肌を白くしたいときには、化学薬品が入った製品を使用したときのような副作用を起こすことなく、天然のもので肌を数トーン明るくしましょう。シンプルですが、太陽光を避けると肌が黒くなるのを防ぐことができます。肌トーンを劇的に明るくする魔法の薬は存在しないため、現実的な理想を持ちましょう。また重要なのは、黒い肌も美しいという事を覚えておきましょう。

方法 1 の 3:
天然の美白製品を使用する

  1. 1
    レモン汁を塗る レモン汁は天然の美白剤として数千年前から使用されています。レモン汁の酸が肌を軽くブリーチして、表面層の黒ずんだ肌の角質細胞を除去します。そのままのレモン汁は刺激が強いので、レモン汁と水を1:1の割合で混ぜましょう。コットンにこの液をしみ込ませて肌の上で伸ばし、15分間放置したらぬるま湯で洗い流しましょう。[1]
    • レモン汁のトリートメントは週に2、3回に留めましょう。頻繁に塗布すると肌に炎症を起こす恐れがあります。レモン汁で肌が乾燥するため、洗い流した後は保湿剤を使用しましょう。
    • 週に数回のトリートメントを続けて、3~4週間で結果が現れるでしょう。レモン汁には、即時に肌を白くする効果はありませんが、最も有効な天然の美白剤になります。
    • 顔に柑橘系の汁を使用する時は、注意しましょう。柑橘系果物に含まれる光合成物質と紫外線が化学反応を起こして、植物性光線皮膚炎をおこす恐れがあります。[2]肌にレモン汁を使用することは問題ありませんが、日が当たる所に出る前には必ずしっかりと洗い流しましょう。[3]
  2. 2
    レモンと牛乳を使用する 全身を滑らかで明るい肌にしたいときは、浴槽にお湯を張り脂肪分の高い牛乳をカップ1杯と、レモン1つ分のレモン汁を加えましょう。そして牛乳とレモンが均等に混ざり合うようにお湯を混ぜたら、体を20分浸けて、きれいな水で洗い流しましょう。
    • 牛乳に含まれる酵素で肌が明るくなり、またレモン汁による乾燥を相殺して保湿する効果もあります。
    • 週に1回の牛乳風呂を続けると、1カ月ほどで効果が表れるはずです。
  3. 3
    ヨーグルトとハチミツのパックをする 牛乳と同様に、ヨーグルトにも酵素が含まれていて、肌を優しくトーンアップさせる効果があり、はちみつには保湿と抗菌効果があります。この二つを合わせて、栄養豊富なパックを作りましょう。ハチミツとヨーグルトを1:1の割合で混ぜ合わせて、顔や体に塗り広げます。15分間放置したら、ぬるま湯で洗い流しましょう。[4]
    • ヨーグルトはプレーンで無糖のものを選びましょう。加糖タイプやフレーバー付きのヨーグルトを使用すると、ベタベタしすぎます。
    • ハチミツの代わりに潰したアボカドやアロエを使用しても良いでしょう。この二つには高い保湿効果があります。
  4. 4
    美白ペーストを使用する より集中的なトリートメントを望むなら、肌を明るくする効果のある天然素材で濃いペーストを作りましょう。きれいに洗った顔にペーストを乗せて15分放置し、ぬるま湯で洗い流しましょう。天然の美白ペーストのレシピを2種類ご紹介します。
    • ひよこ豆粉末のペースト:ボウルにひよこ豆粉末4分の1カップを入れ、レモン汁もしくは牛乳を加えてペースト状にする
    • ターメリックペースト:ボウルに大さじ1杯のターメリックを入れ、レモン汁もしくは牛乳を加えてペースト状にする
    広告

方法 2 の 3:
避けるべきことを知る

  1. 1
    肌にブリーチや危険な化学薬品等を使用しない ブリーチやアンモニア等の家庭にある洗浄剤を肌に塗って白くしようとすることは危険です。こういった薬品は肌にとても有害で、長期的なダメージを与える場合があります。ダメージを受けた肌は黒ずんで見えるため、これらを使用することは、肌を白くする全く逆の行為です。絶対に止めましょう。[5]
  2. 2
    美の基準を見失わない どんな色であっても、肌にはそのままの美しさがあります。レモン汁のような安全なものを使用しても良いですが、自然の肌の色を全く変えるようなことは止めましょう。違う肌の色を求めるのではなく、そのままの自分を受け入れましょう。生まれつき肌の色が暗いなら、その美しさを認めましょう。誰にもそれを変える権利はありません。[6]
    • 暗い肌より明るい肌の方の方が美しいと信じる女性は世界中にたくさんいます。その一方で、日焼けサロンで肌を焼いて皮膚がんのリスクを上げ、数トーン肌を暗くしている女性たちがたくさんいるのも事実です。これでは、筋が通りません。
    • きれいな肌を手にするときに大切なのは、肌を健康に保つという事です。肌は体の中でも大きな臓器であり、手厚いケアをするべきものです。適切なものを食べて、水分を十分取り、角質除去と保湿で活気のある健康な肌を保ちましょう。
    広告

