嫉妬心を消す方法

この記事の内容 嫉妬心を見分ける 嫉妬心の原因を見極める 信用することを覚え、手放す 関連記事

嫉妬は自然な感情ですが、精神的な衰弱を招きます。嫉妬はあなたと相手との間に大きな溝を作り、平常心では絶対にしない後になって後悔するような行動にあなたを走らせます。こうした感情を抑えるのは容易ではありませんが、恋愛関係を前進させて安定を得るためには必要なことでもあります。嫉妬には、他のことに夢中になれば解決できるような簡単なことから、不安の原因を突き止めなければならない深刻なものまで、様々な形があります。

パート 1
嫉妬心を見分ける

  1. 1
    嫉妬の引き金となる状況を見極めます。次に挙げる状況で嫉妬を感じるかもしれません。
    • 好きな男の子/女の子が自分以外の人たちと楽しそうに時間を過ごしている時
    • 親友が他の人たちと遊びたいと思っていると感じた時
    • 両親のどちらかに新しい恋人ができた時
    • 我が子がもう一人の親と時間を過ごしたいと思っていると感じた時
    • 職場で自分の功績を誰かに奪われた時、学校の部活で自分が得るべき名声を他のメンバーに取られた時

パート 2
嫉妬心の原因を見極める

  1. 1
    自分に自信を持ちましょう。嫉妬心は自信と自尊心の欠如から生まれる副産物です。親しい人に拒絶されたり、見捨てられたりするのを恐れているのかもしれません。または、自分を型にはめることに熱心になりすぎて、思い通りに物事が進まないと自分をコントロール出来なくなったり、望まない状況下で自信を喪失するのかもしれません。
    • 自尊心を育てる一番よい方法は、自信を持った人を真似ることです。世界中の自信を全て自分が持っているかのように物事を決断しましょう。そうするうちに、心が行動に追いつくようになります。
    • 自信を持った人は見捨てられたり嘲笑されてもくじけません。こうした人たちは人間が時に短絡的であることを熟知しており、自分を責めたりはしません。
    • 今のままの自分で十分です。もし失敗したとしても、新しいことを学ぶチャンスだと思えばいいのです。自分に自信のある人は皆そうして先に進んでいます。
  2. 2
    他人と比較するのはやめましょう。全てが備わっているような友達と付き合い始めると、彼らは彼らなりの隠れた苦悩を抱えていることに気付くはずです。
    • どんなに有名で美しいセレブでも、周りには見えない苦労をかかえています。ずっと欲しかった映画の役を手に入れることもあるでしょうが、その反面、競争に負けたり、麻薬やアルコールの問題と闘っているのかもしれません。外見が美しいからと言って、中身も美しいとは限りません。
    • 自分の欠点に焦点を当てるのではなく、自分の持つ良い素質、スキルや人格について考えてみましょう。これはすべて自信を持つことにつながってきます。あなたが持つ素晴らしい資質と外見は誰にも取り上げる事はできません。
  3. 3
    嫉妬する人とは反対の行動を取りましょう。自分の嫉妬心をコントロールできないと感じたら、相手を責めたり、無視したり、皮肉なことを言うような破滅的な行動を起こす前に、信頼される人が同じ立場で取るであろう行動を真似しましょう。
    • 友達が他の友達と出かける時に、話題の映画やレストランなどを勧めてあげましょう。
    • 彼/彼女が他の異性のことを話し始めたら、気さくにその会話に参加しましょう。
    • 自分が就きたかった職に他の人が就いたら、ずる賢い考えをおこしたり、その人を傷つけたりしようとせずに、気持ちよくその人に接しましょう。相手におめでとうと言葉をかけ、その人の成功を願って手助けを申し出ましょう。
  4. 4
    嫉妬心の一部である妄想について認識しましょう。嫉妬心はあなたの頭の中だけにある絵空事にあなた自身を入り込ませます。自分が想像している最悪な出来事は現実には起きないかもしれません。実際に起きていたとしても、あなたにはそれを乗り越える力があります。あなたには他にも頼れる人がいて、これからもより良い自分を目指して成長し続けることでしょう。
    • あなたの恋人はたとえば元の交際相手の家族に不幸があった時などはその人に同情の意を示すでしょう。そんな時には大げさに反応しないようにしましょう。それはあなたの恋人が元の交際相手に対して未練があるということではありません。あなたの恋人は思いやりがあって、人の気持ちを考えられる人なのです。それはあなたが彼/彼女を愛する理由のひとつでもあるはずです。
    • 我が子が他の大人になついてしまうことがあるかもしれません。そんなとき、あなたは我が子がその人を自分より愛していると思い込んでしまうかもしれませんが、それはおそらく事実ではないでしょう。子育てには多くの人の助けが必要であり、できるだけ多くの人から愛情を受け取るのが子供にとっての幸せなのです。

