学習計画を立てる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 13 出典

この記事には:計画を立てる自分のスケジュールと性格を考察する学習計画に沿って勉強する

優秀な成績を修めるには自己学習が重要となります。しかし、必要な科目すべてを勉強する時間をとるのはなかなか難しいものです。勉強がうまくいく秘訣のひとつは、しっかりした学習計画を立てることです。とはいえ、学習計画を立てることは思った以上に難しいかもしれません。勉強する科目やコースに優先順位を付けるだけでなく、家族や友達、余暇など他にやるべきことも考慮して調整しなければなりません。それでも時間と労力を少し費やせば、学習計画を作成して目標の成績をすべて達成できます。

パート 1
計画を立てる

  1. 1
    勉強する教科をすべて書き出します。学習計画を立てるにはまず、勉強する科目やコースを一覧にするといいでしょう。課題を紙に書き出せば、本当にやるべきことがわかりやすくなります。目標とする具体的な試験がある場合、コースの代わりに試験を書き出しましょう。[1]
  2. 2
    各科目または試験のためにやるべきことを特定します。勉強する科目をすべて書き出したら、各科目のために何をする必要があるかを考えます。特定の科目について費やすべき時間ややるべきことは週によって異なるかもしれませんが、長期的に見て各科目に必要となる時間がわかるでしょう。
    • 復習欄のある参考書や教科書がある場合、それを利用して、一覧にするものを絞り込みましょう。
    • 文献を読むための時間をとります。
    • ノートを見直すための時間をとります。
    • 試験の学習ガイドが必要な場合は、それを作る時間をとります。[2]
  3. 3
    一覧に優先順位を付けます。勉強する科目や試験を書き出し、それぞれについてやるべきことを一覧にしたら、優先順位を付けます。各科目を重要な順に並べると、どの科目に最も時間を費やすべきか、またどの科目に最も効果的な時間枠をあてるべきかがわかりやすくなります。
    • すべての科目と試験の横に1から始まる優先順位の番号を付けます。例えば、数学に最も時間を費やすべきであれば、数学に1を付けます。歴史にかける時間は最も少なくてよい場合(および科目が全部で5教科の場合)、歴史に5を付けます。
    • 科目や試験の難易度を考慮に入れます。
    • 読まなければいけない文献の量を考慮に入れます。
    • やるべき復習の量を考慮に入れます。[3]
  4. 4
    平日に勉強できる時間をブロックに分けます。次のステップに進む前に、平日に勉強に費やせる時間をブロックに分けます。その後、各ブロックに科目を割り当てます。
    • 学習計画を立てる際のコツは、毎日同じ時間帯に勉強するように計画することです。こうすると、頻繁にスケジュールを確認しなくても頭で覚えられます。ルーティン化することで、勉強の習慣を身につけられます。
    • 勉強に割ける決まった時間や曜日がないかを確認しましょう。例えば、毎週火曜日と木曜日の15時〜16時が空いている場合、できればその時間帯に勉強の予定を入れましょう。決まった時間を定着させれば、気持ちを勉強に切り替えやすくなります。
    • 勉強時間は1ブロック30〜45分に設定しましょう。1ブロックが短い方が予定を入れやすくなります。
    • 空いているすべての時間にブロックを設定します。
    • 試験までに一定の時間がある場合、週間スケジュールではなくカウントダウン式のカレンダーを作りましょう。[4]
  5. 5
    勉強以外のことの時間をとっておきます。各科目のための時間を確保する一方、家族や友達、休憩のための時間もとっておくようにしましょう。学生生活とプライベートをバランスよく両立しないと、勉強もはかどりません。
    • おばあちゃんの誕生日、親戚の集まり、愛犬の通院など、日程変更ができない予定の時間を確保しましょう。
    • 水泳練習や家族サービスなど、他にやるべきことの時間を確保しましょう。
    • 休憩、睡眠、運動の時間を十分とりましょう。
    • 重要な試験までに限られた時間しかない場合、交際のための時間やカリキュラム外の活動を延期またはキャンセルしましょう。[5]
  6. 6
    各ブロックを埋めます。スケジュールをブロックに分け、ブロックに入れるべき内容を決めたら、ブロックを埋めていきます。勉強する科目を各ブロックに書き込みます。こうすることで、進捗を管理し、教材のチェックポイントを設け、前もって教科書や参考書の計画準備をすることができます。
    • デイリープランナーのようなスケジュール帳を買いましょう。普通のノートを使ってもかまいません。
    • スマートフォンがある場合、スケジュールをスマートフォンに保存します。
    • 計画がうまく機能するかわかるまでは、一度に1週間分のみ計画を作ります。
    • 直近の試験の勉強を優先します。すべての勉強を限られた時間に分割し、試験までに費やせる時間に試験勉強をまんべんなく広げて入れます。
    • 成績が比較的良くない科目や特に良い成績を修めたい科目を優先します。[6]

