調理中に、時間を計るのを忘れる、オーブンのスイッチを切り忘れる、間違った温度で加熱するなどすると、食べ物が焦げ、焦げた臭いが家の中に充満してしまいます。幸いにも、こうした臭いは、家庭にある身近なものを使って簡単に除去できます。焦げた臭いを吸収させたり、消臭剤を手作りしたりして家の中の焦げた臭いをとる方法を紹介します。

方法 1 の 3:
臭いがする所をきれいにする

  1. 1
    焦げた食べ物を全て捨てる 焦げた食べ物を完全に冷ましてから捨てます。焦げた食べ物を全てビニール袋に入れ、家の外のごみ箱に入れます。焦げたものは家から出してしまいましょう。ディスポーザーで処理したり、台所にあるごみ箱に捨てたりしてはいけません。焦げた臭いが空気中にいつまでも残ってしまいます。
  2. 2
    窓を開ける 窓を開けて焦げた臭いを外に出し、新鮮な空気を入れます。この方法は、家の中の空気を循環させる一番早くて簡単な方法です。家中(特に台所付近)の窓と戸を開けます。
  3. 3
    扇風機のスイッチを入れる 空気をもっと早く循環させるために、家にある全ての扇風機を出して窓や戸のそばのコンセントにつなぎます。扇風機を最速で回して空気を循環させます。台所の換気扇も回します。
  4. 4
    床やカウンターなどを洗浄する 臭いがひどい部屋の床、カウンターの上などを全て洗浄します。漂白剤や消毒剤を使って、カウンターなどを洗浄したり床をモップ掛けしたりします。臭いが強い場合は壁も洗浄します。[1]
  5. 5
    臭いのついたものは洗うか捨てる 臭いがひどい部屋にあった布製のもの(テーブルクロス、カーテン、ソファーのカバーなど)は全て洗濯します。傷みにくい生地なら漂白剤を使います。台所に臭いがしみ込んだ段ボール箱があれば、段ボール箱から中身を取り出してビニール袋に入れます。段ボール箱はリサイクルごみに出しましょう。
    広告

方法 2 の 3:
臭いを吸収させる

  1. 1
    レモン水を作る コンロでお湯を沸かします。レモンを薄切りにします。レモンの薄切りを沸騰させたお湯に入れ、10~30分置くと家の中が爽やかな香りになります。
    • または、レモンの代わりにひとつかみのクローブをお湯に入れて浸します。
  2. 2
    玉ねぎ水を入れたボウルを置く 玉ねぎを薄切りにします。水の入ったボウルに薄切りにした玉ねぎを入れ、台所の中心に置きます。家の中が全体的に臭う場合は、別の場所にも玉ねぎ水を置きましょう。玉ねぎ水は一晩置いて臭いを吸収させます。
  3. 3
    パンを酢に漬ける パンと酢を使って臭いを吸収させます。水をたっぷり入れた鍋に酢カップ2杯を加えます。酢水を沸騰させたら、15分ほど煮立たせます。パンを数枚、酢水に漬けます。パンを皿に乗せて臭いを吸収させます。[2]
    • 酢水を入れたボウルを置くだけでも臭いを吸収させることができます。酢を熱するとさらに効果があります。
  4. 4
    水と重層を合わせる 重層は、特に台所の臭いをとる強力な吸収材です。焦げた臭いをとるには、重層カップ1/2強(約120ml)をボウルに入れます。重層を入れたボウルを台所や臭いの気になる所に置いて臭いを吸収させます。[3]
    広告

方法 3 の 3:
臭いを隠す

  1. 1
    焼きたての香りを広げる オーブンを90℃程度に温めます。天板にアルミホイルを敷きます。バター大さじ1杯を塗った天板の上にシナモンパウダーと砂糖を振りかけます。オーブンを消して2~4時間置きます。こうすると、家の中が何かおいしそうなものを焼いた時のような匂いになります。[4]
  2. 2
    レモン水をスプレーする レモン果汁と水を同量ずつスプレーボトルに入れます。臭いがする場所にレモン水をスプレーします。臭いが吸収され、化学薬品を含まない天然のレモンの香りが残ります。
  3. 3
    エッセンシャルオイルで消臭剤を作る ウォッカまたは消毒用アルコールまたはバニラエッセンス大さじ2杯(30ml)にお好みでブレンドしたエッセンシャルオイルを15~20滴を加え、水180mlと混ぜ合わせます。容量約250mlのスプレーボトルに詰めます。よく振って臭いがする場所にスプレーします。[5]
  4. 4
    香水で消臭剤を作る ブランデー大さじ2・1/2杯(色の薄いフランス製のブランデーが適しています)に好みの香水20滴、ティーツリーオイル5滴、水180mlを混ぜ合わせます。容量約200mlのスプレーボトルに詰めます。よく振って臭いがする場所にスプレーします。
  5. 5
    消臭剤を使う 市販の消臭剤に抵抗がなければ、リセッシュ、ファブリーズ、レノアなどの消臭剤を使います。こうした商品の匂いを強く感じる場合もあるため、注意して使いましょう。手作りの消臭剤よりも臭いを隠す効果があります。
    広告

関連記事

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

ヘアピンでドアの鍵を開ける

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

ガラスの傷を取る

How to

木に防水加工をする

How to

ドライバーを使わずにネジを外す

How to

衣服に付いたロウを落とす

How to

プラスチックについた傷を消す

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

コンクリートを仕上げる

How to

ヒューズをチェックする

How to

切り花のチューリップを長持ちさせる

How to

ペーパークリップで鍵を開ける

How to

絵画を壁に掛ける
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は11,720回アクセスされました。
このページは 11,720 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告