妊娠を防ぐ(避妊)方法

この記事には:直接的に防御する方法ホルモン調節による避妊行動療法手術性行為後に妊娠を予防する

現代では避妊方法が多様化しているため、それらを学ぶのはやっかいに思える。ただ、避妊方法はその人自身が慎重に考慮し選択しなければならないものである。多様な避妊方法について学ぶことは自身の生活や信条に沿ったものを見つける第一歩である。

1
直接的に防御する方法

  1. 1
    コンドーム ラテックスのコンドームを性行為の際ペニスに装着する。それにより精液が卵子と接触するのを防ぐことができる。コンドームはよく診療所などで無料で配られており、薬局やスーパーでも手頃な値段で販売されている。
    • 副次的な利点として、避妊と同時に性感染症(STD)の予防にもなる。
    • コンドームは薄いラテックスでできているため、性行為中に破れることがある。その際、妊娠の可能性は上昇する。[1]
    • 人によってはラテックスアレルギーの人もおり、その場合はプラスチック製のものを選ぶこともできる。
  2. 2
    女性用コンドーム 女性用コンドームも同様にラテックスでできており、ポケットがついた輪になっている。そのポケットは膣の中に収まり、輪は体外で位置を固定するようになっている。これにより性行為中の精液をポケット内にとどめ、女性の体内に入らないようにする。
    • 女性用コンドームは膣への直接的接触を防いで性感染症にかかるリスクを減少させる。
    • 女性用コンドームは通常のコンドームに比べると少し効果が弱く、使用感が悪いという人もいる。[2]
  3. 3
    ペッサリー シリコン製のコップ状のものが膣内の子宮膣部を覆うように挿入され、精子と卵子の接触を防いでいる。通常、これは精子の動きを止め、効果が増すように殺精子剤と併用して用いられる。
    • 女性の体の形は個々で異なるため、ペッサリーが正しい大きさであるかどうかを装着して確認しなければならない。ペッサリーを考える場合、産婦人科医などの専門家に相談する必要がある。
    • ペッサリーは効果的だが、性感染症の予防には効果がない。[3]

2
ホルモン調節による避妊

  1. 1
    経口避妊薬 これは「ピル」と略されることが多い。ピルは合成エストロゲンとプロゲスチンで構成されており、卵子を卵巣から出さないようにすることで妊娠を防いでいる。[4] これらは正しく服用すればとても効果的である。経口避妊薬は産婦人科医や専門医による処方によってのみ得られる。
    • ピルが正しく作用するためには、毎日決まった時刻の決まった時間に服用しなければならない。何日か服用を中断すると効果は減少する。
    • ピルは女性によっては副作用が存在する。商品ごとにエストロゲンとプロゲスチンの濃度が異なるため、副作用が起きた場合に医師は異なる商品を処方することもある。[5]
  2. 2
    その他のホルモン治療法 経口避妊薬に含まれるホルモンはほかの方法で体内に投与することもできる。毎日ピルを服用したくないのなら、次のような方法もある。
  3. 3
    子宮内避妊器具(IUD) IUDは小さな金属状の器具で医療専門家が子宮内に挿入しなければならない。ホルモンを放出するものや、銅製のものは銅が精子の運動を抑制して授精を防ぐ。[8]
    • IUDはとても効果的で12年まで効果が持続することがある。ただ、決して安価ではない。
    • 生理周期の乱れが気になる場合、銅のIUDはホルモンに影響を及ぼさず、関連する副作用もない。

3
行動療法

  1. 1
    禁欲 性器同士を介した性交を我慢することにより、男性の精液は女性の卵子との接触を防ぐことができる。禁欲は持続できれば100%避妊が可能である。
    • 人によっては禁欲を性交渉全般のがまんと定義する場合もあるが、妊娠を予防するためには性器同士を介した行為のみ避ければよい。
    • 禁欲には強い意志が必要で、人によっては長期間の禁欲による避妊は難しいかもしれない。
    • 禁欲生活が終わったら、異なる避妊法を用意しておくことが重要である。
  2. 2
    リズム法 この方法は女性が月経周期的に妊娠できない時期にのみ性交渉をするというものである。妊娠可能時期には性交渉を行わない。この方法を実行するためには、女性の生理周期をきちんと理解しなければならない。
    • リズム法では妊娠可能な時期の計算法が三種類存在する。カレンダーによるもの、分泌液によるもの、体温によるものである。これを組み合わせることで、その女性がいつ妊娠可能かを正確に判定することができる。
    • カレンダーによる計算法では、カレンダーに生理周期の異なる時期を書き込み、周期を認識しながら排卵を予測する必要がある。
    • 分泌液による計算法では膣の分泌液を観察する。女性が妊娠可能になったら分泌液の色や性状が変化する。
    • 体温による計算法では、毎日体温を計り、排卵が起こったサインである1℃の十分の幾つか程度の体温上昇を確認する。
    • リズム法の難点は比較的時間と努力が必要である点である。数日間、分泌液や体温を計り忘れると、性行為を休止すべき期間を間違えてしまうかもしれない。
    • リズム法には、お金もホルモン剤も不快な装置も必要ない自然な避妊法だという利点がある。

4
手術

  1. 1
    女性の不妊手術 この手術は卵管避妊法という卵管を閉じる処置で妊娠を予防する。避妊にはとても効果的だが、軽率に行うことは禁忌である。元に戻すことは難しい、または不可能であるからである。
  2. 2
    精管切除術 男性は精液が通過する精管をブロックし、精子と精液が混ざるのを防ぐ手術を行うことができる。[9] 男性の射精時に、精液に精子が含まれていないため、女性を妊娠させることが不可能になる。元に戻せる場合はあるものの、永久に不妊になる意図がない限り行うべきではない。

5
性行為後に妊娠を予防する

  1. 1
    モーニングアフターピルの使用 これはPlan Bともよばれ、レボノゲストレルを含む二剤からなる。性行為後に速やかに摂取する。[10] 早期に摂取するほど、避妊の確率が高くなる。
    • モーニングアフターピルは多くの薬局や医療機関で求めることができる。
    • モーニングアフターピルは通常の避妊の代替にはならない。避妊に失敗した場合の最後の手段として用いるべきである。

注意事項

  • 方法によって信頼度に差が存在する。避妊方法を選択する前にしっかりとそれについて調べるべきである。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む16人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 人生計画・ライフスタイル

他言語版:

English: Prevent Pregnancy, Español: prevenir el embarazo, Italiano: Prevenire una Gravidanza, Français: prévenir une grossesse, Deutsch: Empfängnisverhütung, 中文: 避孕, Русский: предотвратить беременность, Nederlands: Voorkomen dat je zwanger wordt, Bahasa Indonesia: Mencegah Kehamilan, Čeština: Jak se chránit před otěhotněním, ไทย: คุมกำเนิด, العربية: منع الحمل, हिन्दी: रोकें प्रेग्नेंसी को (Prevent Pregnancy), Tiếng Việt: Tránh Thai, 한국어: 피임하는 법

このページは 6,062 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?