wikiHow専門家

wikiHowの使命は、読者の皆さんにもっとも役に立つあらゆるハウトゥーを、どこにでもお届けすることです。最新のリサーチに基づく、正確で最新の情報満載の記事にするために、各業界トップクラスの専門家の協力を仰いでいます。専門家はwikiHow編集者チームと協力し合い、記事の作成、編集、査読、Q&Aへの回答、さらに個人的なアドバイスまでを行います。専門家に応募しましょう

査読者

B.J. Novak

B.J. Novak

俳優、作家、起業家

B.J.ノバックは作家兼俳優で、俳優、作家、ディレクター、そして制作責任者を務めてエミー賞を受賞した、NBCテレビのコメディーシリーズ番組「The Office」がその代表作です。また、モバイルアプリケーション「The List App」の共同設立者でもあります。2001年にハーバード大学で英文学、スペイン文学の学位を取得。

Mark Cuban

Mark Cuban

起業家、ベンチャーキャピタリスト

マーク・キューバンはアメリカ人の実業家、そして投資家です。NBA(アメリカの男子プロバスケットボールリーグ)のチーム、ダラス・マーベリックスのオーナーで、2929 エンターテインメントの共同オーナー、AXS TVの司会者としても活躍。またABCテレビで放送中の発明と投資に焦点を当てたリアリティー番組「Shark Tank」では何人もの発明者に投資契約のオファーをしています。

Peter Singer

Peter Singer

哲学者、動物愛護運動家

ピーター・シンガーは、Ira W. DeCamp財団後援のプリンストン大学主催一般公開セミナーにて生命倫理学の教授を務めています。著書「あなたが世界のためにできるたったひとつのこと――〈効果的な利他主義〉のすすめ」「あなたが救える命――世界の貧困を終わらせるために今すぐできること」の中で功利主義(証拠と根拠に基づき、最も効果的に他人に利する方法を究明する哲学・社会運動)についての基本的な考えを示しています。1980年、オーストラリア最大で最も活発な動物愛護団体「アニマルズ・オーストラリア」を設立し、2006年には「オーストラリアにおける最も影響力のある知識人トップ10」の一人に選ばれています。オックスフォード大学にて哲学の学士号を取得後、メルボルン大学にて哲学の修士号を取得。

David A. Payne, JD

David A. Payne, JD

Somebody Somewhere司会者(ポッドキャスト番組)

デイビット・A・ペインは犯罪捜査のポッドキャスト番組「Somebody Somewhere」の共同制作者、作者、そして司会者です。Somebody Somewhereは批評家たちから絶賛されており、2018年にはSpotifyのEditor's Choice(編集者が推薦する番組)に選ばれています。デイビット・A・ペインは連邦検事補、法務顧問、そして数々の企業において経営幹部職を歴任しました。デューク大学法科大学院にて法務博士号を取得。2019年の時点でカリフォルニア州弁護士免許を保持しています。

Bethany Hamilton

Bethany Hamilton

プロサーファー

べサニー・ハミルトンはプロサーファー、そして作家として活動しています。2003年に鮫に襲われて左腕を失いながらもサーフィンを続け、2007年より世界中で開かれる数々のサーフィンコンテストに出場しています。2011年には自身の経験を題材にした映画「ソウル・サーファー」が公開されました。

医学審査

Luba Lee, FNP-BC, MS

Luba Lee, FNP-BC, MS

治験審査委員

ルーバ・リーはテネシー州に住む家庭医療を専門とするナース・プラクティショナー(一定レベルの診断や治療を行うことが許可されている上級看護師)です。2006年にテネシー大学にて 看護学修士号を取得しています。

Sarah Gehrke, RN, MS

Sarah Gehrke, RN, MS

正看護師

セーラ・ゲールケはテキサス州在住の正看護師、および認定マッサージ療法士です。患者の身体、精神、気持ちのサポートを重視した静脈切開術と点滴療法の指導・実践を10年以上行っています。2008年にアマリロマッサージセラピー協会にてマッサージ療法士の資格を取得後、2013年にフェニックス大学にて看護学の修士号を取得しています。

Laura Marusinec, MD

Laura Marusinec, MD

学会認定小児科医

マルシネック医師はウィスコンシン小児科病院の小児科医で、病院内の臨床実務評議会に参加しています。1995年にウィスコンシン医科大学医学部にて医学博士号を取得後、1998年に同大学病院小児科にて臨床研修を修了。全米医療ライター協会と小児緊急治療学会の会員です。

Chris M. Matsko, MD

Chris M. Matsko, MD

家庭医(かかりつけ医)

クリス・M・マツコ医師はペンシルバニア州ピッツバーグ在住の元内科医です。25年以上にわたって医学研究を続け、コーネル大学最優秀指導者賞を受賞しました。テンプル大学にて栄養科学の学士号を取得後、同大学医学部にて2007年に医学博士号を取得。2016年にha

Lacy Windham, MD

Lacy Windham, MD

学会認定産婦人科医

ウィンダム医師はテネシー州在住の認定産婦人科医です。メンフィスにあるテネシー大学医学部に学び、2010年にイースタン・バージニア大学医学部にて臨床研修を修了。同大学より最優秀母体胎児医学科研修医賞、最優秀研修医賞、最優秀腫瘍学科研修医賞を受賞しました。

Erik Kramer, DO, MPH

かかりつけ医のエリック・クレイマー医師は、コロラド大学にて内科疾患、糖尿病、体重管理の治療を専門的に行っています。2012年にタウロ大学ネバダ校整骨医学部にて博士号を取得。

Mohiba Tareen, MD

Mohiba Tareen, MD

米国皮膚科学会認定皮膚科医

モヒバ・タリーン医師はミネソタ州のローズビル、メイプルウッド、そしてファリバルトの各市にて皮膚科専門クリニック「Tareen Dermatology」を経営する認定皮膚科医です。ミシガン大学アナーバー校の医学部を卒業。在学時には名誉協会「Alpha Omega Alpha」に在籍しました。皮膚科の研修医としてニューヨーク市のコロンビア大学に勤務中、同市の皮膚科学協会よりコンラッド・ストリッツラー賞を受賞。その業績は医学専門誌「The New England Journal of Medicine」にも掲載されました。皮膚形成外科、レーザー治療学、そして美容皮膚科学に焦点をおいた実務課程を修了。

Carrie Noriega, MD

Carrie Noriega, MD

学会認定産婦人科医

ノリエガ医師はコロラド州に住む産婦人科医・医療ライターです。女性の健康、リウマチ学、肺臓学、感染症、胃腸病学を専門にしています。ネブラスカ州オマハのクレイトン大学医学部で医学修士号を取得、2005年にミズーリ大学カンザスシティ校において臨床研修を修了。

Alex Dimitriu, MD

Alex Dimitriu, MD

睡眠専門医、精神科医

アレックス・ディミトリウ医師はサンフランシスコ・ベイエリアにて精神疾患と睡眠障害の治療、そしてトランスフォーメーショナル心理療法を専門的に行うクリニック、「Menlo Park Psychiatry and Sleep Medicine」を経営しています。2005年にストーニーブルック大学医学部にて医学博士号を取得後、2010年にスタンフォード大学医学部にて睡眠医学の臨床研修を修了。精神科医と睡眠専門医の認定資格を保有。

Tu Anh Vu, DMD

Tu Anh Vu, DMD

認定歯科医

ツ・アン・ヴー医師はニューヨーク州ブルックリン市にて歯科医院を経営している認定歯科医です。子供から大人にいたるまで、あらゆる年齢層の患者たちを対象に歯科治療恐怖症を克服する手助けを行っています。カポジ肉腫の治療法発見に関する研究にも取り組んでおり、メンフィス市で開かれたヒンマン学会にて研究論文を発表。ブリンマー大学にて学士号を、ペンシルバニア大学歯内療法学科大学院にて歯学博士号を取得。

Shari Forschen, NP, MA

Shari Forschen, NP, MA

ナース・プラクティショナー

シャリ・フォーシェンはノースダコタ州にある医療センター、「Sanford Health」に勤務する正看護師です。2003年にノースダコタ大学にてナース・プラクティショナー(家庭医学専門)の修士号を取得後、正看護師として働いています。

Margareth Pierre-Louis, MD

Margareth Pierre-Louis, MD

認定皮膚科医

認定皮膚科医、皮膚病理医、医師起業家のマーガレス・ピエール・ルイスはミネソタ州のミネアポリスにある「Twin Cities Dermatology Center」と「Equation Skin Care」の設立者です。 総合皮膚科クリニックの「Twin Cities Dermatology Center」ではあらゆる年齢層の患者を対象に皮膚科疾患治療、美容皮膚科治療、遠隔医療を、また「Equation Skin Care」では研究に基づいたスキンケア製品の提供を行っています。マーガレス・ピエール・ルイスはデューク大学にて生物学学士号と経営学修士号を、ノースカロライナ大学チャペルヒル校にて医学博士号を取得。ミネソタ大学にて皮膚科学の臨床研修を、ワシントン大学セントルイス校にて皮膚病理学のフェロー課程を修了。米国皮膚科・病理学会より皮膚科医、皮膚外科医、そして皮膚病理医の認定を受けています。

Pouya Shafipour, MD, MS

Pouya Shafipour, MD, MS

認定家庭医

ポウヤ・シャフィポー医師はカリフォルニア州サンモニカ在住の家庭医、かかりつけ医、減量専門医です。 食事療法と栄養管理を専門としており、行動・運動カウンセリングを通じて急激な体重の増減が引き起こす症状の管理や肥満治療を行っています。カリフォルニア大学バークレー校にて分子学と細胞生物学の学士号を、ジョージタウン大学にて生理学と生物物理学の修士号を、ロマ・リンダ医科大学にて医学博士号を取得。カリフォルニア大学アーバイン校にて一般外科のインターンシップを、カリフォルニア大学ロサンゼルス校にて家庭医の臨床研修を修了後、2008年に家庭医の認定資格を取得。

Jennifer Boidy, RN

Jennifer Boidy, RN

正看護師

ジェニファー・ボイディーはメリーランド州在住の正看護師です。2012年にキャロル・コミュニティー・カレッジにて看護学の準学士号を取得しています。

Anthony Stark, EMR

Anthony Stark, EMR

救急救命士

アンソニー・スタークはカナダのブリティッシュコロンビア州在住の認定救急救命士です。救急搬送サービスを提供する会社「British Columbia Ambulance Service」を経て、現在では「Mountain View Safety Services」に勤務しています。ジョージア工科大学にて電気・電子工学および通信工学の学位を取得。

Mark Ziats, MD, PhD

Mark Ziats, MD, PhD

医学博士

ジアッツ医師は内科医、研究者、そしてバイオテクノロジー起業家です。2014年にケンブリッジ大学にて遺伝学の博士号を取得しています。翌年の2015年にはベイラー医科大学から医学博士号を授与されています。

Sari Eitches, MBE, MD

Sari Eitches, MBE, MD

総合内科専門医

サリ・エイチェス医師はカリフォルニア州ロサンゼルス市にて「Tower Integrative Health and Wellness」を経営している総合内科専門医です。プラントベース(菜食)食事療法、体重管理、女性医療、予防医療、うつ病治療を専門としています。カリフォルニア大学バークレー校にて学士号を、ニューヨーク州立大学アップステート医科大学にて医学博士号を、ペンシルバニア大学にてビジネスエンジニアリングの修士号を取得。ニューヨーク州にあるレノックスヒル病院にて臨床研修を修了。米国内科医学会と米国統合・ホリスティック医学会の指導医、そしてペンシルバニア大学の医局員を務めています。

Paul Friedman, MD

Paul Friedman, MD

認定皮膚科医、米国皮膚科学会

ポール・フリードマン医師はレーザー手術、皮膚形成手術、美容皮膚治療を専門とする認定皮膚科医です。テキサス州にあるヒューストン皮膚科・レーザー手術センターの最高責任者を務めるかたわら、ニューヨーク・レーザー&皮膚形成手術センターにて施術を行っています。ニューヨーク大学医科大学院にて皮膚形成手術学の臨床研修を修了。研修期間中にはチーフレジデントを務めており、その間に行った皮膚手術に関する研究業績が認められ名誉賞Husik Prizeを2度受賞。ニューヨーク・レーザー&皮膚形成手術センターにてフェロー課程を修了。米国皮膚形成手術学会からはYoung Investigator's Writing Competition Awardを授与されました。皮膚形成外科分野における第一人者として認められており、レーザーシステムや治療技術の開発に携わっています。テキサス大学医学部皮膚科学科とウェイルコーネル医科大学付属ヒューストンメソジスト病院の臨床准教授でもあります。

Lydia Shedlofsky, DO

Lydia Shedlofsky, DO

皮膚科医

リディア・シェドロフスキー博士は20119年7月より皮膚科専門クリニックグループ「Affiliated Dermatology」の提携皮膚科医師として活躍しています。フロリダ州マイアミにあるラーキン・コミュニティー病院にてTRI(大学院医療トレーニングとオステオパシー医学研修を統合したインターンシップ)を修了後、同グループに加盟。ノースカロライナ州グリーンズボロにあるギルフォード・カレッジにて生物学の学士課程取得。 同大学を卒業後モザンビークのベイラ市に移住し、研究助手及び研修医として無料クリニックに勤務。学士号取得後プログラムを修了後、レイク・エリー・カレッジオステオパシー医学部にて医療学の修士号とオステオパシー医学の博士号を取得しました。

Cristian Macau, DDS

Cristian Macau, DDS

口腔外科医

マカウ医師は2015年にキャロル・ダヴィラ大学医学部から口腔外科博士号を授与されています。現在はロンドンの歯科医院「Favero Dental Clinic」にて口腔外科医および歯周病専門医を務め、同医院で審美歯科の施術も行っています。

Troy A. Miles, MD

Troy A. Miles, MD

整形外科医

マイルス医師はカリフォルニア州在住の整形外科医で、成人の関節再建手術を専門に行っています。2010年にアルベルト・アインシュタイン医学校にて医学博士号を取得後、オレゴン健康科学大学にて臨床研修を、そしてカリフォルニア大学デービス校にて専門医研修を修了。米国整形外科委員会の認可医で、米国膝・股関節外科協会、米国整形外科協会、米国整形外科手術学会、北太平洋整形外科学会の会員です。

Kaveri Karhade, MD

Kaveri Karhade, MD

学会認定皮膚科医

カヴェリ・カーヘイド医師は、レーザー皮膚科、一般皮膚科、および美容皮膚科医としてサンフランシスコベイエリアを拠点に活躍しています。専門はニキビ治療と脱毛治療です。注射剤、レーザー、手術、その他審美治療に関する高度な訓練を受け、幅広い研究結果を医学雑誌で発表しています。 ミシガン州立大学にて学士号を、同医学部にて医学博士号を取得。内科のインターンをニューヨーク大学医学部にて、皮膚科研修をブラウン大学医学部にて修了。米国皮膚科学会および米国皮膚形成手術学会会員。

Marc Kayem, MD

Marc Kayem, MD

睡眠専門家

マーク・ケイエム医師はカリフォルニア州のビバリーヒルズにて美容整形手術と睡眠障害の治療を専門的に行っている形成外科・耳鼻咽頭科医です。 王立カナダ外科大学研究員であり、オタワ大学にて医学博士号を取得し、米国耳鼻咽頭科医会による認定耳鼻咽頭科医の資格を取得しています。

