あなたと姉妹との間で頻繁に喧嘩をする場合、この問題は解決できるはずです。姉妹と仲良くつきあっていくことは、一生涯続く強い関係性を築くための重要な要素です。姉妹と前向きに関わりあえるように努力しましょう。姉妹に対して礼儀正しく親切にふるまい、友人のように接し、姉妹の長所をよく理解しましょう。姉妹が人から好かれ、興味深い人間である理由を考えてみましょう。姉妹と対立してしまったら、喧嘩や口論はせずに、徹底的に話し合って解決しましょう。ひたむきな努力を少しだけすれば、姉妹と素晴らしい関係を育むことができるはずです。もし姉や妹があなたに対して怒っていれば、彼女に少し時間を与えてから、「ごめんなさい」と伝え、彼女の気持ちを落ち着かせる努力をしましょう。謝罪を込めた贈り物を用意したり、ショッピングセンターに連れて行ってあげるのもよいかもしれません。逆にあなたが姉妹に腹を立てているのであれば、姉妹に対して感じている気持ちを伝えるようにします。そして、話している間は、必ず冷静さを保ち、姉妹と対話しましょう。それでもうまくいかなければ、心から信頼している人にアドバイスを求めるべきです。どのような手段を使ってでも、姉妹と良い関係性を保てるように努力しましょう。姉妹は家族の一員です。あなたが姉妹を愛しているように、姉妹も心の底ではあなたを愛しているのです。

パート 1 の 3:
姉妹と前向きに関わりあう

  1. 1
    姉妹の成果を支援する 姉や妹と良い関係性を築きたいのであれば、応援されていると感じられるようにしてあげましょう。姉や妹の功績に嫉妬するのではなく、彼女のためだけのチアリーダーになるつもりで応援しましょう。こうすれば、彼女は評価されていると感じ、絆が深まるでしょう。[1]
    • 姉妹が何かを達成したのであれば、心から祝福しましょう。例えば、学期末にオール5の成績を収めた場合には、「がんばったわね!すごく誇りに思うわ」などと伝えましょう。姉妹を応援すれば、お返しにあなたを支持してくれる可能性が高まるでしょう。
    • 時折の嫉妬は普通であることを覚えておきましょう。時には、何かを達成するのが自分だったらと願うこともあるかもしれません。しかし、否定的な感情を抱いているからといって、その感情に従って行動する必要はないのです。否定的な感情は忘れるようにして、心から姉妹を祝福する努力をしましょう。
  2. 2
    丁重に境界線を引く 健全な関係において境界線は重要なものです。しっかりとした境界線なしでは、良好な関係を保つのは困難です。あなたには、自分だけの物理的空間、および感情的空間を持つ権利があります。姉妹があなたの空間に入り込んできたら、怒りを持って応えるのではなく、失礼のないように説明しましょう。[2]
    • 姉妹があなたを困らせているのであれば、やめるように伝える権利があります。きょうだいというのは、お互いの境界線を把握するのにしばらく時間を要する場合があるもので、姉や妹があなたに不快感を与えているのに気付いていないこともあります。このような場合は、状況に応じて適切に対処しましょう。
    • 姉や妹に、落ち着いた態度でそのような振る舞いはやめてもらうように伝えましょう。「私の部屋から出て行って!あなたには、ここにいてほしくないのよ!」とは言わずに、「時々は自分だけの空間が必要なの。本を読もうとしている時に、あなたが部屋にいるのは好きじゃないのよ」などと伝えてみましょう。もし姉や妹が継続的にあなたの邪魔をして、失礼な態度をとるのであれば、この件に関して両親と真摯に話し合うとよいでしょう。もしくは、姉や妹とは距離を置いて会話をやめ、彼女が再びあなたに礼儀正しく接することを学ぶまで待つのも、ひとつの方法です。
    • あなたが境界線を設けようとしていることを、姉妹には理解してもらえない時もあるでしょう。境界線を姉妹に尊重してもらえない場合には、ためらわずに親に助けを求めましょう。
  3. 3
    一緒に家事などをする 関係性を向上させるには、一緒に仕事をするのがよいでしょう。姉妹の雑用を助けたり、そのお返しに何かを手伝ってもらいましょう。例えば食器洗いなど、二人で一緒に何かをすれば、チームワークや一体感が深まるでしょう。[3]
    • 家事や雑用を楽しめるようにすると、姉妹関係を深めることができます。食器洗いが退屈だと思えば、二人で歌を作って時間をやり過ごすとよいでしょう。
  4. 4
    姉妹を、友人のように扱う 大抵の人は、きょうだいがいる有難みを忘れがちです。姉や妹を、単に他の家族と同じように見なすことに慣れてしまうと、彼女を一人の人間として見ることを忘れてしまうかもしれません。姉や妹に対して、友人のように接する努力をしましょう。大抵の場合、きょうだいは最終的に良き友人になります。[4]
    • 学校の友人との接し方を考えましょう。あなたが姉妹をからかったり、いじめたりするような行為を、友人に対しては恐らくしないはずです。姉妹にも同様に親切に接しましょう。
    • 時折、姉妹と出かけましょう。姉妹が単に家族の一員だからという理由で、友人のように二人で出かけられないわけではありません。買い物に出かける、サイクリングに誘う、ボードゲームで一緒に遊ぶなどしてみましょう。こうすると、あなたと姉妹との間に良好な関係を築けるでしょう。
    広告

