Appleデバイスでスクリーンタイム設定をファミリー共有と一緒に使えば、子供がデバイスを使用する時間を制限・管理することができます。ただし、正しく設定していない場合やソフトウェアに不具合がある場合には、親のデバイスに子供のスクリーンタイムレポートが表示されないことがあります。本記事では、スクリーンタイムがグレーアウトになっている、ファミリー全員のデバイスでスクリーンタイムが使えない、などのよくある問題が生じたときに子供のスクリーンタイムを見るための対策を紹介します。

方法 1
方法 1 の 11:
親/保護者に登録されているかを確認する

  1. 1
    スクリーンタイムがグレーアウトになっている場合やクリックできない場合には、この方法を試しましょう。ファミリー内での「役割」が「親/保護者」ではなく「成人」になっていると、このようになります。確認するにはまず自分のデバイスで「設定」を開き、トップページで自分の名前をクリックし、次に「ファミリー共有」をクリックします。名前の下に「成人」とある場合は、ファミリーグループの管理者が以下の手順で変更できます。[1]
    • 「設定」を開く。
    • トップページの「Apple ID」をタップし、次に「ファミリー共有」をタップする。
    • 変更したいメンバーの名前をタップする。
    • 「役割」から「親/保護者」を選ぶ。
    広告

方法 2
方法 2 の 11:
子供がファミリー共有に入っているかを確認する

  1. 1
    子供がファミリー共有に入っていない場合は、以下の手順に従いましょう。子供が13歳未満の場合は、「設定」から「Apple ID」を開き、「ファミリー共有」から「メンバーを追加」をタップします。そこで子供のメールアドレス、正しい生年月日(後から変更できません)を入力します。[2] 子供が13歳以上で既にApple IDを取得している場合は、グループへの登録を案内しましょう。[3]
    • 「設定」を開く。
    • トップページの「Apple ID」をタップし、次に「ファミリー共有」をタップする。
    • 「メンバーを追加」をタップする。
    • 追加したいメンバーの名前、メールアドレスを入力する。
    • 本人が近くにいない場合は登録案内のメッセージを送る。その場にいる場合は直接加える。
    • 直接加えるには、管理者のデバイスで子供のApple IDとパスワードを入力する。

方法 3
方法 3 の 11:
メンバーが案内を承諾したか確認する

  1. 1
    スクリーンタイムレポートを見るためには、メンバーがファミリー共有を選択していなければなりません。自分が管理者の場合は、「ファミリー共有」設定から登録状況を見ることができます。各自の名前の下で登録案内の承諾、未承諾を確認しましょう。子供が未承諾の場合は、本人にiMessageをチェックしてもらいます。[4]
    • 案内を再送するには、その人の名前をタップして「登録案内を再送信」を選択します。
    • 13歳未満の子供には案内を送るのではなく、親のデバイスで子供を登録してやります。
    広告

方法 4
方法 4 の 11:
デバイス間で共有を有効にする

  1. 1
    子供用のすべてのデバイスでスクリーンタイムが記録されない場合は、この方法を試しましょう。子供のデバイスで「設定」を開き、下へスクロールして「スクリーンタイム」をタップします。開いたページの下の方にある「デバイス間で共有」ボタンをオンにしましょう。こうするとスクリーンタイムがiCloudに同期されるようになり、子供のApple IDに関連づけられているすべてのデバイスのスクリーンタイムを見ることができるようになります。[5]
    • 共有が有効になっているとき、ボタンは緑色です。

方法 5
方法 5 の 11:
スクリーンタイムをオフにし、再びオンにする

  1. 1
    親と子のそれぞれのデバイスでスクリーンタイムをリセットしましょう。「設定」を開き、下へスクロールして「スクリーンタイム」をタップします。「スクリーンタイム」ページの下部にある赤色の「スクリーンタイムをオフにする」をタップしましょう。次に、デバイスの電源をオフにして30秒待ち、再度電源をオンにします。以下の手順に従って、スクリーンタイムを再度設定しましょう。[6]
    • 「設定」を開く。
    • 下へスクロールして「スクリーンタイム」をタップする。
    • 「スクリーンタイムをオンにする」をタップする。
    • 大人用のデバイスか子供用のデバイスかを尋ねるメッセージが表示されたら、間違いなく選ぶこと!
    広告

方法 6
方法 6 の 11:
ファミリー共有しているデバイスすべてを同じiOSに更新する

  1. 1
    ソフトウェアのバグが原因でスクリーンタイムレポートに問題が生じることがあります。すべてのデバイスで、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」のように開きましょう。最新のiOSをインストールする必要がある場合は、「ソフトウェア・アップデート」のページに表示されます。そうしたら「ダウンロードしてインストール」をタップして更新しましょう。[7]
    • 特定のアプリのスクリーンタイムに問題がある場合は、その第三者アプリを最新版に更新しましょう。