Alina Lane, DDS

Alina Lane, DDS

歯科医師

アリナ・レイン医師はニューヨーク市にて一般歯科クリニック「All Smiles Dentistry」を経営する歯科医です。メリーランド大学にて歯学博士号を取得したのち、同大学にてデンタルインプラントと高機能修復に重点をおいた一年間の口腔インプラント学研修課程を修了。その後高等教育を受けるべくニューヨーク大学医科大学院付属ウッドハル医療センターに勤務。同センターにて総合臨床研修を修了。2012年-2013年度「ウッドハル医療センター最優秀研修医賞」受賞。

Andrea Rudominer, MD, MPH

Andrea Rudominer, MD, MPH

小児科・総合診療医

アンドレア・ルドミナー医師はサンフランシスコ・ベイエリア在住の認定小児科医、総合診療医です。15年以上の経験を有し、予防医療、肥満症治療、思春期ケア、注意欠陥・多動性障害治療、そして異文化対応ケアを専門に行っています。カリフォルニア大学デービス校にて医学博士号を取得後、スタンフォード大学付属ルシール・パッカード小児病院にて臨床研修を修了。さらにカリフォルニア大学バークレー校にて母子健康学修士号を取得。米国小児科協会とサンタクララ郡医師会の会員であり、米国小児科学会では名誉会員を、カリフォルニア州医師会では指導医を務めています。

Carlotta Butler, RN, MPH

カーロッタ・バトラーはアリゾナ州在住の正看護師でAmerican Medical Writers Associationの会員です。2004年に北イリノイ大学で公衆衛生学の修士号を、2017年にセント・フランシス大学で看護学の修士号を取得。

Jonas DeMuro, MD

Jonas DeMuro, MD

学会認定救急外科医

デミューロ医師はニューヨーク州に住む小児救命救急科専門の外科医です。1996年にストーニーブルック大学医学科にて医学博士号を取得後、ノースショア・LIJ・ヘルス・システムにて臨床研修を終了しました。米国外科学会の元特別会員でもあります。

Jurdy Dugdale, RN

Jurdy Dugdale, RN

治験審査委員

ジューディー・ダグデールはフロリダ州在住の正看護師です。1989年にフロリダ州の看護師委員会より、正看護師として認定されています。

Victor Catania, MD

Victor Catania, MD

家庭医(かかりつけ医)

カターニア医師はペンシルバニア州の家庭医です。2012年に南北アメリカ大陸医科大学にて医学博士号を取得後、ロバート・パッカー病院にて臨床研修を終了。米国家庭医療委員会会員。

Rebecca Levy-Gantt, MPT, DO

Rebecca Levy-Gantt, MPT, DO

学会認定産婦人科医

認定産婦人科医のレベッカ・レヴィ―ガントは、カリフォルニア州ナパ市にて産婦人科クリニックを運営してる開業医です。更年期と閉経前後期におけるホルモン管理を専門としており、ナチュラルホルモン補充療法、合成ホルモン補充療法、その他の代替療法を用いた治療を行っています。米国認定更年期障害専門医でもあり、更年期症状管理の専門家として米国医師名簿に登録されています。ボストン大学にて理学療法学の修士号を、ニューヨーク大学オステオパシー医学学校にてオステオパシー医学の博士号を取得。

Dale Prokupek, MD

Dale Prokupek, MD

認定内科医・胃腸科医

デール・プロクペク医師はカリフォルニア州ロサンゼルス市にて内科と胃腸科のクリニックを経営している開業医です。シダーズ サイナイ医療センターの勤務医でもあり、カリフォルニア大学ロサンゼルス校付属ゲフェン医科大学院では臨床精神医学の准教授として教鞭をとっています。医師として25年以上の経験があり、C型肝炎、結腸癌、痔、尖圭コンジローマ、そして慢性免疫不全症が引き起こす消化器系の疾患など、肝臓、胃、腸に関わる病気の診断と治療を専門としています。ウィスコンシン大学マディソン校にて動物学の学士号を、ウィスコンシン医科大学にて医学博士号を取得。シダーズ サイナイ医療センターにて内科医としての臨床研修を、UCLAゲフェン医科大学院にて胃腸科医のフェロー課程を修了。

Adarsh Vijay Mudgil, MD

Adarsh Vijay Mudgil, MD

認定皮膚科医・皮膚病理学医

アダーシュ・ヴィジェイ・ムドギル医師はニューヨーク州ニューヨーク市にて最先端の皮膚科治療を提供しているクリニック「Mudgil Dermatology」の経営者です。 同地区において皮膚科医と皮膚病理学医の両認定資格を保有する数少ない医師の1人でもあり、医療、外科、美容皮膚科治療と全ての分野のエキスパートとして活躍。エモリー大学にてオナーズ付学士号(ファイ・ベータ・カッパに所属)、ストーニーブルック大学医学科にてオナーズ付医学博士号(アルファ・オメガ・アルファに所属)を取得。 同医学科在学時には、全国でもごく少数の学生しか手にすることのできないハワード・ヒューズ医学施設フェローシップおよび奨学金を獲得。 マンハッタンにあるマウントサイナイ病院にて皮膚科の臨床研修を修了し、研修時にはチーフレジデントを務めました。さらに皮膚病理学研究で有名なアッカーマン皮膚病理学研究所にてフェロー課程を修了。米国皮膚病学会、米国皮膚形成手術学会、米国皮膚病理学学会の上級会員、マウントサイナイ病院の教授陣の一員でもあります。

Monica Kieu, DO, FACS

Monica Kieu, DO, FACS

認定耳鼻咽喉科医

モニカ・キエウ医師はカリフォルニア州ロサンゼルス在住の認定耳鼻咽喉科医、顔面形成外科医、再建外科医です。カリフォルニア大学リバーサイド校にて人類学の学士号を、ウェスタン大学ポモナ校健康科学科にてオナーズ称号付きのオステオパシー博士号を取得。ミシガン州立大学付属デトロイト医療センターにて鼻咽喉科・頭頸部外科の臨床研修を修了。研修期間はチーフレジデントを務めました。 さらにトロント大学にて顔面形成外科と再建外科のフェローシップを修了。米国鼻咽喉科・頭頸部外科学会、米国オステオパシーおよび鼻咽喉科・頭頸部外科学会、米国美容整形学会、米国顔面・再建外科学会、米国鼻科学会に所属。近年Los Angeles Magazineよりロサンゼルスにおける最優秀医師の1人に選ばれました。

R. Sonia Batra, MD, MSc, MPH

R. Sonia Batra, MD, MSc, MPH

学会認定皮膚科医

学会認定皮膚科医のR. ソニア・バトラ医師は、カリフォルニア州ロサンゼルスの「Batra Dermatology」を開業しています。レーザー治療、医療機器、公共医療教育、皮膚がん研究を専門とし、経験は15年以上。ハーバード大学にて公衆衛生学の学士号と修士号を、さらに医学博士号を取得。ローズ奨学金を獲得し、オックスフォード大学にて分子遺伝学修士号を取得。スタンフォード大学にて皮膚科研修を修了。皮膚外科学会誌、米国皮膚病学会誌、JAMAダーマトロジー誌で寄稿・査読を行っています。CBSのエミー賞受賞番組「The Doctors」共同司会者。

Eric Christensen, DPT

Eric Christensen, DPT

理学療法士

理学療法士のエリック・クリスチャンセンはアリゾナ州チャンドラーを拠点に活躍しています。整形外科・神経学双方の領域に取り組み、経験は10年以上。専門はオーダーメイド矯正具やギプスの処方、前庭障害のリハビリ、用手療法。コロラド大学にて運動科学学士号(スポーツ医学専攻)を取得、レジス大学にて理学療法士博士号を取得。治療においては、SFMA診断システムを用いた、リハビリの発展的アプローチを行い、患者の運動機能を以前の状態に戻せるよう、機能的運動パターニングと用手療法を用いています。

David Nazarian, MD

David Nazarian, MD

米国内科医学会指導医

認定内科医のデイビット・ナザリアン医師はカリフォルニア州ビバリーヒルズにて先進総合健康管理と高級専門医療を提供するクリニック「My Concierge MD 」を経営。人間ドックやビタミン点滴療法、ホルモン補充療法、減量、多血小板血漿注入療法を専門に行っています。医療従事者として16年以上の経験があり米国内科医学会の指導医を務めています。カリフォルニア大学ロサンゼルス校にて心理学と生物学の学士号を、サックラー医学大学にて医学博士号を取得。南カリフォルニア大学付属ハンティントンメモリアル病院にて臨床研修を修了しました。

Mark Co, DPM

Mark Co, DPM

足病医

マーク・コー医師はカリフォルニア州サンフランシスコにて足病専門クリニックを経営しています。腱膜瘤、陥入爪、爪真菌症、イボ、足底筋膜炎ほか、足に痛みを引き起こすあらゆる症状の治療を専門としており、足や足首の問題を治療、そして予防用オーダーメード足矯正製品の提供サービスも行っています。ニューヨーク大学にて経営学修士号を、ジョンホプキンス大学にて電気工学とコンピューター科学の修士号を取得。カリフォルニア足病外科大学にて足病学の博士号課程を、カリフォルニア州サンタクララのカイザーパーマネンテ医療センターにてインターンシップ及び研修課程を修了。2018年より3年連続してサンフランシスコにおける「トップ3足病医」に選出されました。アメリカ足病医学会(CPMA)に所属。

Robert Dhir, MD

Robert Dhir, MD

認定泌尿器科医、泌尿器外科医

ロバート・ディール医師はテキサス州ヒューストンにある泌尿科専門クリニック「HTX Urology」の設立者です。認定泌尿器科医、泌尿器外科医として10年以上の経験を有し、専門は前立腺肥大症(UroLift治療)と腎臓結石の低侵襲治療、泌尿器癌の外科的管理、メンズヘルス(勃起不全、低テストステロン症、不妊症)。UroLift治療においてセンター・オブ・エクセレンス(組織横断的専門集団の代表者)の名称を与えられており、自身で開発し特許権を持つ「Wave Therapy」を用いた勃起不全の非外科的治療における先駆者として知られています。ジョージタウン大学にて学士号及び医学博士号を取得。在学時に医大予科、泌尿器科、整形外科、眼科課程においてオナーズ称号を授与されました。テキサス大学ヒューストン校・MDアンダーソン癌センターにて一般外科のインターンシップ及び泌尿器外科の臨床研修を修了。同研修期間にはチーフレジデントを務めました。2018年と2019年に「泌尿器科部門トップドクター賞」を獲得。2019年と2020年にはテキサス州ヒューストンにおける「泌尿器科医トップ3」に、またTexas Monthlyの「テキサス州のスーパードクター・期待の星」に選出されました。

Payam Daneshrad, MD

Payam Daneshrad, MD

認定耳鼻咽喉科医

認定耳鼻咽喉科医、顔面形成外科医(認定資格取得予定)のパヤム・ダネシュラド医師はカリフォルニア州ロサンゼルスにある「DaneshradClinic」の経営者兼運営者です。 成人と小児を対象とした鼻咽喉科・頭頸部外科治療、鼻腔パッキング手術、低侵襲経蝶形骨洞手術、いびき治療を専門としており、経験は19年以上。最新技術を使い扁桃摘出術、アデノイド切除、甲状腺摘出術、副甲状腺摘出術を行っています。カリフォルニア大学バークレー校にて学士課程を修了し首席で卒業。テュレーン大学医学部にて医学博士号を取得。在学時に医学優等生協会AOAへの入会、そしてテュレーン大学トゥレーン大学公衆衛生学への入学が認められました。南カリフォルニアにて医療訓練を受け、現在は同大学の臨床准教授を務めるほか、ロサンゼルス・スパークス(米国女子プロバスケットボールチーム)とロヨラ・メリーマウント大学の運動部担当の耳鼻咽喉科医及び顔面形成外科医としても活躍。

Ronn Callada, RN, MS

Ronn Callada, RN, MS

ナース・プラクティショナー

ロン・カラーダはニューヨーク州にあるメモリアル・スローン・ケッタリングがん治療センターでナース・プラクティショナーとして、ニューヨーク大学看護学部では非常勤職員として働いています。2013年にストーニー・ブルック看護大学にて看護学修士号を取得。

Inge Hansen, PsyD

Inge Hansen, PsyD

臨床心理学者

インゲ・ハンセン心理学博士は、スタンフォード大学で学生の身体的健康と精神的健康を促進しているヘルスセンターの責任者を務めています。カリフォルニア臨床心理大学院にて性自認に関する専門研修を修了後、心理学の博士号を取得しており、社会正義と性の多様性について関心を寄せています。「倫理的な裏切りー妥協の時代に誠実でいるために」の共著者でもあります。

Aanand Geria, MD

Aanand Geria, MD

認定皮膚科医

アナンド・ジェリア医師はニュージャージー州にて「Geria Dermatology」を経営する認定皮膚科医です。ペンシルバニア州立大学にて学士号を、ラトガーズ・ニュージャージー州立大学医学科にて医学博士号を取得。リーハイ・バレー・ヘルスネットワークにてインターンシップを、ハワード大学医学大学院にて皮膚科学の臨床研修を修了。マウントサイナイ病院の臨床指導者でもあり、その業績はAllure、The Zoe Report、NewBeauty、Fashionistaに取り上げられており、Journal of Drugs in Dermatology、Cutis、Seminars in Cutaneous Medicine and Surgeryなどの皮膚科医療専門誌でも話題を集めています。

Ni-Cheng Liang, MD

Ni-Cheng Liang, MD

認定呼吸器科医

認定呼吸器科医のニー・チェング・リャング医師は、カリフォルニア州サンディエゴを拠点とするScripps医療ネットワークの提携病院「Coastal Pulmonary Associate」にて肺統合医療科の責任者を務めています。肺及び呼吸器疾患に関する医療相談、マインドフルネス教育、医師の健康、総合医療を専門とし、経験は15年以上。また、カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部学生が運営する無保険患者対象の無料クリニックにて奉仕をするかたわら、同大学医学部にてボランティアの准教授として活躍。メリーランド大学医学部にて医学博士号を取得。2017年と2019年にサンディエゴにおける最優秀医師賞を受賞。同じく2019年に米国肺協会より年間最優秀サンディエゴ肺健康医療従事者賞が贈られました。

Ken Miyazato, DDS

Ken Miyazato, DDS

口腔外科医

ミヤザト医師はサンフランシスコベイエリアのサンタ・クララ・バレー医療センターに勤務する歯科医です。2013年にザ・パシフィック大学で歯学博士号を取得後、2014年にルーサラン・メディカルセンターにて臨床研修を修了しています。

Mandolin S. Ziadie, MD

Mandolin S. Ziadie, MD

学会認定病理医

ジィーディー医師は南フロリダ在住の認定病理医で、解剖学・臨床病理学を専門としています。2004年にマイアミ大学医学部にて医学学位を取得後、2010年に小児病院「Children’s Medical Center」にて小児病理学の臨床研修を修了。

