Notionは、強力なオンラインワークスペースであり、管理ツールです。学生にとっては、授業や課題の進捗を確認したり、教材をまとめたり、クラスメートと共同作業をしたりする上で大いに役立ちます。Notionの最大の特長は、無料で使えることです。また、学生用メールアドレスを持っていれば、費用無しで追加のプロ機能を利用できます。この記事では、学生用のNotionアカウントの設定方法を説明し、最も便利な機能にもいくつか触れます。

1
Notion公式サイトでサインアップする

  1. Notion公式サイトでは、無料でサインアップできます。学生ユーザーとして始めるには、https://www.notion.so/ja-jp/product/notion-for-educationにアクセスし、右上のNotionを無料で使ってみるをクリックしましょう。新しいユーザー名とパスワードを作成するか、既存のGoogleまたはAppleアカウントを使ってサインアップできます。
    • 無料の個人アカウントを取得するには、Notionをどんな用途でご利用ですか?というメッセージの下にある自分のためにを選択します。次に、Notionに移動するクリックしましょう。そこから、Notionの機能をすぐに試すことができます。
    • 学校から提供された学生用メールアドレスを持っている場合は、それを使ってサインアップすると、無料のProアカウントに簡単にアップグレードできます。[1]
    • サインアップすると、ブラウザでNotionを使ったり、デスクトップまたはモバイルデバイス用のアプリとしてダウンロードしたりが可能になります。
    広告

2
使ってみるタブを開いて基本を理解する

  1. Notionは、すぐに編集を始められるように設定されています。初めてログインすると、使ってみるタブに誘導する通知が表示されます。そこから、Notionの主な編集機能を試してみましょう。例えば、以下のようなことができます。
    • ページ上の任意の場所をクリックし、入力すると、テキストコンテンツを追加できます。
    • テキストをハイライトし、表示されるリボンメニューを使うと、さまざまなスタイルでテキストの書式設定ができます。
    • /キーを使うと、任意のNotionページに埋め込むことができる「ブロック」のドロップダウンメニューが表示されます。[2] このブロックには、基本的なテキストブロック、サブページ、ToDoリスト、テーブル、トグルリスト(三角形のトグルボタンをクリックすることで簡単に表示・非表示できるコンテンツ)、内部および外部リンク、データベース、画像や動画などのメディアが含まれます。
    • 各ブロックの横にあるメニューボタンをクリックすると、ブロックの削除、移動、コピーなどの操作を行うことができます。

3
あらかじめ用意されたテンプレートですぐに始める

  1. Notionのテンプレートギャラリーで学生用テンプレートを見てみましょう。自分でページをゼロから作成するのが面倒な場合は、こちら(https://www.notion.so/ja-jp/templates)のテンプレートギャラリーにアクセスしましょう。ページ左上の検索バーを使って任意の種類のテンプレートを検索するか、左側のメニューからカテゴリを選択して、そのカテゴリのテンプレートを閲覧します。例えば、「学生・教育関係者」や「企画・計画」を選択すると、学生やタイムマネジメント(時間管理)に役立つテンプレートが見つかるかもしれません。
    • 気に入ったテンプレートが見つかったら、それをクリックして開きます。そのテンプレートを使いたい場合は、ページ右側のドロップダウンメニューからNotionワークスペースを選択し、テンプレートを複製するボタンをクリックしましょう。これで、ワークスペースに新しいページが作成されます。
    • または、ワークスペースの左側にあるメニューのテンプレートリンクをクリックしましょう。学生タブを開くと、リーディングリストシラバス講義スケジュールなど、さまざまな基本テンプレートから選択できます。
    • 一度ダウンロードしたテンプレートは、自由に変更して自分だけのオリジナルテンプレートに変更できます。
    広告

4
ゼロからページを作成して完全なカスタイマイズを実現する

  1. 自分でページを作成するには、サイドバーからページを追加を選択しましょう。そこから、タイトルを入力し、作成したいページの種類を選択できます。空白ページを選択してまったく白紙の状態から始めるか、テーブルリストカレンダーギャラリーなどのプリセットから1つを選択しましょう。
    • Notionのサイドバーのナビゲーションメニューでページを目立たせるには、ページ上部のアイコンを追加ボタンを使ってアイコンを選択しましょう。そこから、絵文字を選択したり、画像をアップロードしたり、インターネット上の画像へのリンクを張ったりして、そのページに関連する独自のアイコンを作成できます。
    • ページ上部の説明を追加またはコメントを追加ボタンを使うと、コンテンツの概要や説明を作成できます。
    • また、カバー画像を追加ボタンを使うと、ページに独自のカバー画像を付けることができます。Notionにあらかじめ用意されているカバー画像を使うか、自分で作成したカバー画像をアップロードしましょう。

5
ToDoリストで学習目標の進捗を確認する

  1. ToDoリストを使えば、完了したアイテムにチェックを入れながら進めることができます。任意のページにToDoリストを追加するには、/コマンドを使い、ドロップダウンメニューからToDoリストを選択しましょう。リストの各アイテムを入力し、 Returnキーを押すと、次のアイテムに移動できます。これで、各アイテムの横にチェックボックスが付いたリストが作成されます。
    • リスト上のタスクを完了し、チェックを入れると、チェックを入れたアイテムがグレー表示になり、かすかに取り消し線が引かれます。
    • Notionの他のテキストと同様に、リスト上のアイテムを選択し、編集できます。例えば、Notionアカウントに関連する他のページやユーザーのリンク、コメント、メンションを追加できます。
    広告

