学校が最悪に思え、自分だけで過ごす必要があると感じる日もあるでしょう。少し工夫して考えれば、授業に行かずに気楽で自由な時間を楽しめます。うまく理由付けをして学校を休む方法をいくつか紹介します。

方法 1 の 4:
仮病を使う

  1. 1
    準備をします。仮病を使う場合、数日前から体調が悪いことを親に伝えましょう。仮病を使うその日以前から何らかの症状を親に示しておけば、「体調不良」の信ぴょう性が増します。
    • お腹が痛いふりをする場合、学校で何か悪いものを食べたのかもしれないと親に伝えましょう。
    • 風邪のふりをする場合、少し喉が痛いと訴えましょう。 [1]
    • 前の夜から演技を始め、起きて親に気分がすぐれないことを伝えましょう。予め症状があるふりをするか、ただ「調子が悪いみたい」とだけ伝えましょう。
  2. 2
    「体調不良」の状態で起きます。普段より少し遅く起き、あまり気分が良くないことを親に伝えます。筋肉が痛むかのようにゆっくり歩き、寝起きのぼさぼさの髪はそのままにしておきましょう。
    • 朝食を食べ過ぎてはいけません。病気の人は通常食欲が無くなるため、食べる量を抑えると、親の思い違いを増長できます。 [2]
    • 風邪のふりをする場合、咳やくしゃみをして、フラフラすると伝えましょう。
    • お腹が痛いふりをする場合、お腹をさすって呻きながら痛みを訴えましょう。
  3. 3
    熱を誤魔化します。親は恐らく熱があるかどうか確認したがるでしょう。熱は本当の病気の印だからです。本当に病気なのだと親を納得させるためには、熱があると信じてもらう必要があります。
    • タオルをお湯に浸し、絞って取り出し、おでこに1分間当てます。 こうすると頭と体が温まり、熱があると信じてもらえます。
    • やかんにお湯を沸かし、ボウルに注ぎます。ボウルの上に前かがみになり、肌が紅潮するのを感じたら、元の体勢に戻ります。肌がじっとりするはずです。
    • 体温計を手の間に挟み、 99~101 °F (37~38 °C)になるまで擦ります。ただし、それ以上は上げてはいけません。病院に連れていかれる可能性があります。 [3]
  4. 4
    最初は平気な顔をして、それから折れましょう。親が家にいたいかどうか聞いてきても、即座にはいと答えてはいけません。学校を休むのは苦渋の決断であるかのように振舞う必要があります。そうすれば、なんとか学校に行きたい気持ちはあるけれど、行けないように見えます。
    • 1、2分考えてから「体育の授業に出たい」などと言います。そして「でも考え直してみると、一日学校で耐えられるか分からない」などと伝えます。
    • 学校が嫌いだから行きたくないという態度をあからさまに出してしまうと、病気を信じてもらえなくなるかもしれません。
  5. 5
    信ぴょう性を出すため、演技を続けます。午前中はずっと気分が悪いふりをしましょう。そして一日かけて、少しずつ快復しているように見せます。次の日の朝は、まだ完璧な調子ではないけれど、なんとか学校に行くことはできるような演技をします。
    • 自由な一日を得ても、少なくとも親がそばにいる間は、その日中気分がすぐれないふりをしなければいけません。
    • 翌日急に快復すると、親に嘘を見破られ、怒られるかもしれません。そして同じ手は二度と通用しなくなります。
    広告