Marsha Durkin, RN

Marsha Durkin, RN

正看護師

マーシャ・ダーキンはウィスコンシン州在住の正看護師で、イリノイ州のマーシーホスピタル・医療センターで検査機関情報スペシャリストとして勤務しています。1987年にオルニー・セントラル大学にて看護学の準学士号を取得。

Theodore Leng, MD

Theodore Leng, MD

学会認定網膜硝子体外科医

レング医師はスタンフォード大学に勤務する眼科医、そして網膜硝子体外科医です。2010年にスタンフォード大学にて修士号を取得後、網膜硝子体外科の研究課程を修了しています。米国眼科学会、米国外科学会、視力および資格と眼医学研究協会会議、網膜学会、黄斑学会、硝子体網膜学会、米国網膜専門家学会の会員です。2019年米国網膜専門家学会より栄誉賞を受賞。

Danielle Jacks, MD

Danielle Jacks, MD

外科研修医

ダニエル・ジャックス医師は、ニューオリンズ市の Ochsner Clinic Foundation(ルイジアナ州最大の医療機関)に勤務する外科研修医です。ジャックス医師は2016年にオレゴン健康科学大学より医学博士号を授与されています。

Jennifer Butt, MD

Jennifer Butt, MD

認定産婦人科医

ジェニファー・バット博士はニューヨーク市にて産婦人科クリニック「Upper East Side OB/GYN」を経営する開業医です。ラトガース大学にて生物学の学士号を取得。ラトガース大学医学部にて医学博士課程を、ロバート・ウッド・ジョンソン大学病院にて産婦人科医としての臨床研修を修了。米国産婦人科学会特別会員で、米国医師会所属。米国産婦人科協会にて認定医師の資格を取得し、レノックスヒル病院と診療提携を結んでいます。

David Schechter, MD

シダーズサイナイ医療センターの指導医デビット・シェチター医師は、カリフォルニア州カルヴァ―シティに住む家庭医及びスポーツ医です。25年以上の医療経験を持ち、心・身体医療、予防医療、慢性疼痛の治療を専門としています。ニューヨーク大学にて医学博士号を取得。Los Angeles MagazineとMen's Health Magazineより最優秀医師賞に選ばれました。「The MindBody Workbook‐心身練習ブック」ほか、健康に関する本を数書出版しています。

Daniel Barrett, MD

Daniel Barrett, MD

認定形成外科医

ダニエル・バ―レット医師はカリフォルニア州ビバリーヒルズにて「Barrett Plastic Surgery」を経営する認定形成外科医です。形成外科医として6年以上の経験を保有。顔、鼻、身体の美容形成及び再建手術を専門としており、患者の傷痕を最小限にとどめるべく独自の傷痕ケア方法と皮膚縫合の技術を開発しました。ジェームス・マディソン大学にて学士号を取得。ヴァージニア医学校にて医学博士号、生理学修士号、健康管理修士号(MHA)を取得。

Alan O. Khadavi, MD, FACAAI

Alan O. Khadavi, MD, FACAAI

認定アレルギー専門医

アラン・O・カーダビヴィ医師はカリフォルニア州ロサンゼルス在住の認定アレルギー専門医及び小児アレルギー専門医です。ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校にて生化学の学士号を、ニューヨーク州立大学ブルックリン校付属健康科学センターにて医学博士号を取得。同州のシュネイダー子供病院にて小児医学の臨床過程を終えた後、ロングアイランド大学病院にてアレルギー学と免疫学のフェロー課程を修了。成人及び小児アレルギー・免疫内科専門医の認定資格を保有。米国アレルギーぜんそく免疫医学会の会員、米国アレルギーぜんそく免疫学会の名誉会員であり、米国アレルギー・免疫学協会では指導医を務めています。名医ランキング誌Castle Connolly Top Doctors から2013年から7年連続で「最優秀医師賞」を、2013年と2014には「最も思いやりのある医師賞」を贈られました。

Peter Gardner, MD

Peter Gardner, MD

認定胃腸科専門医

ピーター・W・ガードナー医師は30年の経験を持つ胃腸病学と肝臓病学の認定医です。専門は消化器官及び肝臓疾患の治療。ノースカロライナ大学にて学士号を取得後、ジョージタウン大学医学部に進学。コネチカット大学にて内科医学の臨床研修と胃腸病学のフェロー課程を修了。スタンフォード病院勤務時代には胃腸科病棟の主任をつとめ、現在も在籍。 グリーンウィッチ病院とコロンビア長老派教会病院(ニューヨーク州)の医療メンバーとしても活躍。米国内科医学協会では内科医学と胃腸病学の認定コンサルタントを務めています。

Adrienne Youdim, MD

Adrienne Youdim, MD

認定内科医

認定内科医のエイドリエン・ヨディム医師は「Dehl Nutrition」の設立者です。同社では健康志向の人々を対象に、外出先で摂取できる機能性栄養バーとサプリメントの製造販売を行っており、自身でも製品の開発を担当。内科医として10年以上の経験を有し、専門は医学的減量と栄養セラピー。ホリスティックな視点に立脚し、生活習慣の改善と証拠にもとづいた治療法を統合した栄養セラピーを提供しています。カリフォルニア大学ロサンゼルス校にて古典・古代学の学士号を、同大学サンディエゴ校にて医学博士号を取得。シダースサイナイ医療センターにて臨床研修及びフェローシップ課程を修了。米国内科医療協会、全米栄養内科専門医協会、米国肥満医学協会より、それぞれ認定資格を与えられています。米国内科医学会の上級会員、カリフォルニア大学ロサンゼルス校デビット・ゲフィン医療センター、そしてシダーズサイナイ医療センターの准教授としても活躍。その業績は CBS News、Good Day LA、Fox News、Dr. Oz、The Doctors、National Public Radio、KNX radio、W Magazine、Los Angeles Timesで取り上げられました。

Heather Richmond, MD

Heather Richmond, MD

認定皮膚科医

ヘザー・リッチモンド医学博士はテキサス州オースティンにある「Dermatology and Laser Surgery Center」に勤務する認定皮膚科医です。 医療、外科、美容皮膚科治療をはじめ、広範囲にわたる皮膚科治療を専門に提供しており、経験は9年以上。イエール大学にて分子生物学、細胞生物学、発生生物学の学士課程を優秀な成績で修了。カリフォルニア大学アーバイン校医学部にて医学博士号を取得。在学時はアルファ・オメガ・アルファ優等医学生協会に所属。シダース・サイナイ医療センターにて内科のインターンシップの、ヒューストンにあるテキサス大学MDアンダーソン癌センターにて皮膚科の臨床研修を修了。米国皮膚科学会の名誉会員で、米国皮膚外科協会、米国レーザー医療・外科協会、テキサス・ヒューストン皮膚科協会の会員です。

Tara Coleman

Tara Coleman

臨床栄養士

臨床栄養士のタラ・コールマンは、カリフォルニア州のサンフランシスコにて栄養コンサルタントクリニックを開業しています。スポーツ栄養学、ボディ・コンフィデンス(自身の体型に対する自信)、免疫システムの健康を専門とし、経験は15年以上。個別の栄養プログラム、企業単位のウェルネスサポート、オンラインでの学習コースを提供しています。ジェームス・マディソン大学にて生物学の学士号を取得。開業以前は分析化学者として6年間ほど製薬業界に勤務。その業績は NBC、CBS、Fox、ESPN、Dr. Oz The Good、Forbes, Cosmopolitan、Self, and Runner’sに取り上げられました。

Daniel Wozniczka, MD, MPH

ウォーズニスカ医師はシカゴ在住の内科医です。サブサハラアフリカ(サハラ以南のアフリカ)、東ヨーロッパ、そして東南アジアなど、世界中の国々の医療に携わってきました。2014年にヤギェウォ大学にて医学博士課程を修了しています。また、イリノイ大学シカゴ校で公共衛生修士および経営修士の学位も取得しています。

Joshua Batt, DO

Joshua Batt, DO

整骨医学外科学博士

バット医師はカリフォルニア州にある医療センター、リバーサイドコミュニティ病院に勤務する救急医療医です。2012年にオステオパシー(整骨)の専門大学「Touro University Nevada College of Osteopathic Medicine」にて博士号を取得後、救急医療の経験を5年以上積んでいます。

Paul Ursell, MD

Paul Ursell, MD

眼科医

ポール・アーセル医師はイギリスの眼科医で、白内障手術を専門としています。今までのキャリアにおいて7000件以上もの白内障手術を行い、白内障手術に関する論文(論文審査済み)を20本以上発表しました。ロンドンのセント・メアリー病院で医学博士号を取得後、1995年に王立眼科医科大学の研究員となりました。最新の白内障手術を専門として医学博士号を授与された数少ない外科医の一人として、9年以上にわたって英国およびアイルランド白内障・屈折矯正手術学会(UKISCRS)審議会の会員を務めています。

Robert Borer, DC

Robert Borer, DC

カイロプラクティック医師

ボーラー医師はミシガン州在住のカイロプラクティック医師で、妻であるシェリー・ボーラ医師と共に、カイロプラクティッククリニックを家族経営しています。1999年にアイオワ州にあるカイロプラクティック専門大学「Palmer College」にてカイロプラクティックの専門職学位を取得。2015年、ミシガン州サリーンにて患者が選ぶ医師賞を受賞。

Shaune Wallace, OD

Shaune Wallace, OD

検眼医

ワラス医師はネバダ州在住の検眼医です。2006年に南カリフォルニア検眼医大学にて検眼医学の学位を取得し、14年以上の経験があります。アメリカ検眼協会の会員です。

Debra Minjarez, MS, MD

Debra Minjarez, MS, MD

認定不妊治療専門医、生殖医療専門医

認定産婦人科医、生殖医療専門医のデブラ・ミンジャレス医師は、サンフランシスコ・ベイエリアにある不妊治療クリニック「Spring Fertility」の共同医長を務めています。以前は医長としてコロラド州生殖医療センター(CCRM)に15年間勤務。カリフォルニア州のオークランド市にあるカイザー医療センター不妊治療科の医長を務めていた経験もあります。ACOGオーソ・マクニール賞、セシルH・アイダグリーンセンター生殖生物学研究功労賞、婦人科医学研究協会会長賞など、長年医療に従事してきたなかで多くの名誉賞を受賞。スタンフォード大学にて学士号、修士号、そして医学博士号を取得。コロラド大学にて臨床研修を、テキサス大学サウスウェスタン医学センターにてフェロー課程を修了しました。

Miguel Cunha, DPM

Miguel Cunha, DPM

認定足病医

ニューヨーク州のマンハッタンにある足病専門クリニック「Gotham Footcare」の設立者ミゲル・クンハ医師は、軽症から高度な形成再建手術まで、あらゆる足と足首の治療に関し豊富な経験を有する足病外科専門医です。テンプル大学足病医学部にて足病医学の博士号を取得。チーフレジデントとして臨床研修を修了したジョージタウン大学とワシントン医療センターでは下肢外傷、糖尿病患者を対象とした患肢温存手術、足と足首の形成外科手術を専門に行っていました。米国足病医学協会、ニューヨーク州足病医学協会、米国足病外科医学会の会員であり、認定足病専門医の資格を保有。

Neal Blitz, DPM, FACFAS

Neal Blitz, DPM, FACFAS

認定足病医

ニューヨーク市とカルフォルニア州のビバリーヒルズでクリニックを経営する足病医、そして足病外科専門医のニール・ブリッツ医師は、腱膜瘤の手術に革命をもたらした形成手術法「Bunionplasty®」の考案者で「The Bunion King®-腱膜瘤治療の王」と呼ばれています。足病医として17年以上の経験をもち、足と足首の低侵襲手術を専門におこなっています。ニューヨーク大学足病医部にて足病医学の博士号を取得したのち、スウェディッシュ医療センターにて足と足首の待機手術・再建手術に重点をおいた臨床研修を修了。ドイツのドレスデンで外傷と再建技術の専門研修医を務めた際にはAO Traumaフェロー称号を授与されました。足病外科医、そして踵・足首再建手術の専門医として認定されており、米国足・足首外科医学協会の指導医、そして米国足・足首外科医学学会(FACFAS)の名誉会員を務めています。

Joshua Ellenhorn, MD

Joshua Ellenhorn, MD

認定一般・腫瘍外科医

ジョシュア・エレンホーン医師は外科腫瘍学、低侵襲手術、ロボット外科手術の分野で高度な技術と豊富な経験を持つ認定外科医です。 カリフォルニア州ロサンゼルスにあるシダーズ サイナイ医療センター内に個人クリニックを開業。胆のう手術とヘルニア修復術、そして大腸がん、皮膚がん及び黒色腫、胃がん、膵臓がんの外科治療を行っています。現在まで60人以上の腫瘍外科医師の教育にあたり、教授、そして一般・腫瘍外科手術医局の主任として18年以上にわたりシティー・オブ・ホープ国立医療センターにも勤務。外科手術、がん研究、外科教育における第一人者として全国的に認められています。ボストン大学医学大学院にて医学博士号を取得後、シカゴ大学とスローン・ケタリング記念がんセンターにてフェロー課程を修了。その後シンシナティ大学にて外科学の臨床研修を修了しました。

Jonathan Frank, MD

Jonathan Frank, MD

スポーツ整形外科医、関節保存医療専門家

ジョナサン・フランク医師はカリフォルニア州ビバリーヒルズ在住の整形外科医です。スポーツ医療と関節保存療法を専門とし、膝、肩、腰、肘の低侵襲治療と関節鏡視下手術に注力。カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部にて医学博士号を修得。シカゴのラッシュ大学医療センターにて整形外科医学の臨床研修を、コロラドのステッドマン医療センターにてスポーツ整形外科医療と人工股関節置換術のフェロー課程を修了。米国スキー・スノーボードオリンピックチームの担当医としても活躍しました。現在整形外科医学専門誌に掲載されている科学論文の審査員を務めており、自身の研究論文は地域、国内、そして国際的な整形外科カンファレンスで発表され、マーク・コベントリー賞、ウィリアム・A・グラナ賞をはじめ数多くの権威のある賞を受賞。

Karen Litzy, PT, DPT

Karen Litzy, PT, DPT

理学療法士

認定理学療法士、理学療法博士、国際的な演説家であるカレン・リジ―はニューヨーク市にてPLLC(専門職を雇用する有限責任会社)「Karen Litzy Physical Therapy」を経営しています。同クリニック運営のかたわら、ポッドキャスト番組「Healthy Wealthy & Smart」の司会者としても活躍。理学療法士として20年以上の経験を有し、癒しのエクササイズ、徒手理学医療法、疼痛教育、家庭でのエクササイズプログラムを用いた総合的な理学療法を提供。ミセリコーディア大学にて理学療法の科学修士号と理学療法博士号を取得。米国理学療法協会(APTA)の会員で、同協会記者団の公認スポークスパーソンでもあります。ニューヨーク市在住。

