寒い時期には高品質の服を選び、適切な素材の服を重ね着し、体を濡らさないように気をつければ外気の冷たさを簡単に凌げ、体を温かく保てます。上質なジャケット(アウター)と中に着る服(ミドラー)の間には空気の層を作りましょう。アウターはナイロン、ポリエステル、または撥水加工された素材を選び常に乾いた状態を保ちましょう。ミドラーにはウール、フリース、またはダウン素材を選び体を外気から保護し、木綿の肌着(インナー)は避けましょう。特に寒い時期を暖かく過ごすには、厚手のブーツ、手袋、上質の帽子が不可欠です。必要に応じて携帯用カイロを靴下や手袋に詰めて、手足の末端を温かく保ちましょう

方法 1 の 3:
適切な素材の服を選ぶ

  1. 1
    フード付きの高品質なコートを入手する コートの下に快適に着込めるように多少大きめのコートを選びましょう。ポリエステル、ポリプロピレン、ナイロンなどの耐水性の高い素材を選び体が濡れないようにしましょう。[1]
    • Tシャツの上にコートを羽織ってぴったり感じる場合は、コートが小さすぎる可能性があります。コートの下には2〜3枚着込んでも余裕がなければなりません。どれくらい余裕を持たせれば良いか不安な場合は、通常のサイズよりもワンサイズ上のコートを選びましょう。
    • 深いポケットのあるコートは便利です。手袋を忘れた時にポケットに手を入れて温めることができます。
    • ボタンではなくジッパー付きのコートを選びましょう。ジーパーなら風の強い日でもしっかりと風を凌げます。
    • ジャケットはコートよりも丈が短く上半身しかカバーできません。長いコートは悪天候でも体をしっかりと保護できます

    ヒント: 毛皮のフードは見栄えがしますが、水分を閉じ込める傾向があります。雨や雪の中で長時間過ごす必要がなければ、とてもおしゃれでしょう。ピーコートは雨や雪に降られなければエレガントな装いになりますが、濡れると惨めな気持ちになるでしょう。

