定年退職祝いの相場に正式な基準はありませんが、それほど高額ではないので心配はいりません。定年退職祝いの慣習がない会社もあります。それでも、定年退職祝いを贈ることは一緒に働いた人に対する感謝を表す絶好の機会でもあり、礼儀とみなされる場合もあるでしょう。ここでは、定年退職祝いの相場とプレゼントの選び方を紹介します。

Question 1 の 7:
同僚の定年退職祝いの相場は?

  1. 1
    同僚へのプレゼントの相場は1,000~2,000円です。同僚に対しては、定年退職祝いとして2,000円以下のプレゼントが一般的ですが、[1] 定年退職者との関係を考慮して決めましょう。[2]
    • 1,000円未満では、その人の定年退職をあまり気にかけていないような印象を与える可能性があります。一方、誰よりも高いプレゼントを贈ると、職場の人たちが恥をかかされたと感じるかもしれません。[3]
    • 定年退職者とほとんど交流がなかった場合は、1,000円程度のプレゼントを選んでも失礼ではないでしょう。
    • 定年退職者と毎日顔を合わせて一緒に仕事をしてきた場合は、心がこもった高価な贈り物を選びましょう。ただし、10,000円を超えるプレゼントを用意する必要はありません。親しくしていたかにかかわらず、その人にとって意味のあるプレゼントを選びましょう。
    • 定年退職者の勤続年数が長く、個人的にも親しくしていた場合は、10,000円までの範囲でプレゼントを選びましょう。
  2. 2
    定年退職者の好みに応じたプレゼントを贈りましょう。個人的にお互いをよく知っている場合は、その人の好みにや趣味を考慮してプレゼントを選びましょう。こうすると、心を込めてプレゼントを選んだことが伝わります。また、趣味に合うものを贈れば使ってくれるでしょう。[4]
    • 定年退職者が週末の釣りを楽しみにしていた場合は、会社のロゴやその人の名前を入れたオーダーメイドのルアーをプレゼントすると喜ばれるかもしれません。
    • その人がいつもJリーグの話をしていた場合は、二人で観戦するためにチケットをプレゼントしても良いでしょう。
    • 休みのたびに海外旅行に行っていた旅行好きな人には、カスタムメイドのラゲッジタグをプレゼントすると喜ばれるかもしれません。
    • ワインのサブスクリプションなど、趣味に合ったサブスクリプションをプレゼントしても良いでしょう。
    広告

Question 2 の 7:
グループで贈るプレゼントに支払う金額の相場は?

  1. 金額の目安が提示されている場合はそれに従いましょう。通常、職場のグループでプレゼントを贈る場合は、金額の目安が提示されているのでそれに従いましょう。そうすれば、同僚に不快感を与えたり自分だけ目立とうとしていると思われたりする心配もありません。[5]
    • どうしてもというのであれば目安より高い金額を支払ってもかまいませんが、同僚が誤解する可能性があり、次に職場のグループでプレゼントを贈る際にも同じことをしないと怪しまれるかもしれません。
    • 金額の目安が提示されていない場合は、親しい同僚にいくら支払ったか聞きましょう。他の人に聞くのが嫌なら、平均的な金額の2,000円を支払っても良いでしょう。

Question 3 の 7:
会社として社員に定年退職祝いを贈るべき?

  1. 1
    2,000~10,000円のプレゼントを贈りましょう。社員が定年退職する月の就業時間中に集まって、定年退職を祝います。必須ではなく、当たり前のことではないかもしれませんが、定年退職する社員は喜び、他の社員の士気も高まるでしょう。[6]
    • ギフトカードや現金を贈るのはやめましょう。給与と見なされる可能性があるため、監査を受けた場合に問題になるかもしれません。[7]
    • 特定の社員にだけ定年退職祝いを贈るつもりなら、他の社員にわからないように社外で個人的に渡しましょう。会社としてプレゼントを贈る場合は、定年退職する社員全員を平等に扱う必要があります。
  2. 2
    定年退職する社員に職務の記念となるものを贈りましょう。職務に関連したものを贈ることで功績をたたえます。一人一人に異なるプレゼントを用意したくなければ、勤続年数などを刻んだ記念の盾などでもかまいません。[8] その他のプレゼントの例は次の通りです。
    • その年に最も高額で販売した不動産の前でポーズをとる不動産会社社員の写真や、会社のパーティーで年間MVP賞の表彰状を持つ営業社員の写真など、定年退職者の功績を示す写真を額に入れて贈りましょう。
    • 定年退職する教師には、名前入りのりんごのペーパーウェイトを贈っても良いでしょう
    • 自動車販売に熱心に取り組んできたセールスマンに対しては、本棚に飾れるようにアクリルケース入りのミニチュアカーをプレゼントすることもできます。
    • 職務に関連しないプレゼントとして、クリスタルのデキャンタに名前と役職、もしくは会社からの謝意を表すメッセージを刻印して贈りましょう。
    広告

Question 4 の 7:
上司に定年退職祝いを贈るべき?