Joshua Grahlman, PT, DPT, FAFS

Joshua Grahlman, PT, DPT, FAFS

理学療法士、起業家

ジョシュア・グラ―ルマン医師はニューヨーク市にあるスポーツ医療と整形外科の個人クリニック「Clutch PT + Performance」の設立者、スポーツメカニックです。理学療法士として10年以上の経験を有し、専門は急性疼痛と慢性疼痛の治療、運動能力の最適化、手術後のリハビリテーション。アイアンマン世界選手権大会出場者、オリンピック選手、ママさんマラソン選手など、あらゆるレベルのスポーツ選手に治療を提供。 コロンビア大学外科医学部にて理学療法学の博士号を取得。グレイ・インスティテュート・フォー・ファンクショナルトランスメーション(GIFT)にてフェロー課程を修了しており、ニューヨーク市に住む数少ない応用動作科学特別研究者の1人として知られています。 アクティブリリーステクニック、 脊椎マニピュレーション、TRXサスペンショントレーニングの認定資格を保有。Triathlete、Men’s Health、My Fitness Pal、CBS Newsのスポーツコンサルタントとしても活躍。

Allison Romero, PT, DPT

Allison Romero, PT, DPT

骨盤矯正専門家

骨盤矯正を専門とする理学療法士のアリソン・ロメロ博士は、サンフランシスコベイエリアの「Reclaim Pelvic Therapy」を開業しています。骨盤底部機能障害に対する総合的な骨盤矯正治療を専門とし、数十年の経験を誇ります。ソノマ州立大学にて運動生理学と運動科学の学士号を、南カリフォルニア大学にて理学療法の博士号を取得。カリフォルニアの認定理学療法士で、米国理学療法士協会の女性の健康および国際骨盤疼痛学会会員です。

Carmen W. Landrau, MD

Carmen W. Landrau, MD

心臓血管外科専門医

ランドロー医師はテキサス州「Memorial Hermann Hospital 」勤務の心臓血管外科専門医で、心臓の健康についての講演も行っています。その功績はアメリカ心臓協会、St.Jude Medical、ユニビジョンでも取り上げられました。2009年、ヒューストンにあるテキサス大学医療センターで専門医の研修を修了。

Julia Bowlin, MD

Julia Bowlin, MD

家族医(かかりつけ医)

ボウリン医師はオハイオ州グリーンビルに住む家庭医で、アレルギーと免疫学を専門として25年以上のキャリアを積んでいます。1993年にライト州立大学の医学部にて医学博士号を取得後、オハイオ州デイトンのフランシスカン医療センターにて臨床研修を終了しました。

Tapan Abrol, MD

Tapan Abrol, MD

家庭医(かかりつけ医)

アブロル医師はニューヨーク州にあるマウント・サイナイ・アイカーン医科大学にて運動障害の研究を行う神経学の研究員です。アチャルヤ・シュリ・チャンダー医科学大学・病院にて修士号を取得後、2017年にルイビル大学にて神経学の臨床研修を修了。米国精神・神経医委員会会員。

Venessa Peña-Robichaux, MD

Venessa Peña-Robichaux, MD

学会認定皮膚科医

テキサス州在住のペーニャ・ロビショー医師は、小児および成人の皮膚病治療を専門とする皮膚科医で、臨床学の教授としても活躍しています。2010年にハーバード大学医学大学院にて医学博士号を取得後、ミシガン州デトロイトのヘンリー・フォード病院で臨床研修を修了。米国皮膚病学会、および米国遠隔医療協会の会員です。

John Thoppil, MD

John Thoppil, MD

学会認定産婦人科医

ソーピル医師はテキサス州オースティン市にある婦人科医院、「River Place OB/GYN」の産婦人科医です。ソーピル医師が主治医を務める同院は4年連続でAustin Monthly(オースティン市の月刊情報サイト)より「最高位の産婦人科医院」に選ばれています。ソーピル医師はテキサスA&M大学にて学士号を、ベイラー医科大学にて医学博士号を取得しています。

Joseph Whitehouse, MA, DDS

Joseph Whitehouse, MA, DDS

認定歯科医

ジョセフ・ホワイトハウス医師はカリフォルニア州カストロバレー在住の認定歯科医師で、世界低侵襲歯科医療学会(WCMID)元会長です。歯科治療と歯科検診において46年以上の経験があり、国際口腔インプラント学会とWCMIDの名誉会員を務めています。患者の治療への恐怖と不安の軽減に焦点をおいた研究はこれまで20回以上にわたり医療業界誌に掲載されました。1970年にアイオワ大学にて歯学博士号を、1988年にカリフォルニア州立大学ヘイワード校にてカウンセリング心理学の修士号を取得。

Catherine Cheung, DPM

Catherine Cheung, DPM

認定足病医

キャサリン・チェング医師はカリフォルニア州サンフランシスコを拠点に足と足首の総合ケア、そして高度な形成再建手術を専門に行っている足病医です。 Brown & Toland Physiciansと Sutter Medical Networkの提携医でもあります。カリフォルニア足病外科大学にて足病医学の博士号を取得。エンチノターザニア医療センターにて臨床研修を、カイザーパーマネンテ・サンフランシスコ医療センターにてフェロー課程を修了。米国足病外科医学会より足病外科専門医の認定を受けています

Susannah Kerwin, ANP-BC, HNP

Susannah Kerwin, ANP-BC, HNP

ナース・プラクティショナー

スーザン・カーウィンはニューヨーク州ニューヨーク市在住の認定成人ナース・プラクティショナーです。 医療業界にて10年以上の経験を有し専門は成人家庭医療、ホリスティック医療、女性の健康問題。 サンフランシスコ大学にて学士号を、ニューヨーク大学にて看護学修士号(総合医療と対症療法専攻)を取得。ナース・プラクティショナーの職に就く以前は認定看護師として精神科及び外科病棟に勤務。ニューヨーク大学の准教授でもあります。

Amy Chow

Amy Chow

認定栄養士

エイミー・チョーはカナダのブリティッシュコロンビアにある家庭と子供の栄養カウンセリングサービス会社「Chow Down Nutrition」の経営者です。認定栄養士として9年以上の経験を有し、小児栄養、食物アレルギー管理、摂食障害からの回復サポートに注力。マギル大学にて栄養科学の学士号を取得。 ブリティッシュコロンビア病院にて摂食障害プログラム(入院及び外来患者)の臨床研修を修了後、同社を設立。その業績はFind BC Dietitians、Dietitians of Canada、Food Allergy Canada、Recovery Care Collective、Parentology、Save on Foods、カナダ摂食障害情報センター(NEDIC)、Joytvに取り上げられました。

Pradeep Adatrow, DDS, MS

Pradeep Adatrow, DDS, MS

認定歯科医&口腔外科医

プラディープ・アダトロウ博士はアメリカ南部において歯科医、歯周病専門医、歯科補綴専門医の認定資格をすべてもつ唯一の医師です。15年以上の医療経験を有し、専門は歯科インプラント、顎関節症治療、歯周形成手術、歯周病の外科的及び非外科的治療、骨再生、レーザー治療、軟組織と歯茎移植。アラバマ大学にて疫学と生物統計学の学士号を、テネシー大学歯科学部にて口腔外科医学の博士号を取得。インディアナ大学にて3年にわたる歯周療法学とインプラント学の博士研究課程を、テネシー大学にて再び3年間の高度歯科補綴学を修了。テネシー大学の常勤教授、そして歯科補綴外科局の責任者も務めています。若手教員優秀賞とジョン・ディグズ教員賞(共に学部長が選出)を受賞後、歯科学学部長会に入会を果たしました。米国歯周病学会の認定医、国際歯科学士会のフェロー会員(世界において1万人だけが誇る称号)でもあります。

Roy Nattiv, MD

Roy Nattiv, MD

認定消化器病専門医

ロイ・ナティブ医師はカリフォルニア州ロサンゼルス在住の小児消化器病専門医です。便秘、下痢、胃食道逆流症、食物アレルギー、体重増加不良、小腸内細菌異常増殖症(SIBO)、炎症性腸疾患(IBD)、過敏性腸症候群(IBS)をはじめ、あらゆる小児胃腸及び栄養疾患の治療を専門としています。 カリフォルニア大学バークレー校を卒業し、イスラエルのテルアビブにあるサクラー医学校にて医学博士号を取得。アルバート・アインシュタイン医学校附属モンテフィオレ子供病院にて小児科の臨床研修を、カリフォルニア大学サンフランシスコ校にて小児消化器学、肝臓病学、栄養学のフェローシップ及び医療訓練を修了。カリフォルニア再生医療研究所(CIRM)のフェローシップ研修員を務めていたこともあり、在籍時に北米小児消化器・肝臓・栄養学会(NASPGHAN)より2006年度小児炎症性腸疾患研究教員賞が贈られました。

Raj Vuppalanchi, MD

Raj Vuppalanchi, MD

学術肝臓専門医

ラジ・ヴッパランチ医師は学術肝臓専門医、インディアナ大学医学部の医学教授、IU Health(インディアナ大学医療センター)の臨床肝臓学部長です。10年以上の医療経験を有し、インディアナ州の大学病院にて臨床診療およびあらゆる肝臓疾患の治療を行っています。インディアナ大学医学部にて臨床学理学と消化器病学・肝臓学のフェローシップを修了。米国内科委員会より内科と消化器学の認定医として指定されており、米国肝臓疾患学議会と米国消化器学会に所属。患者に焦点をおいた研究を行っており、肝臓疾患の新しい治療方法の開発と、診断テストを用いた肝線維症(一過性エラストグラフィ)と門脈圧亢進症(脾臓硬化症)の非侵襲性測定を行っています。

Kevin Stone, MD

Kevin Stone, MD

認定整形外科医

整形外科医のケヴィン・ストーン医師は、サンフランシスコベイエリアで整形外科手術、スポーツ医学、リハビリのクリニック「The Stone Clinic」を開業しています。30年以上の経験を持ち、専門は膝、片、足首の治療、生物学的再建と関節置換術です。ハーバード大学で生物学の学位を取得、ノースカロライナ大学チャペルヒル校で医学部を終了。その後、ハーバード大学医学部内科および整形外科とスタンフォード大学一般外科で研修を修了。また、HSS整形外科病院とタホ整形外科病院にて整形外科研究および手術における特別研究員過程を終了。軟骨と半月板の発達、置換、治療についての講演を世界中で行い、ヘルスケア改善のための新発明に関する特許を40件以上取得しています。現在、スムインバレエ団のチームドクター。米国代表スキーチーム、プロスキーツアー、米国オリンピックトレーニングセンター、ワールドプロスキーツアーの元チームドクター。

Devin Fisher, CCC-SLP

Devin Fisher, CCC-SLP

言語聴覚士

デヴィン・フィッシャーは、ネバダ州ラスベガスを拠点とする言語聴覚士です。失語症、嚥下障害、音声障害、発音障害、音韻学的プラグマティック言語障害、運動性発話障害、流暢性障害の治療を専門としています。さらに、認知コミュニケーション障害、言語発達遅延、パーキンソン病の治療も行っています。フォントボンヌ大学にて音声言語病理学の学士号および修士号を取得。臨床医や患者向けに、音声言語セラピーに関する情報を発信するウェブサイトとブログも運営しています。

Deb Schneider, LCSW, PPSC

Deb Schneider, LCSW, PPSC

臨床ソーシャルワーカー

臨床ソーシャルワーカーのデブ・シュネイダーは、カリフォルニア州オークランドを拠点に活動し、スタンフォード大学ウェイランド・ヘルス・イニシアティブのプログラム・マネージャーとしても活躍しています。この分野での経験は15年以上、高校生や大学生にとっての安全な場を設けること、取り残された生徒たちを丁重に扱うことに尽力しています。クラーク大学にて社会学と女性学の学士号を取得、カリフォルニア大学バークレー校社会福祉学部にて、ソーシャルワーク修士号(健康学専攻)を取得。

Albert Chang, OD

Albert Chang, OD

検眼医

チャング検眼医は2015年に南カリフォルニア・オプトメトリー大学を卒業後、現在カリフォルニア州キャンベルにある眼科病院、「Family EyeCare Center 」の検眼医として働いています。糖尿病網膜症、緑内障、黄斑変性症などの眼疾患の診断と治療が専門です。

Allan Evangelista, MD

Allan Evangelista, MD

外科医(足専門)

エヴァンジェリスタ医師はウェストバージニア州の整形外科医院「Mountaineer Orthopedic Specialists」にて足の治療を専門に行っています。2002年にテンプル大学医学部を卒業、2006年にサラトガ整形外科協会で専門医研修を修了しました。

Amer Alnajar, MD

Amer Alnajar, MD

医長(Vytaliz.com〉

アルナジャー医師はニューヨーク州に本社を置くヘルスケア企業、「Vytaliz」の共同設立者であり、同企業にて内科医そして最高戦略責任者の役職を務めています。2011年ドレクセル大学医学部にて医学博士の学位を取得し、ペンシルバニア州とニューヨーク州の医師免許を保持しています。

Diana Lee, MD

Diana Lee, MD

家庭医(かかりつけ医)

リー医師はカリフォルニア州在住の家庭医です。2015年にジョージタウン大学から医学博士号を授与されています。最近ではカリフォルニア大学ロサンゼルス校のジュールズ・ステイン眼科研究所で専門医研修を終了しました。その研究テーマは白内障手術、甲状腺眼症、網膜芽腫、糖尿病性網膜症と多岐にわたります。

Mitul Mehta, MD

Mitul Mehta, MD

学会認定網膜硝子体外科医

メータ医師はカリフォルニア大学アーバイン校に勤務する眼科医・網膜硝子体外科医です。2008年に南カリフォルニア大学ケック医科大学から医学博士号を取得後、シンシナティー大学医学部にて眼科学の臨床研修を修了。

Ray Schilling, MD

Ray Schilling, MD

医学博士

シリング医師はカナダ・ブリティッシュコロンビア州に住む元医師です(現在は退職)。16年以上にわたりカナダにて家族医の仕事に従事してきました。1971年にエバーハルト・カール大学医学部にて医学博士号を取得。カナダ臨床催眠学会と米国抗加齢医学会の会員で、ブリティッシュコロンビア州の従業員賃金委員会の医学アドバイザーでもあります。

Stephen Chow, MD

Stephen Chow, MD

内科医

チャウ医師はミシシッピ州ジャクソン在住の内科医です。2014年に南北アメリカ大陸医科大学にて医学博士号を取得後、ミシシッピ医療センターにて臨床研修を終了。米国内科試験委員会の会員です。

Thomas Wright, MD

Thomas Wright, MD

学会認定内科医・静脈外科医

ライト医師は25年以上のキャリアを持つミズーリ州在住の内科医・静脈外科医で、米国内で初めて、米国静脈・リンパ節医学研究委員会による認定を受けた200人の医師の内の一人です。ミズーリ大学で医学博士号を取得後、1995年にアラバマ大学バーミングハム校にて臨床研修を修了しました。米国静脈学会、米国内科学会、米国レーザー医学会、米国美容整形学会、米国医師会会員。

Katie Marks-Cogan, MD

Katie Marks-Cogan, MD

小児・成人アレルギー専門医

ケイティー・マークス・コーガンはカリフォルニア州ロサンゼルスにある「Clear Allergy」に勤務する小児・成人アレルギーの専門医です。小児アレルギーの発症リスク減少を目的とした栄養補助食品の開発と販売を行っている会社「Ready, Set, Food!」のアレルギー科主任医長でもあります。メリーランド大学にてHonor称号と共に医学博士号を取得した後、ノースウェスタン大学にて内科医学の臨床研修を修了しました。ペンシルバニア大学とChildren's Hospital of Philadelphiaよりアレルギー・免疫学のフェロー称号を授与されています。

