学校生活はつまらないものだと諦めていませんか?授業が難しくて退屈である、あるいはストレスが溜まるものだと感じている人は多くいることでしょう。しかし、そんな学校生活を簡単に楽しくすることができます。友達作りや勉強を通して学校生活が楽しくなる方法を早速見ていきましょう。

パート 1 の 3:
新しい友達を作る

  1. 1
    自分に合うグループを見つけましょう。学校は、友達作りに最適の場所です。音楽やスポーツ、動物など、自分が好きなものについて話せる友達を探してみます。共通の話題で盛り上がれる人とは、すぐに友達になれることでしょう。
    • 休み時間は、友達を作る絶好のチャンスです。自分と同じ趣味を持っていそうな生徒がいたら、声をかけてみましょう。友達を作るには、たくさん話しかけることがとても重要です。
    • 友達を作るときに、相手が「人気のある生徒」であるかどうかは関係ありません。大切なのは人気の度合いではなく、自分と性格が合うかどうかです。自分が興味を持った人と仲良くなりましょう。
    • 自分のことを本当に理解してくれる人とは、親友になれるはずです。積極的に話しかけ、どんどん仲良くなりましょう。
  2. 2
    部活を始めましょう。学校のクラブや同好会などは、友達を作りやすい環境です。例えば、吹奏楽部、チェス部、ダンス部など、楽しめそうな部活であればどれでも問題ありません。学校にある部活動の種類を全てチェックし、自分の趣味に合うものに入部してみましょう。
    • どの部にも興味が持てない場合は、新しい部を自分で立ちあげてみましょう。例えば、テレビゲームやカードゲーム同好会などでも問題ありません。何か良い部活動を思いついたら、まずは顧問になってくれる先生を探し、部員を集める必要があります。
    • 普段接することのないタイプの生徒と仲良くなりたい人は、自分が全く興味のない部に入部してみましょう。例えば、歌うことが苦手な人は、合唱部に挑戦してみましょう。部員と仲良くなれば多くの友達ができます。
  3. 3
    チームスポーツに挑戦してみましょう。運動部に入部すれば、他校の生徒と知り合える機会もあるはずです。また、同じチーム内の生徒とも仲良くなれることでしょう。多くの生徒は未経験者として入部するので、能力の差をあまり感じずに楽しくプレーできます。サッカー、陸上競技、バスケットボール、フットボールなど、様々なスポーツがあるので、自分が楽しそうだと感じるものを選びましょう。
    • スポーツをすることに興味がない場合は、友達とスポーツ観戦をしてみましょう。学校の試合であれば、無料で入場できることもあります。スポーツ観戦は、新しい友達を作る良いきっかけにもなります。
    • スポーツは、誰もが楽しめるものではありません。新しい技を覚えたり、友達を作ったりする良いきっかけになる場合もあれば、人によってはストレス源になることもあります。ストレスを増やさないためにも、本当に楽しめるスポーツだけをしましょう。
  4. 4
    心に余裕を持ちましょう。人が言った冗談を真に受けて傷付くより、冗談を言い返せるくらいの心の余裕があると、学校生活も楽しくなるはずです。友達を作るときには、あまり堅く考え過ぎず、リラックスしましょう。気持ちの持ち方一つで、学校はつまらなくも楽しくもなります。「楽しいことが起こる」と信じていると、実際に楽しいことは起こるものです。前向きな気持ちで、友達を作ってみましょう。
    • 無愛想で怒っているように見える人よりも、明るくて面白い人の方が魅力的です。友達が欲しいのであれば、気さくな態度を取りましょう。
    広告

