PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

完璧な美しさの基準には届かないと感じるのは、本当に辛いかもしれません。外見より性格や成し遂げたことのほうが大切だとわかっていても、時には鏡を見てかわいくなりたいと思うこともあるでしょう。幸い、かわいくなるために必要なことのほとんどは、自分をどう見せるかにかかっています。内面と外見に気を配るようにすれば、自分がもっとかわいいと感じるようになるでしょう。

方法 1
方法 1 の 3:
身だしなみを整える

  1. 1
    眉毛を整えて小顔に見せましょう。ぼさぼさの眉毛は眉毛コームでとかし、アイブロウジェルをつけて流れを整えます。まばらな眉毛は、アイブロウペンシルやパウダーで隙間を埋めましょう。眉毛が濃い場合は一度眉毛専門サロンに行って、ワックス脱毛や糸脱毛などで眉の形を整えてもらいます。その後伸びたら自分で切る、抜く、ワックス脱毛などをして、きれいな形をキープしましょう。[1]
    • 上唇の上やあごの下など、他にも気になる産毛がある場合は、毛抜きやワックスで取り除きましょう。産毛の量が多ければ、顔専用の脱色剤を使うこともできますが、顔の産毛を剃るのはやめましょう。生え始めると前より目立ってしまいます。
    • 必ず顔専用の製品だけを使いましょう。使用方法をしっかり読み、その通りに使います。
  2. 2
    毎日シャワーを浴びるかお風呂に入り、刺激が少ないボディソープで体を洗いましょう。美しく健康的な肌と爽やかな香りのために、1日1回、激しい運動をする場合はそれより多く、刺激が少ないボディソープで体を洗います。香りや洗浄作用が強いボディソープを使うと、肌が乾燥してくすみます。[2]
    • かわいくなるには爽やかな香りも大切です。毎日のシャワーやお風呂の後には、デオドラントや制汗剤を使いましょう。好みで香水やボディスプレーを軽くつけてもかまいませんが、香りがきつくならないように控えめに使いましょう。[3]
    • ムダ毛が見えるのが気になる場合は、脇の下や脚が露出する服を着る前に、その部分を処理しておきましょう。
  3. 3
    1日2回、刺激が少ない洗顔料で顔を洗って保湿しましょう。毎朝起きた後と毎晩寝る前に顔を洗い、ニキビの原因になる汚れや脂を落とします。洗顔後は、柔らかいタオルで顔を軽く叩くようにして乾かしましょう。その後、さらっとした顔用保湿剤を薄く塗ると肌が潤い、顔が生き生きとします。[4]
    • 洗顔料や顔専用の石けんを使いましょう。顔の肌は体の肌よりデリケートなので、普通のボディソープを顔に使うと刺激が強すぎるかもしれません。
    • 肌のタイプに合った洗顔料と保湿剤を選びましょう。たとえば、脂性肌には泡タイプの洗顔料とオイルフリーのさらっとした保湿剤が適しています。乾燥肌には、保湿ジェル洗顔料と濃厚な保湿クリームを使いましょう。
  4. 4
    1、2週間ごとに角質ケアを行って、死んだ皮膚細胞を取り除きましょう。顔がくすんで見える場合は、角質ケアを行って表面の角質を取り除く必要があるかもしれません。おでこ、頬、顎に濡らしたフェイスタオルをあて、円を描くようにそっとこすりましょう。同じように体の肌の角質を取り除くこともできます。特に肘や膝、足の角質をケアしましょう。[5]
    • ドラッグストアや美容用品店で販売されている様々なスクラブ剤や角質ケアブラシなどを使っても良いでしょう。また、オリーブオイルと蜂蜜、砂糖を混ぜて、自家製のシュガースクラブを作ることもできます。
  5. 5
    1日2回歯を磨き、1日1回はデンタルフロスで歯間をきれいにしましょう。笑顔は第一印象を大きく左右するので、口の中を毎日きれいにしましょう。歯磨き粉をつけた歯ブラシで少なくとも1日2回は歯を磨き、毎晩寝る前にデンタルフロスを使います。さらに、半年に1度は歯科医院に行き、検診と専門的なクリーニングを受けましょう。
    • 歯が黄色く変色している場合は、ホワイトニング効果のある歯磨き粉やホワイトニングストリップを使う必要があるか、歯科医師に相談しましょう。歯科医院でホワイトニングの施術を受けることも可能です。
  6. 6
    髪を洗ってブラッシングし、毛先をきちんと整えておきます。おしゃれなヘアスタイルにしたければ、顔の形と髪質に合うようにヘアサロンで髪をカットしてもらいましょう。その後は、毎朝時間をかけてきれいにスタイリングします。必要に応じて、洗い流さないトリートメントやヘアスプレー、塩スプレー、ムースなどを使うと、髪がまとまりやすいでしょう。ただし、髪が汚く見えないように、「べたつかない」「オイルフリー」などと書いてあるスタイリング剤を選びます。[6]
