学校で魅力的に見せる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 23 出典

この記事には:肌と髪の毛を清潔に保つ魅力的に着こなす衛生管理を徹底する内側から魅力的になる

周りからどう見られるかは外見が大きな鍵です。[1]在校生徒、先生方、事務員、クラブ活動のコーチなど多くの人達で構成される学校では、ある生徒を評価する時に見た目に引きずられる場合があります。外見に気を配り常に身だしなみを整えていれば良い印象を与えることができ、自分自身も晴れやかな気持ちで学校生活が送れるでしょう。

パート 1
肌と髪の毛を清潔に保つ

  1. 1
    肌を整えて潤いを与える 化粧水と乳液は肌に艶を与え顔色を良くします。洗顔後の清潔な肌に化粧水をつけて毛穴を引き締め、蓄積された油分を取り除いて輝かしい肌を作りましょう。その上に乳液または保湿剤をつけて潤いを与え肌荒れや乾燥肌を防ぎましょう。[2]
    • 脂性肌または混合肌(脂性肌と乾燥肌の両方)の場合には、それぞれに合った保湿剤を使いましょう。ニキビや吹き出物などの炎症から肌を守ることができるでしょう。
    • 乾燥肌の場合には、敏感肌または乾燥肌用の化粧水を使いましょう。ローズウォーター化粧水などの天然成分だけが含まれた蒸留水を使うと良いでしょう。
  2. 2
    必要に応じてコンシーラーやチークなどの基本メイクを施す メイクは顔全体の色を均一に整え、滑らかで完璧な肌に見せるのに役立ちます。毎朝登校前に基本メイクを施せば、一日中最高の肌が保てます。[3][4]
    • 肌の色に合ったコンシーラーを使ってシミや傷などをカバーし、メイク用スポンジで顔全体に馴染ませましょう。
    • メイク用ブラシを使ってチークを入れるブロンザーを塗りましょう。クリームタイプまたは液状の化粧品はメイク用スポンジを使うと肌に均一に馴染みます。
    • メイク後にルースセッティングパウダーをのせたりメイクキープスプレーをかけると、メイクが定着して長持ちします。
  3. 3
    目の色に合ったアイシャドウで目を輝かせる 目は顔の中で最も魅力的な部分ですが、その魅力をアイメイクで更に強調できます。基本的なアイメイクは、アイライン、アイシャドウ、マスカラで行いますが、好みでいずれかを使いましょう。日本人に多い瞳の色は茶色ですが、カラコンなどを使って外国人のような瞳を演出する場合もあるでしょう。目の色を引き立てる最適なアイメイクを心がけましょう。
    • 青い目: ローズ、テラコッタ、ライトパープルといった中間色のアイシャドウを使いましょう。アイラインを目尻より少し長く引いて「キャッツアイ」を作りましょう。[5]
    • 茶色の目: 濃い茶色の目には、プラム(茶色がかったグレー)、チャコール(黒に近いグレー)、フォレストグリーンなどの濃い色を選びましょう。中程度の茶色の目には、紫、緑、またはブロンズのシャドウが合うでしょう。薄茶色の目には、ブロンズまたはシャンパン(ベージュに近い黄色)を試しましょう。アインラインは黒ではなくダークブラウンを使いましょう。[6]
    • 緑色の目: 様々な色合いのパープル、コッパー、またはゴールドを試しましょう。アイラインは黒を避け、チョコレートブラウンまたはエスプレッソ色を試しましょう。[7]
  4. 4
    唇を強調する 唇に色を添えると明るさが強調されて顔全体がすっきりと細く見えます。リップライナー、口紅、リップグロスを使うのが基本ですが、これら全てを使う場合には、最初にリップライナーで輪郭を描き、続いて口紅をつけグロスで仕上げましょう。自分の唇の色や、染めた髪などを含めその他の特徴を引き立てる色を使いましょう。[8]
    • ブロンドの髪・明るい肌: 淡いピンク、ピーチ、ローズなどの明るく自然に見える色合いを使いましょう。[9]
    • 赤い髪・明るい肌: ピンクや赤を避け、ヌードカラーやベージュの色合いを試しましょう。[10]
    • 茶色または黒い髪・明る目または暗目の肌: 肌の色に関係なくスパイシーレッドやブライトコーラルピンクなどの深みのある鮮やかな調を選びましょう。淡い中間色は避けましょう。[11]
  5. 5
    髪型を選ぶ 顔の形によって似合う髪型が異なります。自分の顔形に合った髪型を選びましょう。[12][13]
    • 丸顔: 全体的にレイヤーカットでまとめると良いでしょう。特に顔の周りにしっかりとレイヤーを入れると効果的です。真ん中分けを試しても良いでしょう。前髪を作ることや、ボブスタイル、横分けは避けましょう。
    • 卵型: 色々な長さまたは質感を試しましょう。前髪を作ったり、色々な分け方を試しましょう。中でも見栄えが良いのは、長くてボリュームのあるレイヤーカットでしょう。
    • ハート形: 前髪を真っ直ぐに切って垂らすかサイドに流しましょう。頬の周りにレイヤーを入れると効果的です。長さを肩に着く程度、または顎のラインに揃えると、とても魅力的に見えます。オールバック、ストレートヘアはあまり似合いません。
    • 四角型: 全体に軽く散るようなウィスピーにして長さを顎のラインに揃え、顔の前にパラパラと垂らしましょう。また前髪をサイドに流すか頭の天辺で逆毛を立てるスタイルも似合います。動きのないカットやボブは避けましょう。
    • 面長: 真っ直ぐにカットした前髪をサイドで分け、残りをレイヤーカットにしてウェーブをだしましょう。真ん中分けや、トップにまとめるスタイルは避けましょう。
    • 逆三角形型: 顎に向かって先が細くなるレイヤーカットを試しましょう。ロングヘアやショートボブは避けましょう。

