完璧な笑顔を作る方法

この記事には:完璧な笑顔を目指す歯と口元をケアする8 出典

完璧な笑顔を身に付けたいですか?すきっ歯や薄い唇を気にしすぎる必要はありません。実のところ、誰の笑顔が一番良いかなどと言えるものではありません。お気に入りの笑顔ができるまで練習して、周囲に振りまけるように自信をつけましょう。歯をホワイトニングするという方法もありますが、過剰な処置で、むしろ歯の健康を損なってしまわないように気を付ける必要があります。長期的に見た場合、健康な歯が最上の笑顔を作るポイントとなります。

1
完璧な笑顔を目指す

  1. 1
    自信をつける 完璧な笑顔を作るには、何もハリウッドスターのような歯や唇の形が必要な訳ではありません。周囲の人を幸せにし、心をオープンにし、心地よくする笑顔を作れば良いのです。人は、どんな笑顔かということよりも笑顔の背景に関心を寄せるものです。[1]下記は、笑顔を作る際のアドバイスですが、これは例えるなら、ケーキのデコレーションのようなもので、絶対不可欠というよりも笑顔をより素敵に見せるテクニックです。
  2. 2
    鏡の前でリラックスする 鏡に映る自分を見て顔の筋肉と肩をリラックスさせます。緊張があれば、頬やおでこを優しくマッサージしましょう。歯を食いしばった後に顎をリラックスさせる動作を2、3回行います。
  3. 3
    幸せなことを考える 誰しも、本心から微笑む時に最上の笑顔になります。楽しかった思い出や最近の出来事、友人、恋の相手等を思いましょう。幼少時の恥ずかしいエピソードを思い出すことでも笑顔になれます。
  4. 4
    目の周りの筋肉を意識する 本当の笑顔と偽りの笑顔の決定的な違いのひとつは、目の周りの筋肉が動いているかということです。[2]以下の方法はいずれも効果があります。
    • 目の端にしわを寄せたり、目を少し細めたりしてみましょう。満面の笑みを浮かべる時は、目元が既にそうなっているかもしれません。
    • 目を少し見開いて、眉をあげるようにします。
    • 頭を少し傾けるだけでも笑顔がより素敵に見えます。
  5. 5
    フォーマルな笑顔を練習する 職場や学校の写真向けにフォーマルな笑顔の練習から始めてみましょう。上下の歯を噛み合わせます。好みに応じて、唇は閉じるか、あるいは歯をしっかり見せるようにしても良いでしょう。
    • 舌を上の前歯の裏側につけましょう。そうすることにより、下唇がよりふっくらとし、歯と歯の隙間が見えにくくなります。概して女性的な見た目になりますが、誰にでも試せる方法です。[3]
  6. 6
    友好的な笑顔を作る これは、社会的な集まりの場で誰かの注意をひく時の微笑みの作り方です。上下の唇をつけて横に大きく伸ばします。その微笑を1秒間だけ保てば、他人が気付くには十分です。それに下記のようなバリエーションを加えることもできます。
    • 唇の真ん中は動かさずに口角を上げることで、笑みを作ります。
    • 同じく口角を上げた状態で、歯がちらっと見えるまで口の端を伸ばします。
    • 片方の口角を上げると同時に片方の眉を吊り上げ、かすかな笑みを浮かべます。ただし、この表情は、生意気、あるいは人を嘲るように見えることがあるので気を付けましょう。
  7. 7
    満面の笑みをたたえる 上下の歯触れないくらい口を大きく開けて、満面の笑みを作りましょう。眉は上げます。これは「最高に楽しい!」ということを示す笑顔です。

