家庭用品を使ってノートパソコンの画面を掃除する方法

ノートパソコンの画面には、ホコリや食べかす、その他の細かいゴミが付きやすく、そうしたゴミが溜まってくると汚ならしくなってしまいます。液晶画面は傷がつきやすいため、ノートパソコンの画面を掃除する際には、柔らかい素材の物を使うことが大切です。わざわざ液晶画面専用クリーナーの購入をしたくない場合は、マイクロファイバークロスと水と酢で作る簡易的な清浄液を使って掃除することができます。

方法 1 の 3:
マイクロファイバークロスで画面を掃除する

  1. 1
    パソコンの電源を切り、電源アダプタとバッテリーを取り外す 画面が通電状態で掃除をすると、重大な故障につながる可能性があります。故障を防ぐために、電源を切り、 念のために アダプタもバッテリーも取り外しましょう。スリープ状態にするだけでは意味がありません。[1]
  2. 2
    マイクロファイバークロスを用意する マイクロファイバークロスは、柔らかいだけでなく、使用しても糸くずが発生しない素材でできています。雑巾や使い古しのTシャツ、その他の種類の布で掃除をすると、余計なゴミが付いたり、画面が傷ついたりする恐れがあります。
    • 紙製品を使うのも避けましょう。紙ナプキン、ペーパータオル、トイレットペーパー、その他紙製品は、表面が粗くて画面を傷つけてしまうため、決して使用しないようにしましょう。
    • マイクロファイバークロスは、各種スクリーンやレンズの清掃に便利です。
  3. 3
    マイクロファイバークロスで優しく画面を拭く ホコリやこびりついていないゴミであれば、クロスで画面を一拭きすれば取れるでしょう。画面を強く押すと、故障に繋がる恐れがあるため、強く力を入れずに優しく拭きましょう。[2]
    • 頑固に見えても、円を描くように軽く拭くことで取れる汚れもあります。
      • 画面はゴシゴシと擦らないようにしましょう。液晶のドットが欠けてしまう恐れがあります。
  4. 4
    マイルドな洗剤で液晶画面のフレーム部分を掃除する 画面の周辺部が汚れている場合は、一般的な家庭用洗剤とペーパータオルで掃除することができます。ペーパータオルや洗剤が画面に触れないように細心の注意を払って掃除をしましょう。
    広告

方法 2 の 3:
清浄液を使って画面を掃除する

  1. 1
    パソコンの電源を切って、電源アダプタとバッテリーを取り外す この方法では、液体を使って画面を掃除するため、パソコンの電源を切って、プラグをコンセントから外すことが重要です。[3]
  2. 2
    マイルドな清浄液を作る 蒸留水は、化学物質を含まずに液晶画面にも優しいため、画面の清掃に用いる液体として理想的です。汚れがひどい場合は、ホワイトビネガーと蒸留水を1対1の割合で混ぜた溶液を利用することもできます。[4]
    • リンゴ酢等の風味のついた酢ではなく、必ず普通のホワイトビネガーを使いましょう。
    • 蒸留水には化学物質が全く含まれていないため、水道水よりも清浄液として適しています。
    • 現在では、パソコンメーカーは、アルコールやアンモニア、その他の強い溶剤を液晶画面の清掃に使用することを推奨していません。[5]
  3. 3
    清浄液を小ぶりのアトマイザーボトルに入れる アトマイザーボトルは、香水のボトルのように上からボタンを押して細かい霧を噴射させるスプレーボトルの一種です。スプレーボトルに清浄液を適量入れてフタをしましょう。画面には直接清浄液を吹き付けないようにしましょう。
  4. 4
    マイクロファイバークロスに最小限の清浄液をつける 静電気も繊維クズも発生しない布を使うのが最適です。普通の布を使うと画面を傷つけてしまう可能性があるということを覚えておきましょう。布はびしょ濡れにせずに、湿らせる程度にしなければなりません。そのために、アトマイザーボトルを利用するのです。
    • 布が濡れていると、清掃中に清浄液が画面に滴り落ちて、それがベゼルの裏に回り込み、液晶画面が不可逆的に損傷する恐れがあります。
    • 清浄液は1回につき布の先端に少量つけるだけに留めて、布がずぶ濡れにならないようにします。
  5. 5
    画面に布を当てて円を描くように拭く 一般的に、素早く円を描くように拭くと、筋状の跡が残りません。布を軽く均等な力をかけて使います。画面に密着させるだけの力加減で十分です。掃除中に画面に力をかけ過ぎると、液晶画面内部の回路が損傷して、画面が使い物にならなくなってしまうため、布や画面に指を押し付けないように気をつけましょう。
    • 清掃時は、汚れの再付着を防ぐために、画面の一番上または一番下付近を抑えましょう。
    • 汚れを全て取り去るまでに、何度か繰り返し拭く必要があるかもしれません。また、繰り返し拭く回数に応じて、掃除中に布を再度湿らせる必要がある場合もあります。
    広告