方法 3 の 3:
美白のために習慣を変える

  1. 1
    肌の角質除去をする 肌の表面に古い角質が蓄積していると、肌がくすんで見えます。肌を明るくするには定期的に角質除去することが大切です。角質除去として良いのは、塩と砂糖でできたボディスクラブを使用するという方法です。浴槽に浸かって、もしくはシャワーで肌を濡らして円を描くようにして優しく全身を擦りましょう。こうして「磨く」ことにより、健康的に輝く肌を手に入れることができます。[7]
    • 顔の角質除去には、刺激の少ない顔用スクラブを使用しましょう。挽いたオートミールやアーモンドには優れた角質除去の効果があり、傷つきやすい顔の皮膚にダメージを与えることはありません。
    • 乾いたブラシで全身を擦って古い角質を除去するのも良いでしょう。入浴やシャワーの前に、天然繊維のブラシで体をブラッシングしましょう。
  2. 2
    常に保湿をしておく 肌を保湿すると古い角質が蓄積しにくく、また剥がれ落ちにくくなります。明るい肌にするには、入浴やシャワーの後の日々の保湿を徹底しましょう。アルコールが入った保湿剤は逆に肌が乾燥するため、アルコールが含まれていないクリームタイプの保湿剤を選びましょう。
    • ココナッツオイルもまた優れた保湿剤で、輝きのある若々しい肌を作る効果があります。シャワーの後に腕や足にココナッツオイルを塗り、10分放置してオイルを肌にしみ込ませてから服を着ましょう。
    • ホホバオイルにも保湿効果があり、肌にとても良いとされます。オリーブオイルやアーモンドオイルでも良い結果が期待できます。
  3. 3
    太陽光への露出を制限する 生活の中で、太陽の光を避けることは困難ですが、日に当たれば当たるほど肌は黒くなります。屋内に閉じこもる必要はありませんが、日中に外出する前に日焼け対策の時間を取りましょう。日焼けしすぎないようにするには、下記のような方法があります。[8]
    • SPFの高い日焼け止めを使用しましょう。SPFは高ければ高いほど効果が期待でき、SPFが低いものを使用すると日焼けします。必要に応じて一日何度も塗りなおしましょう。
    • つばのひろい帽子をかぶりましょう。帽子で顔や首、肩を太陽光から守ります。[9]
    • 長袖、長ズボンを着用しましょう。夏の間は熱がこもらないように、風通しの良い涼しい素材を選びましょう。[10]
    • 完全に太陽光を避けるのは止めましょう。体は太陽光を浴びることでビタミンDを生成します。ビタミンDは骨の健康やその他の生体機能に必要不可欠です。
    広告

ポイント

  • トマトピューレを肌に塗って20分放置しても美白効果が期待できます。
  • 一晩おきに肌に塗ると、肌トーンが劇的に明るくなります。必ず日中は日焼けから肌を守り、黒くなるのを防ぎましょう。
  • 太陽を完全に避けるのは止めましょう。太陽光には有害な紫外線も含まれていますが、ビタミンDを生成する働きもあります。ただ、外出する際には日焼け対策を取りましょう。
  • 水分をたくさん摂って日焼け止めを塗りましょう。
  • リンゴ酢と小麦粉のペーストを週に2回塗ると、着実に肌が明るくなります。
  • 小さな容器にひよこ豆粉末大さじ1杯を入れ、そこに凝乳を少量加えて顔や体に塗って、15~20分放置した後に冷水で洗い流しましょう。
  • 重曹とレモン汁のペーストを使用してみましょう。混ぜると泡が立ちますが、落ち着くとペースト状になります。パックのように顔に広げて重曹が硬くなるまで放置した後にぬるま湯で洗い流しましょう。これを毎日繰り返しましょう。
  • ターメリック、ひよこ豆粉末、レモン汁、はちみつを混ぜたものを使用しても良いでしょう。肌をきれいに明るくする効果があります。
  • 生のジャガイモを半分に切って内側の汁を使用します。ジャガイモで顔を擦って15~20分放置したら洗い流しましょう。これを毎日繰り返しましょう。
  • 肌の色に関係なく、どんな肌もそのままで美しいという事を覚えておきましょう。色を変えたいと思わなければ、変える必要はないのです。
  • 顔にレモン汁を塗るときは、目に入らないように注意しましょう。

広告

注意事項

  • 敏感肌の人はレモン汁を大量に使用しないように気をつけましょう。肌の乾燥を招きます。
広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

全身をマッサージする

How to

防犯タグを外す

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

髪に付いたガムを取る

How to

爪を噛むのをやめる

How to

えくぼを自然に作る

How to

お酒の臭いを消す

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

革に付いた油染みを落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む86人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は2,563回アクセスされました。
このページは 2,563 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告