寝室をいい香りにする方法

共同執筆者 Katherine Tlapa

この記事には:寝室をそうじする臭いを消す天然のエアフレッシュナーを使用する13 出典

寝室は安らぎと心地よさを与える場所であることが理想です。しかし、そこに嫌な臭いがしたらくつろぐことはできません。従来のエアフレッシュナーは吸い込むと健康を害する有害な化学物質が大量に含まれていることがほとんどです(例えばフタル酸エステルは人体や野生動物にとって外因性内分泌かく乱化学物質だと考えられています)。[1] 一方で、人や動物の健康を害することなく寝室をいい香りにする方法はたくさんあります。

パート 1
寝室をそうじする

  1. 1
    窓を開ける 可能なら週に1回以上窓を開けて部屋に新鮮な空気を取り入れましょう。[2]自然の風より良い空気はありません。その上、日光でカビや臭いの元となる細菌を殺すことができます。一般に信じられているのとは反対に、鉛ダストやラドン、その他の有害物質が生成される屋内の空気よりも屋外の空気の方が毒性が少ないのです。
    • 天気のいい日は、1日に1回5分間窓を開けると良いでしょう。
  2. 2
    ベッドをきれいにする 週に1回シーツと枕カバーを洗い、シーズン毎(3ヶ月おき)に布団を洗いましょう。寝具を定期的に洗わないと臭いの元になります。
    • 起きてすぐにベッドメイキングをするのではなく、シーツを外して30分以上マットレスが空気に触れるようにします。こうして寝ている間に体から発せられた水分で寝具が湿り、カビや細菌が発生するのを防ぎましょう。
  3. 3
    拭きそうじをする マイクロファイバークロスやレモンのいい香りがする布を使用しても良いでしょう。こういった雑巾をまず用意して、本棚、窓枠、電化製品等の埃を取りましょう。
    • 水240ml、ホワイトビネガー240ml、オリーブオイル大さじ1杯を混ぜます。
    • 液に雑巾を数枚浸けます。古いシャツや下着、靴下は拭きそうじ用の雑巾に再利用できます。
    • 雑巾を絞ってガラス瓶に入れ、そこにレモン1個分の皮を数枚にカットして雑巾に重ねるように入れて、瓶の蓋をしっかりと閉めます。
    • よりいい香りをつけるために、お気に入りの エッセンシャルオイル を数滴水に入れて希釈します。そこに雑巾を浸して絞り、埃を拭き取りましょう。
  4. 4
    HEPAフィルターを搭載した掃除機を使用する 部屋を片付けた後に、掃除機をかけて床をきれいにしましょう。部屋の隅、ベッドの下、布張りの家具、壁等埃が溜まる場所は全て掃除機をかけましょう。[3]
    • HEPAフィルターは汚れや埃等のアレルゲンを閉じ込めて、空気中に排出されないようにします。
    • 可能なら週に2、3回掃除機をかけて、HEPAフィルターは定期的に洗いましょう。
  5. 5
    壁に酢を塗布する 部屋の壁には様々な臭いが染みついていますが、酢を使用して消すことができます。酢60mlと水2リットルを混ぜたものにスポンジや雑巾を浸して壁を拭きそうじします。
    • 酢の匂いは乾くと消えるため心配する必要はありません。

パート 2
臭いを消す

  1. 1
    寝室を禁煙にする 煙草の煙は服や家具に染みついて、家の空気を汚染する要因になります。自分自身と周りの人の健康のために、煙草を辞めることを考えてみましょう。少なくとも、家の中で吸うのは辞めましょう。[4]
  2. 2
    ゴミ箱をきれいに保つ 部屋にあるごみ箱は定期的にゴミ出しして、市販のスプレークリーナーと雑巾できれいにしましょう。また、エアフレッシュナーを使用して嫌な臭いを消しても良いでしょう。
    • 嫌な臭いが外に出ないように、蓋が閉まるタイプのゴミ箱を選ぶと良いでしょう。
    • 可能なら、食べ物のゴミは寝室のゴミ箱に入れないようにすると良いでしょう。食べ物のゴミは、蓋が付いたゴミ箱の中からでもすぐに臭いが部屋に漂います。食べ物のゴミは直ちに部屋から持ち出して、キッチンや屋外のゴミ箱に捨てましょう。
  3. 3
    靴を履いたまま寝室に入らない 欧米の生活様式を取り入れている人は少ないかもしれませんが、靴には街の歩道に落ちている糞便から有害な化学物質まで、様々な汚物が付着しています。ドアの前で靴を脱いで、寝室を清潔で嫌な臭いのしない場所にしましょう。[5]
  4. 4
    カーペット用消臭剤を使用する カーペットから嫌な臭いがすることはよくあります。市販のカーペット消臭剤をラグに撒いて掃除機をかけましょう(製品の使用方法に従いましょう)。もしくは、ラグやカーペットの臭いをあっという間に取る手作りの消臭剤を作ってみるのも良いでしょう。
    • プラスチックのボウルに重曹110 gとホウ砂100 gを入れて、そこに小さじ1杯のお気に入りのエッセンシャルオイルやシナモンもしくはクローブ(蛾を撃退します)を加え、塊が無くなるまで混ぜます。
    • 液をカーペットに撒いて15~20分放置した後に掃除機をかけましょう。
    • カーペットが明るい色で、シミが気になるならシナモンやクローブの使用は避け、シナモンやクローブのエッセンシャルオイルを使用しましょう。
    • 臭いに敏感な人は、重曹のみを使用すると良いでしょう。カーペットに撒いて15~20分放置した後に掃除機をかけましょう。[6]
  5. 5
    ペットの生活環境をきれいに保つ 寝室にペットが入る場合、ペットの生活スペースも清潔に保ちましょう。毎日フンを処分し、猫用トイレやケージ、水槽は定期的に洗いましょう。
    • ペットが寝室で寝る場合は、ペットの寝具は人の寝具より頻繁に洗いましょう。ペットの寝床や毛布には臭いがすぐにつきます。