    • 自然な髪質に逆らうのではなく、それを活かした髪型にしたほうがスタイリングが簡単です。たとえば、くせ毛の場合は、ロングヘアにしたほうがうねりが抑えられるでしょう。ショートカットにすると、くせが強く出てはねやすくなり、毎朝のスタイリングに時間がかかるかもしれません。
    • オイリーヘアでなければ、毎日シャンプーする必要はありません。ドライヘアなら2、3日に1度髪を洗いましょう。髪を洗わない日に髪のべたつきが気になったら、ドライシャンプーを少量使いましょう。
    • 髪の長さや髪質に合ったスタイリングの方法を見つけましょう。たとえば、ショートヘアなら毛先を立てるか、髪をとかして耳の後ろにきちんと撫でつけます。ロングヘアは、ポニーテールやフレンチブレイドにまとめるか、自然に下ろしましょう。ミディアムヘアには、ハーフアップやゆるい巻き髪がぴったりです。
  7. 7
    爪をきちんと切って清潔にしておきましょう。手洗いや入浴時に、手や爪ブラシで爪の中をきれいに洗います。爪は同じ長さに切り揃えておきましょう。爪を噛む、甘皮を引っ張る、ささくれを引きちぎるなどの行為は控えましょう。[7]
    • ネイルが好きならマニキュアを塗っても良いでしょう。さりげないおしゃれには自然な色のマニキュアを選び、目立たせたいのなら好みの色のマニキュアを塗りましょう。[8]
    • 弱い爪やもろい爪には、週に1回くらいネイルハードナーを塗りましょう。
  8. 8
    メイクをする場合は、チャームポイントを目立たせるメイクをしましょう。かわいくなるためにメイクが必要なわけではありませんが、薄いメイクをするとかわいい部分を目立たせ、気になる部分をカバーすることができます。ただし、顔全体にメイクをすると厚化粧になってしまうので、どこか1か所を目立たせるようなメイクやすっぴんに近いナチュラルメイクをしましょう。[9]
    • 顔、顎、えら、鼻を大きくまたは小さく見せるには、ハイライトを入れるかコントゥアリング(シェードとハイライトで立体感を出すメイク術)をしましょう。小さく見せたい部分には、本来の肌の色より2段階濃いパウダーを塗ります。また、上唇の上のV字の部分や頬骨の上などの目立たせたい部分には、明るい色のコンシーラーかハイライトを塗りましょう。
    • 唇が薄い場合は、リップライナーで少しだけ外側に縁取りをするとふっくらと見えます。口を小さく見せたければ、唇全体にコンシーラーを塗ってから口紅をつけましょう。
    • 目を大きく見せるには薄い色のアイシャドウを塗り、目尻のほうだけにアイラインを入れましょう。目を小さく見せたければ、濃い色のアイシャドウとアイライナーを使います。
  9. 9
    サイズがぴったりで体型をカバーする服を選び、すっきりと着こなしましょう。体型やサイズにかかわらず、自分が一番かわいく見える服を知ることが大切です。きつすぎる服やぶかぶかの服ではなく体のラインに沿った服の中から、自分に似合う服を選びましょう。
    • 体型には、リンゴ型、洋ナシ型、逆三角形などがあります。自分がどの体型かを確認し、体型に合うおすすめファッションをインターネットで検索しましょう。体型に合う服だけを着る必要はありませんが、それを目安にすると自分がかわいく見える服を選びやすいでしょう。
    • しわのない清潔な服を身に着けましょう。汚れた服には汗や角質がついていて、嫌なにおいがするかもしれません。[10]
  10. 10
    服装に合うアクセサリーを選びましょう。毎日着る服を決めたら、かわいらしいネックレスやブレスレット、ハンドバッグなどのアクセサリーを、服装に合わせて選びましょう。服に合うアクセサリーをつけると、統一感が出てさらにおしゃれに見えます。[11]
    • ヘアバンドやバレッタ、リボンなどのヘアアクセサリーをつけると、一層かわいらしい雰囲気になります。
    • 眼鏡をかける場合は、顔の形に合うものを探しましょう。たとえば、丸顔には四角いフレーム、四角い顔には丸いフレーム、三角形の顔にはキャットアイフレーム、ハート形の顔にはフレームのない眼鏡というように選ぶと、顔とのバランスが取れます。[12]
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
体に気を配る

