妻を喜ばせる方法

共同執筆者 Jin S. Kim, MA

結婚生活とは素晴らしいものですが、それなりに努力が必要です。新婚であれ長年結婚している場合であれ、どの夫婦にも苦難に直面する時があります。壁を乗り越えなければと感じたら、手順を踏めば、毎日、妻を喜ばせてあげることができます。

方法 1 の 2:
妻のために行動する

  1. 1
    妻に感謝する 結婚生活に慣れると、お互いに居心地がよくなる傾向にあります。そうすると、結婚を決意した時に感じていた、二人の強い繋がりが薄れてしまいます。こうした状況を避けるために、毎日、どれほど感謝しているかということを妻に伝えましょう。妻が部屋に入ってきたら、妻の存在に気づいていることを知らせます。朝起きた時や妻が仕事から帰宅した時には、情熱的なキスを交わします。妻の存在を認識していること、二人の間の繋がりを今でも感じていることを伝えましょう。
    • 妻を抱きしめることも大切です。抱きしめるという単純な身体的な触れ合いで、どれだけ愛しているか、またそばにいてくれて感謝しているということを伝えることができます。
  2. 2
    愛していることを伝える 愛していると口に出すといった単純な行動で、妻を幸せな気分にさせることができます。多忙な毎日の生活に追われて、こうした些細な気配りを忘れがちになってしまいます。毎日の習慣で、単に「愛してる」と言葉を発するだけではなく、心を込めて言いましょう。家を出る前に妻と目を合わせて「愛してる」と伝えます。習慣で言ってるのではなく、心からそう感じて言葉で表現していることを知らせます。妻は、自分が愛されているということは心の底でわかっていますが、改めて説得力のある言葉を聞くと、愛されていると確信するでしょう。
    • 言葉での表現と共に、ハグやキス、体に触れるなど身体的な愛情表現もします。ロマンチックに愛情表現をしますが、性的な表現にならないように気をつけましょう。 結婚前と同じように、自分は今でも毎日、口説きたい衝動に駆られる、と妻に感じてもらえるようにします。[1]
    専門家情報
    Jin S. Kim, MA

    Jin S. Kim, MA

    マリッジ・ファミリーセラピスト
    ジン・キムはカリフォルニア州のロサンゼルスに住む認定マリッジ・ファミリーセラピストで、LGBTQ、有色人種、また、複数のアイデンティティー(人種、性別、宗教、階級、性的指向等)を持つことから社会的困難に直面しがちな人達を対象としたカウンセリングを行っています。2015年にロサンゼルスにあるアンティオーク大学にて、臨床心理学(LGBT心理学専攻)の修士号を取得しています。
    Jin S. Kim, MA
    Jin S. Kim, MA
    マリッジ・ファミリーセラピスト

    妻のラブランゲージを学んで、妻が本当に特別な存在だと感じられるようにしましょう。 ラブランゲージとは、愛情の表現と愛情の受け入れ方です。妻のラブランゲージを把握したら、それを活用して、何をすれば妻が本当に特別だと感じることができるのか考えてみます。遠慮せずに、創造性に富んだことや型にはまらないアイデアを生み出しましょう。驚きの要素を取り入れると大きな効果を得ることができます。

