孤独死の対策方法

一人暮らしの人が自宅などで第三者に看取られることなく、何らかの突発的な原因で死亡する孤独死。少子高齢化に伴う年配者の増加傾向が問題視されていますが、そのリスクは年齢を問わず、若い世代も同様である点が見過ごせません。[1] さらに孤独死が発生した場合、遺族だけでなく周囲の人たちへの悪影響(例:事故物件となり不動産価値が下落、遺族に生じる金銭的負担など)が懸念されます。離れて暮らす家族もしくは自身の孤独死に対する不安を軽減するためには、対象となる人物により大きなリスク回避効果が期待できる、適切な対策の実践が望まれます。[2]

方法 1 の 3:
リスクを知る

  1. 1
    健康を意識した毎日を過ごす 孤独死の主な原因としては、脳溢血、心筋梗塞、循環器障害などがあげられ、いずれも突発的に発症する特徴が見られます。これらの原因のひとつにあげられるのが偏った食生活です。栄養のバランスを考えない、食欲に任せた買い食い主体の生活が続けば、身体が必要とする栄養を十分摂取することができず、基礎体力の低下による体調不良が避けられません。一方で働き盛りの若い世代が、不規則な生活サイクルの中、暴飲暴食や偏食を続けた場合も、突発的かつ重大な体調不良を招くリスクが高まります。
    • 家族である高齢者の一人暮らしの場合、弁当の宅配サービスを活用するのも一案です。栄養のバランスを考えた食生活プラス、毎日外部の人と触れ合うことによる認知症予防効果、自炊に潜む火の不始末やケガのリスク回避など、複数のメリットが魅力です。
    • 自身の孤独死対策には、しっかりとした意志が求められます。偏食、暴飲暴食、不規則な睡眠サイクルなど、疾病の原因につながる生活態度を、ストレスを感じ過ぎぬように改めるところから着手しましょう。
  2. 2
    慢心・過信・油断しない 医者知らずの元気な一人暮らしの高齢者の中には、自信を通り越して自らの健康状態を過信してしまう傾向が散見されます。「病院の待合室を日々占拠する、お年寄りの輪の中には入りたくない」と明言する、一見気丈に一人暮らしを謳歌していると映るタイプです。離れて暮らす家族にとっても喜ばしいと感じられる反面、地域とのつながりが希薄で、緊急時に近所の人々の助けが及ばない生活環境である可能性が想定されます。
    • 当事者が人付き合いが煩わしい性格の場合、家族からの適度なコンタクトが大切です。プライドが高く、外部の介護サービスを拒むようであれば、1日1度の電話もしくはメールを日課にするなど、外部の人とのつながりが途絶えない環境を確保してあげましょう。
  3. 3
    室内環境に存在するリスクを排除する 長年慣れ親しんだ自宅の室内には、知らず知らずのうちに事故やケガに直結する危うい環境が生じがちです。利便性と自身の習慣優先から、より危険な環境を自ら構築しているケースも少なくありません。一人暮らしの高齢者宅を訪ねた際には、冷静な観察とシミュレーションを通じ、確実にリスクを排除してあげる対応が大切です。
    • 経年劣化が進む日本家屋の廊下は、摩耗で滑りやすくなりがちです。加えて長期間の使用で裏側がツルツルになったスリッパや、滑りやすい材質の靴下を履いていれば、自ずと転倒事故のリスクが高まります。
    • 出入口の扉の対面に縦長の家具などが設置されている場合、地震の揺れで倒れて扉に寄りかかり、閉じ込めの原因となる可能性が懸念されます。また高齢者は足腰が弱まるにつれ、高所の物の出し入れやジグザグ歩行に、大きな身体的負担を覚えます。転倒や衝突防止を視野に入れた、室内銅線を十分確保する家具の配置にも工夫が求められます。
  4. 4
    ライフスタイルそのものを見直す 若い世代の孤独死が増加している理由として、会社と自宅をただ往復するだけのライフスタイルや、SNS主体で三次元における人とのつながりが希薄な傾向が挙げられます。SNS自体は今日不可欠と言えるコミュニケーションツールですが、すべての人が積極的に活用しているものでもありません。ネット空間に無数に浮遊する膨大な情報を『見るだけ』の人も多く、仮に孤独死に直面した場合、手元のスマホがSOS発信の機能を果たさないケースも考えられます。
    • プライベートタイムを活用して、三次元およびネットでの第三者とのつながりを広げてみましょう。友人が増えれば日々の生活に張り合いが生じ、それが心身の健康状態の向上につながります。たとえば書くことが好きであれば、たとえばブログなどを配信することで、読者である家族や友人への生存報告(=元気にしていますメッセージ)の役割を兼ねることも可能です。
    広告