  2. 2
    厚手の帽子で頭と耳を覆う コートにフードが付いていても、ウール、ニット、ポリコットン混紡の帽子を被りましょう。フードが付いていない場合は雨や雪で頭が濡れないように、ナイロンまたはポリエステルなど防水性のある帽子を被りましょう。頭が覆われていても耳が出ていると頭全体が冷えてしまいます。耳を覆う帽子を選びましょう。[2]
    • 頭頂部を覆っていても耳が出てしまう帽子は全く機能的ではありません。
    • 色々なスタイルや色の帽子があります。自分をかっこよく見せるおしゃれなものを選びましょう。
    • 仕事上ヘアスタイルを気にしなければならない時には、帽子の代わりに防寒用の耳あてが最適です。
    • 耳は通常外気に晒されていますが、温かくすることが大切です。
  3. 3
    クッション性のある厚手の防水用手袋で手を保護する 寒い時期には厚手の手袋が欠かせません。ウールまたはクッション性のある生地で裏打ちされたカジュアルなまたは機能的な手袋を選びましょう。手首が風雨に晒されないように、コートの袖口全部が覆える袖の長い手袋が必要です。[3]
    • 仕事に行くのでない限り革製のおしゃれな手袋は避けましょう。革製の手袋は非常に薄く耐水性もあまり良くありません。
    • 指先に指球が付いた冬用の手袋がたくさんあります。手袋をしたままスマートフォンが使えるため便利です。
    • 好みにもよりますがミトンも良い選択です。しかし汗をかきやすくさせる特徴があるため、手が汗ばんで冷たくなりベトベトするかもしれません。手に汗をかきやすい場合は避けた方が良いでしょう。
  4. 4
    襟巻き、バラクラバ(防寒用に軍人、登山家、スキーヤーなどが被るウールの目だし帽)、目以外を覆うスキーマスクで顔を覆う 顔を覆うと風や冷たい空気から体の最も敏感な部分を保護することができます。襟巻きを購入して首を保護しましょう。襟巻きの両端を合わせて二重にしそのまま首に巻きつけ、できた輪の中に先端を通しその先端をネクタイを閉めるように引いて首に密着させましょう。必要に応じて、襟巻きを引き上げ鼻と唇を覆いましょう。極寒の時にはスキーマスクをつけると非常に効果的です。[4]
    • 運動用に作られたスキーマスクを入手するのが重要です。スポーツ専門店で購入しましょう。
    • バラクラバは頭全体を覆い口と目の部分に開口部があります。顔を温かく保ちたい場合は帽子の代わりに使用できます。
    • 冬のスタイルという点で考えると、襟巻きをアクセントとして加えることで全体的におしゃれな印象になります。
  5. 5
    厚手の靴下と大きなブーツで足を温かく保つ 足を保護するには厚手の冬用ブーツが最適です。足首を十分にカバーし、厚手の靴下が履けるように通常よりも半サイズ大きめのブーツを購入しましょう。また厚手のウールの靴下も入手しましょう。雪の中を歩く場合ウールの靴下では水分を吸収してしまうため保温効果がありません。防寒用ソックスを選びましょう。[5]
    • 木綿は水分と湿気を吸収します。つまり、冬用ブーツに合わせて木綿の靴下を履くとブーツの中で温まった足が汗ばみ、その汗を木綿の靴下が吸収してしまうため足が冷たくなります。
  6. 6
    ウールのまたは厚手のフリースのパンツを履く 屋外で多くの時間を過ごさないのであれば、フリースやウールのパンツはどちらも寒い時の服装として機能性が高く便利です。生地が厚い程機能性も上がります。ポリエステルも同様に機能しますが、生地が薄いため空気を通しやすく寒い時期には適さないでしょう。[6]
    • 厚手のデニムは寒い季節には最適ですが、雪や雨には適しません。寒くなり温度が下がるとデニムは乾燥するのにかなり時間がかかり、水捌けも良くありません。
    • ナイロン製のハイキングパンツは非常に適したアイテムである一方で、スパンデックス(伸縮性に極めて優れたポリウレタンの合成繊維)や木綿のパンツでは寒い時期温かさが確保できません。
  7. 7
    長いインナーまたはスキーパンツで足を温かく保つ 極寒の時は通常のズボンの上にスキーパンツを履いて足を温かく保ちましょう。仕事に行く時、または寒さから体を保護するためにもう一枚追加したい場合は、パンツの下にもう一本長いインナー用パンツを履きましょう。[7]
    • ほとんどの場合、ブーツ、コート、手袋、帽子で十分に体を保温できます。寒すぎなければ、インナー用パンツで脚を保温する必要はありません。
    広告

方法 2 の 3:
適切な素材の衣服を適切に重ねる

  1. 1
    衣服と衣服の間に余裕を持たせて重ね着する 隙間なく重ね着すれば空気をシャットアウトできるために防寒対策として効果的だと信じる人がたくさんいますが、実際は衣服の間に余裕を持たせた方が保温効果があります。体から発せられた熱が層を作って体を保護します。また、熱で温まった空気は移動できる空間が必要です。衣服と衣服の間に隙間を作らずに着込んでしまうと汗をかきやすくなるため、実際は寒く感じます。[8]
    • Tシャツの上にLサイズのコートを羽織ってぴったりと体に密着する場合は、XL(特大)サイズを購入しましょう。Lサイズのコートで十分に余裕がある場合は、特大サイズにする必要ありません。
    • 衣服と衣服の間に余裕がありすぎると冷たい空気が入り込んでしまうために注意しましょう。
  2. 2
    ポリエステル、シルク、ナイロンなどの快適な素材をインナーとして着用する 重ね着して保温効果を高めようとすると多少汗をかく可能性があるため、インナーは耐水性の素材を選びましょう。ポリエステルとポリプロピレンが最も一般的ですが、シルクやナイロンも皮膚からの水分を吸収します。木綿はその下に長いインナーを着用しない限り、直接肌につけるのは避けましょう。[9]
    • 綿素材以外の服をあまり持っていなければ、長めのインナーがあると便利です。
    • ほとんどのフリースはポリエステルまたはポリプロピレンで作られています。運動用に作られたきつめのフリースは、実際、最適なインナーとして着用できます。
    • 靴下を重ねる場合は一番薄いものを最初に履きましょう。綿のソックスは二番目に重ねましょう。
  3. 3
    ウール、フリース、ダウン、または木綿の服をインナーの上に着て体を保護する インナーとアウターは耐水性の素材を使っているため、ミドラーはどんな素材のものでも問題ありません。ウール、ダウン、木綿は湿気や水を吸ってしまいますが、乾いた状態に保つことができれば優れた断熱効果があります。セーター、厚手のシャツ、パーカー、タイトなジャケットを着て、体を温かく快適に保ちましょう。[10]
    • 雨や雪の場合はミドラーに木綿製の衣服を着るのは避けましょう。

