完璧なコーヒーを淹れる方法

この記事には:豆の購入、保存、挽き方コーヒーの抽出方法抽出方法を見直す

それぞれのコーヒー愛好家には、自分流のコーヒーの味わい方があります。好みの豆を見つけるまで、お店、ブレンド、豆の煎り加減など試行錯誤を重ねるかもしれません。この過程は個人でそれぞれ異なりますが、正しい豆の抽出方法を知らないと美味しいコーヒーはできません。ここでは、完璧な一杯を淹れるための要点をご紹介します。

パート 1
豆の購入、保存、挽き方

  1. 1
    焙煎したての豆を購入する 焙煎(ロースト)した直後に淹れたコーヒーが、一番美味しいと言われています。ラベルに記載されている焙煎日を確認し、できるだけ新鮮な豆を購入しましょう。保存中に豆の風味が損なわれるため、2週間以内に飲み切る量を買いましょう。[1]
    • 不透明な真空パックの袋に入れて保存すると、他のタイプの袋より新鮮さが持続します。[2]
  2. 2
    異なる焙煎度を試す まだコーヒーに関する本格的な知識がなければ、まずはミディアムローストから、エスプレッソを淹れる場合はダークローストから始めてみましょう。[3]さらに風味を探求するには、焙煎度が浅いライトローストから、最も深いイタリアンローストまで試してみましょう。「ミディアムロースト」や「ダークロースト」と分類されていても、実際にはそのなかで深みは異なります。何種類か試して豆の色を比べてみましょう。[4]
    • エキストラダークローストが「コーヒー通」のローストとされる傾向もありますが、豆独自の風味を損なわないミディアムやミディアムダークを好むコーヒー愛好家はたくさんいます。[5]
    • 完璧な一杯を探求したければ、 自分で豆を焙煎してみましょう。経験を積むと、いつでも好みの焙煎加減で新鮮なコーヒーを楽しめます。
  3. 3
    豆の生産地と種類を確かめる コーヒー豆の製造業者が、必要な情報をラベルに記載しているかを確認します。ラベルには、豆の種類(アラビカ種またはロブスタ腫)と生産国が記載されているはずです。複数の生産国のブレンドであれば、製造業者は豆の品質より価格を重視したと言えるかもしれません。ただし、なかには高品質のブレンド豆もあります。これらの情報が全く記載されていない豆には注意が必要です。[6]
    • 完璧な豆を選ぶには、アラビカ種100%、またカフェインを楽しむには少量のロブスタ種が含まれる豆が最適です。すべてのアラビカ種が高品質とは限りませんが(特にダークローストの場合)、ロブスタ種より風味が豊かで苦味が少ない特徴があります。[7]
  4. 4
    密閉容器で保存する コーヒー豆を空気、光、熱、湿気にさらすと、風味が損なわれます。キッチン雑貨店で、ゴムパッキンのラッチ蓋がついた陶器の容器を購入しましょう。プラスチック製の密閉容器またはチャック付きポリ袋でも構いませんが、それほど気密性はありません。[8]
    • 温度の変化で結露が生じて豆の風味が損なわれます。豆を室温で保存するか、キッチンの温度が高い場合は冷蔵庫に入れましょう。豆を数週間以内に使い切れない場合に限り、冷凍保存します。[9]
  5. 5
    コーヒーを淹れる直前に豆を挽く 挽いた豆の風味は時間と共に失われます。バーグラインダー(臼歯式)を使って家庭で豆を挽くのが理想的です。ブレードグラインダー(プロペラ式)のコーヒーミルしかない場合は、コーヒー専門店(スーパーのコーヒー売り場ではなく)でバーグラインド方式で挽かれた、粒が均一な豆を購入し、すぐに淹れてみましょう。適切な挽き具合は、コーヒーの抽出方法で異なります。[10][11]
    • フレンチプレスや水出しコーヒーには、鉢植え用土ほどの大きさの粗挽き豆を使います。
    • ドリップ式には、大粒の砂のような中挽きが適しています。
    • エスプレッソには、砂糖や塩のような細かさの極細挽きを使いましょう。
    • コーヒーが苦すぎる場合は、より粗めに挽きます。
    • 味が薄い場合は、より細かく挽きます。

