学校で出される宿題は年々増加傾向にあり、中学一年生から既に大量の宿題を出されるお子さんも多いことでしょう。しかし、毎日大変な思いをしながら宿題をこなす必要はありません。きちんとスケジュールを立て、集中力を高め、必要なときには誰かからの手助けをもらえば、ストレスを感じずに宿題を効率的に進めることができます。課題を後回しにする癖を直すためにも、宿題の効率的なこなし方を習得しましょう。

パート 1 の 4:
宿題に取り掛かる

  1. 1
    宿題を始める前に、必要なものは全て揃えておきましょう。幾何の宿題をこなしている最中に、定規や分度器を探しに行くのは面倒です。また、それらの道具を見つけたあとに再び集中するには、時間がかかります。きちんと宿題の計画を立てれば、必要なものを事前に準備し、机の上に置いておくことができます。
    • 一度勉強を開始したら、予定表の休憩時間まで立ちあがらないようにしましょう。お菓子や飲み物が必要な人は、宿題を始める前に用意しておきます。また、勉強中に行かなくても済むように、トイレにも事前に行っておきましょう。
  2. 2
    気が散る物は、可能な限り排除しましょう。携帯電話やパソコンは仕舞い、静かな勉強空間を確保することが大切です。宿題に全ての意識を向けることで、作業効率が一気に高くなります。その他のことは、一旦忘れましょう。
    • 宿題をしながら、テレビを見たり、ラジオを聴いたり、フェイスブックでチャットをしたりする人もいるでしょう。しかし、それらの楽しいことは、宿題が終わってからの方が更に楽しめるはずです。また、宿題にのみ集中すれば、宿題にかかる時間も半分で済みます。
    • 宿題を始める前ではなく、休憩時間に携帯やSNSをチェックしましょう。楽しみは、ご褒美として取っておくのが勉強のコツです。
  3. 3
    宿題は、一つずつ取り組みましょう。一つの課題を完全に終わらせて、宿題一覧から消してから、次の課題に進みます。終わった課題のことは考えなくて済むので、一つ一つこなしていくのが効率的です。一つの課題にだけ意識を向けると、集中力が高く保てます。他の課題のことは一切考えず、今取り組んでいるものをまずは完全に終わらせましょう。分からないことがあれば、家族や友達に手伝ってもらっても問題ありません。
    • 難しい宿題がなかなか進まない場合は、一旦別の宿題に移ってみましょう。ただし、前の宿題に再び挑戦するための十分な時間は確保する必要があります。
  4. 4
    1時間おきに休憩を取りましょう。休憩時間を何分取るかは事前に決めておき、それを守りましょう。休憩は、あまり長く取り過ぎないことが大切です。休憩時間中に始めた遊びに夢中になり、勉強に戻れなくなると意味がありません!
    • 自分に合った勉強計画を立てましょう。家に帰ったらすぐに宿題を始める生徒もいれば、少しリラックスするために一時間ほどゆっくり過ごしてから宿題を始める生徒もいます。
    • 宿題は休憩を取らずに一気に終わらせるべきだと考える人もいるかもしれません。しかし、脳を休ませなければ、どんどんと宿題の質が落ちていく可能性があります。45分以上同じ科目について考えるのは、脳にとってとても大変なことです。少しだけ休憩を取れば、脳がリフレッシュされ、集中力も高まるでしょう。
  5. 5
    休憩のあとは、すぐに頭を切り替えましょう。休憩時間をどんどん引き延ばせば、それだけ宿題が終わる時間も遅くなってしまいます。勉強に戻るのは辛いことかもしれませんが、宿題が終わるまでの辛抱であると割り切りましょう。
    • 休憩明けの最初の15分間は、脳がすっきりしているので、勉強がはかどりやすい時間です。自分に喝を入れ、頑張ってみましょう。
  6. 6
    宿題を早く終わらせるために、自分へのご褒美を考えましょう。好きなテレビを見る、ゲームで遊ぶなど、自分に対して人参をぶら下げるのです。休憩時間ではできないことをご褒美として決めておくと、勉強が一層はかどるでしょう。
    • 集中力がなかなか持続しない人は、家族や友達に手伝ってもらいましょう。携帯やゲームのコントローラーなど、勉強の妨げになる物を隠して置いてもらうのです。そして、宿題が終わったら、相手に預けた物を返してもらいます。「終わった」と嘘を付けないように、完成した宿題も確認してもらいましょう。
  7. 7
    宿題には、十分な時間をかけましょう。急いで終わらせたい気持ちも分かりますが、きちんと内容を理解することの方が重要です。早く終わったとしても、解答が間違いだらけでは何の意味もありません。正解を導き出すために必要な時間を十分にかけましょう。
    • 携帯やゲームコントローラーを預かってくれている人に、宿題の完成度もチェックしてもらいましょう。「問題を正解しないと、預けている物を返してもらえない」というルールを決めれば、急ぐ理由も無くなります。落ち着いて、宿題に取り組みましょう。
  8. 8
    宿題が終わったら、必ず見直しましょう。問題を解き終わった瞬間にノートを閉じ、宿題を鞄に仕舞っていませんか?まずは、少し休憩を取ってから、すっきりとした頭で再度宿題をチェックしてみましょう。誤字脱字やタイプミス、計算ミスなどで点を落とすのはとてももったいないことです。最後に数分だけ見直しの時間を作りましょう。
    広告

