家にいるノミやダニを駆除する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

家のノミやダニは不愉快で、適切に処理しないとすぐに再来します。確実にノミやダニを駆除するには、ペットをケアし、全てきれいに洗い、家の中と外を処理して再び虫が侵入するのを防ぎましょう。ダニはノミのようにとまではいきませんが、家に寄生することもあります。また、ダニは病気を媒介することもあるため、直ちにそして効果的に駆除する必要があります。ダニとノミはペットや他の動物と共に家に侵入することが多いため、こういった侵入者からペットを守ることが家への寄生を防ぐことへと繋がります。

パート 1 の 2:
家の中のダニやノミを駆除する

  1. 1
    ペットをケアする 家の中でノミやダニを見つけたら、ほとんどのケースでまだ犬や猫、その他のペットの体に隠れています。ノミやダニを殺す専用のシャンプーを使用してペットを洗いましょう。
    • バスタブや洗濯桶の中、または外でペットに水をかけて毛を濡らします。
    • シャンプーをつけてマッサージするように毛をくまなく洗います。
    • シャンプーをつけた状態で放置します(ボトルの使用方法の放置時間に従いましょう)。
    • シャンプーを洗い流します。
  2. 2
    ペットのダニを取り除く ペットの皮膚にダニが噛みついているのを発見したら、直ちに取り除きましょう。自分で取り除くのに抵抗があるなら、獣医師に相談しましょう。下記のような方法でダニを取り除きましょう。[1]
    • ピンセットと手袋を用意し、手袋を装着します。
    • ダニを見つけてピンセットでつまみます。このとき、できるだけペットの皮膚に近い位置でダニの頭を掴みます。ダニの腹部をギュッと掴んではいけません。
    • ピンセットでしっかりとダニを挟んで真っ直ぐに引き抜きます。
  3. 3
    すべてを洗う 服、リネン、寝具、タオル、おもちゃ等を洗濯機に入れ、一番高い水温そして集中洗濯コースで洗いましょう。また、乾燥機の温度も最高に設定して、洗濯と乾燥の間に中に潜んでいるノミやダニそして幼虫を確実に殺しましょう。[2]
    • ペットの餌皿や水入れ、またシンクで洗うものでダニやノミの成虫や幼虫が潜んでいる可能性のあるもの全てを確実に洗いましょう。
  4. 4
    家中に掃除機をかける 全てを拾って洗濯機に入れたら、しっかりと隅々まで掃除機をかけましょう。掃除機のごみパックには生きたノミの幼虫が入っているため、終わったら直ちにごみパックを処分しましょう。
  5. 5
    殺虫剤をスプレーする エアゾールスプレーや粉末タイプの、フマキラーND-03、のみ・ダニ・蚊成虫スプレー、ダニアース等のノミ・ダニ用等の殺虫剤を使用しましょう。また、ピレトリンベースの殺虫剤[3] を使用しても良いですが、繁殖を防止する昆虫成長調整剤が入っているものを選びましょう。[4]家から人とペットを出して、手袋やマスク等の保護具を着用して作業しましょう。
    • 家の一番ドアから遠い所から始め、ドアに向かってスプレーして進みましょう。ペットのお気に入り場所を特に入念にすると良いでしょう。
    • 床、カーペット、ラグの裏表、枕、家具の表面と裏、窓枠、カーテン、洗えないペットの寝床、幅木、その他ダニやノミが隠れられる隙間や割れ目にライトミストや粉末の殺虫剤を撒きましょう。[5]
    • スプレーが乾くまで、もしくは粉が落ち着くまでは、家の中に人を入れてはいけません。
  6. 6
    乾燥剤を撒く スプレーが乾いたら、乾燥剤を撒いて乾燥させ虫類と卵を殺しましょう。ペットが頻繁に利用する場所、幅木の後ろと下、カーペットやラグ、ドアの後ろ、繰り型、部屋の隅、隙間、割れ目等を中心に撒きましょう。[6]下記の製品を使用すると良いでしょう。
    • KINCHOダニがいなくなるスプレー
    • スミスリン粉剤 SES
    • ホウ酸:卵や幼虫に効果があります。[7]
  7. 7
    屋外にスプレーする ノミやダニが家の周辺に生息している場合は、外の虫も駆除して再び侵入してこないようにしましょう。ダニは植物が生い茂った場所、雑木林、背の高い草が生えている場所等で、一方ノミは木や低木の下等の陰になっていて湿った場所でよく見られます。芝生、茂み、低木、木、フェンス、納屋、遊び場等にスプレーしましょう。[8]
    • 家の中で使用した殺虫剤を屋外のノミやダニの生息場所に使用しても構いません。[9]
    • ダニやノミの生息地になりやすいエリアに住んでいる場合は、殺虫剤を定期的に撒く必要があるかもしれません。3ヶ月に1回屋外に殺虫剤を撒いて、害虫を駆除しましょう。
  8. 8
    家中の埃を掃除機で吸い取りモップ掛けする 家の害虫駆除後48~72時間以内に、全て掃除してダニやノミそして卵の死骸を取り除きましょう。[10]
  9. 9
    必要に応じて繰り返す この工程が1度で済めば理想ですが、家の中のダニやノミの大発生を完全に収めるには、そうじと殺虫剤の工程を数回繰り返さなければならないこともあります。
    広告