パート 2
自分のスケジュールと性格を考察する

  1. 1
    現在のスケジュールを評価します。学習計画を立てるためにはまず、現在のスケジュールと時間の過ごし方を評価します。スケジュールを評価することで時間の使い方を改めて確認し、効率化できる部分や切り捨てられる活動を発見できます。
    • 現在、週に何時間勉強しているかを計算します。
    • 現在、週に何時間を娯楽に費やしているかを計算します。
    • 現在、週に何時間を友達や家族と過ごしているかを計算します。
    • 切り捨てられる時間を大まかに計算します。たいていの人は娯楽に費やしている時間が多いため、そこを見直しましょう。
    • 仕事をしている場合、仕事の予定に合わせて学習計画を立てましょう。[7]
  2. 2
    自分の学習スタイルを考慮します。学習計画を立てるにあたって、時間の使い方を考えることはとても大切ですが、自分がどのように勉強しているかを分析することも必要です。自分の学習スタイルを理解すれば、重複する活動があるかどうかを見極められます。また、普段は使わない時間をどのように利用できるかを知ることもできます。以下の質問について考えてみましょう。
    • 耳で学ぶタイプですか?運転中やジムでのトレーニング中に、講義を録音したものやオーディオ教材を聞くといいかもしれません。
    • 目で学ぶタイプですか?写真を掲示したり、ビデオを視聴したりして学べますか?学習方法にビデオを取り入れ、楽しみながら学びましょう。[8]
  3. 3
    勉強倫理についてよく考えます。素晴らしい計画を立てたとしても、勉強にしっかり集中できなければあまり意味がありません。そのため、勉強倫理を考える時間を取ることが必要です。その後、以下のことを行いましょう。
    • 自分の勉強態度を考えたうえで計画を立てます。集中が切れやすくて休憩を多く取る傾向がある場合、スケジュールに多めに時間を設けましょう。
    • 物事を先延ばしにする傾向がある場合、締め切り前に多めに時間を設けましょう。時間に余裕をもたせることで、締め切りに遅れることもなくなります。
    • 確固たる勉強倫理を持っていると思う場合、早めに課題を終えられるチャンスを自分に与えましょう。スケジュールに、好きな科目の勉強を先に進めるために使える「ボーナス」枠を設けると、役立つかもしれません。[9]

パート 3
学習計画に沿って勉強する

  1. 1
    計画した休み時間を最大限に活用しましょう。学習計画に沿って勉強するうえで特に大変なことは、計画を無視して楽しいことや楽なことをやりたい誘惑にかられることです。しかし、こうした誘惑に打ち勝ち、計画した休み時間を有効に使いましょう。
    • 休み時間を勉強のご褒美と考えて楽しみにしましょう。
    • 休み時間を回復時間として使いましょう。仮眠をとったり、散歩やヨガをしてリラックスしたりすると、勉強に戻ったときに集中しやすくなります。
    • 屋外にも出るようにしましょう。休み時間を使って勉強部屋から出ることも大切です。[10]
  2. 2
    短い休憩を取り、休憩時間を守ります。各ブロックの間に一度、休憩を取りましょう。ただし、この休憩が問題となる可能性があります。学習計画に沿って勉強するためには、スケジュールを守り、設定した時間に限って休憩を取ることが特に大切です。余計な休憩を取ったり、休憩時間を延長したりすると、スケジュールが狂い、成功のための勉強計画が台無しになるかもしれません。
    • 1ブロックにつき、5〜10分の休憩を取ります。5〜10分を超えないようにしましょう。
    • 休憩を開始する際に、休憩終了時間のアラームをセットしましょう。
    • 休憩を賢く使いましょう。休憩時間に十分にリフレッシュできるよう、ストレッチや短い散歩をしたり、お菓子を少し食べたり、気分が良くなる音楽を聴いたりしましょう。
    • 休憩を長引かせる可能性のある気分転換は避けましょう。[11]
  3. 3
    スケジュールを守ります。計画どおりに勉強を進めるための第一のルールは、スケジュールを守ることです。守れないならば、スケジュールを立てる意味がありません。
    • 定期的に(できれば毎日)カレンダーや予定表を確認する習慣をつけましょう。そうすると「目に見えないから気に留めない」という事態に陥りません。
    • ルーティンを確立すれば、教科書を開いたり机に座ったりするなど、特定の行動によって気持ちが勉強モードに入りやすくなるかもしれません。[12]
  4. 4
    学習計画を他の人に知らせます。周囲の人によって目標に集中できなくなり、計画に沿って勉強することが難しくなるときもあります。周囲の人は、悪気はないものの、一緒に時間を過ごしたいと思ってあなたの気を散らしてしまうことはあるでしょう。このような状況を避けるため、周囲の人に学習計画を知らせましょう。そうすれば、周囲の人はそれに合わせて計画できます。
    • 家族に見えるように、学習計画のコピーを冷蔵庫に貼ります。
    • 学習計画のコピーをメールで友達に送って、空いている時間を知らせます。
    • 誰かが勉強時間に予定を企画した場合、別の日時に変えてもらうように丁寧に頼みましょう。[13]

ポイント

  • 自分に正直になって、理想ではなく実行可能なことをスケジュールに設定しましょう。
  • 常に最善を尽くし、目の前の課題に集中しましょう。
  • 物事を先送りにすることはやめましょう。また、休憩時間に本を読んでみるといいでしょう。面白いうえに語彙も増すので、とてもいい習慣になります!

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 学校・大学 | ティーン

他言語版:

English: Create a Study Schedule, Español: crear un horario de estudios, Italiano: Fare un Programma di Studi, Português: Criar um Plano de Estudos, Русский: составить учебное расписание, Deutsch: Einen Lernplan erstellen, ไทย: ทำตารางทบทวนบทเรียน, Bahasa Indonesia: Menyusun Jadwal Belajar, العربية: تنظيم جدول للدراسة, Français: créer un emploi du temps d'études, Nederlands: Een studieplan maken, Tiếng Việt: Lập thời gian biểu học tập, 한국어: 공부 스케쥴 만드는 법, 中文: 建立学习计划表, हिन्दी: स्टडी शेड्यूल तैयार करें (Create a Study Schedule)

このページは 1,799 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?