パート 2 の 4:
スケジュールを立てる

  1. 1
    毎日の宿題を書き出しましょう。ノートに宿題を書くページを設ければ、すぐにその一覧に書き加えることができます。スケジュール帳やカレンダーも非常に便利ですが、ノートに書き込むだけでも問題ありません。自分に合う方法を見つけましょう。一覧として書き出すということが大切なポイントです。
    • 出された宿題の範囲を急いでノートや教科書の隅っこに書いてしまいがちですが、これでは宿題を忘れてしまう可能性もあります。宿題一覧に書き加える手間を取ることで、全ての宿題を忘れずに済むでしょう。
    • 各宿題の詳細についても記入しましょう。提出日、教科書のページ、先生からの指示内容など、宿題に関する重要な情報も宿題一覧に書いておくのです。効率的に宿題をこなすためには、これらの情報が役に立ちます。手帳にも、宿題について書いておくと便利です。
  2. 2
    宿題の内容をきちんと理解しておきましょう。いきなり作業を始めるのではなく、まずはきちんと宿題の趣旨を理解する必要があります。数学の宿題が出されたら、まずは全ての問題に目を通し、特に難問そうなものを探しておきましょう。そして、簡単な問題から取り掛かり、難しい問題は後回しにするのです。読書課題にも事前に目を通しておき、かかる時間、難易度、質問課題の有無をチェックしておきましょう。
    • 家に帰ってからでないと宿題が始められないわけではありません。先生から宿題を配布されたら、すぐに目を通し、分からない箇所がないかを確認しましょう。そうすれば、帰る前に先生に質問をすることができます。
  3. 3
    宿題をするのに適した場所を見つけましょう。静かで何の邪魔も入らない場所を見つけられれば、心地よく思う存分宿題をこなすことができるでしょう。家でもその他の場所でも問題ありませんが、静かな空間を確保しましょう。おやつと飲み物も事前に用意しておくと、作業がはかどります。
    • 家で宿題をする場合は、自分の部屋が最もはかどる場所でしょう。ドアを完全に閉めれば、誰にも集中を妨げられません。しかし、自分の部屋の中に、集中を妨げる物がある人もいるでしょう。例えば、テレビゲームやパソコン、ギターなど、自分の趣味に関するものがたくさん置いてあるかもしれません。そのような人たちは、キッチンやリビングで宿題をしてみましょう。そうすれば、集中力が切れ始めても、親に注意してもらえます。遊びたい欲求を感じずに済めば、宿題はその分早く終わるでしょう。
    • 公共の場で宿題をする場合は、図書館を利用してみましょう。図書館は静かにすることがルールなので、家とは違い、気が散りません。学校の図書館は、放課後になっても開いていることがあるので、家に帰る前に宿題を終わらせるには絶好の場所です。また、学校には宿題をするための空き教室が用意されている場合もあるので、先生に確認してみましょう。[1]
    • 宿題をする場所を定期的に変えてみましょう。毎日同じ場所で勉強をすると、集中力が落ちやすくなります。環境を変えると、脳が新しい情報を処理するので、頭の回転がよくなるという研究結果もあります。したがって、新しい場所で勉強をすれば、気分転換にもなり、普段よりも宿題がはかどるでしょう。
  4. 4
    宿題には、優先順位を付けましょう。放課後になったら、まずはそれぞれの宿題の重要度と必要な時間を考え、こなす順番を決めます。このステップは、複数の課題が同時に出されているときや、提出日がまだ先の課題があるときに、特に重要になります。優先順位を付け、時間配分をしっかりと決めましょう。
    • 最も難しい宿題から始めましょう。代数の問題は苦手ですか?英語の読書課題には時間がかかりますか?自分にとって最も難しく、時間がかかりそうなものから取り組みましょう。そして、すぐに終わりそうな宿題は後回しにします。
    • 提出日が早いものから終わらせましょう。例えば、明日までの数学の宿題が20問と、三日後に締め切りの国語の読書課題が20ページ分あったとしたら、数学の宿題から取り掛かるのが賢い判断です。提出日が早いものを優先させましょう。
    • 重要度の高い宿題から始めましょう。数学の宿題は難しいかもしれませんが、成績にはあまり影響しないかもしれません。そのような場合には、たとえ提出日が二日後だとしても、重要度の高い社会科の課題の準備を優先しましょう。成績への影響が高い宿題には、多くの時間をかけましょう。
  5. 5
    宿題のタイムテーブルを書きましょう。一日の時間は限られています。したがって、それぞれの宿題にかかりそうな時間とその日に確保できる時間を判断し、日程表を作るのです。家事など、宿題以外にしなければいけないことも考慮に入れながら、きちんと宿題の時間を確保しましょう。
    • 効率的に宿題を進めるために、タイマーを使いましょう。だらだらすることや、メールのチェックをすることを止めれば、それだけ早く宿題は終わります。30分で終わると判断した宿題があれば、タイマーをセットして実際に30分で終わらせましょう。終わらなければ、数分延長しても問題ありません。宿題は、一種の訓練のように取り組みましょう。
    • それぞれの宿題に平均的にどれくらいの時間がかかるかを記録しましょう。例えば、数学の宿題に毎回45分ほどかかるのであれば、毎晩45分間の時間を確保します。1時間以上勉強に集中したのであれば、きちんと休憩も挟みましょう。疲れてしまうと、次にこなす宿題に響きます。
    • 50分勉強するごとに、10分間の休憩を取りましょう。脳を定期的に休ませなければ、作業効率が落ちてしまいます。人間はロボットではないのです!
    広告