パート 2
魅力的に着こなす

  1. 1
    自分の体型に合う服を選ぶ 体型を引き立てかつ個性が強調される服を着ましょう。どんな種類の服が自分の長所を引き出し、欠点を隠してくれるかを考えて選びましょう。またどんな体型にも似合う服もいくつかあります。[14][15]
    • くびれ型: 体のカーブと細いウエストを強調するラップドレス(体に巻きつけるように纏うワンピース)、ペンシルスカート、ベルト付きジャケット、またはハイウエストのワイドレッグパンツを着用しましょう。
    • リンゴ型: 細い脚を強調し腹部をカバーできると良いでしょう。柔らかな素材で流れるようなデザインのトップ、ローウエストのストレートパンツ、サーキュラー・スカートあるいは緩やかでウエストを強調しないシフト・ドレスを着用すると腹部が目立ちません。
    • 洋ナシ型: 細いウエストラインを強調し、ヒップ、尻をAラインのスカートやフレアー型のワンピースなどでカバーしましょう。飾り付きシャツやブラウス、ブーツカットのパンツ、またはきちんと仕立てられたジャケットも似合います。
    • 長方形: 体に曲線を作り細い部分を様々なアイテムで強調しましょう。例えば、フリル付きのトップにミニスカート、または、脇にカットが入ったサイドカットアウトロングドレス、あるいはスキニージーンズに、身頃をウエストあたりで切り落とした形のクロップドジャケットなどの組み合わせが似合うでしょう。
  2. 2
    自分に合う色を選ぶ 自分の肌の色と顔の特徴を最も引き立たせる色を何色か選び、その色の範囲内で自分の自然な美しさを強調する服を選びましょう。[16]
    • 暖色系の肌:トマトのような暖色系の赤、ピーチ、明るい黄色、琥珀色、オリーブグリーン、ゴールドを試しましょう。
    • 寒色系の肌: チェリーなどの寒色系の赤、ピンク、青、緑がかった青、明るい青緑色、紫、ミントグリーン、シルバーを試しましょう。
  3. 3
    上品にアクセサリーを付ける アクセサリーは衣装に花を添えます。プレーンな服でも、それに見合うアクセサリーを付けると見栄えが良くなります。服を引き立たせ、自分の個性も強調できるアクセサリーを選びましょう。[17]
    • 大きなイヤリングで顔に注目を集めるか、長いネックレスで上半身を強調しましょう。学校でジュエリーの着用が許可されているなら、金属の重ね付けを試してみましょう。
    • ベルトで全体にメリハリを加えましょう。ウエストに巻き付けて細く見せたり、腰の位置で巻いて幅広にも見せられます。
    • シンプルな服は、アクセサリーを多めに付ければ華やかな印象になります。重ね着や装飾の施された派手な服の場合には、控えめにアクセサリーをつけましょう。
    • 自分の個性や趣味を反映するアクセサリーを付けましょう。ボヘミアン風、ゴシック系、パンクロック系、または年代物やレトロ調のアクセサリーなどの中から自分に合ったものを選びましょう。