  3. 3
    妻に贈り物をする 時には、妻に贈り物をあげて驚かせましょう。贈り物は高価なものでなくても良いですし、難しく考える必要もありません。妻への気遣いがわかってもらえる小さなプレゼントで良いのです。チョコレートの詰め合わせの箱を買っておいて渡したり 、仕事の帰りに花束を買って帰ったりしても良いでしょう。妻がオンラインで買いたいと思っている本がわかっていれば、その本を買ってあげるなど、妻が欲しがっているものに気づくように心がけていると、それを買って驚かせることができます。妻は、そのプレゼントを受け取ったことだけに感謝するのではなく、自分の欲しいものをわかってくれているという気遣いにも感激するでしょう。[2]
    • 贈り物は、購入した物でなくても良いのです。どんなことでも、妻が期待していないことをしてあげると喜ばれます。例えば、妻の大好きな料理を作ってあげたり、妻が洗濯を苦に感じているとわかっているのであれば代わりに洗濯を全て引き受けたり、子供を外へ連れ出し妻が友人と過ごす時間を作れるようにしたりするとよいでしょう。[3]
  4. 4
    「ありがとう」の言葉を忘れないようにする 「私はこれをしたんだから、あなたはそれをしてね」というような会話が原因で夫婦仲に亀裂が入ることがあります。お互いの行動が、見返りを求めている行動だと感じないようにしなければなりません。そのためには、毎日、妻が自分のために何かをしてくれたことに対して、感謝の気持ちを伝える時間を作るべきです。朝、コーヒーを入れてくれた時や、 会議がある時にクリーニングに出していた物を取りに行けなくて妻が仕事帰りに取りに行ってくれた時など、どんな時でも、自分のためにしてくれていることに感謝し、それを認識していることを妻に伝えましょう。
    • どんな些細な行動でも感謝の気持ちを伝えます。「ありのままの君でいてくれてありがとう」とか「最高の妻でいてくれてありがとう」と伝えることで、 あなたのために何かをしていることだけに感謝しているのではない、ということを妻は、わかってくれるでしょう。[4]
  5. 5
    妻に干渉しない 結婚前は、二人とも独立した一個人だったのです。結婚して生活を共にするようになったからといって、お互いの関心事を全て共有しなければならないわけではありません。妻が書斎で1日中書き物をしたければ、そうさせてあげましょう。 一人でジムに行かせてあげましょう。あなたと共にすることではなく、妻自身が興味を持っていることに時間を費やすことに干渉しないようにします。妻は自分のエネルギーを充電する時間をもらえることに感謝するでしょうし、より幸せな気分になるでしょう。
    • 妻が自分と別行動をとりたい時があっても、疎外感を感じないようにします。妻が本屋に一人で行きたいことがあっても、あなたを愛していないということではありません。妻にやりたいことがあるならば、それを奨励してあげて、自分も同様に、希望することを認めてもらいましょう。お互いに一個人として幸せであれば、夫婦としてもより幸せを感じるでしょう。[5]
  6. 6
    妻に決定権を委ねる 日々の生活の中で、夫婦の間で決めなければならない細々としたことはたくさんあります。その中には、夕食の献立選びのような些細なこともあります。妻に、夕食は何を食べたいか尋ねてみます。二人で出かける日に、どの映画を見るのか妻に選んでもらいます。夜、くつろいでテレビを見る時には、妻にリモコンを渡します。ゲームを一緒にする時には、妻の一番好きなゲームをしましょう。妻の意見は大切で、妻のことを大切に思っているからこそ、決定権を委ねているということを伝えると、喜んでもらえるはずです。
    • 妻が決めたことについて不平を言ったり、苛立ったりしないようにしましょう。あなたのそうした行動に、妻は 怒りを感じ、一気に気持ちが冷めてしまうでしょう。
  7. 7
    妻にラブレターを書く 妻にラブレターを書くのは気が引けるかもしれませんが、妻を喜ばせるのに簡単で効果的な方法です。作家としての才能を持っていなくても、気持ちを伝えればいいのです。妻のどういうところが好きなのか、妻のおかげで自分はどのような気分になれているのかなどを伝えましょう。そして、妻のいない人生など想像できないということも書いておきましょう。妻なしでは、自分の人生がどうして機能しないのかも説明します。妻の笑い声は世界の中で最高の音だということや、夜一緒に寝ている時に、妻の髪が自分に触れてくすぐったく感じるのがたまらなく好きだ、ということを簡潔に書きます。
    • 家の中で妻に見つかりそうな場所に、手紙を隠します。二人が寝る前に、妻の化粧品バッグの中や妻の枕の下などに隠すと良いでしょう。手紙を見つけた妻は驚き、1日中幸せな気分で過ごすはずです。
    広告