パート 3 の 4:
隙間時間を見つける

  1. 1
    時間があれば、すぐに宿題を始めましょう。宿題をしたくないあまり、他のことに時間を費やしてしまうときもあるでしょう。しかし、宿題がいつも終わらないと感じている人は、だらだらし過ぎていることが原因かもしれません。宿題を終わらせる最も効率的な方法は、すぐに取り掛かることです。Now.[2]
    • 家に帰ってきてから、ゆっくりする時間は1時間も必要ないはずです。その日に学んだ内容が記憶に新しいうちに宿題を始めた方が、効率的に進められるでしょう。開始時間を先延ばしにすれば、それだけ復習の時間が長くかかってしまいます。学習内容をはっきりと覚えているうちに、宿題を終わらせてしまいましょう。
    • 例えば、三日後に提出する読書課題があるときは、前日の夕方から始めるのは止めましょう。毎日こつこつと進めていく方が、課題の内容をしっかりと理解できるはずです。提出日がどんなに先であっても、早く終わらせるに越したことはありません。早めに取り掛かりましょう。疲れない程度に、早起きをしたり、寝る時間を遅くしたりして宿題を進めるのが効率的です。
  2. 2
    バス移動の時間を利用しましょう。一日の中で、宿題のために利用できる隙間時間はたくさんあるはずです。その例の一つとして、バスの中の時間があげられます。バスの中でならば、簡単な宿題に取り掛かれるでしょう。あるいは、宿題の計画を立てるだけでも、家での勉強時間の節約になります。
    • 読書課題が多いときは、バスの中で読み始めましょう。周りの人の声が聞こえないようにヘッドホンをすれば、文章の内容も頭に入って来やすくなります。
    • バスの中は、良い勉強スポットになる可能性があります。自分のクラスメートが乗っていれば、宿題について一緒に考えることができるからです。難しい数学の問題は、一緒に解いてみましょう。人の宿題を写すのではなく、全員で一緒に考えたのであれば、不正行為ではありません。また、宿題は、バスの中で新しい友達を作る良いきっかけになるかもしれません!
  3. 3
    学校の休み時間に宿題を始めましょう。授業の間に休み時間が10分もあれば、宿題を始めることができるはずです。友達と話す時間を削減して、次の授業の教室に急いで移動すれば、一日の中で恐らく1時間ほどは宿題に当てる時間を確保できるでしょう。その1時間の中で一つの宿題を終わらせられれば、持って帰る教科書の数を減らすこともできます!
    • 提出期限ぎりぎりの宿題を休み時間に終わらせようとするのは止めましょう。急いで宿題をしている姿を先生に目撃されれば、あなたに対する印象が悪くなるかもしれません。また、休み時間という限られた時間の中では、見直すこともできないでしょう。急いで問題を解くと、解答を間違える可能性もあります。難しい問題は、きちんと見直しの時間を設けましょう。
  4. 4
    待ち時間にも、宿題に取り掛かりましょう。例えば、部活が始まるまで1時間ある場合は、だらだらするよりも、宿題を始める方が賢い選択です。このような待ち時間は、勉強をするのに非常に適しています。時間を有効活用することで、宿題をあっという間に終わらせられるでしょう。
    • バスや電車が来るまでの時間や、弟のサッカーの試合を観戦している時間、友達が家に遊びに来るまでの時間など、一日の中にはあらゆる隙間時間があるはずです。その隙間時間を宿題の時間に当てましょう。
    広告

パート 4 の 4:
宿題を手伝ってもらう

  1. 1