  1. 1
    体力と健康を維持するために、週に2、3回は運動しましょう。週に数回は外に出て、ウォーキング、ジョギング、水泳をするか、ジムでトレーニングを行います。好きなスポーツ競技や趣味の集りに参加するのも良いでしょう。健康で丈夫な体を維持していれば、必ず見た目も良くなります。[13]
    • 運動のために外出するのが難しい場合は、リビングや自分の部屋でアップテンポの曲をかけて、毎日数分間ダンスをしましょう。
  2. 2
    健康的にかわいくなるために、低脂肪で栄養が豊富な食事をとりましょう。必要な栄養素を十分にとらないと、顔がくすんで青ざめたり目の下にクマができたりします。食事から必要な栄養素をしっかりとるために、精製糖を避け、たくさんの果物と野菜、全粒穀物、脂肪が少ないたんぱく質をとりましょう。脂肪が少ないたんぱく質を含む食品は、鶏肉、七面鳥肉、魚、豆腐、豆類です。[14]
    • 健康的に輝く肌のためには、にんじん、ほうれん草、トマト、ベリー類、えんどう豆、サーモン、ナッツ類など、抗酸化成分を多く含む食品を食べましょう。
  3. 3
    背筋を伸ばし、頭をあげてまっすぐに立ちましょう。前屈みやうつ向いているのに気付いたら、姿勢を正して相手の目を見るようにします。姿勢を正すと明るい印象になり、よりかわいく見えるでしょう。さらに、良い姿勢でいると元気よくテキパキと動けます。[15]
    • 学校の机に向かうときや食事のときには、椅子にまっすぐ座り、肩を後ろに引いて腰を少し反らしましょう。このように座ると、背骨が自然な位置になります。リラックスするときでも、ランバーサポートやクッションを使ってこの姿勢を維持しましょう。[16]
  4. 4
    リラクゼーション法でストレスをコントロールしましょう。ストレスを抱えていると不安そうに見え、くたびれた印象になります。いつもかわいい自分でいるために、ストレスを健康的にコントロールする方法を覚えましょう。ストレスが溜まったときには、深呼吸やヨガ、瞑想などで精神統一をはかります。親友や家族につらい気持ちを吐き出しても良いでしょう。[17]
    • 定期的にストレスが溜まったりパニックになったりする場合は、すべきことが多すぎるのかもしれません。家族や友達に助けてもらいましょう。また、大きな負担になることを誰かに頼まれたら、はっきりと断る勇気も大切です。
  5. 5
    外出するときには日焼け止めを塗り、肌を守る服を着ましょう。太陽光線を浴びて肌がダメージを受けると、だんだんと肌が乾燥してくすみ、しわができることもあります。外に出るときにはいつでも、肌の露出した部分すべてに日焼け止めを塗りましょう。広範囲の太陽光線から肌を守るSPF30以上の日焼け止めを使います。[18]
    • 薄手の長袖や帽子、サングラスをつけて肌を守りましょう。
    • 曇りの日でも太陽光線は降り注いでいるので、晴れていなくても必ず日焼け止めを塗りましょう。
  6. 6
    日頃から水をたっぷり飲みましょう。水分が足りていると、肌が生き生きとして健康的に見えます。必要な水分の量は年齢や体の大きさ、活動量によって異なりますが、目安としては、1日あたり女性は2.7リットル、男性は 3.7リットルの水を飲む必要があります。[19]
    • 外出先でも水を飲めるように、水筒を持って出かけましょう。
    • 出かける先の水の衛生状態が気になる場合は、フィルター付きの水筒を使いましょう。
  7. 7
    14~18歳には毎晩8~10時間の睡眠が必要です。睡眠のサイクルを毎日同じにしたほうがよく眠れるので、毎朝同じ時間に起きて、毎晩同じ時間に寝るようにしましょう。毎晩寝るときには寝室の電気を消して静かな環境を整え、室温を低くしましょう。[20]
    • 6~13歳には9~11時間、18歳を超えている場合には7~9時間の睡眠が必要です。
    • 十分な睡眠をとると、翌朝すっきりと目が覚めます。爽やかな気分でいると、一層かわいく見えるでしょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
内面の美しさを磨く