パート 2
コーヒーの抽出方法

  1. 1
    フレンチプレスで淹れる この方法を好むコーヒーの専門家はたくさんいますが、過剰に抽出すると苦味が強くなるためいくらかの練習が必要です。[12]以下が美味しいコーヒーの淹れ方です。[13]
    • 蓋とプランジャーを外します。
    • フレンチプレスにコーヒー粉を入れます。1杯用のプレスには大さじ2杯のコーヒー粉を入れるか、プレスの側面にある目盛りまで入れましょう。
    • お湯を目盛りの半分まで注いで粉を蒸らします。
    • 1分経ったら、浮いている粉を静かにかき混ぜます。残りのお湯を注ぎ、プランジャーを引き上げた状態で蓋をします。
    • そのまま3分おいてからプランジャーを底まで押し下げます。この時、プランジャーを平らに保ちましょう。
    • コーヒーをカップに注ぎます。カップの底に多少粉が沈殿しますが、かき混ぜて飲んだり、そのままおいて最後に濃いコーヒーを楽しんだり、飲まずにカップに残しておくこともできます。
  2. 2
    フィルターで淹れる 数分の労力で美味しいコーヒーができる優れた方法です。まずペーパーフィルターとドリッパーをお湯ですすぎます。フィルターをセットしたドリッパーをカップに載せ、以下の要領でコーヒーを抽出します。[14][15]
    • コーヒー粉をフィルターに入れます。粉が平らになるようにドリッパーをやさしく振りましょう。お好みの量を入れるか、1杯につき大さじ2杯の粉を入れます。
    • 細い注ぎ口のやかんを使い、粉が湿る程度にお湯を注ぎます。フィルターの側面に当たらないように、お湯を中心から外側に向かって注ぎましょう。
    • コーヒー粉から炭酸ガスが放出されるまで30~45秒待ちます。この時、花が咲くように粉が膨れるため「ブルーミング」と呼ばれています。
    • ドリッパーのすぐ上から、残りのお湯を粉に均等に注ぎます。約2分30秒で注ぎ終わるように、一定の速度で注ぎましょう。
    • ドリッパー内のお湯がなくなるまで20~60秒ほど待ちます。
  3. 3
    ドリップ式コーヒーメーカーで淹れる お馴染みのとても簡単な方法です。水タンクに水を入れ、フィルターをセットしてコーヒー粉を入れるだけです。コーヒーメーカーでも美味しいコーヒーは淹れられますが、一般的には上記の方法にはかないません。
  4. 4
    パーコレーターやカプセルタイプのコーヒーから切り替える パーコレーターは熱湯を使ってコーヒーを抽出するため、やや焦げたような濃いコーヒーになります。[16]これは最も好ましくない抽出法だと考える専門家はたくさんいます。1杯分がカプセルになったコーヒーは、抽出方法を変えることができないため、ありきたりの風味になりがちです。[17]究極のコーヒーを求めるのであれば、これらの方法は避けたほうが賢明です。

パート 3
抽出方法を見直す

  1. 1
    コーヒーに触れるものはすべて洗う 器具やカップにこびりついたコーヒーや汚れはこまめに洗い流しましょう。機械を洗浄する際は、取扱説明書に従いましょう。
  2. 2
    水を浄化して強い味を除去する 水道水は数秒流してから使います。水道水の味が強かったり、不快な味がする場合は、フィルターでろ過してから使いましょう。[18]
    • 蒸留水や軟化水を使ってはいけません。これらの水には、コーヒーの抽出を助けるミネラルが不足しています。[19]
    • 水を保存する容器は、こまめにしっかりと洗いましょう。
  3. 3
    コーヒー粉と水を計量する 計量スプーンの代わりにキッチンスケールを使うと、より正確に量れます。好みのコーヒーの淹れ方を習得するまで、粉の量を記録し、味の感想も書き留めましょう。以下の量から始めることもできますが、好みに合わせて自由に量を変えてみましょう。[20][21]
    • コーヒー粉:10gまたは大さじ2杯
    • 水:180ml 蒸発量が多い抽出方法では、水を多くする必要があるかもしれません。濃い目に淹れて、濃すぎるようであれば後でカップにお湯を加えるとよいでしょう。
  4. 4
    お湯の温度を測る コーヒーは常に91~96℃のお湯で抽出しましょう。[22]家庭で淹れる場合は一般的に、沸騰後10~15秒でこの温度に下がります。[23]キッチン用の赤外線温度計を使い、さらに正確な温度を測ることもできます。
    • 海抜が1200m以上の場所では、お湯が沸騰したらすぐに使いましょう。
  5. 5
    抽出時間を計る 理想的な抽出時間については、上記の各抽出方法を参考にしましょう。ストップウォッチを使うと、正確な時間を計測できます。抽出しすぎてコーヒーが苦くならないように注意しながら、風味を十分に引き出す適切な時間を見極めましょう。
    • 細挽きの粉の場合は抽出時間を短くしたり、粗挽きの粉を使う場合は逆に長くしたり、または好みに合わせて時間を調整しましょう。[24]成功した方法を再現することができるように、常に記録をとりましょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む19人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 飲み物

他言語版:

English: Make Perfect Coffee, Español: preparar el café perfecto, Русский: приготовить идеальный кофе, Français: faire du bon café, Bahasa Indonesia: Menghasilkan Secangkir Kopi yang Sempurna, Deutsch: Den perfekten Kaffee machen, Português: Fazer um Café Perfeito, Italiano: Preparare il Caffè Perfetto

このページは 47 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?