パート 3
天然のエアフレッシュナーを使用する

  1. 1
    部屋に植物を置く 植物は観賞するためだけではなく、合成素材から発せられた有害物質を濾過して取り除く効果があるという研究結果があります。ただし、人によってはアレルゲンになる植物もあるため、観葉植物を選ぶ際は注意しましょう。[7]
    • ペットや子供がいる家庭では、口に入れても危険のない植物を選びましょう。
    • 部屋の環境に合った植物を選ぶようにしましょう。植物によっては、直射日光が必要なものや日陰に置かなければならないものもあります。植物を購入する時には、世話の仕方の情報を見て必要な温度や湿度をチェックしましょう。
  2. 2
    灯っていない電球にバニラエッセンスを数滴塗る 明りをつけたときに、電球の温かさで良い香りが広がります。[8]
  3. 3
    天然の部屋の芳香スプレーを作る 市販のエアフレッシュナーには有害物質が多く含まれているため、エッセンシャルオイルと水を混ぜただけのシンプルな液で代用しましょう。スプレーボトルに蒸留水60mlと好きなエッセンシャルオイルを10~15滴入れて混ぜましょう。
    • ラベンダーには心を落ち着かせる効果があり、レモン、タンジェリン、ゲツキツ、グレープフルーツ等の柑橘類には気分をスッキリさせる効果があると言われています。[9]
    • バリエーションとして、重曹を小さじ1杯混ぜても良いでしょう。家具に使用すると、脱臭効果が期待できます。[10]
    • 手作りのスプレーは、リネン、カーテン、ラグに使用できます。
  4. 4
    自然に香る蜜ろうやソイキャンドルを使用する キャンドルを使用すると、雰囲気も出るうえ、心地よい香りで満たされます。キャンドルを選ぶ際は良いと思うものだけを選びましょう。燃やすと発がん性化学物質を放出するパラフィンを含んでいるものも多く、キャンドルの芯の素材に鉛が使用されていたり、人工香料には有毒成分が含まれていることもあります。エッセンシャルオイルで香りづけされたソイキャンドルや、僅かにハチミツが香る蜜ろうキャンドルを選びましょう。[11][12]
  5. 5
    ポプリを置く ポプリは乾燥した花びらや葉っぱ、スパイス等をミックスさせたアロマで、部屋に置くと香りが長続きします。ドラックストアや室内装飾品店、オンラインショップ等で購入可能です。または、自作しても良いでしょう。スターアニス、シナモンスティック、クローブを混ぜて小さな瓶や皿に乗せて部屋に置きましょう。
    • 手間を惜しまない人は、オーブンでリンゴとオレンジの水分を飛ばしてポプリミックスに加えましょう。リンゴとオレンジを極薄にスライスしてクッキングシートの上に重ならないように並べ、120 °Cのオーブンで1時間半、乾燥するまで焼きましょう。[13]

ポイント

  • そうじをするときは、お気に入りの曲をかけると楽しみながら作業を進めることができます。
  • 部屋全体にエアフレッシュナーをスプレーして、ドアと窓を開け空気を外に出します。ファンを回して空気を循環させエアフレッシュナーを拡散させても良いでしょう。
  • キャンドルに火を灯します。雰囲気も出てよい香りも漂います。
  • 部屋の隅に重曹1カップを置いておくと、嫌な臭いを吸い取ってくれます。時々重曹を取り替えましょう。

記事の情報

この記事はKatherine Tlapaが共著しています。 キャサリン・トラパは2016年にオハイオ大学にてインテリア・建築学の学士号を取得しています。現在はデザイン専門家としてサンフランシスコに拠点を置くインテリアデザイン会社、「Modsy」で働いています。また、自身のDIYホームデザインブログ、「My Eclectic Grace」の運営も行っています。

カテゴリ: 住宅メンテナンス

他言語版:

Español: hacer que tu habitación huela bien, Italiano: Far Profumare la Tua Stanza, Português: Fazer o Seu Quarto Cheirar Bem, Русский: создать приятный запах в спальне, Deutsch: Dein Schlafzimmer gut riechen lassen, Français: avoir une chambre qui sent toujours bon, Bahasa Indonesia: Mengharumkan Kamar Tidur Anda, Nederlands: Je slaapkamer lekker laten ruiken, 中文: 改善卧室的气味, Čeština: Jak si provonět ložnici, العربية: جعل رائحة غرفتك جميلة, Tiếng Việt: Làm thơm phòng ngủ, ไทย: ทำให้ห้องนอนมีกลิ่นหอม, 한국어: 침실을 상쾌하게 만들 수 있는 방법, हिन्दी: अपने कमरे को अच्छा महकाएँ (Make Your Bedroom Smell good)

このページは 107 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?