  1. 1
    他の人、特にメディアでかわいいと言われている人たちと自分を比べないようにします。難しいかもしれませんが、テレビに出演するアイドルやモデルのような外見でなければかわいくないと考えるのはやめましょう。代わりに、自分や周りの人たちの自然な美しさに目を向けます。[21]
    • 周りの人たちの素敵なところに注目すると、自分自身のかわいらしさにも気付けるようになるでしょう。
    • 雑誌や映画、広告看板、テレビなどで見る姿は、ヘアスタイリストやメイクアップアーティスト、スタイリスト、照明担当の専門家などが大変な準備をしたうえで撮影されています。さらに、実物以上にかわいく見える特定の角度から撮影され、デジタル加工をしてモデルの「欠点」を消している場合も多くあります。このような姿をかわいらしさの基準にすると、自分がかわいいと思えなくなってしまいます。
  2. 2
    ネガティブな考えに抵抗して、ポジティブな考えに切り替えましょう。自分の見た目を気にして自信が持てない場合は、ネガティブな思考にとらわれている可能性があります。本当に難しいかもしれませんが、自分の欠点が気になったら、事実に基づいた前向きな考え方に切り替えましょう。自分の長所に注目し、気になる点が変更できるのなら解決策を探します。[22]
    • たとえば、「モデルみたいにかわいくないから、私のことを好きになる人なんて現れない」と考えるのではなく、「私は面白いし、友達を大切にしている。一緒にいると楽しいって友達は言ってくれる」と考えましょう。
    • また、自分の髪が大嫌いだと思ったら、もっと前向きに考えてみましょう。たとえば「この髪質に合うかわいいヘアスタイルを探して、ヘアサロンで上手にカットしてもらおう」と考えたり「もう少し髪を伸ばそう。その間にお金を貯めて、有名なヘアサロンに行こう」と考えたりしてみましょう。
  3. 3
    周りの人に優しくしましょう。内面の美しさを輝かせるために、思いやりと愛情をもって周囲の人に接します。その人の良い面を見つけてほめましょう。友人や家族には、心からの感謝の気持ちを示します。悩んでいる人がいたら、寄り添って話を聞きましょう。[23]
    • 内面が美しくなると、外見もより美しく見えます。
  4. 4
    人と一緒にいるときには微笑みましょう。笑顔でいるとかわいく見えるだけではなく、自分自身も幸せな気持ちになります。ほとんどの人は、幸せなときには一層かわいく見えるものです。いつもかわいい自分でいるための簡単な方法は、笑顔でいることです。[24]
    • 自分をかわいく見せたいときには、たとえ微笑むような気分でなくても、少なくとも感じの良い表情を浮かべましょう。
  5. 5
    一緒にいて楽しい人と優先的に付き合いましょう。あなたの外見を否定したり、傷つくようなことを言ったりする人と付き合うのは、時間の無駄です。一緒にいて自分が楽しい気分になる人と付き合うようにしましょう。このような友達と楽しく過ごしていれば、他の人が自分のことをどう思っているかを気にする暇などなくなります。[25]
    • 意地の悪いことを言う人が家族や同僚などで関係を断てない場合は、きちんと主張できるように頑張ってみましょう。たとえば誰かにブスと言われたら、「そういうこと言うのはやめて。すごく失礼だし気分が悪くなる」とはっきり言いましょう。
    広告

関連記事

タトゥーシールをはがす
靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
ワンピースのウエストを詰める
眼鏡のレンズについた傷を消す
防犯タグを外す防犯タグを外す
ジーンズについた血液のシミを落とす
革に付いた油染みを落とす
自家製シュガーワックスを作る
声を変える声を変える
皮膚に付いた食品着色料を落とす
縮んだ服を伸ばす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
おへそのお手入れおへそのお手入れ
お酒の臭いを消すお酒の臭いを消す
広告
  1. https://kidshealth.org/en/teens/hygiene-basics.html
  2. https://www.harpersbazaar.com/fashion/street-style/g7013/how-to-style-accessories/
  3. https://www.oprah.com/omagazine/how-to-find-the-right-pair-of-glasses-for-your-face-shape/all
  4. https://www.psychologytoday.com/us/blog/fulfillment-any-age/201407/10-ways-feel-better-about-how-you-look
  5. https://www.hhs.gov/fitness/eat-healthy/how-to-eat-healthy/index.html
  6. https://www.fastcompany.com/3021985/the-science-of-posture-why-sitting-up-straight-makes-you-happier-and-more-product
  7. https://www.self.com/story/how-to-have-good-posture
  8. https://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/stress-management/in-depth/stress-relievers/art-20047257
  9. https://www.fda.gov/drugs/understanding-over-counter-medicines/sunscreen-how-help-protect-your-skin-sun
  10. https://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/nutrition-and-healthy-eating/in-depth/water/art-20044256
  11. https://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/adult-health/expert-answers/how-many-hours-of-sleep-are-enough/faq-20057898
  12. https://www.psychologytoday.com/us/blog/fulfillment-any-age/201407/10-ways-feel-better-about-how-you-look
  13. https://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/adult-health/in-depth/self-esteem/art-20045374
  14. https://www.psychologytoday.com/us/blog/nurturing-self-compassion/201703/how-cultivate-more-self-compassion
  15. https://www.psychologytoday.com/us/blog/fulfillment-any-age/201407/10-ways-feel-better-about-how-you-look
  16. https://www.helpguide.org/articles/relationships-communication/making-good-friends.htm

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は3,653回アクセスされました。
このページは 3,653 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告