方法 2 の 4:
学校から抜け出す

  1. 1
    危険性を理解しましょう。多くの学校では、モニター、カメラ、警備員、管理人、そして教師が学校を抜け出す生徒を見張っています。[4]この方法で学校を休む場合、大きな危険を伴います。
    • 授業をさぼる前に学校の規則をよく読みましょう。そして捕まった場合の結果に備えます。
  2. 2
    いいタイミングで学校を抜け出します。学校を抜け出したい場合、最も気づかれにくいタイミングで抜け出す必要があります。通常、周りにたくさん人がいるときが最適です。
    • 一日の最初に抜けようとすると、恐らく見つかってしまうでしょう。他の生徒は学校から出るのではなく、中に入っていく時間だからです。
    • 最初の授業は受けて、登校していることを示してから、休み時間に抜け出します。午後の休み時間や昼休みに抜け出すこともできます。
  3. 3
    時間に注意します。帰るのが遅くなって教師や親に授業を休んでいることを気づかれないようにしましょう。出歩いている間、頻繁に時間を見てどのくらい自由な時間が残っているか確認します。
    • 制服に着替えるための時間も十分確保しましょう(制服から着替えた場合)。そして終業のチャイムが鳴る前に、学校の敷地内に戻りましょう。
    • バスの時間や親の迎えに間に合うように戻りましょう。そうすれば、あたかも一日学校にいたかのように見せかけられます。
    • 誰かに見られてどこにいたのか聞かれたら、気分が悪くてトイレにいた、または約束があったなどと答えましょう。授業にいなかったことが教師から親に伝わらないようにしましょう。
    広告

方法 3 の 4:
言い訳をする

  1. 1
    宿題が終わらなかったふりをします。朝、とても重要な課題を終えられなかったと言って騒ぎます。気が動転して泣いているふりをし、必死に宿題を終わらせようとするそぶりを見せます。気が動転しているあなたを見た親が、かわいそうに思って宿題を終わらせるため家に残らせてくれるかもしれません。[5]
    • この方法は全ての親に対して有効な訳ではありません。宿題を期限通りに終わらせることを教訓として学ばせるため、学校に行かせる親もいます。
  2. 2
    バスを乗り逃します。親があなた一人でバス停まで行かせる場合、単純にバスを乗り逃せば一日休めます。バス停までゆっくり歩くか、家を遅く出ましょう。バスの後ろを走り、乗り逃して悲しがるふりをします。
    • 親に見つからないよう隠れられる場所を見つけるか、家に戻ってバスに乗れなかったことを親に伝えましょう。
    • 厳しい親の場合、出勤するのを待ってから家に戻りましょう。そうでないと、車で学校まで送られてしまいます。
    • リスクが伴うことを頭に入れておきましょう。バスに乗り遅れるのを近所の人が見たら、親に伝えられるかもしれません。
  3. 3
    寝ている間に親の目覚ましをずらします。多くて1、2時間、少なくて30分間、目覚ましを先に進めます。目覚ましが鳴ったとき、親は目過ごしたことで動転し、(恐らく)あなたを学校に連れて行く時間が無くなるはずです。
    • 例えば、6時に目覚ましがセットされている場合、7時や8時に変えます。
    • 親の目覚ましが1つなら、それだけずらせばいいのですが、目覚ましがいくつもある場合は全てずらす必要があります。これは自己責任で行いましょう。
    • 親の仕事のことも考えましょう。あまり目覚ましを遅くしすぎると、問題になります。
    広告

方法 4 の 4:
信ぴょう性を出す

  1. 1
    両親からの手紙を偽造します。学校を一日休むと、学校はあなたがどこにいたのか知りたがります。親からの嘘の手紙を書いて、なぜ休んだのか伝えましょう。
    • 何でもいいので、それっぽく聞こえる言い訳を考えましょう。例えばお葬式があった、歯医者の予約があった、あるいはペットが死んだなどです。
    • 手紙は手書きではなくパソコンで打ちましょう。あなたの筆跡では、教師が見たときに大人が書いたものには見えず、信じてもらえないでしょう。 パソコンで打った方が安全で、より形式ばって見えます。
  2. 2
    教師に聞こえる場所で、休んだ日のことを話します。学校を休んだ日について、詳しい話を作り込みましょう。何があったのか、誰に会ったのか、どんな気分だったのか、などです。そしてこれらの詳細を、教師に声が届く場所での友達との会話で話しましょう。
    • お葬式でたくさんの人が泣いていて悲しかった、歯医者で長時間待たされてうんざりした、といったことを話します。
  3. 3
    逃した課題の埋め合わせを求めます。多くの教師は、生徒が課題から逃れるために学校をさぼることを知っています。そのため、あなたが埋め合わせの課題を求めたら、教師はあなたがさぼったとは思わないでしょう。また、責任感のある生徒だという印象も与えられます。
    • さらに信ぴょう性を高めるため、本心は違っても、ぜひ課題をやりたいという態度を示しましょう。
    広告