方法 3 の 3:
禁止事項を把握する

  1. 1
    絶対に直接画面を濡らさない どのような状況でも、ノートパソコンの画面に直接液体を吹き付けてはいけません。[6] 水分がパソコン内部に浸透する可能性が飛躍的に高まり、ショートの原因となります。液体を使用する場合は、必ず柔らかい布につけてから使用しましょう。
    • 布を水浸しにしてはいけません。ずぶ濡れの布を使用すると、そこから滴り落ちた水がパソコン内部に浸透して、深刻な故障を引き起こす可能性があります。誤って布を濡らしてしまった場合は、若干湿っている程度になるまで、しっかりと絞りましょう。
  2. 2
    画面の掃除に普通の洗剤を使わない 画面の掃除に使える清浄液は、水と酢の薄い混合溶液か市販の液晶画面専用クリーナーのみです。以下の洗剤を使用してはいけません。
    • 窓ガラス用洗剤
    • 万能洗剤
    • 食器洗い洗剤または各種石鹸
  3. 3
    決して画面をゴシゴシと擦らない 画面を強く押しすぎると、パソコンが不可逆的に破損してしまう可能性があります。画面を掃除する際は、優しく円を描くように拭きます。ブラシなど、柔らかい布以外の物は画面の掃除に使わないようにしましょう。
    広告

ポイント

  • ティッシュペーパー、紙ナプキン、その他の紙製品を使うと、画面に紙の破片が残ります。試し拭きに紙製品を使うことさえも控えた方がよいでしょう。紙製品は、木の繊維を含んでいる場合があり、研磨されている表面を傷つけてしまうことすらあります。
  • 水道水には無機物が含まれており、掃除に使うと画面に鉱物の拭き後が残ることがあるためため、使用を避けましょう。
  • 仕事や趣味でカメラを使っているなら、柔らかい綿布の代わりにレンズの手入れに用いるリントフリーのワイパーを使うこともできます。
  • メガネのレンズクリーナーを持っている場合は、成分に「イソプロパノール」が含まれているかを確認しましょう。イソプロパノールが含まれている場合は、液晶画面に使ってはいけません。
  • 届きにくい箇所は、綿棒に清浄液をつけて掃除しましょう。
  • 清浄液をつけすぎて、滴り落ちるほど、画面が濡れてしまった場合は、水気を柔らかい布で拭き取り、 布につける清浄液の量を減らします。
  • 落ちにくい汚れには辛抱強く対処します。汚れた箇所を拭いたら、清浄液が汚れに浸透するのを少し待って、再び拭く、という作業を繰り返します。
  • 心配なら、まず画面のほんの一部で試し拭きをしてみましょう。
  • マイクロファイバークロスがない場合は靴下(できれば白)で代用します。
  • マイクロファイバークロスを洗濯機で洗剤と柔軟剤で洗ったり、他の衣類と一緒に洗ってはいけません。石鹸かすや髪の毛、ほこりなどがマイクロファイバークロスに付着すると、事実上使い物にならなくなってしまいます。

広告

注意事項

  • 市販の使い捨て液晶画面用ウェットやドライワイパーは、上記の問題点が全て考慮されており、かつ、もう一つ別の問題にも対応しています。ウェットワイパーは、クリーニング液を適量含むように調節されているため、清掃中に画面が濡れたり、水滴が滴り落ちたりしません。液晶画面クリーニングキットのワイパーは、リントフリーであるため、使用方法に従えば 、拭き筋も残りません。
  • 掃除を始める前に、パソコンの電源を切り、電源アダプタとバッテリーを取り外しましょう。液晶画面のピクセルを損傷する恐れがあります。
広告

必要なもの

  • 蒸留水
  • 柔らかい綿布(マイクロファイバークロスが最適です)
  • ホワイトビネガー
  • スプレーボトル

関連記事

How to

キーボードのリセット

How to

ワイヤレスキーボードをパソコンに接続する

How to

パソコンにセカンドモニターを接続する

How to

ウェブカメラをセットアップする

How to

マウスの感度を変える

How to

読み取り専用のUSBメモリをフォーマットする

How to

グラフィックボードのドライバーを更新する

How to

Ubuntuでキーボードレイアウトを変更する

How to

キーボードのキーの不具合を解消する

How to

使用しているグラフィックボードを確認する

How to

HP Pavilionのキーボードライトを点灯させる

How to

ハードディスクドライブを増設する

How to

ハードディスクを取り付ける

How to

パソコンにフォントをインストールする
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む102人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 3,435 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告