パート 3
衛生管理を徹底する

  1. 1
    毎日シャワーか風呂で体を洗う 毎朝登校前か前日の晩にシャワーか風呂で体を石鹸またはボディワッシュできれいに洗いましょう。清潔さは見栄えの良い外見に欠かせません。
    • 肌のタイプに合ったタオルを使い優しく顔を洗いましょう。
    • 魅力的に見せるには外見の他に香りにも注意を払いましょう。
  2. 2
    髪を洗う 髪を洗う頻度は髪質によって、また個人の好みによって異なります。魅力をキープするのにどのくらいの頻度で髪を洗うべきかを考えましょう。毎日、あるいは週に2〜3回と人によって異なるでしょう。毎回シャンプーを使って洗いましょう。好みでコンディショナーを使っても良いでしょう。
    • 癖毛(縮毛)、乾燥タイプ、もろい髪質にはヘアマスクを使ってみましょう。髪を柔らかくかつ健康に保つのに効果的です。
  3. 3
    歯ブラシとデンタルフロスで歯を磨く 歯科医は、1日に最低2回の歯磨きに加えて最低1回のデンタルフロスの使用を勧めています。例外はありません。健康的な笑顔を維持するために必要な歯磨き習慣です。[18][19]
    • 歯列矯正装置(ブレース)を付けている場合には、歯ブラシを学校に携帯して昼食後に歯を磨きましょう。
  4. 4
    制汗剤または体臭防止剤を使う 見た目に直接影響を与えることはありませんが、制汗剤または体臭防止剤を付けると1日を通して新鮮な気分と香りを維持できます。制汗剤は、衣服に汗染みを作らず、また清潔な外見を保つのに役立ちます。7〜8才の児童であれば体臭防止剤は必要ないでしょう。
    • 全ての衛生用品が自分に合うとは限りません。いくつか試してみて自分に合ったものを選びましょう。

パート 4
内側から魅力的になる

  1. 1
    笑顔を向ける 笑顔はしかめ面よりも魅力的に見えるという調査結果があります。[20]人は楽しい気分にさせる物事に引き寄せられます。常に笑顔で幸せそうにしていれば人々を惹きつけられるでしょう。また笑顔は人に親近感を抱かせるため、近づきやすい人だという印象を与えるでしょう。[21]
    • 目も一緒に顔全体で微笑みましょう。偽りのない純粋な笑顔になります。
    • とは言え、人形のように常に笑顔を向けている必要はありません。人に会った時、または気分が乗った時に笑顔を作りましょう。
  2. 2
    自信を持つ 真の美しさは内側から生まれます。内面の美しさは外見に表れます。セレブのメーキャップアーティスト、ボビー・ブラウン氏がかつて次のように言いました。「自信を持ち、ありのままの姿でいて心地よいと感じることができれば、本当に美しくなる」。[22]
    • 自信を持つことが難しい場合には、毎日少しずつ訓練しましょう。鏡の前で自分を1つ褒めましょう。小さな長所を見つけて褒めることから始め、徐々に大きな事柄を取り上げるようにしましょう。
    • 自信と傲慢さは違います。自信がある人とは、上手に絵が描けると分かっている人です。傲慢な人とは、自分が最高のアーティストだと思っている人です。
  3. 3
    自分にないものではなくあるものに焦点を合わせる 私たちは皆完璧な体、光沢のあるずっしりと重い髪、ふっくらとした唇、完璧な肌が欲しいと思います。これら全てを備えている人はほとんどいません。自分の好きな体のパーツに感謝し、完璧ではない所を認めて受け入れましょう。[23]
    • 綺麗に輝く目や素敵な髪に焦点を合わせてみてはどうでしょうか。帽子やメガネがよく似合うかもしれませんし、レトロなスタイルが信じられないほど上手に着こなせるかもしれません。
    • 才能や性格など、身体パーツ以外の特性も忘れてはいけません。歌が上手なら歌声を披露しましょう!

