PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

学校にお洒落をしていきたくても、制服を着用しなければならない学校に通っている場合、ファッションでお洒落をするのは難しいでしょう。そんな時は、メイクをしてお洒落を楽しむことができます。ただし、校則が厳しい場合、濃いメイクをしていくと注意される可能性があります。学校にしていってもバレないような、すっぴん風メイクの仕方を学び、ナチュラルで可愛いらしいメイクをしてみましょう。

方法 1
方法 1 の 3:
ベースメイクをする

  1. 1
    スキンケアで肌を整える メイクの前の下準備として、スキンケアが欠かせません。スキンケアをせずにメイクをした場合、メイクが綺麗にのらなかったり、崩れてしまうかもしれません。メイク前にスキンケアをしっかりと行い、肌のコンディションを整えておくことで、化粧のノリ・もちが良くなります。スキンケアもベースメイクの1つと考え、正しく丁寧に行いましょう。[1]
    • メイクをする前にしっかりと洗顔し、余分な皮脂を落としましょう。その後、化粧水や乳液などで肌を保湿すれば、メイクのノリが良くなります。[2] 「乾燥肌」「脂性肌」「混合肌」「敏感肌」など、肌のタイプは人それぞれ異なります。自分の肌に合うスキンケア製品を使用しましょう。[3]
  2. 2
    日焼け止め・化粧下地を塗る スキンケアで肌の状態を整えたら、日焼け止めや化粧下地を塗ってベースを作っていきます。紫外線によるダメージから肌を守るため、日焼け止めを塗ることは非常に大切です。日焼け止めと化粧下地が一緒になったタイプのものもありますが、両方塗る場合は先に日焼け止めを塗りましょう。[4] 日焼け止めを塗ったら、次は化粧下地を塗ります。化粧下地を使うことで、毛穴を目立たなくする、肌を滑らかに整える、テカリを防止する、化粧崩れを防ぐなどといった効果を期待できます。[5] 肌のトーンをコントロールする、色のついた化粧下地(一般的にCCクリームと呼ばれています)もあります。色付きの化粧下地を使う際は、自分の肌の悩みをカバーする色を選びましょう。[6]
    • 忙しい朝や、時短メイクをしたい時には、日焼け止めと化粧下地が一緒になったタイプのものを使うと手間が省けるでしょう。一般的に、日焼け止めには化粧下地としての機能はありません。日焼け止めと化粧下地の両方の機能が備わっていることが明記されているか、商品のパッケージを確認してみましょう。[7]
    • 化粧下地に記載されている分量を手に取ったらまずは頬にのせ、外側に向かって塗ります。指に余った下地で、額や鼻、あごに薄く伸ばしていきましょう。[8]
  3. 3
    ファンデーションは塗らない 通常のメイクでは、化粧下地を塗った後にファンデーションを塗りますが、ファンデーションを塗ると、いかにも「化粧している感」が出てしまうことがあるため、学校でバレないようにするためにはファンデーションは塗らないほうがよいでしょう。
    • ニキビやクマ、毛穴などを隠したい場合は、コンシーラーを使うとよいでしょう。[9] 肌の気になる部分のみをカバーすることで、素肌感のあるナチュラルメイクに仕上がります。[10]
    • 日焼け止めや化粧下地、コンシーラーなどを塗り終えたら、フェイスパウダーを使用し、ベースメイクを完成させましょう。フェイスパウダーをのせることで汗や皮脂によるテカリや化粧崩れを防げます。フェイスパウダーはメイク直しの際にも使用することができます。その際は、ティッシュで皮脂を抑えてから軽くパウダーをはたいてベースメイクを復活させましょう。[11]
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
アイメイクをする