Michael Lewis, MD, MPH, MBA, FACPM, FACN

Michael Lewis, MD, MPH, MBA, FACPM, FACN

認定ブレイン・ヘルス内科医

マイケル・D・ルイス医学博士は脳損傷の予防とリハビリテーション、そして栄養学的介入を専門とするブレイン・ヘルス内科医です。2012年に31年間従事した米国陸軍を大佐として引退後、非営利団体「Brain Health Education and Research Institute」を設立。現在はメリーランド州のポトマック市にて個人クリニックを経営しています。ウエストポイント陸軍士官学校とテュレーン大学医学部を卒業後、ジョンホプキンス大学のウォルター・リード陸軍医療センターとウォルター・リード陸軍研究所にて大学院課程を修了しました。公衆衛生学修士と経営学修士の学位も保持しており、アメリカ予防医学会とアメリカ栄養学会の認定医としてフェロー称号を授与されています。著書に「When Brains Collide-全てのスポーツ選手とその両親が知るべき脳震盪と頭部外傷の予防と治療法について」があります。

Corey Fish, MD

Corey Fish, MD

小児科医、BraveCare医務部長

コーリー・フィッシュ博士はオレゴン州ポートランド市にある小児医療センター「Brave Care」の小児科医兼医務部長です。10年以上にわたり小児医療に携わっており、米国小児科学会に所属しています。2005年にパシフィックルーセラン大学にて生物学の学士号を、2009年にワシントン大学医学大学院にて医学博士号を取得。2012年にテキサス大学サウスウェスタン医学センターにて小児科医としての臨床研修を修了しました。

Shaun Berger, MD

Shaun Berger, MD

認定小児科医

ショーン・バーガー医師はカリフォルニア州サンディエゴ都市圏にて新生児、小児、青少年を対象に予防医療に重点をおいた総合医療を提供している認定小児科医です。米国内科医学会による小児科医とスポーツ医療専門医の認定資格を保有。カリフォルニア大学サンディエゴ校にて心理学の学士号を、イリノイ大学シカゴ校にて医学博士号を取得。その後臨床研修課程を修めたカルフォルニア大学サンフランシスコ校、フレズノコミュニティー医療センター、バレー小児病院ではチーフレジデントに就任。UCSF Foundation Awardの受賞者でもあり、米国内科医学会では名誉会員を務めています。

Lisa Grossman, RN, BSN, PHN, IBCLC, CLC, CLEC

Lisa Grossman, RN, BSN, PHN, IBCLC, CLC, CLEC

国際委員会認定ラクテーション・コンサルタント

ラクテーション・コンサルタント、正看護師のリサ・グロスマンは、出産前のケア、母乳育児、授乳、心肺蘇生法(CPR)の指導に焦点を置いた母親・両親クラス「South Bay Baby Care」の経営者です。2018年、潰瘍科と集中治療室(ICU)勤務で培った豊富な経験をもとに同クラスを設立。新米両親、そして子供の誕生を待ちわびる親たちを対象に新生児のケア、母乳育児・授乳、睡眠習慣、産後ケア、心肺機能蘇生(CPR)、応急処置に関する専門知識を提供しています。マウントセントメリーズ大学にて看護学の学士号を取得。認定正看護師(BRN RN-BSN)、国際委員会認定ラクテーション・コンサルタント(IBCLC)、認定ラクテーション・カウンセラー(ALPP)、認定ラクテーション教育カウンセラー(CLEC – UCSD)の資格を保有。米国小児科学会(AAP)の会員でもあります。

Ran D. Anbar, MD, FAAP

Ran D. Anbar, MD, FAAP

小児呼吸器専門医、医療カウンセラー

小児医療カウンセラー、一般小児科医、認定呼吸器専門医のラン・D・アンバー医師は、カリフォルニア州ラ・ホーヤとニューヨーク州シラキュースにある「Center Point Medicine」にて臨床催眠医療とカウンセリングサービスを提供しています。 医療業務に30年以上携わっており、ニューヨーク州立大学アップステート医科大学では小児医学の教授と小児呼吸器科の最高責任者を務めました。カリフォルニア大学サンディエゴ校にて生物学と心理学の学士号を、シカゴ大学プリツカー医科大学院にて医学博士号を取得。マサチューセッツ総合病院とハーバード医科大学にて小児医学の臨床研修と呼吸器専門学のフェロー課程を修了。米国催眠療法学会の元会長、上級会員、認定コンサルタントでもあります。

Vlad Gendelman, MD

Vlad Gendelman, MD

認定整形外科医

ヴァラッド・ジェンデルマン医師はカリフォルニア州ロサンゼルス在住の整形外科医です。 米国整形外科委員会の認定医として15年以上にわたり手術を執刀。外傷外科、スポーツによる外傷、人工関節置換術など、一般整形外科手術を専門としています。 南カリフォルニア大学にて生物学の学士号を、カリフォルニア大学アーバイン校にて医学博士号を取得。ニューヨーク州立大学ダウンステート・メディカル・センターにて整形外科医学の臨床研修を修了。ロサンゼルス郡医療協会、カリフォルニア州医療協会、カリフォルニア州整形外科協会の会員で、米国整形外科医学会では名誉会員を務めています。また、整形外科医学に関する論文を数冊の専門誌に執筆しています。

Shervin Eshaghian, MD

Shervin Eshaghian, MD

認定心臓血管外科医

シャーバ・エシャガイアン医師はカリフォルニア州ロサンゼルス首都圏にて「Beverly Hills Cardiology」を経営する認定心臓血管外科専門医です。シダーズ・サイナイ・医療センターに勤務するなど、心臓血管外科医療に13年以上携わってきました。カリフォルニア大学ロサンゼルス校にて精神生物学の学士号を、アルベルト・アインシュタイン医学校にて医学博士号を取得後、シダーズ・サイナイ・医療センターにてインターンシップ、臨床研修、フェロー課程を修了しました。同センターよりリオ・リグラー・学業成績優秀賞とエリオット・コーデイ・年間最優秀研究員賞を受賞。

David Isaacs, MD

David Isaacs, MD

認定眼顔面外科医、再建手術医

デビット・アイザック医師はカリフォルニア州ビバリーヒルズに住む認定眼顔面形成外科医、再建外科医です。美容及び機能改善を目的とした顔と瞼の手術の他、再置換術や美容再建外科手術を行っています。 カリフォルニア大学ロサンゼルス校とシカゴ医科大学を優秀な成績で卒業。シダーズ・サイナイ・医療センターにて一般外科医学のインターンシップを、ニューヨーク医科大学にて眼科学の臨床研修を修了。同研修中にはチーフレジデントを務めました。 その後カリフォルニア大学ロサンゼルス校に戻り、眼顔面形成外科学、再建手術学、眼窩手術のフェロー課程にくわえ、顔面美容整形、形成、再建手術のフェロー課程を修了。上記のフェローシップ課程を修了し、それぞれの分野で認定医師資格を保有する米国でも数少ない医師の1人です。米国眼顔面形成外科手術学会(ASOPRS)と顔面形成・再建外科手術学会(AAFPRS)のメンバーでもあります。

JoAnna Nguyen, MD

JoAnna Nguyen, MD

認定形成外科医・再建外科医

ジョアナ・グエンはカリフォルニア州ロサンゼルス在住の認定形成外科医、再建外科医です。ボストン大学にて心理学と生物学(神経科学専攻)の学位を取得後、マイアミ大学ミラー医学校にて医療トレーニングを、南カリフォルニア大学にて形成外科手術の総合トレーニングを修了。現在カリフォルニア州ロサンゼルスにて開業しており、専門は瞼の手術、大陰唇縮小術、豊胸手術。米国形成外科協会の指導医でもあります。

Mark Cannon, OD

Mark Cannon, OD

認定検眼医

マーク・キャノン医師はワシントン州シアトルにある家族経営の検眼センター「Cannon Eyecare」の主任検眼医です。検眼医として10年以上の経験を持ち専門は眼疾患、乾性角結膜炎、眼感染症の治療、コンタクトレンズの処方、そして小児内科医療。インディアナ大学にて生物学と心理学の学士号を、さらに同大学医学部眼科にて眼科学の医学博士号を取得。同医学部在学中に長年における眼科学の研究が認められ研究者賞(学部長選出)を受賞。視力測定専門家として4年間の勤務を経た後、総合医療検眼サービスを提供するべく同検眼センターを設立。米国オプトメトリック協会、キング郡オプトメリック学会、ワシントン州オプトメトリック医師会の会員でもあります。

Damaris Vega, MD

Damaris Vega, MD

認定内分泌病医

ダマリス・ベガ博士は米国自治連邦区のプエルトリコにあるポンティフィカル・カトリック大学にて一般科学の学士課程を優秀な成績で修了しました。その後同連邦区のポンス医学大学にて医学博士号を取得。同医大ではアルファ・オメガ・アルファ医学栄誉協会の会長、そして米国医科大学協会における大学の代表者を務めました。テキサス大学サウスウェスタン医科大学にて内科臨床研修と内分泌学、糖尿病、ミネラル代謝学のフェローシップを修了。現在はダラスとヒューストンにて内分泌学研究者の仕事に従事。内分泌疾患専門医、糖尿病医、代謝病医の認定資格を保有。その優れた患者ケアに対し、全国品質保証委員会より高い評価を受けており、2008年、2009年、2015年には患者が選ぶ医師賞が贈られました。「Houston Endocrinology Center」の設立者及び経営最高責任者でもあり、「Juno Research, LLC.Houston EndocrinologyCenter」では数々の臨床試験の主任調査員として活躍。米国臨床内分泌医学会の名誉会員、及び米国内分泌医協会、米国糖尿病協会、内分泌研究会の会員でもあります。

Find BC Dietitians

Find BC Dietitians

認定栄養士グループ

「Find BC Dietitians」はカナダのブリティッシュコロンビア地域に住む栄養専門家たちのネットワークで、糖尿病対策、体重管理、食物アレルギー、摂食障害、直感的摂食など、広範囲にわたる栄養問題に関し、登録栄養士たちがオンラインコンサルティング及び科学的証拠にもとづいたケアを提供しています。利用者は同ネットワークを通じて、自分のニーズに見合った認定栄養士を見つけることができます。

Rajesh Khanna, MD

Rajesh Khanna, MD

認定眼科医

ラジェッシュ・カーナ医師はカリフォルニア州ロサンゼルスにある「Khanna Vision Institute」を経営する認定眼科医です。専門はレーシック(エキシマレーザー角膜屈折矯正手術)、白内障手術、屈折矯正眼科手術、そして老眼や円錐角膜の治療。ムンバイにて眼科の第一臨床研修を、ニューヨーク市のニューヨーク州立大学ダウンステート校にて第二の臨床研修を修了。その後オハイオ州のシンシナティー大学にて角膜及び屈折矯正手術のフェローシップトレーニングを、そしてニューヨーク市のキングズブルック・ジューイッシュ病院にて神経眼科学のフェローシップを修了。 カリフォルニア大学ロサンゼルス校では教授として無償奉仕も行っており、レーシック、老眼インプラント(PIE)、屈折視力治療の専門家として国際的に認められています。米国眼科学委員会より眼科医の認定資格を、ボンベイ大学にて外科手術博士号を取得。

Mayami Oyanagi

Mayami Oyanagi

理学療法士

理学療法士のマヤミ・オオヤナギは、カリフォルニア州ロサンゼルスで個別理学療法クリニック「PT STOP Physical Therapy & Wellnes」を開業しています。整形外科的怪外傷の治療、用手療法、スポーツ医学を専門とし、キャリアは14年以上。ハートフォード大学にて理学療法の修士号を取得。学会認定整形外科臨床スペシャリスト。生物力学的評価を用いて、クライアントの問題を根本から治療します。

Joel Warsh, MD

Joel Warsh, MD

学会認定小児科医

学会認定小児科医のジョエル・ウォーシュ医師は、カリフォルニア州ロサンゼルスの小児科クリニック「Integrative Pediatrics」を開業しています。その道数十年の経験を誇り、ホリスティック医学、統合医学を専門としています。トーマス・ジェファーソン大学医学部にて身体運動学および健康科学の学士号、疫学と公衆衛生学の修士号、医学博士号を取得、さらにジェファーソン小児科学会会長を努めました。その後、ロサンゼルス小児病院(CHLA)にて小児科研修を修了し、ジョージ・ダネル小児科研究学会リサーチフェロー奨学金を獲得しました。

Patricia Ladis PT, CBBA

Patricia Ladis PT, CBBA

理学療法士

理学療法士のパトリシア・ラディスは、ニューヨーク州ニューヨークの「WiseBody Physical Therapy」創業者です。経験は22年以上、専門は痛み(神経痛、慢性疼痛)に対する協調的・ホリスティック的アプローチ、怪我予防、産前・産後の健康。ニューヨーク大学にて理学療法学士号を取得。認定行動呼吸アナリスト (CBBA)、 Kinetic Controlのパフォーマンス・メトリクス・アセスメント・スクリーン資格、インテグレイティブ・システムズ・モデル資格を取得。療法士および一般向けに、周産期の健康向上のための教育プラットフォーム「First 1000 Days of Wellness」を共同主宰。その業績はForbes、Vogue、Men’s Health誌に取り上げられ、NBC、CBSテレビ番組に出演しました。

Meera Subash, MD

Meera Subash, MD

学会認定リウマチ科医

学会認定リウマチ科医ミーラ・サバッシュ医師は内科医でもあり、リウマチや慢性疾患の治療技術の向上について研究しています。スタンフォード大学にて人間生物学の学士号を、テキサス工科大学ヘルス・サイエンスセンターにて医学博士号を取得。カリフォルニア大学サンディエゴ校にて内科研修を修了。VAサンディエゴ・ヘルスケア・システム病院にて医療の質・患者の安全担当チーフレジデントを務めました。さらに、リウマチ科のフェローシップをカリフォルニア大学サンフランシスコ校医学部にて修了。現在、カリフォルニア大学サンフランシスコ校医学部にて、さらに臨床インフォマティックスのフェローシップに取り組んでいます。

Christy Irvine, PhD

Christy Irvine, PhD

臨床心理学者

臨床心理学者のクリスティ・アーバイン博士は、オレゴン州ポートランドにて開業診療を行っています。感情焦点化療法(EFT)、収容専念療法 (ACT)、対人関係療法、認知処理療法(CPT)を用いた、個人セラピーとカップルセラピーを専門とし、経験は10年以上。ウィットマン大学にて心理学学士号を取得、コネティカット大学にて臨床心理学の博士号を取得。