パート 2 の 3:
姉妹に対する態度を変える

  1. 1
    姉妹の才能に嫉妬しない きょうだい間における嫉妬は非常に一般的で、緊張感をもたらす主な要因となる場合があります。例えば、姉や妹が読書家であれば、親戚からの注目を集めることもあるでしょう。この事実に嫉妬するのではなく、姉や妹の才能を評価しましょう。[5]
    • 自分自身の才能や技能を自覚しましょう。姉妹は、ジェーン・オースティン(英国の女流作家。「高慢と偏見」の作者)の本を全て読破したとしても、あなたはバスケットボールが非常に得意かもしれません。もしくは、姉妹はフィギュアスケートが得意でも、乗馬ではあなたの方が秀でているかもしれません。
    • 人々には皆、個性があることを忘れないようにしましょう。あなたと姉妹は違う人間であるため、比べても意味がありません。異なる能力を持っていても構わないのです。
  2. 2
    姉妹の長所を理解する 姉や妹に腹を立てている場合には、彼女の長所を意識するとよいかもしれません。姉や妹があなたを苛立たせている行為に目を向けるよりも、姉妹を大事に思える理由について考えましょう。[6]
    • 一日を通して一瞬立ち止まって考え、姉妹への感謝を表しましょう。あなたが好きなことを姉や妹がしてくれた時には、忘れずに感謝しましょう。
    • 例えば、「○○、今夜数学の宿題を手伝ってくれて、本当にありがとう」と伝えましょう。
    • 普段から姉妹に感謝できれば、対立した時にそれ程イライラせずにすむでしょう。姉妹の長所の方が、短所よりも勝る理由を忘れずにいられるはずです。
  3. 3
    将来に目を向ける 実家に住んでいて、姉妹と部屋や身の回りの物を共有している場合は特に、仲良く暮らしていくのは困難かもしれません。頻繁にイライラしている自分に気づくこともあるでしょう。このような時には、将来を見据えましょう。今後、姉妹に毎日会うわけではないことを自分に言い聞かせましょう。こうすれば、姉妹の存在をより有難く思えるでしょう。[7]
    • 大抵の場合、大人になればきょうだいとは良き友人になれます。現在は空気が張り詰めた状況でも、いつかは姉妹を親友のように思える日が来るかもしれません。
    • 苛立ちを感じたら、このことを心に留めておきましょう。一瞬のことで姉妹関係に関する全てが決まるわけではない事実を忘れずにいましょう。全体像が把握できると、ある程度の不満を取り除くことができます。
  4. 4
    姉妹にレッテルを貼らないようにする 同居している時は、相手を一人の人間として見ることが時に困難な場合もあります。姉妹を、家族の役割という観点から見てしまうかもしれません。例えば、「姉(または妹)は賢い」または「姉(または妹)は優等生ぶっている」などと感じるかもしれません。このような定義の先を見据えましょう。そして、姉妹を一人の人間として見なす努力をしましょう。[8]
    • 姉妹にレッテルを貼ろうとしている自分に気づいたら、少し間をおいて考えてみましょう。このレッテル貼りの妥当性をもう一度見直し、問いただしてみましょう。姉や妹は自身のことをそう感じているのでしょうか?彼女には、このレッテルには相応しくない点もあるのではないでしょうか?
    • あなたが姉や妹に対して持っているイメージとは一致しない、魅力的な面にも目を向けましょう。あなたは姉や妹のことを、聡明というよりはスポーツの方が得意だと感じているかもしれませんが、一瞬立ち止まり、姉や妹が、つい最近化学の期末試験で高得点をとった、などの事実を受け止めましょう。
  5. 5
    姉妹と共に過ごす時間を作る 姉や妹と過ごす時間は、その有難みを認識するには不可欠です。二人で活動を共にすれば、絆が深まります。毎週、姉妹と一緒に時間を過ごす努力をしましょう。[9]
    • 放課後には、姉妹のバスケットボールの試合などの観戦に行きましょう。姉や妹のピアノのレッスンがあれば、次回は一緒に同行し、代わりに自分の時も同じようにしてもらいましょう。例えば、近日中に美術展に出展予定であれば、姉妹を招待することもできます。
    • 日中も一緒に出かけましょう。放課後に姉妹と映画を見たり、一緒にゲームをしたり、映画、本、音楽などに関して語り合いましょう。
    広告