方法 2 の 3:
対処法を選ぶ

  1. 1
    相互理解と協力の意思を確かめる どれだけ孤独死対策の優れた効果が伝えられる方法でも、対象となる当事者に合った対策でなければ意味がありません。なにより私たちは感情を有する人間です。どれだけ家族が最適と思われる対処法を薦めたとしても、意に添わなければ素直に受け入れてはもらえず、自らも実践に二の足を踏んで当然でしょう。対処法の選択には当事者と家族双方の理解と協力が不可欠であり、継続的に快く実践できる内容であることが大前提です。[3]
    • まずは地元自治体が実施しているサービスの内容を確認しましょう。高齢者の中には見知らぬ業者(第三者)が出入りする環境を嫌う人もみられます。地域のボランティアや面識のあるガス検診、新聞配達員などが巡回と見回りを兼ねる見守りであれば、強い抵抗感を抱かない可能性が期待できます。最新機器を駆使した見守りサービスの場合、苦手意識から当事者の腰が引けてしまいがちです。できるだけ安心して心を開くことができる、生身の人間との触れ合い環境を整えてあげましょう。
  2. 2
    外部のサービスを活用する 全国各地で提供されている、孤独死防止サービスのニーズが高まっています。実際に対象者に届けられるサービスの内容もさまざまで、当事者の自宅の鍵を預かり、緊急時の救急搬送にも対応してくれる民間業者も複数存在しています。孤独死のリスク回避効果としては、最も期待値の高い選択肢と言えるでしょう。
    • 提供されるサービスによっては、最新機器を室内に設置する、常時携帯から活用するなどの必要が生じるため、緊急時における当事者の対応能力の見極めが不可欠です。依頼先が民間企業である以上、営利目的のサービス業の一環の位置づけとなるため、選択に際しては新鮮かつ信ぴょう性の高い情報に基づき、冷静な判断が望まれます。
  3. 3
    見守り家電を導入する 今日家電量販店では、さまざまな『見守り家電』と称される商品が販売されています。遠方で暮らす若い家族が忙しく、十分なコミュニケーションを図るのが難しい、一人暮らしの高齢者がこれらを使用するだけで、無事を伝えることができる優れモノです。たとえば電気ポットの場合、その電力使用量の情報がそのまま、無事に生活している(=生存情報)として、設定先の家族に伝わる仕組みです。当事者も第三者に監視されている感覚を覚えずに済むため、精神的なストレスとは無縁である点もメリットです。
  4. 4
    近隣の人たちとの関りを大切にする 普段はテレビが話し相手で、電話料金を気にしながら、時折遠方で暮らす高齢の実の兄弟と毎回同じ話題を繰り返すばかり。とりわけ地域全体の高齢化が顕著な地域では、こうした一人暮らしの高齢者の姿をしばらく見かけなかったとしても、誰も異変に気づかないかもしれません。ただし人づきあいが煩わしい性格の人の場合、たとえば近所に買い物に出かける時間も、他人と遭遇しない時間帯を選んで、さっさと用事だけを済ませてしまうことも。一昔前とは隣近所との距離感が大きく変化してしまった世の中ですが、近隣の人たちに自身の存在を意識してもらえる生活環境もまた、孤独死回避の大切なポイントです。
    • 当事者がどうしてもコミュニケーション下手な場合、若い家族が近隣にお住いの誰かに、緊急時に連絡してもらえるようにお願いしておくと良いでしょう。長年の顔見知りで当事者より若い世代の人がいれば安心です。
    広告

