PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

優れた対人スキルを持つことは、良好な友人関係を築く、社会生活を楽しむ、また仕事で成功するうえで重要です。自分は内向的な性格だと思っている人は、初対面の人と話すことが苦手かもしれません。そうであっても心配はいりません。日常生活において、簡単かつ効果的な方法でコミュニケーション能力を磨く方法はたくさんあります。ここでは、すぐに役立ついくつかの秘訣を紹介します。

方法 1 の 12:
相手を褒める

  1. 1
    初対面の人と打ち解けるには、相手を褒めるのが効果的です。まず、相手が忙しかったり、急いでいないかを見極めたうえで、挨拶をしてから相手を褒めてみましょう。気づいた点を褒めて質問をし、会話を続けましょう。初対面の人との気さくな会話は、コミュニケーション能力を向上させます。[1]
    • 「素敵なコートですね」または「その髪型、とてもお似合いですね」などと話しかけてもよいでしょう。
    広告

方法 2 の 12:
クラスやクラブに参加する

  1. 1
    何かのクラブ、クラス、チームに参加するのは、気の合う人々と出会える絶好の機会です。近くに座った人に話しかけてみましょう。相手と意気投合したら、友達になれるかもしれません。楽しく交流できる場所は、対人スキルを向上させる格好の練習場となります。[2]
    • 簡単な質問やフレンドリーなコメントも会話のきっかけになります。例えば、「ここでたくさんの人と知り合えて嬉しいです」または「ここに来たきっかけは何ですか?」などと言うことができます。[3]
    • コロナウイルスがまん延している間は、読書会などのオンライングループに参加するのも一案です。[4]

方法 3 の 12:
名前を覚える

  1. 1
    コミュニケーションの基本は人との繋がりです。初対面の人に会い自己紹介されたら、相手の名前を覚えるよう努力しましょう。一度で覚えられなかったら、聞き返しても構いません。相手を名前で呼ぶことで、自分を印象付けることができます。[5]
    • 誰かの名前を忘れてしまったら、友人や同僚に尋ねて思い出すこともできます。
    広告

方法 4 の 12:
一般的な話題を選ぶ

  1. 1
    一般的な話題を選ぶと、会話が広がります。ぎこちない会話を続ける代わりに、天候などの一般的な話をするか、自分たちの周りで起こっていることを話題にしましょう。優れたコミュニケーション能力とは、さりげなく周囲の状況に合わせて振る舞うことです。[6]
    • 「この寒さにはこりごりですね」など、簡単なコメントから会話を始めてもよいでしょう。

方法 5 の 12:
ポジティブな話題を選ぶ

  1. 1
    否定的な意見や不満は、相手を不快にさせてしまうかもしれません。不満や否定的な意見は避け、楽しく明るい話題を選んで、相手にポジティブな印象を与えましょう。ポジティブな態度は、周囲の人々に確実に良い印象を与えます。[7]
    • 天候や他のネガティブな事に対して不満を漏らすのではなく、今週起こったポジティブな出来事について話しましょう。
    • ソーシャルメディアで見つけた、可愛い動画や面白い動画について話してもよいでしょう。
    広告

方法 6 の 12:
体を傾けたり頭を上げたりして、話を真剣に聞いている態度をとる

  1. 1
    相手の話に興味を持ち聞き入っているという姿勢を保ちましょう。会話の最中は腕を組まずに、相手に心を開いてることを示します。前かがみになったり、下を向いたりしないように注意しましょう。まっすぐな姿勢で立っていると、相手の話に興味があるように見えます。このように、正しい姿勢で話を聞くことは、対人スキルの向上につながります。[8]
    • 背中を丸めて地面を見つめていたら、会話に興味があるようには思えません。
    • 会話中の姿勢は、今はそれほど重要には思えないかもしれませんが、長い目で見ると違いが現れます。相手の話に関心を持ち真剣に聞くことで、将来的にもコミュニケーション能力が磨かれます。

方法 7 の 12:
周囲の人々の意見を聞く

  1. 1
    健全な会話は、他者との話のキャッチボールで成り立ちます。会話中に心を開いて発言することは大切ですが、自分だけが会話を独占するのは禁物です。話が途切れたのを見計らい、関連性のある的を射た質問をしましょう。相手の話を熱心に聞くことは、優れた対人スキルのひとつの条件でもあります。[9]
    • オープンクエッションで質問しましょう。「今週末の予定は何ですか?」など、さまざまな回答が得られる質問は、会話を持続させます。一方、「週末が待ち遠しいですか?」などの質問では会話は長続きしません。[10]
    広告

方法 8 の 12:
集団のなかで自信を持って話す

  1. 1
    会話中に話す機会を探りましょう。会話の最中は、話が途切れたところで会話に参加しましょう。他の人達が会話をやめてあなたの話に耳を傾けるように、大きな声で自信のある態度で話しましょう。[11]
    • 例えば、友人と夏休みについて話している時、過去の楽しい夏の思い出を語ってもよいでしょう。
    • 同僚が天候について不満を漏らしていたら、天気予報で得た最新の情報を共有しましょう。
    • 集団での会話は混沌とすることもあり、会話上手な人でも話に入るのが難しい場合もあります。最初はうまくいかなくても問題ありません。