    ヒント:極寒の時にはコートを2枚重ねると非常に効果的です。1枚目は撥水加工されていないコートかジャケットを羽織り、その上に撥水加工されたコートを着て熱を逃さないようにしましょう。

  4. 4
    コートとスノーパンツを一番上に着てドライに保つ 大きなコート、帽子、手袋、ブーツ、スキーパンツで最終的に体を覆い熱を逃さないようにしましょう。更に着込む必要がある場合は、薄い防水性のパーカー、ウインドブレーカー、またはランニング用ジャケットなどをアウターの下に着込めば、アウターをドライに保てるために便利です。インナーの肌着とその上に着る衣服に適切な素材のものを選べば、一番上にコートを羽織りスキーパンツを履くだけで寒さを凌ぐことができます。[11]
  5. 5
    耐水性の高い素材でできたアウターを選び汗や湿気を回避する ナイロン、ゴアテックス、シンサレートは全て水を積極的にはじくためアウターには最適です。高い耐水性を特徴として販売されているジャケットやコートは、一般的にこれらの生地をいくつか組み合わせて作られているため同様に優れています。これらの生地は大いに水分をはじくため、雨や雪が降り始めても乾いた状態を保ちます。[12]
    • 雨や雪の場合は木綿、ウール、ダウンを避けましょう。これらの素材は水分を非常に吸収しやすく、少しでも濡れるとまったく着用していない場合よりも更に寒く感じます。
    • 購入前に商品タグを注意して読みましょう。「撥水剤」または「耐水性」という言葉を探し、雨や雪などに降られても乾いた状態が保てるように作られているかを確認しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
小物で体を温かく保つ

  1. 1
    携帯用カイロなどで雪の中でも手の指と足を温かく保つ 雪や雨の日はブーツや手袋に水が入らないようにするのに苦労するかもしれません。そんな時に備えて携帯用カイロを購入しておくと良いでしょう。携帯用カイロは握ってスイッチを入れ、振って温度を上げます。靴を履く前に靴底に2〜3個カイロを詰めて足の保温に役立て、ポケットの中に1つ入れておいて指がかじかんだ時に手を温めましょう。[13]
    • 外で長時間過ごす場合を想定して、再利用可能な携帯用カイロを準備しましょう。高い出費になりますが長期的には節約できます
  2. 2
    雪や雨が降ると思われる場合は傘を持って出かける 水は体の保温機能を一瞬にして損ないます。雨や雪が降る可能性があるときは常に傘を持って出かけ、荒れ模様の時でも濡れないように気をつけましょう。雪や雨の日は必ず傘をさして体を常に乾燥状態に保ちましょう。[14]
  3. 3
    目と皮膚を日光から保護するために日焼け止めを塗りサングラスをかける 雪の中屋外で長時間過ごす場合サングラスが不可欠です。雪は反射力が強いために目を保護しなければ痛めてしまいます。また、冬の間も簡単に日焼けします。日焼け止めを塗り露出した肌を保護しましょう。日焼けすると、冷たい空気が通常よりもさらに痛くなります。[15]

    ヒント: 太陽が近く、空気が薄い高地にスキーやハイキングに出かけるときはサングラスと日焼け止めが特に重要です。

    広告

ポイント

  • 木綿は一般的に寒い気候には適しません。湿気を吸収し繊維に閉じ込めてしまうため、アウターやインナーの素材には適しません。
  • それほど寒くない場合は重ね着のし過ぎは避けましょう。外出時間が30分未満で、気温もー1度を下回らなければ、ミドラーは必要ありません。
  • 乾燥している場合ダウンは優れたアウターですが、雨の日のアウターとしては最悪です。

広告

関連記事

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

ジーンズを伸ばす

How to

ジーンズの股にあいた穴を補修する

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

ポリエステル製の服を縮める

How to

色あせた服を復活させる

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

噛んだファスナーを直す

How to

スウェットシャツを縮ませる

How to

皮膚に付いた食品着色料を落とす

How to

色褪せた黒の衣類を復活させる

How to

衣服が股に食い込むのを防ぐ
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 衣服
このページは 98 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告