6
カレンダー機能でスケジュールを常に把握する

  1. 新しいページを追加し、オプションのリストからカレンダーを選択しましょう。すると、簡単なカレンダーが表示されます。プロパティタグを使うと、タグやコメントなど、カレンダー表示で各日付に表示するプロパティを切り替えることができます。カレンダー上の任意の日付にカーソルを合わせるとアイコンが表示されるので、そのアイコンをクリックして任意のものを追加しましょう。例えば、以下のようなものを入力できます。
    • その日に関連するイベントのタイトル
    • 「課題の期限」や「期末試験」などのタグ
    • その日の課題図書など、関連するページや資料へのリンク
    • テキストによる簡単なコメント(「花子と会って小テストの復習をする」など)

7
コーネル式ノートテンプレートでノート取りを簡素化する

  1. コーネル式を使って、記憶力や理解力を向上させます。従来のノートでコーネル式を活用するには、ノートの1ページを「より詳細なメモを書き留めるエリア」と「関連するキーワード、フレーズ、質問を書き留めるサイドバー」に分け、最後に、ページの下部を講義の要点をまとめるためのスペースにします。[3] Notionで直接コーネル式ノートを取るには、サイドバーメニューからテンプレートを開き、コーネル式ノートテンプレートを使ってページを作成しましょう。
    • コーネル式ノートページには、コーネル式ノートの取り方が記載されており、すでにコーネル式で整理されたノートの空白のテンプレートが用意されています。新しいノートを作成したいときは、新規メモボタンをクリックしましょう。
    • 講義ノートは、Notionのサイドバーのテンプレートメニューからもアクセスできるテンプレートで、データベース機能やサブページ機能を使ってすべての講義ノートを一か所にまとめて便利に管理できます。
    広告

8
データベースで授業の資料や課題を管理する

  1. Notionのデータベースでは、データの並べ替え、絞り込み、進捗確認を簡単に行うことができます。データベースは、ゼロから作成することもできますし、講義スケジュールテンプレートなど、あらかじめデータベースやテーブルが用意されたテンプレートを使うこともできます。データベースには、テキストによる簡単な説明からリンク、ファイル、画像まで、何でも追加できます。
    • データベースの設定が完了したら、ページ上部のプロパティ機能を使ってタグなどの機能を利用できます。例えば、課題に「未着手」「開始済み」「完了」などのタグを付けて進捗を管理します。[4]
    • データベースの各列の上部にあるタブをクリックすると、データの並べ替え、フィルターの追加、編集を行うことができます。

9
ゲストとワークスペースを共有する

  1. これは、他の人と共同作業をするためのオプションです。例えば、クラスメートと一緒にグループプロジェクトに取り組む場合、クラスメートをゲストとして追加するとよいでしょう。学生向けの無料のProアカウントでは、1ページにゲストを何人でも追加できます。[5] ページにゲストを追加するには、以下の操作を行います。[6]
    • ページを開き、右上の共有をクリックします。次に、招待を選択します。
    • ページに招待したい人のメールアドレスを入力します。
    • 各ユーザーに付与したいアクセス権限のレベル(編集権限コメント権限読み取り権限など)を選択します。
    • もう一度招待ボタンをクリックします。
    • 各ゲストは、ページへのリンクが記載されたメールで招待状を受け取ります。まだNotionを使っていない場合は、アカウント登録をしないと編集したりコメントを残したりすることはできません。
    広告

10
ページを公開してコンテンツを世界に発信する

  1. Notionのページは、他のウェブサイトと同じように機能します。インターネット上で公開したい学校のプロジェクトがあるときも、他の学生が使えるように便利なリソースを作成するときも、Notionで素早く簡単に行えます。ページを公開する準備ができたら、ページ右上の共有ボタンをクリックしましょう。Webで公開の横にあるスイッチを「オン」の位置に切り替えます。これで、ページが公開されました![7]
    • 共有メニューの下には、他にもさまざまな共有オプションがあります。例えば、ページにコメントする、ページを編集する、テンプレートとして複製するなどの行為を他のユーザーに許可できます。
    • また、検索結果にページを表示させたい場合は、ネット検索を許可をオンにしましょう。

関連記事

画像検索で簡単に人物を特定する画像検索で簡単に人物を特定する
Pinterestの動画をダウンロードするPinterestの動画をダウンロードする
ブロックされたウェブサイトにアクセスするブロックされたウェブサイトにアクセスする
Google PlayのアプリをパソコンにダウンロードするGoogle Playのアプリをパソコンにダウンロードする
Discordで動画を送るDiscordで動画を送る
深層Webにアクセスする深層Webにアクセスする
Googleドキュメントを保存するGoogleドキュメントを保存する
YouTubeでチャンネル登録者を削除するYouTubeでチャンネル登録者を削除する
2台のルーターを接続する2台のルーターを接続する
Webページの画面をコピーするWebページの画面をコピーする
Instagramで2つのアカウントの連携を解除するInstagramで2つのアカウントの連携を解除する
Webページを保存するWebページを保存する
Snapchatでプロフィール画像を変更するSnapchatでプロフィール画像を変更する
YouTubeをブロックするYouTubeをブロックする
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 583 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告