方法 9 の 12:
上手に会話を終える

  1. 1
    話題が思い浮かばなくなっても問題ありません。用事があるため行かなければならないと、相手に告げるとよいでしょう。時間を割いてくれたことに感謝し、今度また話したいと伝えましょう。気持ちよく会話を終えることは、会話を始めたり続けたりするのと同様に大切です。[12]
    • 「授業があるからもう行くけど、話せて楽しかった!今度コーヒーでもどう?」と言ってもよいでしょう。
    広告

方法 10 の 12:
前回の話題を盛り込む

  1. 1
    前回の相手の話や状況を次の会話に盛り込みましょう。相手の何気ない会話や状況を覚えていると、一目置かれるはずです。相手の話の内容を覚えておくよう心がけましょう。そして、次に会う時に、前回の話にふれるとよいでしょう。相手はあなたの気配りに感謝するはずです。[13]
    • 「娘さんの恵美子ちゃんはソフトボールチームに入れましたか?」または「北海道旅行はいかがでしたか?」のような質問をしてもよいでしょう。

方法 11 の 12:
自己主張をする

  1. 1
    はっきりと自己主張をしても、自己中心的または扱いにくい人にはなりません。自分の思想や意見を持つことに何の問題もありません。毅然とした声と態度で「嫌」と言える練習をしましょう。なかなか自信が持てない場合は、友人に協力してもらい、はっきりと言えるように練習するとよいでしょう。[14]
    • 自分の考えと信念に忠実になることは、大切な対人スキルのひとつです。
    広告

方法 12 の 12:
古典文学を読む

  1. 1
    読書は感情的知性(自己や他者の感情を認知・理解する能力)を向上させるという研究結果があります。研究では、被験者が古典小説の短編を読んだ後の、共感力、感情的知性、そして社会的知覚(社会的な要因によって規定される知覚)の変化を調べました。古典小説からの抜粋を読んだ後、被験者はこれらのカテゴリーでより高い得点を得ました。空き時間があれば近くの図書館に立ち寄り、アントン・チェーホフやアリス・マンローなどの作品を借りるとよいでしょう。こうすることで、対人スキルが自然に向上するかもしれません。[15]
    • 古典文学は、ダニエル・スティールなどの現代小説より対人スキルを磨く効果があります。

ポイント

  • 笑顔は心を開いている証になり、相手を安心させます。人と会う時は笑顔でいることを心がけるだけで、よりたやすく相手と打ち解けられます。[16]
  • 他人と交流するのは難しいと感じても、そう思っているのはあなただけではありません。支援グループに参加し、同じような考えを持った人達と出会うのもよいでしょう。[17] コミュニケーション能力を向上させ、社交不安障害を克服することを目的とした支援グループはたくさんあります。[18]
  • 読書は対人スキルの向上に極めて効果的です。読書をすることで、忍耐力、問題解決力、そして共感力が身につきます。[19]
広告

注意事項

広告

関連記事

壁の向こう側の会話を聞き取る壁の向こう側の会話を聞き取る
ソシオパスかどうかを見抜くソシオパスかどうかを見抜く
げっぷするげっぷする
すぐに涙を出すすぐに涙を出す
キスが上手になるキスが上手になる
復讐する復讐する
他者に依存しない他者に依存しない
友達がゲイかどうか見分ける友達がゲイかどうか見分ける
恋人からの信頼を取り戻す恋人からの信頼を取り戻す
笑ってはいけない時に笑いを止める笑ってはいけない時に笑いを止める
泣いている人を慰める泣いている人を慰める
恋に落ちたか判断する恋に落ちたか判断する
彼女が浮気をしているか知る彼女が浮気をしているか知る
自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
広告

このwikiHow記事について

Kelli Miller, LCSW, MSW
共著者 ::
心理療法士
この記事の共著者 : Kelli Miller, LCSW, MSW. ケリ・ミラーはカリフォルニア州ロサンゼルス在住の心理療法士、著者、テレビ・ラジオ番組司会です。 家族・夫婦関係、鬱病、不安症、性別の在り方、育児に関する個人カウンセリングを専門に行うかたわら、ヴィラ治療センターにてアルコール・薬物依存症およびアンガーマネジメントのグループカウンセリングを開催しています。「ケリ教授が教える夫の探し方」の著書でもあり、多動性障害をとりあつかった本「多動性障害ともに育つ—子供用問題集」は新世代インディー本賞を獲得しました。 LA Talk Radio放送の「The Examiner」では人間関係を専門とするの司会者としても活躍し、世界に向けメッセージを発信。YouTubeチャンネル<https://www.youtube.com/user/kellibmiller>や、Instagram-アカウント名@kellimillertherapyにこれまでの業績を投稿しています。フロリダ大学にて社会学・健康学の学士号を、ペンシルバニア大学にて社会福祉学の修士号を取得。 この記事は4,100回アクセスされました。
このページは 4,100 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告