パート 2 の 2:
寄生を防ぐ

  1. 1
    ダニやノミからペットを守る ペットに付いたノミやダニを殺す首輪、スプレー、シャンプー、滴下式薬等を使用しましょう。[11] こういったものを使用すると、ペットをノミやダニの寄生や病気から守り、また家を害虫から守ることができます。
  2. 2
    ペットの出入りに気を付ける ダニやノミは普通ペットを介して家に侵入するため、ペットが出入りするのを注意して見ておきましょう。外から帰ってきたら毛の手入れをして、家具につかないようにしましょう(ダニやノミは布製品やクッションに隠れます)。
  3. 3
    身を守る 屋外のダニやノミがいるようなところに行くときは、長袖と長ズボンを着用しましょう。ズボンの裾を靴下の中に入れ、またシャツはズボンの中に入れましょう。そして、ディートが含まれた虫よけ剤を体にスプレーして、服にはペルメトリンが含まれた虫よけ剤をスプレーすると良いでしょう。
  4. 4
    掃除機をかけてきれいにする 家をできるだけ清潔に保つとダニやノミそしてその他の害虫の寄生を防ぐことができます。
  5. 5
    芝や草を短く保つ ダニやノミは植物が生い茂った場所、茂み、背の高い草の生えた場所を好むため、芝や草は7.5センチ以下に保ち、家のそばの茂みや低木は刈りましょう。
  6. 6
    家の周辺の害虫を引き付けるものを排除する ノミやダニ、またネズミ、ラット、鳥等のダニやノミを運ぶ動物を引き付けないようにしましょう。こういった迷惑な生き物を集めるものとしては、低木の茂み、植物、落ち葉、ツタ、木材の山、鳥の餌台、バードバス等が挙げられます。[12]
  7. 7
    洗濯物は雑木林から離れた場所に地面から離して干す 暖かい時期に洗濯ものを外に干すのはとても良い方法ですが、地面に近すぎたり、木や草が生い茂った場所の近くに干すと、衣服にダニが潜り込んだり、ノミが飛び跳ねて付着することがあります。
    • 洗濯物は木や低木が生い茂った場所から離れた、開けた場所に干しましょう。
  8. 8
    菜園や遊び場は害虫の生息域から離す ダニやノミが寄生している場所に近づかなければ、病気や寄生を防げます。雑木林、植物が生い茂った場所、低木の密集している所等には近づかない方が良いでしょう。
    • 菜園、子供の遊び場、ピクニックテーブル、見晴らし小屋、パティオの家具、その他の娯楽や人が集まる場所は開けた場所に設置しましょう。[13]
  9. 9
    侵入口を塞ぐ ノミやダニ、害虫が寄生した動物の家への侵入口を塞ぐか覆いをしましょう。通気口、デッキの下のスペース、建物や床下のスペース、その他の侵入口等がこれにあたります。[14]
    広告

ポイント

  • スプレーや粉末タイプの殺虫剤を使用する際は、必ず家の換気を良くしましょう。家を処理する前に、食べ物は全て安全な場所に移しましょう。

広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
このページは 412 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告