Lewis Chen, DDS, FICOI, FIADFE

ルイス・チェン医師は、ニューヨーク州とニュージャージー州の歯科医師免許を持ち、予防ケアという形で高品質な口腔ケアを提供しています。ニューヨーク大学で経済学の学習号を取得、コロンビア大学歯学部にて博士号を取得。大学を主席で卒業し、著名な唯一の全国歯科名誉協会であるOmicron Kappa Upsilon (OKU)に推薦され、入会しました。その後、ブロンクスVAメディカルセンターでの包括的研修プログラムを修了し、すぐに、複数の開業医院の経営に乗り出しました。. ニューヨーク歯科協会の模範開業者賞、一般歯科学会の優秀総合診療医賞、米国インプラント歯学学会賞、ピエール・フォーチャード基金賞など、数々の栄誉ある賞を受賞しています。

David Felsted, DO

David Felsted, DO

総合眼科医

デイビッド・フェルステッド博士は、アリゾナ州フラッグスタッフに拠点を置く総合眼科医です。白内障・屈折矯正手術、微小侵襲緑内障手術、眼科用レーザー、ドライアイ、糖尿病性網膜症、眼部外傷などを専門としています。ブリガム・ヤング大学にて会計学の学士号を取得、ミッドウェスタン大学でにてオステオパシー医学の博士号を取得。ジョージア医科大学にて眼科研修を修了。

Janine Kelbach, RNC-OB, MA

ジャニーン・ケルバックはオハイオ州の医療センター「Lake Health West Medical Center」にて正看護師として勤務しています。カペラ大学で看護学の修士号を取得後、2006年よりオハイオ州認定の正看護師として働いています。国際看護師協会の会員で、CPR(心肺蘇生法)認定指導員も務めています。

Joseph Krajekian, DMD

Joseph Krajekian, DMD

学会認定口腔顎顔面外科医

カラジェキアン医師はオハイオ州にある医療センター、「Cleveland Clinic」に勤務する認定口腔顎顔面外科医です。2002年に歯科大学、「Tufts University School of Dental Medicine」から博士(歯学)の学位を授与された後、ドレクセル大学医学部で医学博士号を取得しています。

Aaron Broadwell, MD

Aaron Broadwell, MD

リウマチ専門医

ブロードウェル医師はルイジアナ州シュリーブポートのリウマチ専門医で、骨格筋超音波検査を専門としています。2007年にテキサス大学医学部ガルヴェストン校にて医学博士号を取得。米国放射線医学会の元会員です。

Angela Kerchner, MD

Angela Kerchner, MD

学会認定家庭医

カーシュナー医師はアイオワ州デモイン在住の認定家庭医で、現在はRinggold County病院で医長として勤務しています。2010年にアイオワ大学医学部から医学博士の学位を取得し、アメリカ統合ホリスティック医学学会(ABIHM)の会員でもあります。

Ankush Bansal, MD

Ankush Bansal, MD

学会認定内科医

バンサル医師はフロリダ州在住の内科医で、クレイトン大学医学部で医学学位を取得し、2007年に医療サービスネットワーク、「Christiana Care Health Services」にて臨床研修を修了しました。アメリカ国内19州での医師免許を持ち、米国内科学会の会員、病院医学協会の上級会員でもあります。

Annette Lee, MD

Annette Lee, MD

学会認定不妊治療専門医

不妊治療医のリー医師は、ペンシルバニア州アビントンの「Abington Reproductive Medicine」にて体外受精(IVF)治療の医長として治療を行っています。ドレクセル大学医学部で医学学位を取得、産科医および婦人科医の資格を持ち、体外受精の分野で17年の経験があります。Castle Connollyの地域トップドクター賞およびVitals.comの患者の選ぶドクター賞をいずれも5年連続受賞しています。

Lee-Hsin Fang, DPM

Lee-Hsin Fang, DPM

足病医

ファング医師はカリフォルニア州マウンテンビューで足と足首を専門に治療する医院を開業しています。サンフランシスコにあるサミュエルメリット大学の足病専門医学部「California College of Podiatric Medicine」にて医学学位を取得後、1999年同大学にて臨床研修を修了しました。

Bobby Homayoon, MD

Bobby Homayoon, MD

家庭医(かかりつけ医)

ホマユーン医師はバンクーバー病院に勤務する臨床研修医です。2015年にブリティッシュコロンビア大学の医学部を卒業しています。

Brent Wong, DMD

Brent Wong, DMD

歯科医師

ウォング医師はマニトバ州ウィニペグの歯科医院、「Shine Dental」の経営者です。マニトバ大学にて歯科博士課程をおさめ、2000年に同大学で臨床研修を修了しています。インプラント、審美歯科、閉塞性睡眠時無呼吸症、顎関節症を専門とする歯科医として18年以上の経験があります。

Brian Maloney, MD

Brian Maloney, MD

学会認定耳鼻咽喉科医

マロニー医師は形成外科医であり、ジョージア州アトランタにある形成外科医院「Maloney Center for Facial Plastic Surgery」の設立者です。1991年にニューヨーク州立大学の医療機関にて耳鼻咽頭・頭頸部外科の臨床研修を修了し、形成外科医および耳鼻咽頭科医としての資格を持っています。2016年MyFaceMyBody USAの形成外科医部門ファイナリストに選ばれ、The Atlantan MagazineのTop Health, Beauty & Fitness Expertに2014年から3年連続で選出されています。

Carolyn Messere, MD

Carolyn Messere, MD

医学博士

メッセレ医師はフロリダ州在住の大腸専門の外科医であり、医療ライターです。1999年にマサチューセッツ大学医学部にて医学博士の学位を取得後、2005年にカーレ・ファウンデーション病院大腸外科にて臨床研修を修了。2012年にアメリカ外科学会の特別会員になりました。

Dale K. Mueller, MD

Dale K. Mueller, MD

学会認定胸部心臓血管外科医

ミューラー医師はフロリダ州ジャクソンビルの医師会、胸部血管外科協会に所属する胸部心臓血管外科医です。1999年にラッシュ大学のプレスビタリアン・セントルカ医療センターで専門医研修を修了し、外科医として25年のキャリアがあります。胸郭外科協会、クック郡同窓会、ラッシュ大学外科協会の会員で、米国外科協会認定外科医です。

Daniel Larson, MD

Daniel Larson, MD

学会認定耳鼻咽喉科医

ラーソン医師はオハイオ州の耳鼻咽頭専門病院「Southwest Ohio ENT Specialists」に勤務する認定耳鼻咽喉科医です。2007年にイースタン・バージニア大学にて頭頸部外科の臨床研修を修了後、アメリカ空軍医療部隊に5年間勤務していました。米国顔面形成・再建手術協会の会員です。

Eric Deutsch, MD

Eric Deutsch, MD

学会認定心臓血管麻酔専門医

ドイッチュ医師はアイダホ州ボイジー在住の認定心臓血管麻酔専門医で、2011年にメイヨー・クリニックで研修期間を、クリーブランド・クリニックにて専門医研修を修了しました。心臓血管麻酔科医学会、アメリカ麻酔科学会、産科・周産期麻酔科医学会(SOAP)の会員です。

Jake Behrens, MD

Jake Behrens, MD

精神科医

ベーレンス医師はミルウォーキーにある大人のADHD治療クリニック、「Envision ADHD」の所長および最高経営責任者です。精神科医として患者の治療に当たるかたわら、ウィスコンシン大学にて臨床学の准教授を務めています。2013年にUW ヘルス・ユニバーシティ病院にて臨床研修を修了しています。

James Larmer, MD

James Larmer, MD

家族医(かかりつけ医)

ラーマー医師はカナダ・オンタリオ州に住む家庭医です。2009年にマクマスター大学にて医学博士号を取得後、2011年に家庭医学の臨床研修を修了しました。カナダ家庭医大学より正式認可を受け、ブライトン・クインテウエスト家庭保険協会理事会の理事を務めています。

Jessica Ahmann, PhD

Jessica Ahmann, PhD

看護学博士

アーマン博士はノースダコタ州にある医療機関「Sanford Health」の看護学博士で、血液学と腫瘍学が専門です。2015年にノースダコタ大学で看護学の博士号を取得、全米看護師認定機関認定の看護師で、腫瘍科看護協会とノースダコタ・ナース・プラクティショナー協会の会員でもあります。

Jody Leng, MD

Jody Leng, MD

学会認定麻酔専門医

レング医師は認定麻酔専門医であり、スタンフォード大学の麻酔学および周術期疼痛薬学の臨床助教です。2014年にスタンフォード・メディカルセンターにて臨床研修を修了。カリフォルニア州麻酔学会の会員で、2016年にはスタンフォード大学医学部より最優秀教授賞を受賞しています。

Kirsten Kind, MD

Kirsten Kind, MD

家庭医(かかりつけ医)

カインド医師はスコットランド在住の家庭医で、小児放射線科の専門医です。2009年にエディンバラ大学医学部にて医学博士号を取得、2017年にはThe Royal College of Radiologistsのフェローに選出されました。

Michael Warner, MD

Michael Warner, MD

内科医

トロントに住むワーナー医師は自身で開業した医院の内科医、そして院長を務めています。2004年にオンタリオ州の医科大学、「Queen's University School of Medicine」から医学博士号を授与されています。2010年には経営学の専門大学、「University of Toronto Rotman School of Management」にて経営学修士号を取得しています。

Mitzi Scotten, MD

Mitzi Scotten, MD

学会認定小児科医

スコッテン医師はアリゾナ州在住の小児科医で、カンザス大学の小児嚢胞性線維症クリニックの院長を務めました。1993年カンザス大学にて医学博士号を取得後、ノートン小児科病院にて臨床研修を終了。Kansas City Star新聞の「トップドクター」に5年間選出され、医療者の評価を行う非営利団体、National Board of Medical Examinersにも選任されました。

Nicole Cushman, MPH

Nicole Cushman, MPH

性教育者

アメリカの全国性教育協会、「Answer」の最高責任者を務めるニコール・クッシュマンは、性教育とリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)の教育者です。2011年にコロンビア大学の公衆衛生大学院、「Mailman School of Public Health」にて公衆衛生学修士号を取得しています。ニコールの執筆記事はニューヨークタイムズ、CNN、ハフポスト等に掲載されています。

Ricardo Correa, MD

Ricardo Correa, MD

学会認定内分泌科医

コレア医師は内分泌科医です。ブラウン大学の元准教授で、現在はアリゾナ医科大医学で内分泌科、糖尿病・代謝研究奨励制度のプログラム部長を務めています。パナマ大学で医学学位を取得、マイアミ大学ジャクソン記念病院にて内科研修を終了しました。2019年の全国マイノリティー医療の質フォーラムにて「40歳以下の医療界のリーダー40人」に選出されました。

Robert Rice, DC

Robert Rice, DC

カイロプラクティック医師

ライス医師はイリノイ州在住のカイロプラクティック医師、そして「Shiloh Chiropractic」の経営者です。2006年にローガン・カイロプラクティック大学にてカイロプラクティックの専門職学位を取得したのち、Shiloh Chiropracticを開業しています。

Timothy Sherman, RN

Timothy Sherman, RN

正看護師

ティモシー・シャーマンはテキサス州オースティンに住む正看護師で、セント・デイビッドヘルスケアと提携しています。一般医療・手術におけるケア、化学療法、生物療法を専門とし、看護師歴は7年を超えます。また、オースティン・コミュニティ・カレッジにて「最重要医学用語学」および「医療助手のための解剖学と生理学」を履修。2012年にカンザス州のウィチタ州立大学にて看護学学士号を取得。

Scott Mosser, MD

Scott Mosser, MD

形成外科医

スコット・モッサー医師はカリフォルニア州サンフランシスコに住む形成外科医、そして性別適合手術の専門クリニック「Gender Confirmation Center」の設立者です。ベイラー大学にて医学博士号を取得後、ケース・ウェスタン・リザーブ大学にて形成外科医学の臨床研修を、またジョン・Q・オーズリー医学博士のもと美容形成外科学の研究課程を修了しました。WPATH (World Professional Association of Transgender Health) と United States Professional Association of Transgender Health (USPATH)に所属しています。American Society of Gender Surgeons(American Society of Plastic Surgeons の一部)の共同設立者でもあります。

Aimee Eyvazzadeh, MD, MA

Aimee Eyvazzadeh, MD, MA

産婦人科医、生殖医療専門医

生殖医療専門医のエイミー・イヴァザデーは、サンフランシスコ・ベイエリアにて生殖に関する教育と生殖ケアに焦点をおいたプログラムを提供するクリニック「The Egg Whisperer Show」を経営しています。その業績はPeople、Forbes、Marie Claireなどの雑誌、またToday Show、Good Morning America、CNNなどのテレビ番組に取り上げられました。2001年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校にて医学博士号を取得。2005年にハーバード医学大学院にて産婦人科医学の臨床研修を、またミシガン大学にて生殖内分泌学と不妊症のフェロー課程を修了。ミシガン大学では同時に公衆衛生学の修士課程も修了。

Padam Bhatia, MD

Padam Bhatia, MD

認定精神科医

パダム・バティア医師はフロリダ州マイアミで「Elevate Psychiatry」を経営する認定精神科医です。伝統医学と科学的根拠にもとづいたホリスティック療法を組み合わせた治療、また電気けいれん療法(ETC)経頭蓋磁気刺激法(TMS)、コンパッショネート使用、そして補完代替医療(CAM)を用いた治療を専門に行っています。米国精神科医学・神経科医学会の指導医、米国精神科医学協会(FAPA)の名誉会員でもあります。シドニー・キメル・メディカル大学にて医学博士号を取得後、臨床医として勤務したニューヨーク州にあるザッカー・ヒルサイド病院の精神科成人病棟ではチーフレジデントを務めました。

Sheilagh Maguiness, MD

Sheilagh Maguiness, MD

認定小児皮膚科医

シールガー・マグイネス医師は認定小児皮膚科医です。患者やその家族が皮膚疾患を理解し正しい治療及び管理を行えるよう、献身的なサポートを提供。アトピー性の皮膚炎・湿疹、ニキビ、また血管腫、キャピラリーマルフォーメーション(ブドウ酒様血管腫)、複雑な母斑などの血管異常の臨床研究にも取り組んでいます。ウェスタンオンタリオ大学にて医学博士号と取得。アルバータ大学にて皮膚科学の臨床研修を、カリフォルニア大学サンフランシスコ校にて小児皮膚科学のフェロー課程を修了。

Edward S. Kwak, MD

Edward S. Kwak, MD

認定形成外科医

認定形成外科医のエドワード・S・ケワック医師はニューヨーク市にある「ESKMD Facial Plastic」の経営者です。インディアナ大学医学部にて医学博士号を取得後、ニューヨーク耳鼻眼科クリニックにて耳鼻咽喉学(頭頸部外科)の臨床研修を修了。その後テキサス大学ヒューストン医療センターにてラッセル・クリデル医師のもと、顔面形成外科学と再建手術のフェロー課程を修了。米国顔面形成外科・再建手術協会の認定医でもあり、米国耳鼻咽頭学・頭頸部外科協会では指導医を務めています。名医ランキング誌 Castle Connollyより地区別最優秀医師賞を、美容形成専門誌Newbeautyより最優秀美容形成医師賞、New York Super Doctor賞、NY Top Doc賞、そして熟練注入施術賞を受賞。