    課題が難しければ、先生に相談してみましょう。宿題について分からない点があるときの最も早い解決策は、その宿題を出した先生に直接聞くことです。提出日の前日に、ある問題で詰まり、時間をかけても解けない場合は、ずっと悩む必要はありません。たくさん考えても答えが分からなかったのであれば、次の日に先生に聞いてみましょう。ただし、先生の中には、宿題について聞かれることを嫌い、「自力で解きなさい」と言う人もいます。
    • 宿題に関して分からない点が多々あったとしても、それはあなたの賢さには関係ありません。宿題に取り組む姿勢が真剣な生徒に対しては、どんな先生も優しく教えてくれるはずです。特に、学校を休んだのであれば、きちんと先生に質問しに行きましょう。
    • 「質問をすること」と、「宿題の難易度について文句を言うこと」は全く異なります。数学の宿題に10分間だけ取り組み、難しいからと言ってほとんどの問題を空欄にしたまま先生に質問するのは、とても失礼です。また、問題が難しくても、提出日を伸ばしてもらう言い訳にはなりません。自力で解けないのであれば、事前に先生に手伝ってもらう時間を確保しましょう。
  2. 2
    個別指導や補習を受けてみましょう。学校によっては、放課後に個別指導や補習など、勉強に関する相談ができる制度を設けている場合があります。宿題が大変だと感じている人は、学校の先生に相談して、少し手伝ってもらいましょう。
    • 放課後に利用できる制度が学校に無ければ、個人指導の塾に通ってみましょう。中には、ボランティア団体が実施している「無料学習塾」と呼ばれるものもあります。塾以外にも、YMCAのような団体や公立の図書館などが宿題を手伝うプログラムを用意している場合があるので、調べてみましょう。
    • 誰かに手伝ってもらう必要があるからと言って、宿題をこなすのが下手だということではありません。多くの生徒が勉強時間の確保とモチベーション維持のために、個人指導の制度を利用しています。学校の勉強は大変なものです。少し手助けが必要になっても、何も問題はありません。質問することを恐れずに、堂々と誰かに助けを求めましょう!
  3. 3
    他の生徒と一緒に勉強するのも一つの手です。仲の良いクラスメートと一緒に宿題に取り組んでみましょう。人と勉強することで、モチベーションも高まります。質問があればすぐにお互いに聞くことができるのも助かります。
    • グループで勉強すること自体は悪いことではありませんが、不正行為は禁物です。例えば、友達と自分で宿題の担当範囲を半分ずつ割り当て、それぞれの解答を後で書き写すようなことはしないようにしましょう。しかし、難しい問題について話し合い、一緒に解答を導き出すことは問題ありません。それぞれが自分の宿題をこなしていれば、不正行為にはなりません。
  4. 4
    親に相談してみましょう。宿題が大変なときには、親や兄姉、親戚などに頼ってみましょう。大人は誰しも学生時代を経験しているので、同じような課題をこなした経験もあるはずです。しかし、相談した相手が問題の解き方を覚えていないこともあるかもしれません。そんなときは、「この数学の問題、本当に難しい!」などの愚痴を聞いてもらい、勉強のストレスを発散させましょう。
    • 勉強を教えることに慣れていない親は、手伝い過ぎてしまうかもしれません。親が宿題の問題を全部解いてしまいそうになったら、その優しさに甘んじず、自分で解くことを伝えましょう。手伝ってもらうことと、代わりに宿題をしてもらうことは全く別の行為です。
    • 年配の親戚の場合、今の時代とは異なる学習カリキュラムで勉強したため、あなたが授業で学んだ内容を間違っていると指摘してくる可能性があります。そのようなときには、学校の先生から学んだ方法で勉強を進めましょう。そして、必要があれば、親戚に教わった方法について、先生に確認してみましょう。
    広告