パート 2 の 3:
楽しむことを意識する

  1. 1
    気持ちを高めることを意識しましょう。朝から機嫌が悪い日は、一日中機嫌が悪くなってしまうことはありませんか?大切なのは、自分で明るい気持ちを作ることです。アップテンポな音楽を聴き、美味しい朝ごはんを食べ、「最高の日にするぞ!」という意識を持ちましょう。今日一日が楽しくなると信じれば、きっと楽しいことが起こります。
    • 学校に行く前に、毎朝聴く「目覚めの曲」を決めましょう。携帯電話や時計付きラジオを使えば、自分の好きな曲を目覚ましとして設定することができます。朝一番に聴く音がうるさいアラーム音ではなく、自分の好きな曲であれば、元気な気持ちで起きられるでしょう。
    • 一日を元気に過ごすために、しっかりと朝食を食べましょう。糖分の多い朝食は避け、フルーツやシリアルなどを食べましょう。例えば、りんごは良い朝食です。
  2. 2
    学校への持ち物をデコレーションしましょう。鞄やファイル、ノート、ロッカーなど、自分の物をお洒落に飾り付けてみましょう。シールやラメ入りペン、好きなバンドのロゴなどで物をデコレーションすれば、持ち歩くときに楽しい気持ちになります。
  3. 3
    気持ちが楽しくなる服を着ましょう。流行というのはすぐに過ぎ去るので、最新のファッションを常に取り入れるのは難しいことかもしれません。しかし、そもそも流行を気にする必要などありません。自分が気に入っていて、リラックスできる服を着ることが大切です。
    • 学校に着て行く服を前日の夜に決めておくと、朝起きてから準備をせずに済みます。お気に入りの服を自分で洗えるように、洗濯の仕方も覚えましょう。
  4. 4
    空想にふけってみましょう。学校には、退屈な時間もあります。つまらない授業に長時間耐えなければならないこともあります。そんなときは、楽しい空想の世界に思いを馳せてみましょう。
    広告

パート 3 の 3:
学校生活を楽にする

  1. 1
    整理整頓をしましょう。学校生活では常に必要なものを揃えておく必要があり、これはとても面倒な作業です。英語や数学の宿題はきちんとこなしたか、鉛筆は削ってあるか、といった些細な考えが蓄積するとストレスになります。したがって、常に整理整頓をすることで他のことに集中でき、学校生活が楽しくなります。準備をきちんとすれば、たいていのことは円滑に進むはずです。
    • ノートや宿題をまとめるための大きなファイルを用意しましょう。重要なプリントはすぐにファイルに仕舞い、必要が無くなったものはすぐに処分すると、プリントの管理がしやすくなります。取っておく必要の無い過去の宿題などは捨ててしまいましょう。
    • 宿題を管理するためのスケジュール帳を用意しましょう。スケジュール帳があれば、宿題を忘れるということが無くなります。常に日付を確認し、提出日がまだ先の課題も早めにこなしましょう。
  2. 2
    先生には、良い態度で接しましょう。教師も生徒と同じ人間です。素晴らしい先生もいれば、あまり思いやりのない先生もいます。しかし、どんな人であろうと、教室の中で一番偉い立場にいるのは、教師です。自分がどんなに不機嫌なときでも、先生には良い態度を取りましょう。そうすれば、先生も優しく接してくれることでしょう。誰もが穏便な授業を望んでいるはずなので、授業中は大人しくしていましょう。
    • 授業中に友達と話したり授業をサボったりするのは、一見楽しいことのように思えるかもしれません。しかし、こうした行為を続けていれば、いずれは成績が落ち、居残りをさせられるなどして学校に嫌気がさすようになるでしょう。
    • 既に先生から問題児として目を付けられている人でも、今から挽回することはできます。授業の後に、自分はもっと頑張りたいのだということを先生に伝えてみましょう。良い生徒になるには何をすれば良いかを聞いてみれば、きっと先生もあなたのことを見直してくれることでしょう。
  3. 3
    時間を効率的に使いましょう。きちんと時間の管理をすれば、宿題から来るストレスが減少します。宿題は、可能な限り早く終わらせてしまいましょう。朝、学校に行く直前に急いで宿題をこなしていませんか?効率的に宿題を終わらせ、課題の出来や成績のことを心配せずに済めば、学校生活は今よりもっと楽しくなるはずです。
    • 例えば、大きな課題の提出日まで一か月あるとします。前日に一気に終わらせる方法と、毎日30分ずつ進めていく方法では、後者の方が圧倒的に効率的です。毎日こつこつと進めるだけで、ストレスは驚くほど減少します。[1]
  4. 4
    宿題で分からないことがあれば、誰かに相談してみましょう。学校の勉強に付いて行けないと感じているのであれば、一人で悩む必要はありません。放課後に勉強会を開いたり、先生に個人指導の相談をしてみましょう。
    • 親や兄姉に勉強を手伝ってもらいましょう。同じような内容を学校で学んだ経験があるはずなので、きっと良いアドバイスをくれることでしょう。宿題で分からないことがあれば、まずは家族に相談するのが最も早い解決策です。
    • 宿題について授業中に質問をすることが恥ずかしければ、授業後に10分ほど質問の時間をもらえるかを先生に聞いてみましょう。分からないまま放置するよりも、聞いてしまった方が効率的に勉強を進められます。
  5. 5
    今よりもレベルの高い学校に通うべきかを考えてみましょう。学校の授業がつまらないと感じたり、成績が上がらない理由は、授業内容があまりにも簡単過ぎるからなのかもしれません。今よりも難易度が高く、興味深い内容であれば、学校生活が楽しくなる可能性があります。地元の他の学校について一度調べてみましょう。今よりもレベルの高い学校に編入することや、今の学校で飛び級をすることも考慮に入れてみましょう。
    • 私立の学校は高い授業料がかかりますが、奨学金制度や助成金制度が使えるかもしれません。まずは調べてみて、どんな選択肢があるのかを把握しましょう。
    • 他の学校への転校について、親が聞く耳をもたないのであれば、進路指導の先生や仲の良い先生に相談してみましょう。正直な気持ちで話してみたら、何か良い解決策が見つかるかもしれません。
  6. 6
    授業はきちんと聞きましょう。iPodで音楽をこっそりと聴くのは楽しいことかもしれませんが、先生に見つかる恐れがあります。また、音楽を聴いている間に授業内容を聞き逃してしまうでしょう。信じがたいかもしれませんが、授業を楽しむ最も簡単な方法は、一生懸命に授業を聞くことです。[2]
    • 授業内容の中に、とても重要な秘密が隠されていると考えてみましょう。例えば、今学んでいるのは、掛け算ではなく、ロボットを作るための複雑な公式であると思い込むのです。想像力を働かせることで授業に集中でき、楽しむことができるはずです。
    広告