2
歯と口元をケアする

  1. 1
    毎日デンタルフロスで歯間の掃除をする 1日1~2回、歯磨きの前にデンタルフロスをします。それにより、歯間に溜まった歯垢を除去するだけでなく、黄ばんだ歯垢の蓄積を予防することができます。
    • 歯の矯正をしている人は、ワイヤーの間を清掃できるフロススレッダーを処方してもらえるか歯科矯正医に尋ねてみましょう。
  2. 2
    1日2回歯を磨く 健康で清潔な歯を保つには、1日2回、少なくとも2~3分かけて歯を磨きましょう。最も効果的なのは、フッ素入りの歯磨き粉を使って磨くことです。歯と歯茎の間は特に、優しくブラッシングします。強く磨いても歯が綺麗になるわけではなく、むしろ歯茎を傷めてしまう恐れがあります。
    • 歯を白くする歯磨き粉には研磨剤が含まれており、長期に渡って使用すると、歯のエナメルを傷つけてしまう可能性があります。[4]1日置きか、表面の目立つシミが取れるまでの期間に限り使用するのが良いでしょう。
  3. 3
    自宅でできるホワイトニングを試す 基本的な歯磨きやデンタルフロスで歯を十分に白くできない場合は、自宅でホワイトニングに挑戦してみてはどうでしょうか。下記にあげた家庭療法は、薬局で購入できるホワイトニング製品よりもかなり安く済むので、最初のステップとして試すには最適です。
    • 歯磨き粉に少量のベーキングソーダ(重曹)を加えて2分間歯を磨きましょう。過剰に行うと歯を傷める可能性があるので、週に1回だけ行いましょう。[5]
    • スプーンに軽く1杯のココナッツオイルを口に含み、2、3分間口内をゆすいだら吐き出します。この「オイルプリング」の効能については歯科医の間で意見が分かれていますが、害になることはないはずですし、実践している人は多くいます。[6]
    • イチゴ、酢、その他酸性の強い食べ物を用いた家庭療法は行わないようにしましょう。こうしたもので歯の汚れをいくらか除去できる場合もありますが、歯のエナメル質を急速に溶かす可能性があります。
  4. 4
    専用のホワイトニング薬剤を用いての処置を行う(受ける)場合は十分に気を付ける 下記にあげたホワイトニング処置は、虫歯や知覚過敏のある人の場合、または過度に行ってしまった場合に、激しい痛みを伴うことがあります。[7]とは言え、歯のシミや汚れを隠すにはかなり効果的と言えます。次のような選択肢があります。
    • ホワイトニングストリップ:これは米国では薬局で購入することができますが、日本の薬局では取り扱いが認められていません。歯の表面と奥まで浸透したシミには効果がありますが、色の濃いシミにはあまり効果がありません。一時的な知覚過敏を引き起こす可能性があります。
    • ホワイトニングマウストレー(マウスピース):ストリップよりもさらに強力なホワイトニングジェルを使用します。最善の効果を得るには、歯科で、自分の歯にフィットするマウストレーを作成してもらう必要があります。
    • ホワイトニング施術:歯科に行けば、効果絶大のホワイトニング施術を受けることができ、これは、歯茎を保護しながら行われます。通常は、保険適用外です。
  5. 5
    歯の着色に繋がるものを控える コーヒー、紅茶、ワインは歯の着色に繋がります。できればストローで飲むか、摂取量を減らす等しましょう。[8]また、喫煙も歯の着色の原因となり得ます。喫煙の習慣を断つか、電子タバコや吸入器に変えることを検討してみてはどうでしょうか。こうしたものは、煙が出ないので歯が着色することはありませんが、長期的な影響については未だ解明されていません。
  6. 6
    唇の潤いを保つ 笑顔を作る時は唇も大事です。以下のような方法で唇の手入れをしましょう。
    • リップスクラブや歯ブラシを用いて唇の角質除去を行いましょう。唇のひび割れが酷い場合は、シャワー後だけに行います。
    • 角質除去をした後や唇の乾燥を感じる時は、リップクリームを塗りましょう。午前中や午後の時間帯に外出する場合は、日焼け止め成分配合のリップクリームを使うのが良いでしょう。
    • 十分な水分補給をしましょう。唇が乾燥している時は水を飲み、唇は舐めずに布で拭きます。
  7. 7
    歯科治療を受けることを考慮する 歯並びが悪いせいで素敵な笑顔が作れないということは通常ありません。並びの悪い歯やすきっ歯は、むしろチャーミングに見えることもあります。しかし、自分の歯が気にいらない場合は、歯科医や歯科矯正医に相談すれば、再形成する術は多様にあります。
    • 歯列矯正用のブラケットやリテーナー等を使用している場合は、それらを清潔に保つ方法を歯科矯正医に尋ねましょう。こうした矯正器具が汚れていると、笑顔や口臭にマイナスの影響を与えてしまいかねません。
    • 劇的な変化を望むなら、ラミネートべニア、インプラント、ブリッジ、義歯について歯科医に相談しましょう。人工の歯を加えたり歯の見た目を変えることで、全く違った笑顔を作ることができます。

ポイント

  • 自分の写真を見て、好きな笑顔を真似してみましょう。
  • 歯ブラシは2、3ヶ月毎に、あるいは汚れてきたら取り換えましょう。
  • ブラケットやリテーナー等の矯正器具を付けている場合は、毎日清掃して清潔感を保ちましょう。微笑んだ時に、ブラケットに食べ物のカスが詰まっていたり、リテーナーに茶色のシミがついていると好感度が落ちてしまいます。
  • あまり長時間、作り笑いをしないようにしましょう。写真撮影の際は、撮る直前に笑顔を作るようにします。そうすれば、顔の筋肉が引きつって不自然に見えることもありません。
  • 歯の手入れを十分行っていても、年齢と共に黄ばんだり灰色に変色することはあり得ます。これは、必ずしも歯が不健康であることを意味するわけではありませんが、気になる場合は、いつでも歯科医に相談しましょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む15人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 心の健康・心理バランス

他言語版:

English: Have the Perfect Smile, Español: tener la sonrisa perfecta, Italiano: Avere un Sorriso Perfetto, Français: avoir un sourire parfait, Bahasa Indonesia: Menampilkan Senyuman yang Sempurna, Português: Ter um Sorriso Perfeito, Русский: иметь идеальную улыбку, Deutsch: Ein perfektes Lächeln haben, Nederlands: Een perfecte glimlach hebben, العربية: التمتع بالابتسامة المثالية, Tiếng Việt: Có một nụ cười hoàn hảo, 한국어: 완벽한 미소를 갖는 방법

このページは 258 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?