パート 3
信用することを覚え、手放す

  1. 1
    人を信頼しましょう。言うは易し、ですが、嫉妬しやすい人は過去になんらかの形で信頼を壊された経験があるのでしょう。過去は振り返らず、自分自身を現在に置きましょう。嫉妬の対象になっている人は、これまでにあなたの信頼を奪うようなことを一度でも行ないましたか?
    • その人物が一度もあなたを失望させたことがないのなら、その人に関しては、最悪の事態を想定するのではなく楽観的な考えで臨みましょう。親密な友人であれば、あなたの信頼度のなさも受け入れてくれるかもしれませんが、それも長くは続かないでしょう。あなたは何も悪くない人に自分の恐怖心を覆いかぶせているのです。人を信頼することにはリスクも付いてきます。信頼から利点を得たければ、自分が間違いを犯した時のリスクも背負わなければなりません。
    • 相手があなたの心を傷つけ続けるのであれば、その関係について考え直す必要があります。その場合、相手を信頼できないしっかりとした理由が必要です。過去のことは忘れて前進しましょう。もっといい出会いが待っているはずです。
  2. 2
    心を落ち着けて、自分の心の声に耳を傾けましょう。心はあなたに大切なことを伝えています。嫉妬心が起きるのは、何か嫌なことが起こっていると心があなたに伝えている証拠です。そうした気持ちが正しいかどうかはわかりません(心を開くことでしか判断はできません)。ただ、時にこうした勘は注意するべきことがあるという警告でもあります。
    • 例:あなたの恋人が不自然なほどに誰かと仲良くしている。最悪の状態を想定するのではなく、あなたの恋人はその行為があなたを不愉快にしていることすらわかっていないと理解するようにしましょう。しかし、他の異性と交流する際には何がよくて何がいけないのか、二人の間で明確にその境界線を引いておくべきではあります。どこで線引きをするべきか(ふざけあい?ほっぺにキス?肩もみ?ダンス?)、恋人に質問を投げかけてみましょう。恋人の選んだ境界線があなたのものと一致するかどうかを確認しましょう。二人で問題を解決する努力をし、二人が合意するまで話し合いましょう。それが決まったら、その後は恋人を信頼して、嫉妬心に左右されないことが大切です。
  3. 3
    相手と過ごす時間に関しては、理にかなった期待を持ちましょう。あなたのお子さんやパートナーがあなたとまったく時間を過ごしてくれないのでしたら、あなたの悩みは正当です。しかし、相手があなたと適度な時間を過ごしてくれているのに、十分だと思わないのなら、それはあなたの方が求めすぎているのです。
    • 自分自身を見つめましょう。誰かが周りにいないと楽しくないとは、いったい何があなたをそんなに困窮させているのでしょうか?
    • もっと外に出て、他者との交流の時間や自分自身を楽しい気分にしてくれる活動をみつけましょう。他者のことを考えるためにエネルギーを使うより、自分自身のことを気にかけることのほうが大切な時もあります。
  4. 4
    他者に対して楽観的な考えを持つようにしましょう。結局、嫉妬は恐怖心からくる行動です。まだ起こっていないことや、絶対に起こらないようなことに対して悩むことに時間を割いてはいませんか?不幸にも、あなたのマイナス思考が最悪の状況を作り出しているのです。皮肉なことです。これは「自己成就予言」といいます。誰かを信じると決めたら、その人のすべてを信じましょう。善良な人には好意的に接するべきです。

ポイント

  • 自分が十分ではないと思わないことが大切です。この考えこそが、あなたの恋人がもっといい人をみつけるかもしれないという考えにつながり、それがあなたに嫉妬心を起こさせます。
  • あなたは今のままで十分に個性的な存在だということを信じましょう。そう考えると落ち着いてリラックスできるでしょう。強烈な嫉妬心に飲み込まれてもうダメだと感じる時は大きく息を吸って、何か楽しいことを考えましょう。
  • 何か個人的なプロジェクトをみつけて自分をいつも多忙にし、自分を痛めつける事をやめましょう。多忙な生活を送っている人は魅力的にうつります。
  • あなたは世界にひとりしかいない素晴らしい人です。他の人は自分よりレベルが低いと常に自分に言い聞かせましょう。
  • 私にはこれだけの愛情を受け取る価値がある、と思った分だけの愛情を受け取ることができます。
  • 自分に正直になりましょう。会社で昇格した人は職場でのパフォーマンスがあなたより上だったということを思い知らされることがあるかもしれません。失敗から学び、改善に取り組みましょう。次に昇格するのはあなたです。
  • 相手に自分の気持ちを伝えることも効果的です。二人で問題に取り組むことができます。

注意事項

  • 嫉妬心があなたを肉体的、精神的虐待へと導かないようにしましょう。もし自分の怒りをコントロールできないのでしたら、何らかの助けが必要です。
  • 信頼のおける友人やあなたの怒りの抑え方を知っている人に助けを求めましょう。












記事の情報

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Stop Being Jealous, Italiano: Smettere di Essere Geloso, Português: Controlar o Ciúme, Français: arrêter d’être jaloux, Nederlands: Niet meer jaloers zijn, Deutsch: Aufhören eifersüchtig zu sein, Русский: перестать завидовать, 中文: 停止嫉妒, Bahasa Indonesia: Menghentikan Perasaan Cemburu, Čeština: Jak přestat žárlit, Español: dejar de ser celoso, ไทย: เลิกเป็นคนขี้อิจฉา, हिन्दी: ईर्ष्या करना छोड़ें, العربية: التوقف عن الغيرة, Tiếng Việt: Ngừng Ghen tị, 한국어: 질투를 멈추는 방법

このページは 44,502 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?