方法 3 の 3:
実践する

  1. 1
    自ら常に注意を払う とりわけ外部のサービスを活用する、見守り家電を導入する場合、手配が完了した時点で「これで安心」と、家族が肩の荷を下ろしてしまってはなりません。孤独死の不安と向き合っている一人暮らしの多くの高齢者が、自身の看病や世話に関して最終的に頼りたい相手は「我が子」と回答していると報告されています。提供される見守りサービスは、確かに最新機器を駆使し、最速のフットワークが期待できる内容ですが、対象者からのSOSを検知もしくは受信した上で初動対応がなされます。
    • たとえば身体にハンデを持つ一人暮らしの家族を対象者としても、外部のサービスは大きなリスク抑制効果が期待できます。当事者としては抵抗感が拭えないケースも考えられますが、万一の事態となった際に生じるであろう二次的な負担や迷惑を正しく理解のうえ、柔軟に提案を受け入れる姿勢が望まれます。
  2. 2
    気づいた対策は後回しにしない 自身が一人暮らしで何らかの体調不良など、心身に異変を感じた際には、放置せずに適正な初期対応に努めましょう。先にも触れた通り、年齢を問わず発生が後を絶たない孤独死の主たる原因は、突発的な疾病による急死です。また室内および建物内で気づいたリスクに関しても「次でいいや」は禁物です。密室状態で想定される万が一の展開に際しては、それが生じることのない環境を整える習慣が大切です。
    • ユニットバスで入浴中に施錠したドアノブが突然破損して回らなくなり、外に出られなくなる可能性もゼロではありません。基本窓がない設計プラス換気扇のスイッチは外側のため、夏季であれば急激な温度と湿度の上昇、冬季であればその真逆が想定されます。一人暮らしの入浴に際しては、施錠という行為は必ずしも安全確保とは言えません。その他古い木造住宅のベランダで物干し中、風で扉が閉まり、勢いで鍵がかかってしまい、室内に入れなくなるなども「絶対にあり得ない」とは言い切れないリスクです。助けを求める術がなく、時間の経過とともに体力が低下すれば、孤独死が現実味を帯び始めてしまいます。
  3. 3
    疑問点や不安点は臆せず相談確認する 自治体や民間企業の訪問見守りサービス、あるいは見守り家電の導入に際しては、疑問点や不安点を曖昧にしておかず、理解納得できるまで確認する姿勢が求められます。非常に残念なことですが、万一の事態が生じた場合、そこに悪意や他意はなくとも「当初の話と違う」といったトラブルの種子が発芽するケースがゼロではありません。利用者と提供者双方が感情的になってしまっても、そこにはなんのメリットも見当たりません。「本来であれば家族が見守るべきところ、手が回らない部分をフォローしていただいている」との捉え方プラス、提供されるサービス内容を冷静かつ正確に把握しておきましょう。
  4. 4
    自身で準備可能なSOS発信手段を用意する 数十年前まではスマホなどの最新機器を駆使した連絡網は、まだ一般普及していなかった事実を、便利な今日を生きる私たちは忘れがちです。孤独死の危機に直面した際に、身近な第三者に助けを求める、シンプルな手段を自分なりに準備しておくことは、決してムダではありません。突然胸が苦しくなり、声を発することができない、手元の通信機器の操作ができないとなれば、より単純な方法が命綱となります。あまりに古典的で失笑をこらえてしまうかと思われますが、以下にご紹介する「備え」も一考の価値アリではないでしょうか?工作などが得意な器用な人であれば、決して難しい準備作業ではありません。
    • 銀行や郵便局の強盗対策のカラーボールのような、助けを求めるメッセージを記したボールもしくは紙飛行機。
    • 紐を引けば助けを求めるメッセージが掲示される垂れ幕システム。
    広告

ポイント

  • 孤独死のリスクは高齢者限定ではありません。若い世代を含む一人暮らしの生活環境の至るところに、その可能性が潜んでいると捉えておきましょう。
  • 今日さまざまな見守りサービスやツールが提供および供給されています。当事者にフィットして、より確かな効果が期待できる対処法を冷静に選択しましょう。
  • 当事者ならびに家族のちょっとした心構えと意識の持ち方が、孤独死という最悪の事態の回避につながります。
  • 実践する対処法の内容を、関係者全員が可能な限り理解のうえ、中途半端や後回しにすることなく、継続的に実践する姿勢が望まれます。

広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 975 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告