所で検査を行う 病院または産婦人科では血液検査で妊娠を診断します。尿検査が陽性であっても、妊娠を確実に判断するために血液検査を行います。尿検査はかなり正確ですが、100%ではありません。

3
自分の選択肢を考慮する

  1. 1
    妊娠を続けるかどうかを考える 妊娠を人生で最高の出来事と考える女性もいれば、妊娠に不安を抱える女性もいます。妊娠を計画していた、あるいは妊娠が嬉しいサプライズだったという場合は、健康な赤ちゃんを産むための方法を学びましょう。妊娠を続けることが困難な場合は以下を参考にしてください。
  2. 2
    パートナーと話し合う 10代の若者同士の妊娠は、どんなに怖くても、両親やかかりつけの医師、カウンセラーなどの信頼できる大人に相談しましょう。予期せぬ妊娠には大きな不安が伴いますが、一人で妊娠に対処する必要はありません。
  3. 3
    妊娠中絶について詳しく調べる 妊娠を続けないと決めたのならば、どのような選択肢があるのかを知ることが大切です。中には激しい副作用のあるものもあるため、自分に最適な方法を選ぶ必要があります。
    • 経口中絶薬 妊娠初期の段階であれば、RU-486経口中絶薬を服用することができます。この薬は子宮内膜を薄くして、胎児の生存に必要な栄養を断ちます。
    • クリニックでの中絶手術 妊娠16週までならば、医師が胎児の吸引を行ない、胎児を子宮から吸い出します。16週間の後になるとD&E(拡張と吸引)という方法で中絶を行います。これは子宮を拡張させて手術で胎児を取り出す方法です。
    • 中絶に関する法律を知る 場合によっては、18歳未満の妊娠中絶には保護者の許可が必要なこともあります。[2]
  4. 4
    養子縁組を検討する 赤ちゃんを産みたいけれど、他の人に他の家で育てられたほうが子どものためだと思うのなら、養子縁組を検討しましょう。人生でもっとも愛情深い決断になるかもしれません。
    • 赤ちゃんの父親とも話し合いましょう。養子縁組を正式に行なうためには、父親の同意が必要な場合もあります。未成年は養子縁組の決断を下す前に、必ず親と話し合いましょう。
    • 養子縁組の進め方を決める 養子縁組あっせん業者を通す方法、あるいは弁護士を通して個人的に養子縁組を行うという方法があります。事前に養子縁組に関する法律を調べておきましょう。
    • 里親は慎重に選ぶ 養子を探しているという広告に応募する妊娠中の女性も、弁護士や斡旋業者を通して養子縁組を行う女性もいます。中には、教会などを通じて養子縁組を行う場合もあります。[3]
    • 里親が負担する費用を知る 多くのケースでは里親は妊娠中の検査や医療費を負担します。地域によっては里親の負担費用を定めた法律があるかもしれません。
  5. 5
    自分が後悔しない決断をくだす 最終的には、これはあなたの体であり、あなたが下すべき決断です。

ポイント

  • あなたの下す決断が、あなたと赤ちゃんの両方のためになることが大切です。
  • 人に何かを訊くのは恥かしいことではありません。先輩ママから情報を得たり、手助けを受けるのは全く普通のことです。
  • 妊娠中は検診と健康管理を怠らないようにしましょう。初めての妊娠の場合はマタニティーセミナーに参加しましょう。病院によっては、授乳方法、オムツの替え方、基礎的な赤ちゃんのケアなどの講座を開設しているところもあります。地域のサービスを上手に利用しましょう。
  • どんなにつらくても、悲しくても、気持ちが沈んでいても、赤ちゃんにやさしい言葉をかけてしっかりとケアをしてあげましょう。
  • 子どもに最適な環境を与えられないとわかっていても、どうしても子どもを育てたいという場合は、あらゆる選択肢を考慮しましょう。友達や親に手助けを求めたり、子どもをより良い家庭環境で育てられるように、職業訓練や生活保護などが受けられるかどうかを社会福祉サービスに問い合わせるという方法もあります。[4] 子どもを育てたいという気持ちはあるのに、経済的な不安のせいで中絶や養子縁組を行うべきではありません。
  • 妊娠したいと考えているのなら、カレンダーに月経周期を書き込みましょう。これにはアプリやウェブサイトなどを使うと便利です。[5]妊娠しやすい時期に性交渉ができるように、排卵日も調べておきましょう。

注意事項

  • 禁煙しましょう。タバコは自分の肺にも赤ちゃんの肺にも悪影響を及ぼします。
  • 妊娠をしたくないのなら、性交渉に関して賢くなりましょう。避妊をしっかりとして、望まない妊娠のせいでトラウマになるような決断を下すはめにならないようにしましょう。

必要なもの

  • 妊娠検査キット

記事の情報

カテゴリ: 家族生活

他言語版:

English: Know if You are Pregnant, Italiano: Capire se sei Incinta, Español: saber que estás embarazada, Nederlands: Weten of je zwanger bent, Русский: узнать что вы беременны, 中文: 判断是否怀孕, Čeština: Jak poznat, že jsem v jiném stavu, Bahasa Indonesia: Mengetahui Kehamilan, العربية: معرفة إذا كُنتِ حاملا, ไทย: รู้ว่ากำลังตั้งครรภ์, 한국어: 임신 확인하는 방법, Tiếng Việt: Biết Mình Có Thai, हिन्दी: पता करें की आप गर्भवती हैं, Português: Descobrir Se Você Está Grávida, Français: découvrir si vous êtes enceinte, Deutsch: Herausfinden, ob du schwanger bist

このページは 220,151 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?