ポイント

  • 勉強熱心な生徒の隣に座るようにしましょう。周りが集中していると、自分も集中しやすくなります。
  • テストのために、一夜漬けで勉強をしないようにしましょう。二週間前くらいからテスト勉強を始めると、焦らずに済みます。
  • 友達を作るときは、お互いが興味のあることについて話してみましょう。また、仲良くなるためには、相手を褒めることも効果的です。例えば、相手が着ている服を褒めてみましょう。
  • 毎日、誰に対しても優しく接することを心がけましょう。
  • 数学や化学の先生には、今習っている内容が日常生活でどのように役に立つのかを聞いてみましょう。例えば、分数は調味料を計る際に役立ちます。授業内容がいかに有意義であるかを理解すれば、記憶に残りやすくなるはずです。
  • どんなに興味の持てない授業内容であっても、必ず学ぶメリットがあるということを覚えておきましょう。
  • 人気のある生徒たちと無理に仲良くなろうとするのは止めましょう。周囲からのあなたの評価が下がってしまう恐れがあります。思いやりのある優しい人たちと仲良くなることの方が大切です。
  • 本やトレーディングカードを持って行けば、休み時間や昼休みに脳を休めることができます。
  • 宿題は退屈かもしれませんが、ぎりぎりにこなすのは止めましょう。ストレスを減らすためには、早めに終わらせることが一番良い方法です。
  • 新しい学年に上がったら、すぐに友達作りを始めましょう。遊びと勉強のメリハリをきちんとつけられる生徒と仲良くなれば、お互いを高め合えることでしょう。

広告

注意事項

  • 鞄やリュックをデコレーションするときは、まずは親の許可をもらいましょう。鞄は高い物なので、許可を取らないと怒られてしまうかもしれません。
  • 汚い言葉遣いは、人を傷付けることがあります。また、場合によっては先生に怒られたり、停学処分を受けるかもしれないので、気を付けましょう。
  • あなたを傷付けようとしたり、利用しようとしたりする人には気を付けましょう。何か不安なことがあれば、すぐに信頼できる大人に相談することが重要です。
広告

関連記事

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

夢精を止める

How to

ずる休みをする

How to

未来の自分に手紙を書く

How to

彼があなたのことを好きかどうか知る

How to

勃起を隠す

How to

女の子らしい女の子になる

How to

見つからないようにこっそり家を抜け出す

How to

誰かを好きになるのをやめる

How to

親に怒鳴られた時に冷静でいる

How to

背を高くする

How to

彼女を自分とセックスさせたくする

How to

宿題がしたくなる

How to

こっそりとコンドームを買う
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む78人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は16,133回アクセスされました。
カテゴリ: 学校・大学 | ティーン
このページは 16,133 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告