Kerry Assil, MD

Kerry Assil, MD

認定眼科医

認定眼科医のケリー・アシル医師はカリフォルニア州ロサンゼルスにある眼科医院「Assil Eye Institute (AEI)」の医療責任者、最高経営責任者です。眼科医として25年以上の経験を保有。眼科手術において世界でも優れた名医の1人であり、これまでに屈折矯正手術と白内障手術の指導を行った医師は1万4千人以上、自身が執刀した眼科手術は7万件以上に上ります。教科書執筆、分担執筆、論文の出版は100件以上。ハーバード大学、ジョンホプキンス大学、デューク大学、ベイラー大学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校、東京大学など数々の大学にて名誉教授を務めました。眼科用手術装置会社、製薬会社、科学企業など20社以上の会社の顧問でもあり、屈折矯正手術と視力回復手術の権威としてメディアにも登場。現在も数々の発明と最新鋭テクノロジーを導入することで、眼科医療分野の進歩に注力しています。

Siddharth Tambar, MD

Siddharth Tambar, MD

認定リウマチ専門医

シダース・タンバー医師はイリノイ州シカゴにある「Chicago Arthritis and Regenerative Medicine」に勤務する認定リウマチ専門医、認定内科医です。19年以上にわたる医療経験を有し、専門は再生医療とリウマチ医療。多血小板血漿と骨髄生成臍帯血を用いた関節炎、腱炎、外傷、背部痛の治療に注力しています。 ニューヨーク州立大学バッファロー校にて経済学の学士号を、同大学のシラキュース校にて医学博士号を取得。ノースウェスタン・メモリアル病院にてインターンシップ、内科の臨床研修、リウマチ医学のフェロー課程を修了。米国リウマチ医学学会と米国超音波医療協会より筋骨格超音波検査と画像下治療の認定資格を受けています。

Joel Giffin, PT, DPT, CHT

Joel Giffin, PT, DPT, CHT

理学療法士

理学療法博士ジョエル・ギフィン医師は、ニューヨークにある「Flex Physical Therapy」の設立者です。15年以上の理学療法経験、及び認定ハンドセラピスト(CHT)の資格を有し、専門は手と上肢のリハビリテーションを中心とした全身セラピー。作業療法と骨盤底筋セラピーも提供しています。クイニピアック大学にて理学療法学のオナーズ称号付き修士号を取得。シモンズ大学にて理学療法博士号(DPT)課程を修了し優秀な成績で卒業。米国理学療法協会と米国ハンドセラピスト学会の会員でもあります。これまでにライオン・キング、スリープ・ノー・モア、ターザン、シスター・アクトなどブロードウェイ劇場出演者の治療を行ってきました。

Lisa Sanders, MD, FACP

Lisa Sanders, MD, FACP

認定内科医、医療小説作家

医学博士のリサ・サンダーズ医師はFACP(米国医師学会名誉会員)、医療小説作家、イエール大学医学部内科の准教授です。New York Times Magazineで人気の「診断コラム」、そしてNew York Times ブログとThe Wellサイトでは「医師思考コラム」の執筆者としても活躍。 2010年には「患者達の告白-医学の謎と診断技術」を出版。ウィリアム・アンド・メアリー大学にて学士号を取得。イエール大学にて医学博士号課程と臨床研修を修了。内科医検定協会より認定内科医に指定されています。

Mindy Lu, LMHC, CN

Mindy Lu, LMHC, CN

認定栄養士、カウンセラー

認定栄養士(CN)、認定精神衛生カウンセラー(LMHC)のミンディ・ルーは、ワシントン州シアトルにて栄養サービス及びセラピーを提供している会社「Sunrise Nutrition」の臨床ディレクターを務めています。 専門は摂食障害、ボディイメージ(自己の身体に関する知覚やイメージ)、ダイエット依存症に関するサポート。 ベスティア大学にて栄養学と臨床衛生心理学の修士号を取得。カウンセラーと栄養士の認定資格を保有し、心温まる治療スタイルと文化的包括に立脚した癒しの療法に定評があります。ワシントン州多文化カウンセラー会とSize Diversity and Health(体型の多様化と健康)協会の会員でもあります。

Gary Hoffman, MD

Gary Hoffman, MD

大腸・直腸外科医

大腸外科医のゲイリー・ホフマン医師は、シダーズ・サイナイ医療センターの大腸・直腸外科部長です。この分野でのキャリアは35年以上、先進的な腹腔鏡下手術やロボット手術を用いて大腸・直腸がんの治療を行っています。カリフォルニア大学アーバイン校にて学士の、ヴァンダービルト大学にて医学士の学位を取得。ロサンゼルスのUSC医療センターにて外科インターンを、ルイジアナ州立大学ニューオーリンズ医療センターチャリティ病院にて外科研修を修了。シダーズ・サイナイ医療センターの一般外科および大腸・直腸外科部所属外科医、カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部臨床外科准教。米国大腸直腸外科学会、南カリフォルニア大腸直腸外科学会、米国外科学会、米国医師会会員。

Zheni Stavre, MD

Zheni Stavre, MD

学会認定リウマチ専門医

ゼニ・スタヴレ医師は、マサチューセッツ州ウースターを拠点とする、学会認定リウマチ専門医です。リウマチ性関節炎、脊椎関節炎、乾癬性関節炎、変形性関節症、痛風の治療を専門とし、キャリアは10年以上。イェール大学にて化学の学士号を、マサチューセッツ大学医学部にて内科およびリウマチ学の医学博士号を取得。また、マサチューセッツ大学医学部にて助教も努めています。

Tiffany Jumaily, MD

Tiffany Jumaily, MD

認定小児科医

学会認定小児科医のティファニー・ジュメイリー医師は、カリフォルニア州スタジオ・シティーを拠点とする、米国小児科医学会 (FAAP)フェローです。診療経験は10年以上、患者に見られる症状や病気発症の特徴から、根本的な原因疾患を突き止める診断を専門としています。ボストン大学にて生物学の学士号を、ボストン大学医学部にて医学博士号を取得。科学的証拠に基づいた対症療法と、補完療法や代替療法とを併用するアプローチに尽力し、その業績はU.S. News & World Report、Forbes、CBS Los Angelesなどの様々なメディアに取り上げられました。

Jacqueline Hellyer

Jacqueline Hellyer

性心理セラピスト

性心理セラピストのジャクリーヌ・ヘリヤーは、クリニック「The Love Life」とThe Love Lifeブログの創立者です。セックスに関するアドバイスやポイント、恋愛関係に関するアドバイスを専門として、経験は20年以上。オーストラリア性科学学会 (SAS)認定性心理セラピストであり、国際コーチ連盟(ICF)認定コーチでもあります。オーストラリア国立大学にて生化学と人間科学の学士号を取得。キャンベラ大学にて応用化学の準修士号を、ニューイングランド大学にて言語学と文学の学士号を、シドニー大学にて性健康の修士号を、アレフ・トラストにて意識心理学、宗教心理学、トランスパーソナル心理学の修士号を取得。その業績と専門知識はAustralian Men’s Health、Cosmopolitan、Australian Women’s Health、Marie Claire、60 Minutesで紹介されました。

Kara Hartl, MD, FACS

Kara Hartl, MD, FACS

学会認定眼科医

学会認定眼科医のカラ・ハートル医師は、アラスカ州フェアバンクスにある「Mountain View Eye Center」の創設者兼CEOです。ブルーライトの専門家であり、自然光や人工光が目や体に与える影響を専門的に研究しています。ハーバード大学にて生物学の学士号を取得後、カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部で医学博士号を取得。世界的に有名なバスコム・パーマー・アイ・インスティテュートでも研修を修了。アイケアに最新テクノロジーを取り入れることに情熱を注ぎ、日常的にLEDスクリーンを使用する人たちに、ブルーライトの影響と、スクリーン付き電子機器を使う際に自分自身を守る簡単な方法を伝える公共教育活動を開始。また、国際的な非営利団体「Gift of Sight」を設立し、世界中の失明者の治療に取り組んでいます。

Asmi Sanghvi, DO

Asmi Sanghvi, DO

学会認定皮膚科医

アスミ・サンフビ博士は、ニューヨーク州ニューヨークを拠点とする認定皮膚科医です。一般皮膚科と美容皮膚科を専門とし、後進の教育にも力を入れています。その論文は米国皮膚科学会誌やCutisなどの査読付き学術誌に掲載されました。ノースウェスタン大学にて人間コミュニケーション科学の学士号を、レイク・エリー医学大学院にて博士号を取得。

Alina Goldenberg MD, MAS, FAAD

Alina Goldenberg MD, MAS, FAAD

学会認定皮膚科医

アリーナ・ゴールデンバーグ博士は、米国皮膚科学会認定の皮膚科医で、アレルギー性接触皮膚炎やアトピー性皮膚炎の治療、パッチテスト、皮膚がんの検査と治療、皮膚科診療と美容皮膚科診療を専門としています。査読付き論文を数多く執筆し、教科書の分担執筆も担当。米国国立衛生研究所や米国皮膚協会などから助成金や賞を受けています。カリフォルニア大学バークレー校にて公衆衛生学の学士号を、カリフォルニア大学サンディエゴ校にて臨床研究の修士号と医学博士号を取得。

Janice Litza, MD

Janice Litza, MD

学会認定家族医

リッザ医師はウィスコンシン州在住の認定家庭医です。1998年にウィスコンシン大学医学部にて博士号を取得した後、13年間開業医として患者の治療に当たるかたわら、臨床学の教授として授業を行っています。

獣医学

Pippa Elliott, MRCVS

Pippa Elliott, MRCVS

獣医、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)

Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるピッパ・エリオット獣医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医師、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得し、生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。

Brian Bourquin, DVM

Brian Bourquin, DVM

獣医師、Boston Veterinary Clinic経営者

ペットの飼い主たちから「ドクターB」の名で親しまれているブライアン・ボークウィン獣医師は、コーネル大学にて獣医科学の博士号を取得後、19年以上にわたり獣医療に従事してきました。現在、マサチューセッツ州のボストンにある「ボストン動物クリニック」を経営しています。同クリニックではサウスエンド・ベイビレッジとブルックリンの両市にて獣医療(健康管理・予防治療、救急治療、軟部組織外科手術、歯科医療)を実践しているほか、躾や栄養管理、またレーザー治療や針治療などの代替医療を用いた疼痛管理のサービスを行っています。また、同クリニックはボストン唯一の認定恐怖軽減動物病院でもあり、全米動物病院協会(AAHA)より認定病院の資格を与えられています。

Ray Spragley, DVM

Ray Spragley, DVM

獣医師

レイ・スプラグレイ獣医師は、ニューヨークの動物病院「Zen Dog Veterinary Care PLLC」を経営する開業医です。複数の研究所や個人病院で経験を重ね、専門は頭蓋十字靭帯裂傷および椎間円板疾病(IVDD)の手術外治療、骨関節炎の疼痛管理。オールバニー大学で生物学学位を、ロス獣医学大学にて獣医学博士号を取得。ケーナイン・リハブ・インスティテュートにて認定犬リハビリテーションセラピスト (CCRT) 、チー大学にて認定動物鍼師 (CVA)資格を取得。

David Levin

David Levin

ドッグトレーナー、ドッグウォーカー

ドッグウォーカー、ドッグトレーナーとして9年以上の経験を持つデビッド・レヴィンは、サンフランシスコ・ベイエリアにて犬の散歩代行会社「Citizen Hound」を経営しています。同社は2017年から3年連続でBay WoofのBeast of the Bay賞を受賞、2015~2017年にはSF ExaminerとA-Listよりナンバーワン・ドッグウォーカーに選ばれました。高評価を誇るCitizen Houndは、カスタマーサービス、そしてケアと技術のクオリティに重点を置いたサービスを自信を持って提供しています。

Beverly Ulbrich

Beverly Ulbrich

ドッグトレーナー、行動主義心理学者

ビバリー・アルブリッチはサンフランシスコ・ベイエリアにて犬のプライベートトレーニングを提供している会社「The Pooch Coach」の設立者です。ドッグトレーナーと犬の行動主義心理学者として17年以上の経験があり、不安症や恐怖症、そして攻撃行動の改善を専門に行っています。犬の行動専門家としてテレビ番組にも取り上げられました。アメリカンケネルクラブよりCanine Good Citizen評価員の認定資格を与えられており、アメリカ動物愛護協会と犬の保護団体「Rocket Dog Rescue」の理事を務めていたこともあります。SF ChronicleとBay Woofから4年連続でサンフランシスコ・ベイエリアにおける最優秀プライベートドックトレーナーに選ばれました。ラトガース大学にて経済学の学士号を、サンタクララ大学にて修士号を取得しました。

Deanne Pawlisch, CVT, MA

Deanne Pawlisch, CVT, MA

認定動物看護師

ディアン・パウリッシュは、認定動物看護師としてイリノイ州で動物病院を対象にした企業研修や、ハーパー大学にてNAVTA認定獣医助手の育成を行っています。2011年よりテキサス州サン・アントニオの動物福祉団体「Veterinary Emergency and Critical Care Foundation」の認定会員として活動しています。ロヨラ大学にて人類学学士号を、北イリノイ大学にて人類学修士号を取得。

Lauren Baker, DVM, PhD

バーカー医師は獣医、そして生物医科学の博士候補生です。2016年にウィスコンシン大学から獣医学の博士号を授与されています。現在は生物医科学の博士号取得を目指し、同校の研究機関、「Comparative Orthopaedic Research Laboratory」にて動物と人体に生じる整形外科系疾患の研究を続けています。

Jaimie Scott

Jaimie Scott

ドッグオーナートレーナー

ジェイミー・スコットはカリフォルニア州サクラメントにある「Jaimie Scott Dog Training」の経営者です。15年以上にわたりドッグオーナーを対象に個人トレーニング、グループトレーニング(飼い主のみ、犬は不参加)、ライブビデオクラスを提供しています。犬が安全と幸せを感じる為には「常に誰に主導権があるのかを犬に認識させる必要がある」との確信をもとに、飼い主を訓練することに焦点をおいたプログラムを実践しています。また、トレーニングのコツや犬の行動に関する自身の考えを共有すべく、トレーニングビデオ、ブログ記事、eBooksも出版。パシフィック大学にて数学とコンピューター科学の学士号を取得しました。

Ryan Corrigan, LVT, VTS-EVN

Ryan Corrigan, LVT, VTS-EVN

動物看護師

ライアン・コリガンはカリフォルニア州に住む認定動物看護師です。2010年にパデュー大学にて獣医看護学の学士号を修得しています。2011年より馬科動物看護士学会の会員です。

Doug Ludemann

Doug Ludemann

アクアリスト

ダグ・ルーデマンはミネアポリス市にてアクアリアムサービスを提供する会社、「Fish Geeks, LLC」を経営しています。ダグはミネソタ大学にて生態学、進化学、そして行動学の学士号を取得しており、20年以上にわたり水族館業界、そして魚の飼育管理業務に携わってきました。プロのアクアリストとしてミネソタ動物園、そしてシカゴ州のシェッド水族館での勤務経験があります。