方法 2 の 2:
夫婦関係を良好に保つ

  1. 1
    人前で妻を褒める 初対面の人に自分の妻を紹介する際には、褒め言葉を交えて紹介します。「うちのよくできた家内を紹介します」「私の大切な家内です」というように紹介します。このような言い回しを使って紹介された妻には、あなたの中で自分がどれだけ大きい存在になっているのかが伝わるでしょう。
    • 妻がその場にいない時でも、同様に妻のことを褒めます。職場での休憩時間中に、妻は料理が上手なこと、妻が大きな昇進を果たしたことなどを話題に持ち出します。あなたの職場が次回パーティーを催した際に、妻は皆の人気者になり、自分の夫にどれほど愛されていて、どれほど高く評価してもらっているのかということを感じとるでしょう。同僚や友人も二人が素晴らしい夫婦だと受け止め、より丁寧に接してくれるでしょう。[6]
  2. 2
    妻と夜デートに出かける日を定期的に設ける 結婚生活を送っていると、毎日の忙しい生活に追われて夫婦のデートなど忘れられがちです。毎週、時間を作って妻と定期的にデートするよう努めます。二人が共通して関心を持っていることをしましょう。毎回、何か新しいことをするようにします。 映画を見に行ったり、夕食に出かけてから踊りに行ったりしても良いですし、日々の生活にある気を散らすものを遮断して一晩過ごすといった単純な行動でも良いのです。携帯電話の電源を切って二人だけの夜を過ごし、お互いにどれほど重要な存在であるか再認識しましょう。妻は全てを遮断して、あなたと二人で一夜を過ごせることを喜ぶはずです。
    • 子供がいる場合は、デートの際に心配しなくていいように、信頼のおけるベビーシッターを見つけます。この手配をすることで、二人とも完全に自分たちのことだけに焦点をあてて、時間を過ごすことができます。
    • 二人共が仕事や家庭のことで忙しすぎる場合は、毎週デートをする必要はありません。しかし、間隔が何週間も空くということがないようにし、できるだけ頻繁にデートします。1回か2回だけで、次回からは続かなかったということは避けなければなりません。
  3. 3
    自分の手入れをする 長い間結婚生活を送っていると、ついついお互いに居心地がよくなり、自分の外見を気にしなくなってしまっていることがあります。妻のために最高のおしゃれをして、どれだけ妻が自分にとって大切な存在なのかということを伝えます。特別な機会がある時だけおしゃれをするのではなく、自宅にいる時にも、妻のためにおしゃれをする努力をします。例えば、夕食を食べる時には、穴の空いたスウェットパンツではなく、 綺麗なジーンズと清潔なシャツに着替えます。こうした行動によって、妻は格別な気分になり喜ぶでしょう。[7]
  4. 4
    手伝いを申し出る 何か手伝えることがないか、妻に尋ねましょう。夕食後の皿洗いや放課後の子供の世話など、妻の負担を少しでも減らすために、自分に何かできないか聞いてみます。一緒に買い物をした後だったら、ショッピングカートをカート置き場に戻しに行ったり、妻が仕事でプレゼンがある日は子供の送迎を担当すると申し出たりしても良いでしょう。何か手伝えることがないかと聞くといった簡単な言葉がけでもいいので、いつでも支えになる意思があることを伝えます。
    • 必要に迫られ、妻が夫に手伝いを頼んでくるまで待っているという状況になるのは避けましょう。シンクにお皿がいっぱい溜まっているのを見たら、妻にいちいち聞かずに、自分から進んでお皿を洗い始めます。
    • 普段から、手伝うようにします。一度きりの手伝いでも良い行いですが、手伝いが夫の習慣になると、妻は毎日より幸せな気分になるでしょう。[8]
  5. 5
    ニュースは妻に一番に知らせる 大きな出来事があった時は、一番に妻に知らせます。あなたの人生で妻が一番大切な人だということを伝えましょう。職場で昇進した場合、即、友人に電話して自慢話をするのではなく、帰宅してから、まずは妻に知らせます。妻に知らせた後、皆に知らせます。そうすることで、妻は、あなたに大切にされているということに気づき、幸せな気分になるでしょう。[9]
  6. 6
    妻の話に耳を傾ける 妻が問題について話し始めたら、話をしっかりと聞かなければなりません。妻の話の腰を折って、その状況に対して怒ったり、自分はどのように解決したいのか話し始めたりしてはいけません。職場で妻の業績を他の人が自分の手柄にしていると相談されたら、それは物凄く不公平なことである、と激しい剣幕で語り始めないようにしましょう。そんなことをしてしまうと、 妻の話に耳を傾けていない状態になり、妻は愚痴のはけ口を失ってしまいます。妻の怒りや愚痴を受け止め、不満を吐き出させてあげましょう。
    • 妻が愚痴を言っている時には、うなずいて、しっかり耳を傾けていることをわかってもらいましょう。妻は、あなたにそばにいて支えてほしいと思っているので、そうしてもらえると喜ぶはずです。
    • 簡潔に気持ちを込めて返答します。「それは、ひどいね。大変だったね」というように答えると、妻はその状況がどれだけ大変だったのか、あなたに把握してもらえたと感じるでしょう。[10]
    専門家情報
    Jin S. Kim, MA

    Jin S. Kim, MA

    マリッジ・ファミリーセラピスト
    ジン・キムはカリフォルニア州のロサンゼルスに住む認定マリッジ・ファミリーセラピストで、LGBTQ、有色人種、また、複数のアイデンティティー(人種、性別、宗教、階級、性的指向等)を持つことから社会的困難に直面しがちな人達を対象としたカウンセリングを行っています。2015年にロサンゼルスにあるアンティオーク大学にて、臨床心理学(LGBT心理学専攻)の修士号を取得しています。
    Jin S. Kim, MA
    Jin S. Kim, MA
    マリッジ・ファミリーセラピスト