ポイント

  • 親がストレスを抱えていたり、イライラしていたりすると、あなたの体調不良を信じてもらいにくくなります。そのため、仮病を使う日は親の機嫌がいいことを確認しましょう。
  • 見つかっても大騒ぎしてはいけません。ただ真実を話しましょう。嘘をついても問題を悪化させるだけです。本当のことを話せば罰も軽くなるかもしれません。
  • 演技が下手な場合、単純に目覚ましを切って、自動的に切れた、または目覚ましが鳴らなかったと主張しましょう。親に起こされる場合、起こされた直後に二度寝してしまったと言いましょう(どれだけ厳しく熱心にあなたを学校に行かせようとするかは、親によって異なります)。
  • 仮病を使う場合は上手に演技しましょう。あるいは、少なくともどのような危険性があるか理解しましょう。うまくやらないと、次回本当に病気になったときに親から信じてもらえません。
  • 頭をこすると熱があるように見せられます。
  • ベッドから出ないようにしましょう。
  • 親が大袈裟に反応しないようにしましょう。必要ない薬を飲まされてしまうかもしれません。
  • 気分が悪くて何もできないふりをします。そして親に学校を休むための手紙を書いてもらいましょう。
  • 生徒が欠席だと親に電話が行く学校もあります。学校が親に伝えないことを確認する方法を見つけましょう。家の電話の線を抜いて、親が着信音や留守電に気づかないようにしましょう。全てうまく行けば、恐らく親は線が抜けていることには気づかないでしょう。
  • やり過ぎてはいけません。ただ、体調が悪いことを伝えましょう。親から本当に病気だと思われると、薬を飲まされてしまうかもしれず、それは良くありません。
  • この行動により、様々な問題に直面する可能性があります。注意してよく計画を練りましょう。
  • 親に気分が悪いことを伝える場合、起き掛けに伝えましょう。寝ぼけていてより簡単に合意してくれるでしょう。
  • 見つかったら、嘘をついたり、言い訳をしようとしてはいけません。親はそれを受け入れる気分ではないためです。真摯に謝りましょう。

広告

注意事項

  • これらの方法は、通信制の学校の場合は通常うまくいきません。
  • 学校をさぼるのが癖になると、退学になる可能性があります。そのため、どうしても休みたいとき以外はさぼらないのが賢明です。
  • 学校でいじめなどの問題を抱えている場合、学校をさぼっても問題は無くなりません。そのような場合は、信頼できる大人にすぐ相談しましょう。
  • 小学生以下の場合、一人では出歩かないようにしましょう。
  • 学校をさぼったり行かなかったりすることは、「ずる休み」と言います。ずる休みを続けると、あなたとあなたの親は法的な問題に直面するかもしれません。[6]
広告

関連記事

How to

紙についたインクを消す

How to

学校を楽しむ

How to

宿題がしたくなる

How to

宿題に集中する

How to

仮病を使って学校を休む

How to

いじめを止める

How to

クラスに自己紹介をする

How to

クラスで一番良い生徒になる

How to

授業中にお腹が鳴るのを止める

How to

学習計画を立てる

How to

学校のストレスに対処する

How to

優秀な生徒になる

How to

生理中でも学校で快適に過ごす

How to

勉強に対する姿勢を改善する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 学校・大学
このページは 444 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告