パート 3 の 3:
姉妹との対立に対処する

  1. 1
    反応する前に考える 対立時に起こりうる最悪の事態は、即座に反応してしまうことです。姉妹に心を傷つけられた場合、反応する前に一呼吸置きましょう。そして、何度か深呼吸をして、五つ数えるなどしてみます。こうすると、姉妹に対して激怒して状況を悪化させてしまう可能性を防げるでしょう。[10]
  2. 2
    自分の考えを言葉にして伝える 言葉を使って姉妹との対立を処理しましょう。叫んだり大声を上げるのは、会話しているとは言えないため、そのような行為をしてはいけません。身体的暴力をふるうのも、状況が悪化するだけなので、絶対にしてはいけない行為です。それに、口論の最中に姉妹を誤って傷つけたくはないはずです。[11]
    • 姉妹があなたを傷つけたこと、または悲しませたことを伝えましょう。姉妹が犯した受け入れがたい行為に対する見返りとして怒るのではなく、わかりやすい言葉を使って説明しましょう。
    • 例えば、「○○、つねったりしないでね、痛いから」などと伝えましょう。このような発言は、大声を上げたり、お返しにつねったりするよりも効果的です。
  3. 3
    対立の原因となる話題は避ける 特定の話題により、簡単に口論が始まってしまう可能性があります。姉や妹は、学校内での意見交換を好まないかもしれません。または、お互いの意見が単に合わないという問題が生じている場合もあります。特定の話題が対立の原因になるようであれば、そのような話題は避けた方がよいでしょう。常に全てにおいて真剣に考える人は、誰一人いないはずです。[12]
  4. 4
    親と徹底的に話し合って解決する 姉妹との間での問題対処に苦労しているのであれば、親に相談しましょう。両親は、あなたと姉妹には仲良くしてほしいはずです。両親は、あなたと姉妹との間で問題が生じている時には、喜んで仲を取り持ってくれるでしょう。[13]
    • 否定的な方向で話を持ち出してはいけません。両親には、あなたが理屈っぽい、または意地悪だとは思われたくないはずです。両親を味方につけようとするよりも、問題を解決する意思があるという姿勢を示しましょう。
    • 例えば、「お父さん、最近○○と上手くいっていないの。彼女が私の日記を読んだこと、どうやって彼女に話したらいいか、何かアドバイスしてもらえる?」などと聞いてみましょう。
    広告

ポイント

  • お互いが好きなことを見つけ、一緒に実践してみましょう。この機会を、共に過ごせる特別な時間にしましょう。
  • 姉妹を笑わせましょう!ユーモアは、人を結びつけるきっかけになり、特定の状況で緊張を和らげるでしょう。
  • 姉妹が苦しんでいる時は、どうしたのか聞いてみましょう。気遣いを見せると、姉妹の絆が深まるでしょう。
  • 姉や妹と喧嘩している時は、立ち去りましょう。しばらくの間、お互い少し距離を置く必要があるかもしれません。
  • カップケーキなどを一緒に作ってみましょう。カップケーキが嫌いな人はいないはずです。さらに、台所で共に楽しい時間を過ごせるでしょう。姉や妹が断るようなことがあっても、落ち込んではいけません。そういう気分になれないだけかもしれません。カップケーキ作りは誰か他の人とすることにして、また別の機会に誘ってみましょう。
  • 姉や妹が実行してみたい内容を聞き、リストを作成しましょう。そして、リストの項目を一緒に実行しましょう。

広告

関連記事

How to

双子が生まれる確率を高くする

How to

タバコを吸う

How to

生理を早める

How to

家庭での陣痛促進

How to

子供にゲームをやめさせる

How to

母乳を自然に止める

How to

彼氏がいることを両親に打ち明ける

How to

男の子を産む

How to

子供の自閉症を見分ける

How to

お尻を叩いて叱る

How to

居候している友人や親せきに出て行ってもらう

How to

小児性愛者を割り出す

How to

自閉症の子供を落ち着かせる

How to

母乳の分泌量を増やす
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 家族
このページは 267 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告