ポイント

  • この記事で紹介するアドバイスは参考程度に考えましょう。決して限定的なものではありません。自分に適切なアドバイスを参考にしましょう。
  • 自分に合うスタイルや外見を見つけるには、試行錯誤が必要でしょう。成長の過程の変化を受け入れましょう。自信をつけながら色々と学びましょう!
  • そのままのあなたで十分に魅力的です。忘れてはいけません。この記事では最高の自分を作るために役立つ情報を紹介しているだけに過ぎません。
  • メイクをしたいなら、大きな瞳に見せるカラコンを入れ、BBクリーム、コンシーラーを下地として顔に塗り、リップスティックをつけ、眉をライナーで描き足し、まぶたに明るめのブロンザーを塗り、目の縁に暗めの色のアイラインを入れ、顔にシャドウを入れて凹凸を付け、マスカラを塗り、オレンジ色の口紅を刺し、チークにも赤みを足しましょう。髪はエビ編みにしたりヘアピンを使ったりしましょう。大き目のジャンパーにスカート、タイツ、スニーカーといったファッションを試しましょう。
  • 最低限のメイクを施しましょう。控えめなメイクに頻繁な洗顔でニキビや吹き出物が減るという調査結果があります。
  • 美しく見られたいからと厚化粧をする必要はありません。自分に自信を持ちましょう。「私は美しい」と自分に言い聞かせましょう。
  • メイクの前に顔の角質を取り除きましょう。汚れた肌よりも新鮮で清潔な肌の上にメイクを施すと効果的です。角質除去をしてメイクを最大限に活用しましょう。
  • メイクの前に美顔パックをしましょう。肌がきれいになります。

出典

  1. https://www.psychologytoday.com/blog/subliminal/201206/how-we-are-judged-our-appearance
  2. http://www.nowloss.com/Basic-Skin-Care-Routine.htm
  3. http://www.medindia.net/beauty/makeup-pros-and-cons.asp
  4. http://www.sheknows.com/beauty-and-style/articles/825801/makeup-tips-makeup-by-eye-and-hair-color-and-face-shape
  5. http://www.sheknows.com/beauty-and-style/articles/824989/makeup-tips-for-blue-eyed-women
  6. http://www.sheknows.com/beauty-and-style/articles/824991/makeup-tips-for-brown-eyed-women
  7. http://www.sheknows.com/beauty-and-style/articles/824987/makeup-tips-for-green-eyed-women
  8. http://www.goodhousekeeping.com/beauty/makeup/tips/g1622/basic-makeup-tips/?slide=10
  9. http://www.sheknows.com/beauty-and-style/articles/824997/makeup-tips-for-blondes
続きを 表示する… (14)

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 学校・大学

他言語版:

English: Look Pretty at School, Español: lucir bonita en la escuela, Italiano: Essere Carine a Scuola, Русский: хорошо выглядеть в школе, Português: Ficar Linda na Escola, Deutsch: In der Schule gut aussehen, Bahasa Indonesia: Tampil Cantik di Sekolah, Français: être belle à l'école, Nederlands: Er mooi uitzien op school, العربية: التمتع بمظهر جميل في الجامعة, 中文: 成为学校的美女, Tiếng Việt: Đẹp hơn khi đi học, ไทย: ดูดีที่โรงเรียน

このページは 70 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?