  1. 1
    当然のことではありませんが、贈る場合は1,0000円未満に抑えましょう。小さい会社で働いていて上司にお世話になった場合や、他の社員よりも親しくしていた場合は、お祝いを贈ると良いかもしれません。ただし、必須ではなく、上司も部下からプレゼントをもらうとは思っていないでしょう。[9]
    • プレゼントを贈る場合は、上司との関係に応じて500~10,000円のものを選びましょう。相場は職種や関係の深さによって異なります。
    • 上司にプレゼントを贈るとごまをすっているように思われる可能性があるため、一般的には避けたほうが無難です。しかし、この場合、上司は定年退職するので大きな問題はないでしょう。[10]
    • 上司に定年退職祝いを贈る前に、念のため就業規約を確認するか人事部に連絡しましょう。部下が上司にプレゼントを贈ることに関して規則を設けている会社も多くあります。
  2. 2
    敬意と感謝を込めて上品なものを贈りましょう。定年退職する上司に、これまでしてくれたすべてのことに対する心からの感謝を込めて、品のある贈り物を選びます。上司の趣味や好みも考慮しましょう。[11]
    • たとえば、オーダーメイドのカフスボタン、素敵なネクタイ、高級なマフラーなどが適しています。
    • 四半期ごとのプレゼンテーションの後、シャンパンを一緒に飲むことが習慣になっていた場合は、ディスプレイ ケース入りの高価なシャンパンをプレゼントしても良いでしょう。
    • 名入れをしたケース入りのペンなど、机に飾れるものを贈りましょう。
    広告

Question 5 の 7:
定年退職する同僚にお祝いを贈るべき?

  1. その人と一緒に仕事をしたことがない場合や会社にそのような慣習がない場合は、必要ありません。職場の規則によっては不適切な場合もあり、贈り物の慣習がない会社もあります。他の同僚が、もうすぐ定年退職を迎える人にプレゼントを用意している場合は、それに倣っても良いでしょう。しかし、誰もプレゼントを用意していない場合や、定年退職する人とそれほど親しくない場合は、プレゼントを贈らなくてもかまいません。[12]
    • お祝いを贈るかどうかは、会社の慣習を見極めて決めましょう。社員の定年退職に際して、お祝いを贈ったりパーティーを開いたりしない会社もあります。
    • 定年退職のプレゼントを贈っている人を見たことがなくても個人的に贈りたい場合は、人事部に確認しましょう。会社には、贈り物に関する法的な規制や規則があるかもしれません。

Question 6 の 7:
お金に余裕がない場合に適したプレゼントは?

  1. カードやお金がかからないプレゼントを贈りましょう。一緒に働いて楽しかったことや感謝の言葉などを綴ったカードを贈ります。定年退職する人にとっては、ギフトカードや小物などよりも価値のあるプレゼントになるかもしれません。もしくは、手作りのものをプレゼントしても良いでしょう。プレゼントの値段よりも贈るという行為に意味があります。[13]
    • 同僚からの心がこもった寄せ書き、スクラップブック、職場のイベントでの写真を集めたアルバムなどは、時間とエネルギー(そして多少の材料費)しかかからない素敵なプレゼントになるでしょう。
    • 絵を描く人なら、その人が仕事をしている様子を絵に描いてプレゼントしても良いでしょう(営業マンが契約を取った様子や警察官が事件を解決した姿など)。趣味でガーデニングをしている人は、収穫したばかりの果物や自分が育てた観葉植物などをプレゼントすることができます。
    広告

Question 7 の 7:
定年退職祝いとしてギフトカードを贈っても良い?

  1. 1
    あまり印象的なプレゼントではありませんが問題ないでしょう。できれば、その人の好みに応じたギフトカードを用意しましょう。定年退職者がよく行くレストランや店のギフトカードを選びます。こうすると、その人のことを考えてプレゼントを選んだことが伝わるでしょう。Visaギフトカードのような普通のギフトカードを贈ると、感謝はされますが、心がこもっているようには感じられないかもしれません。[14]
  2. 2
    原則として、現金を贈るのはやめたほうが無難です。定年退職者に現金を贈るのは、少し失礼かもしれません。気分を害することはなくても、誤解を招く可能性があります。現金よりも心がこもったプレゼントのほうが良いでしょう。[15]
    広告

ポイント

  • 会社によっては、数万円以上のプレゼントを禁止する規則を設けている可能性があるため、高価なプレゼントを用意する必要はないでしょう。[16]
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 家族 | 人間関係
このページは 629 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告