ポイント

  • 学校を休んだときは、友達にその日のノートを見せてもらい、宿題についても聞きましょう。
  • 自分の勉強スペースは、明るくて、静かで、心地良い場所を選びましょう。落ち着く場所で勉強すれば、宿題がはかどります。
  • 授業には積極的に参加し、ノートもきちんと取りましょう。そうすれば、授業内容も頭に入りやすくなります。また、ノートは宿題にも役立つでしょう。
  • 重要単語は、蛍光ペンで線を引きましょう。内容の理解が深まるはずです。
  • 自分にとって最も難しい教科の宿題から始め、最も簡単な教科を最後に持ってきましょう。そして、気が散る物は、きちんと周りから排除しましょう。
  • 自分の代わりに誰かに宿題をこなしてもらうのはルール違反です。
  • 早めに起きて、家族がまだ寝ている静かな時間に宿題をするのも一つの手です。
  • 宿題は、可能な限り早めに取り掛かりましょう。
  • 宿題は、丁寧かつ正確にこなすことで、親も先生も褒めてくれるでしょう。
  • 脳の働きを活発にし、集中力を高めるためには、水を飲むのが効果的です。

広告

注意事項

  • 終わらせていない宿題について、「家に忘れてしまいました」と言うのは禁物です。なぜならば、その宿題で何か疑問点が出てきたとしても、誰にも質問ができなくなるからです。
  • 宿題をしたくないからといって、学校にわざと置いて行き「持って帰るのを忘れました」と言うのは止めましょう!先生は、恐らく許してはくれないでしょう。なぜ忘れたのか、そしてなぜ授業が始まる前に終わらせなかったのかということを責められるだけです。宿題を忘れる行為は、責任感の無さを露呈します。そして、結果的に、さらに多くの宿題を出されるかもしれません!どんなに大変でも、宿題はきちんとこなしましょう。
広告

必要なもの

  • 鉛筆や定規、消しゴムなどの筆記用具
  • 勉強に適した静かな空間
  • 宿題の参考になる本や教科書

関連記事

How to

ずる休みをする

How to

夢精を止める

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

勃起を隠す

How to

女の子らしい女の子になる

How to

背を高くする

How to

学校を楽しむ

How to

彼があなたのことを好きかどうか知る

How to

見つからないようにこっそり家を抜け出す

How to

こっそりとコンドームを買う

How to

ありのままの自分に満足する

How to

彼女を自分とセックスさせたくする

How to

未来の自分に手紙を書く

How to

宿題がしたくなる
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む204人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は2,339回アクセスされました。
カテゴリ: 学校・大学 | ティーン
このページは 2,339 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告