    専門家のアドバイス: 健康的な関係を築いて維持していくために最も重要なことの一つは、意思の疎通に取り組むことです。お互いに、自分の感情を定期的に相手に伝えるようにします。口論になった時には、「私」を主語にして自分の感情を伝える話し方に変えて敵対意識を減らし、何が引き金になって問題が大きくなってしまったのか特定します。そして、口論の原因になった問題に焦点を置いて話す時には、相手がどのように意思の疎通を図るのか考慮に入れます。

  7. 7
    人前で愛情表現をする 結婚生活が始まると、付き合い始めたころのロマンチックな感情や行動は消え薄れることがあります。初心に戻って、付き合い始めたころの単純な愛情表現を少しでも実行してみましょう。一緒に道を歩いている時に、妻の手をつないだり、夕食に出かける時に腕を組んだり、横断歩道で信号待ちをしている時に軽くキスをしたりしてみましょう。こうした、ちょっとした愛情表現で、あなたがどれほど妻のことを大切に思っているか伝わるでしょうし、それが周りの人にわかってもあなたは平気だということも、妻に伝わるでしょう。
    • シンプルで適切な愛情表現にとどめておきましょう。レストランにいる人皆に見られているところで、ベタベタするのは気が引けるでしょう。愛情表現は、二人ともが心地よく感じられる形でなければなりません。
  8. 8
    寝室で妻が望むことをする 安定した結婚生活を送る上で、性的なつながりは重要です。毎週、同じ時間に同じ場所でセックスをするのが、習慣になっているということがないように気をつけなければなりません。結婚生活を送っていると、妻が求めていることや妻の願望を全て満たすために自分が提供できることは何なのかということを探り、それらを見出す時間があるはずです。寝室で妻は何を求めているのか、聞いてみましょう。妻を喜ばせるために、新しいことや興奮できることを色々試してマンネリ化しないようにします。
    • 妻との性生活をどれほど楽しんでいるのか、妻に頻繁に伝えます。これまでの人生において、妻と最高のセックスを楽しんでいることも知っておいてもらいましょう。[11]
  9. 9
    寝室以外の場所で、戯れたり情欲を燃やしたりする 性生活は重要ですが、寝室以外の場所でも情欲や愛情を表現することができます。職場での問題について妻に相談するというような単純なことでも、二人の関係を密接なものにします。妻が洗濯をしている時に腕に抱き寄せキスをするだけでも、どれほど妻に夢中になっているか表現できるでしょう。ソファーの上で、二人が読書をしたり音楽を聴いたりしている時でも抱き合えばよいでしょう。二人が密接になればなるほど、妻は嬉しくなるはずです。
    • 毎日、妻と一緒に過ごす時間を設けます。その日の自分の予定を話しながら、朝起きてまず一緒にコーヒーや紅茶を飲むことにしてもいいですし、何でもいいのでその日にあったことを話す時間を夕食後に設けることにしても良いでしょう。妻のことを気にかけているということを、何らかの形で毎日必ず伝えるようにしましょう。
    • 各カップルによって、戯れ方や情熱の度合いは異なります。妻の場合は、どのようにするのが一番効果的なのか見つけ出しましょう。妻と心が繋がったと感じられる瞬間を探します。妻があなたとのつながりをより密接に感じるために、何を求めているのか何が必要なのか聞いてみましょう。[12][13]
  10. 10
    妻に話しかける 常に黙っていると、あなたに心を閉ざされたように妻は感じるでしょう。自分がどのように感じているのか話しましょう。日々、自分の考えていることや感じていることをオープンに正直に話します。何かに対して不安に感じたり動揺したりした時には、妻に伝えます。妻の言動が自分の感情を傷つけたり、その反対に喜ばされるものであったりする場合は、そのことを伝えましょう。正直に妻に話せば話すほど、カップルの関係はより密接になり、より幸せになることができます。[14]
    • 自分の感情を妻に伝えるのが困難な場合は、できる範囲で伝えましょう。あなたが努力している姿を見れば、妻は、どれほど心配してもらっているのかわかるはずです。
    広告

このwikiHow記事について

マリッジ・ファミリーセラピスト
この記事はJin S. Kim, MAが共著しています。 ジン・キムはカリフォルニア州のロサンゼルスに住む認定マリッジ・ファミリーセラピストで、LGBTQ、有色人種、また、複数のアイデンティティー(人種、性別、宗教、階級、性的指向等)を持つことから社会的困難に直面しがちな人達を対象としたカウンセリングを行っています。2015年にロサンゼルスにあるアンティオーク大学にて、臨床心理学(LGBT心理学専攻)の修士号を取得しています。
カテゴリ: 家庭生活
このページは 230 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告