  1. 1
    眉毛を整える 眉毛は顔の印象の8割を決めると言われるくらい大事なパーツであり、眉毛を整えるだけでも顔の印象はかなり変わります。[12] 手入れの行き届いていないボサボサの状態ではなく、きれいに整った眉毛を維持しましょう。カミソリやハサミを使用して眉毛を整え、アイブロウペンシルやアイブロウパウダーで眉毛を描きます。
    • アイブロウパウダーを使用してナチュラルな眉毛を作りましょう。アイブロウパウダーを使うと、ふんわりとした立体的な眉を作ることができます。まず初めに眉山の位置を決めましょう。ブラシにアイブロウパウダーをとり、眉山から眉尻にかけてアイブロウパウダーをのせていきます。その後、眉頭から眉山に向かって、毛と毛の隙間を埋めるようにブラシを動かし、ナチュラルに仕上げましょう。[13] 最後にアイブロウペンシルを使い、眉山から眉尻にかけての細かなラインを仕上げてもよいでしょう。[14]
  2. 2
    アイシャドウを塗る 濃いめのアイシャドウやラメ入りのキラキラしたアイシャドウを使うと、「メイクしています」感が出てしまいます。すっぴん風メイクには、ブラウンやベージュのアイシャドウを使うとよいでしょう。まぶたになじませるように、薄く塗り広げましょう。[15]
    • アイラインを引く場合は、まつげの隙間を書き足す程度にさりげなく引きましょう。太めにがっつりと引いたり、目尻からはみ出して引くと、ナチュラルメイクから遠ざかってしまうため、注意が必要です。[16]
  3. 3
    マスカラを塗る マスカラを塗るのであれば、ブラックカラーのものではなく、透明のものを使用するとよいでしょう。ブラックマスカラは目元に華やかさをプラスする一方、アイメイクの存在感を際立てるため、化粧していることがバレてしまうかもしれません。透明のマスカラを使用すれば、まつ毛にほどよいツヤ感が加わるので、ナチュラル感を出しつつも、目元をぱっちりと見せることができます。[17]
    • マスカラを塗る前に、ビューラーでまつ毛を根元からしっかりと上げておきましょう。透明のマスカラを塗ったら、乾ききる前に再度ビューラーでまつ毛を上げればカールのもちがよくなります。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
リップやチークで色味をつける

  1. 1
    チークを塗る すっぴん風メイクに見せるには、チークも薄く付けるのがポイントです。頬全体に円を描くようにブラシを動かし、チークを薄くのせましょう。肌にほどよい血色感をプラスする程度に、ナチュラルに仕上げましょう。[18]
  2. 2
    口紅を塗る メイクの最後は口紅を塗り、唇に自然な血色感を出しましょう。口紅を塗る時は、唇に直接塗るのではなく、指先に口紅をとって唇にポンポンとのせるようにつけましょう。口紅をチークと同じ色にすると、統一感のあるメイクに仕上がります。[19]
    • ナチュラルメイクに仕上げるには、ピンクベージュやベージュなどのナチュラルカラーを選びます。マットタイプの口紅は濃い印象を与えるため、避けたほうがよいでしょう。
    • 色付きのリップクリームやリップバームを使用することもできます。唇に潤いを与えるだけでなく、唇がナチュラルに色付くため、すっぴん風メイクにぴったりのアイテムです。[20]
  3. 3
    リップグロスを塗る 口紅を使わずに、リップグロスのみで仕上げてもよいでしょう。ナチュラルなベースメイクに合わせて、透明感のある薄付きのリップグロスを塗れば、すっぴん風メイクが完成します。[21]
    広告

ポイント

  • 「薄付け」がすっぴん風メイクのポイントです。アイシャドウにしても口紅にしても、濃い色味のものは避け、薄いピンクやベージュ系の色を選び、薄く伸ばすように塗りましょう。
広告

注意事項

  • メイクをしたまま寝てはいけません。メイクを落とさずに寝ると、毛穴が詰まったり、細菌が繁殖するなど、肌に負担がかかります。就寝前には必ずメイクを落としましょう。[22]
広告

関連記事

ずる休みをするずる休みをする
夢精を止める夢精を止める
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
親に怒鳴られた時に冷静でいる親に怒鳴られた時に冷静でいる
勃起を隠す勃起を隠す
誰かを好きになるのをやめる誰かを好きになるのをやめる
彼女を自分とセックスさせたくする彼女を自分とセックスさせたくする
未来の自分に手紙を書く未来の自分に手紙を書く
彼があなたのことを好きかどうか知る彼があなたのことを好きかどうか知る
見つからないようにこっそり家を抜け出す見つからないようにこっそり家を抜け出す
学校を楽しむ学校を楽しむ
女の子らしい女の子になる女の子らしい女の子になる
10代でも大人っぽく見せる10代でも大人っぽく見せる
ありのままの自分に満足するありのままの自分に満足する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: メイク | ティーン
このページは 523 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告