PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

「老人性色素斑」「肝斑(かんぱん)」「日光性色素斑」などの名前で知られているシミは、50歳を超えた人によく見られます。日光を浴びると皮膚細胞で色素が過剰に生成され、シミができます。幸いシミに害はありませんが、気になる場合はシミを消す方法を試しましょう。[1] シミに対処する一般的な方法は、皮膚科でレーザー治療やケミカルピーリングを受けたり美白クリームを塗ったりすることですが、自然療法を試したい人もいるかもしれません。自然療法の多くはシミに効きませんが、中には研究によって支持された方法もいくつかあります。ここで紹介する方法でシミが薄くなるか試してみましょう。ただし、効果がなければ皮膚科で治療を受けましょう。

方法 1
方法 1 の 3:
効果的な自然療法

インターネット上には美白やシミに効くと言われている自然療法がたくさんありますが、その多くは実際に効果がなく、危険な方法もあるので注意が必要です。幸い、ある程度の有効性が認められた自然療法がいくつかあります。ここで紹介する方法がシミに効くか試してみましょう。ただし、かゆみや炎症などの副作用が起こったら直ちにクリームの使用をやめましょう。

  1. 1
    グリコール酸やコウジ酸が配合されたクリームでシミを薄くしましょう。グリコール酸とコウジ酸は美白クリームによく配合されている成分です。いずれかの成分が配合されたクリームは処方箋がなくても購入できるので、薬局で探してみましょう。[2]
  2. 2
    シミがこれ以上濃くならないようにアロエシンが入ったクリームを使います。アロエシンは植物のアロエベラに含まれており、色素の過剰な生成を抑える効果があります。薬局やネットショップでアロエシンが入ったスキンケア製品を探してみましょう。シミがこれ以上濃くならないように、1日4回、15日間塗ります。[3]
    • アロエシンは純粋なアロエベラとは異なるので間違えないように注意しましょう。
  3. 3
    マルベリーリーフエキスを試しましょう。プラセボ(偽薬)と比較した研究では、マルベリーリーフエキスにシミを薄くする効果が見られたので、シミの種類によっては効くかもしれません。濃度75%のマルベリーリーフエキスをシミに塗り、薄くなるか試してみましょう。[4]
    • マルベリーリーフエキスはそれほど一般的ではないので、ネットショップで探してみましょう。
  4. 4
    リクイリチンが配合されたクリームをシミに塗りましょう。リクイリチンは甘草に含まれる化合物で、リクイリチンが配合されたクリームには従来の美白クリームとほぼ同じ効果があるかもしれません。リクイリチン20%のクリームを毎日塗り、効果があるか確認しましょう。[5]
    • リクイリチンエキスは、他の成分と混ぜた場合に限ってシミに対する有効性が認められています。
  5. 5
    ナイアシンアミドが配合されたクリームを使ってシミを保湿しましょう。ナイアシンアミドはビタミンB3の1種で肌を保湿する効果があり、シミにも効くかもしれません。ナイアシンアミド4%、もしくは5%のクリームを9週間シミに塗り、シミが薄くなるか確認しましょう。[6]
  6. 6
    ビタミンC配合のクリームで肌に栄養を与えます。ビタミンCにはシミを薄くする効果もあるので、ビタミンC配合のクリームを塗ってシミが薄くなるか確認しましょう。ビタミンC配合のクリームは薬局などで販売されています。[7]
  7. 7
    レモン果汁や漂白剤、スクラブスポンジなどを肌に使うのはやめましょう。自然療法の中には危険な方法もあります。レモン果汁や酢、漂白剤などの酸性物質や刺激性物質は、肌にダメージを与える恐れがあります。また、市販のスクラブスポンジも肌に害を及ぼす可能性があるので使わないようにしましょう。[8]
    • マイクロダーマブレーションは、専門の皮膚科医が施術した場合に限ってシミに有効です。家庭で行うと危険なので注意しましょう。[9]
    • 肌に塗るクリームなどの安全性に疑問があれば、皮膚科医に相談しましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
承認された医薬品や治療法

医学的に承認されたシミの治療法には、家庭で簡単に行える方法もいくつかあります。市販のシミ取りクリームやそれより強い処方薬を塗りましょう。皮膚科で診察を受け、自分のシミに最適な薬を勧めてもらいます。シミ取りクリームが効かなければ、シミを消すためにレーザー治療やマイクロダーマブレーションの施術を受けても良いでしょう。[10]