方法 7
方法 7 の 11:
子供のApple IDから古いデバイスを削除する

  1. 1
    子供の新しいデバイスをデフォルトに設定しましょう。最近、子供用のデバイスを変えた場合は、スクリーンタイムの設定が新しいデバイスに移行されていないのかもしれません。この問題を解決するには、子供のApple IDから古いデバイスを削除します。以下の手順に従いましょう。[8]
    • 子供のデバイスで「設定」を開く。
    • トップの「Apple ID」をクリックする。
    • そのページの下方に載っているデバイス一覧の古い物をタップする。
    • 「アカウントから削除」をクリックすると、一覧からそのデバイスが削除される。
    広告

方法 8
方法 8 の 11:
「日付と時刻」が自動設定されるよう変更する

  1. 1
    子供がスクリーンタイムを回避するために自分で日付と時刻を変えるのを防ぎます。子供がこの裏技を使うのを阻止するには、まず、子供のデバイスで「設定」を開き、「スクリーンタイム」をタップします。次に、「コンテンツとプライバシーの制限」をタップして、ボタンをオンにします。このとき「スクリーンタイム・パスコード」の入力を求められるかもしれません。次に、以下の設定を変更します。[9]
    • 「位置情報サービス」をタップする。
    • 下へスクロールして、「システムサービス」をタップする。
    • 「時間帯の設定」をオフにする。
    • これで時間帯が自動で設定されるようになり、子供が自分で時間設定を変更することができなくなります。

方法 9
方法 9 の 11:
「使用制限終了時にブロック」をオンにする

  1. 1
    子供がスクリーンタイムの制限を回避している場合は、この方法を試しましょう。子供のデバイスで「設定」→「スクリーンタイム」を開きます。スクリーンタイム・パスコードをまだ設定していない場合は「スクリーンタイム・パスコードを使用」をタップし、親のApple IDとパスワードを入力して設定します。次に「App使用時間の制限」を開き、任意のアプリを選んで制限時間を設定したら、「使用制限終了時にブロック」をオンにします。これで、子供がそのアプリの使用時間制限に達したときアプリはブロックされます。[10]
    • このボタンをオンにしていないと、スクリーンタイムの制限時間終了時に通知が届くだけです。その場合、子供は「制限を無視」をクリックすれば引き続きアプリを使用することができます。
    広告

方法 10
方法 10 の 11:
「休止時間中にブロック」をオンにする

  1. 1
    「休止時間中にブロック」を有効にして、設定した時間にスクリーンタイム制限を強制します。子供のデバイスで「設定」→「スクリーンタイム」を開き、スクリーンタイム・パスコードを入力します。「休止時間」を選び、「休止時間中にブロック」のボタンをオンにして緑色にします。[11]
    • 1日の中で子供にデバイスの画面を見せたくない時間帯に休止時間を設定することができます。

方法 11
方法 11 の 11:
デバイスの設定をすべてリセットする

  1. 1
    他の方法でうまくいかなかった場合は、全設定をリセットするという手があります。「設定」→「一般」→「転送またはiPhoneをリセット」を開き、「リセット」をタップします。「すべての設定をリセット」をクリックすると、スクリーンタイムを含むすべてのアプリの設定がデフォルトに戻ります。最後に、「設定」→「スクリーンタイム」を開き、使用時間の制限を好きなように戻します。[12]
    • 「すべての設定をリセット」しても、データやメディアは消去されません。
    • 「すべてのコンテンツと設定を消去」をクリックすると、デバイス内のすべてのデータが消去されるので、誤って選ばないようにしましょう。 
    広告

関連記事

iPhoneで絵文字をアップデートするiPhoneで絵文字をアップデートする
ZoomミーティングをiPhone・iPadで録画するZoomミーティングをiPhone・iPadで録画する
iPhoneのスピーカーを掃除するiPhoneのスピーカーを掃除する
iPhoneでバーコードを読み取るiPhoneでバーコードを読み取る
iCloudからアプリを削除するiCloudからアプリを削除する
iPhone上でメールアカウントからログアウトするiPhone上でメールアカウントからログアウトする
iPhoneにGIF画像を保存するiPhoneにGIF画像を保存する
YouTube動画をiPadにダウンロードするYouTube動画をiPadにダウンロードする
iPhoneで開発者モードを有効にするiPhoneで開発者モードを有効にする
13歳未満の子供をファミリー共有グループから削除する13歳未満の子供をファミリー共有グループから削除する
iPhoneで動画をループ(繰り返し)再生させるiPhoneで動画をループ(繰り返し)再生させる
iPhoneでアプリを信頼するiPhoneでアプリを信頼する
AdBlockを無効にするAdBlockを無効にする
iPhoneでSpotifyを解約するiPhoneでSpotifyを解約する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: AppleiOS搭載スマホ
このページは 362 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告