  1. 1
    従来からシミの治療に使われているハイドロキノン2%クリームを使いましょう。ハイドロキノンは美白クリームとして有名で、おそらく皮膚科での治療に最初に使われる薬です。ハイドロキノン2%クリームは処方箋がなくても購入できるので、薬局などで探してみましょう。1日1回、顔を洗ってからシミにクリームを塗ります。[11]
    • ハイドロキノンクリームの効果が現れるには約4週間かかります。
    • 皮膚科で濃度がより高いハイドロキノンクリームを処方してもらっても良いでしょう。
  2. 2
    皮膚科でレチノイド(トレチノイン、レチノイン酸)を処方してもらいましょう。レチノイドは、ニキビやシワ、シミなど、様々な症状の治療に使われているステロイドの塗り薬です。処方箋が必要なので皮膚科で診察を受け、自分の症状にレチノイドが適しているか相談しましょう。[12]
    • レチノイドを塗ると、敏感肌の場合は炎症が起こる可能性があります。副作用が見られたら使用を中止しましょう。
  3. 3
    アゼライン酸20%クリームを使います。アゼライン酸にはシミを薄くする効果があり、ハイドロキノンと同様、場合によってはそれ以上の有効性が認められています。アゼライン酸クリームを1日2回、2か月間塗り、シミが薄くなるか確認しましょう。[13]
    • アゼライン酸クリームは、皮膚科でのケミカルピーリングと併用すると効果が高まるかもしれません。皮膚科で相談しましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
シミの悪化を防ぐ

シミやシミの悪化の主な原因は、日光を浴びることです。シミが濃くなったり新しいシミができたりするのを防ぐには、日光から肌を守ることが重要です。日光を浴びないようにすると、シミは時間とともに薄くなるかもしれません。次の手順に従って、有害な紫外線から肌を守りましょう。

  1. 1
    外出の際は、SPF30の日焼け止めを必ず塗りましょう。曇りや雨の日でも日光を浴びる可能性があります。外出時は露出している肌すべてにSPF30以上の日焼け止めを塗り、紫外線から肌を守りましょう。[14]
    • ニキビができやすい人は、「毛穴が詰まらない」と表示されている脂性肌用の日焼け止めを使いましょう。
    • 屋外で長時間過ごす場合は、2時間ごとに日焼け止めを塗り直しましょう。水泳をする場合は、水から上がる時に塗り直します。[15]
    • 外に出た瞬間から日焼け止めが効くように、出かける15~30分前に塗りましょう。
  2. 2
    日差しが強い時間帯は屋内で過ごしましょう。難しいかもしれませんが、日差しが強い時間帯に肌を守る最善の方法です。日差しが強い時間帯は、通常午前10時から午後2時です。この時間帯は日差しが最も強いので、日差しを浴びると肌に大きなダメージとなる恐れがあります。この時間帯には日差しを避けて屋内で過ごせるように、スケジュールを調整しましょう。[16]
    • どうしても外出する場合は、できるだけ日陰に入りましょう。[17]
  3. 3
    晴れた日には、服とサングラス、帽子で肌を守りましょう。晴れた日に外出する場合は、日焼け止めだけでは不十分かもしれません。紫外線をできるだけ遮断するために、肌の露出が最小限の薄手の服を着て、忘れずに帽子をかぶりましょう。[18]
    • UVカットの服を着ても良いでしょう。紫外線から肌をしっかり守るために、UPF(紫外線保護指数) 40~50の服を探しましょう。
  4. 4
    運転席側の窓ガラスにUVカットフィルムを貼りましょう。気付かないかもしれませんが、運転中に多くの日光を浴びる可能性もあります。運転席側の窓ガラスにUVカットフィルムを貼り、運転中も肌を守りましょう。こうすると、長時間の運転中に浴びる紫外線の量を減らすことができます。[19]
    広告

医学的ポイント

自然療法の多くはシミに効きませんが、ある程度の有効性が認められた方法もいくつかあります。これらの方法は、害を及ぼす心配がないので試してみましょう。自然療法を行う場合でも専門家の施術や治療を受ける場合でも、必ず日光から肌を守ってシミの悪化を防ぎます。適切な方法で対処すると、数週間でシミが消えるでしょう。

ポイント

  • シミに対処する最善の方法は、シミを予防することです。シミができないように、常に日光から肌を守りましょう。[20]
  • 自然療法でシミが薄くならない場合でも、別の方法はたくさんあります。シミの治療法については、皮膚科で相談しましょう。
広告

注意事項

  • シミができるのは日光を浴びすぎているからです。日差しから肌を守るための対策をしっかり行いましょう。
  • シミは無害ですが、皮膚がんの悪性腫瘍がシミのように見えることもあります。シミを確認して、色が不均一または黒い、大きくなる、出血が見られる、周りがぼやけていて境界線が不明瞭などの場合は、直ちに病院で診察を受けましょう。[21]
広告

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
軽石を活用する軽石を活用する
タトゥーシールをはがす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
生理を早める生理を早める
ワンピースのウエストを詰める
防犯タグを外す防犯タグを外す
縮んだ服を伸ばす
革に付いた油染みを落とす
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
ジーンズについた血液のシミを落とす
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
速くヒゲを生やす速くヒゲを生やす
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
広告

このwikiHow記事について

Zora Degrandpre, ND
共著者 ::
自然療法医
この記事の共著者 : Zora Degrandpre, ND. デグランプリ医師はワシントン州バンクーバー在住の自然療法医で、米国国立衛生研究所と米国国立補完代替医療センターにおいて論文査読者も務めています。2007年に国立自然医学大学にて自然療法医師学位を取得。 この記事は18,728回アクセスされました。

医療免責事項

この記事の内容は、医師による指導、診察、診断、治療の代わりになるものではありません。治療の開始、変更、停止などにあたっては、必ずかかりつけ医もしくは資格を持った医療従事者に相談してください。

このページは 18,728 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告