Audra Barrios

Audra Barrios

海洋生物学者、爬虫類専門家

オードラ・バリオスは爬虫類と飼育用品、テラリウム用の植物を取り扱う店「Lick Your Eyeballs」を経営する海洋生物学者です。 爬虫類、エキゾチックアニマル、環境保護教育、海洋生物学、自然保護問題、畜産に関し15年以上の経験を保有。カリフォルニア大学サンタクルーズ校にて海洋生物学の学士号を取得。カレッジオブマリンにて自然科学を学びました。教育を通じて爬虫両生類の保護に注力している非営利団体「Things That Creep」の設立者及び最高責任者でもあります。ここ6年は生物学者としてカリフォルニア科学アカデミーに勤務。

Molly DeVoss

Molly DeVoss

認定猫のトレーニング・行動スペシャリスト、認定猫行動コンサルタント

モリー・デヴォスは、猫のトレーニング・行動スペシャリスト(CFTBS)、認定猫行動コンサルタント(CCBC)、認定恐怖軽減トレーナー (FFCT)であり、「Cat Behavior Solutions」の創設者です。正の強化を用いて猫の望ましくない行動を修正・防止し、保護施設へ連れて行かれる猫を減らすことを専門としています。2013年からダラス動物諮問委員会の委員を務め、Catpetclub.comの「2020年スペシャル猫行動主義者トップ12」の1人に選ばれました。動物行動研究所および国際動物行動コンサルタント協会認定済み。また、週刊ポッドキャスト「Cat Talk Radio」のホストも務めています。

Francine Miller

Francine Miller

認定動物行動カウンセラー

フランシーン・ミラーはカリフォルニア州サンディエゴにある「Call Ms Behaving」の設立者で、同社では犬と猫の問題行動に関するカウンセリングを行っています。 応用動物行動カウンセラーとして16年以上の経験を有し、専門は攻撃的行動、分離不安症、恐怖症、恐怖反応、破壊行動、尿マーキング、強迫性障害の治療。陽性強化のみを用いた行動管理プランと修正プランに基づく指導を行っています。アメリカン・カレッジ・オブ・アプライドサイエンス(ACAS)にて犬の行動カウンセリングを学び学位を取得。 同大学にて応用動物行動科学とファミリーカウンセリング(ペットを持つ家庭専門)の修士号課程を修了。国際動物行動コンサルタント協会(IAABC)の認定準会員、ペットプロフェッショナル協会の会員でもあります。

Hayley Heartfield

Hayley Heartfield

鳥専門家

鳥の専門家、ヘイリー・ハートフィールドは、テキサス州モンゴメリー郡にある鳥専門ペットショップ「About Birds」の経営者です。ペットの鳥のケア、習性、トレーニング、繁殖を専門としています。テキサスA&M大学にて動物科学を学びました。同店では多くの種類の鳥を取り扱い、グルーミングやお泊りサービス、鳥用ケア製品も提供しています。

Marie Lin

Marie Lin

認定ペットトリマー

マリー・リンはニューヨーク市にあるペットサロン「Marie's Pet Grooming」の経営者です。ペットトリマーとして10年以上の経験があり、犬と猫のトリミングサービスを専門としています。2019年に同市にある米国ペットトリミング専門学校にてトリマーの認定資格を取得。全米ドッグトリマー協会の会員でもあります。2017年にハワイパシフィック大学にて経営学修士号を取得。

Kateryna Zabashta

Kateryna Zabashta

犬ブリーダー

犬ブリーダーのカテリーナ・ザバシュタは、サンフランシスコ・ベイエリアの「Emma’s Frenchies」経営者です。経験は5年以上、犬の栄養、全般的ケア、フレンチブルドッグの繁殖を専門としています。質の高いカスタマーサポート、フレンチブルドッグのケアと健康に注力し、Yelp、Voofla、Facebook、Googleなどのソーシャルメディアでいくつもの5つ星を獲得。

Chikezie Onyianta

Chikezie Onyianta

害獣・害虫駆除業者

害獣・害虫駆除業者のチケジー・オニアンタは、ペンシルベニア、ニュージャージー、ニューヨークに展開する「EcoFusion Pest Control」の経営者です。一般家屋・商業施設の害獣・害虫駆除を専門とし、経験は5年以上。ネズミ、ゴキブリ、その他害獣虫の駆除を行っています。エセックス・カウンティー大学卒業。

Melissa Nelson, DVM, PhD

ネルソン医師はミネソタ州に住む獣医です。ペットや畜産動物(牛、馬、豚、ヤギ、ヒツジ等)の診断と治療を専門的に行っています。18年以上にわたり農村地域の診療所で獣医の仕事に従事しています。1998年にミネソタ大学から獣医学の博士号を授与されています。

Emily Fleisher, CTBC

Emily Fleisher, CTBC

ドッグトレーナー・行動コンサルタント

認定ドッグトレーナ・行動コンサルタント (CTBC) のエミリー・フレイシャーは、カリフォルニア州サンフランシスコを拠点にドッグトレーニングを提供している会社「Mindful Paw」の設立者です。犬の心肺蘇生法(CPR)と救急処置法の認定資格、およびドッグトレーニング・インターンシップ専門学校認定のドッグトレーナー資格を所持しています。またスーザン・フリードマン博士主催のプログラム「動物と共に生き、学ぶ」にて優秀者認証を受賞。フロリダ大学にて公衆衛生学の学士号を取得後、SPCA(動物虐待防止協会)サンフランシスコ支部にて研修課程を修了しました。現在もフェンズィー・ドッグスポーツ専門学校とジャン・ドナルドソンドッグトレーナー専門学校にて勉強を続けています。

Terryl Daluz

Terryl Daluz

Wash My Dog Pet Grooming経営者

テリー・ダルツはカリフォルニア州のロサンゼルス周辺地域を拠点とするトリミングサロン「Wash My Dog LLC Pet Grooming」の共同設立者です。共同経営者のアンドレア・カーター共々、ペットのトリミングとその業務管理に関し3年以上の経験があります。認定トリマーとベイザー(ペットウォッシュ専門家)からなるチームとともに、全てのペットたちに安全で快適な環境を提供しています。

Lancy Woo

Lancy Woo

認定トリマー

ランシー・ウーはカリフォルニア州サンフランシスコにある老舗ペットサロン「VIP Grooming」の経営者です。35年以上にわたりトリミングサービスを提供しており、2007年、2010年、2011年、2014年、2017年、2018年、 2019年には「Best in the Bay賞」を、2014年にはBay Woof’sより「Beast of Bay賞」を受賞しています。また、2018年にはサンフランシスコの経済・人材開発協会より企業運営に対する献身的な努力が認められ、同協会の「遺産的価値を持つ企業」に認定登録されました。世界ペット用品協会(WWPSA)にてペットトリマーの認定資格を取得。

Sheri Williams

Sheri Williams

認定ドッグトレーナー

認定ドッグトレーナー、行動心理主義学者のシェリ・ウィリアムスは「sheriwilliams.com」の経営者です。同社はカリフォルニア州ロサンゼルス首都圏にて退役軍人を対象にペットの犬を介助犬に、また心的外傷後ストレス障害を緩和する為の精神的サポート犬に養成するトレーニングを提供しています。ドッグトレーナーとして20年以上の経験を有し、肯定的強化トレーニング技術と更生プログラムを用いた一般的なドッグトレーニングクラスも運営。動物行動心理主義学・トレーニング協会にてトレーナーの認定資格を取得しました。

Ty Brown

Ty Brown

ドッグトレーナー

犬の行動主義心理学者でドッグトレーナーのタイ・ブラウンは、対面トレーニング及びデジタルプラットフォーム(ポッドキャスト、ウェブセミナー、オンラインコース)を通じてドッグトレーニングを提供する会社「Ty the Dog Guy」の経営者です。ドッグトレーナーとして17年以上の経験を有し、問題行動の緩和や介助犬の訓練を専門としています。その業績はABC、NBC、CBS、Spike TV、Entrepreneur Magazineにも取り上げられ、ユタ州からは8度にわたり「最優秀賞」が贈られています。

Elisabeth Weiss

Elisabeth Weiss

ドッグトレーナー

エリザベス・ウェイスはニューヨーク州ニューヨーク市にあるドッグトレーニングサービス会社「Dog Relations NYC」の経営者として、科学にもとづいたフォースフリー(強制や嫌悪刺激を使わない)と報酬ベースのトレーニング方法を用いた、行動トレーニング、仔犬のしつけ、身体意識、怪我予防、食事、運動、犬の栄養プランサービスを提供しています。その業績はNew York Magazineとポッドキャスト番組「Dog Save the People」に取り上げられました。また、ローリー・アンダーソンの監督映画「Heart of a Dog」に出演した全ての犬のトレーニングを担当。同映画ではエリザベスとロラベル(監督とルー・リードの愛犬)との旅路、そして膵臓がん発病後、キーボード演奏に対するロラベルの情熱がその「犬生」の質を改善する重要な役割を果したことが物語の核となっています。

Sophie Amphlett

Sophie Amphlett

ドッグトレーナー

ソフィー・アンフレットは、キャリア5年以上のドッグトレーナーで、サービスドッグ(補助犬)コーチです。2016年、CATCHドッグトレーニング・アカデミーのマスターコースを優秀な成績で卒業。さらに、ドッグトリック・インストラクター(CTDI)、ファン・セント・ゲームインストラクター(DN-FSG1)認定資格も取得。また、保護動物シェルター「Adopt-A-Pet」にて、 里親カウンセラーや犬の散歩などのボランティアも行っています。

Alexis Toriello

Alexis Toriello

認定ドッグ・ビヘイビア・コンサルタント

認定ドッグ・ビヘイビア・コンサルタントのアレクシス・トリエヨは、ニューヨーク市の「Zen Dog Training」創業者でCEOです。様々な動物シェルターでドッグ・ビヘイビア・スペシャリストとして働きながら、犬の評価、リハビリ、トレーニングに関する知識を蓄えました。ハンター大学にて動物行動・保護学の修士号を取得、さらに認定アソシエイト・ドッグ・ビヘイビア・コンサルタント (ACDBC)、認定ドッグトレーナー学科試験(CPDT-KA) 取得。米国赤十字の犬救急法とCPR(心肺蘇生法)資格保持者。多くの病院やクリニックや動物保護シェルター「Washington Humane Society」から承認されています。

Dani Pedraza

Dani Pedraza

ドッグトレーナー

ドッグトレーナーのダニー・ペドランザは、ニューヨーク市とシカゴを拠点に展開する「The Big City Woof Walker」の共同経営者です。 個々のペットに質の高いサービスとケアを提供することに情熱を注ぎ、陽性強化と無理強いしないアプローチを用いたドッグトレーニングに造詣が深いトレーナーです。認定ドッグトレーナー(CCDT)の資格を持ち、 CATCHドッグトレーニングアカデミーのマスターコースを修了。

Dominik Feichtner

Dominik Feichtner

ドッグトレーナー、ビヘイビアリスト

ドッグトレーナーでドッグ・ビヘイビアリストのドミニク・ファイヒトナーはニューヨーク州ニューヨーク市の「The Dog Behaviorist NYC」経営者です。ドッグトレーナー歴は8年以上で、一般的な服従訓練、行動修正訓練、子犬のトレーニングを専門としています。バランスの取れた常識的なアプローチで、2020年、犬情報サイト「Pooch and Harmony」の「ブルックリンのベストドッグトレーナー」「NYCのベストドッグトレーナー」に選ばれました。

Roger J. Lederer, PhD

Roger J. Lederer, PhD

鳥類学者

鳥類学者のロジャー・レデラー博士は、野鳥情報サイト「Ornithology.com」開設者です。鳥に関する研究、執筆、教育に40年間邁進してきました。鳥の研究のために訪れた国は100カ国。カリフォルニア州立大学チコ校名誉教授、生物科学学部長、自然科学学科長。発表した研究論文は30件以上、鳥に関する著作は10冊以上、さらに教科書「生態学とフィールド生物学」も出版。BBC、ナショナル・ジオグラフィック、National Public Radio、ABCニュース、ギネス世界記録など数多くの団体や出版物の監修を務めました。

Jeff Jensen

Jeff Jensen

爬虫類専門家

爬虫類専門家のジェフ・ジェンセンは、オレゴン州ベンドの爬虫類販売店「The Reptile Zone」経営者です。爬虫類の正しいケア方法の指導・アドバイスを専門とし、爬虫類・野生生物業界での経験は数十年。元理科教師で元サン・アントニオ動物園従業員のベテラン爬虫類両生類学者としての知識と、道徳的な動物取引に邁進してきた功績により、同店は2018年Intrepid Marketingの「Mark of Excellence」賞を受賞しました。

Star of Texas Veterinary Hospital

動物病院「Star of Texas Veterinary Hospital」は、テキサス州オースティンにあります。徹底的で丁寧な、才能ある4人の獣医師によるチームで、犬・猫・小動物の診療、歯科診療、超音波検査、ノミ駆除、放射線検査、 心臓病治療を行っています。同病院はオースティン初の恐怖軽減認定動物病院です。2020年ベスト・オブ・ザ・ベストオースティン公式チョイス賞の「文化部門2位」を受賞。同病院の獣医師は、米国猫科獣医師協会、テキサス州獣医師協会、米国獣医師協会の会員です。

Jaime Nalezny, DVM

Jaime Nalezny, DVM

獣医(エキゾチックアニマル専門)

ナレズニー医師は鳥類、爬虫類、両生類、そしてエキゾチック小哺乳類の専門獣医です。ナレズニー医師は2005年にミネソタ大学獣医学部を卒業後、15年以上にわたり獣医療の実践に勤めています。

Indigo Will

Indigo Will

犬専門家

ドッグトレーナー、犬専門家のインディゴ・ウィルはカリフォルニア州ロサンゼルスにあるドッグトレーニングサービス会社「K9-INDIGO® Holistic Dog Training LLC™」の設立者及び経営者です。様々なトレーニング方法と原理を学び、ユニークで革命的、かつ結果重視の犬のしつけ方法を開発。犬の性分と気質を理解し、それぞれの可能性を最大限に引き出すトレーニングに定評があります。

Dee Hoult

Dee Hoult

認定犬行動コンサルタント

ディー・ホウルトは南フロリダで最大の個人経営ドッグトレーニング会社「Applause Your Paws, Inc.」の最高経営責任者です。ドックとレーニングにおいて15年以上の経験を有し、専門は犬を惹きつけるポジティブトレーニングと、非威圧的指導法を用いた問題行動の矯正。マイアミ大学にて海洋科学と生物学学士号の学士号、そして経営学修士号を取得。プロフェッショナル・ドッグトレーナー認定評議会より認定ドッグトレーナーの資格を、国際応用行動コンサルタント協会(IAABC)より認定犬行動コンサルタント(CDBC)の資格を与えられています。2018年にはペット業界で活躍する女性に贈られる「ウーマン・オブ・ザ・イヤー賞」の最終選考に残りました。

Osama Maghawri

Osama Maghawri

ドッグトレーナー

オサマ・マガウリはフロリダ州マイアミにあるドックトレーニングサービス「OneStopK9」の設立者です。 専門は執着行動、恐怖心からくる攻撃性、リードに対する過剰反応をはじめとする問題行動の矯正、及び基本的な服従訓練。バランストレーニング法を用いて犬とのコミュニケーションの取り方、そして飼い主が犬種特有の行動傾向を把握し、自身の手でトレーニングを継続させる方法を指導しています。

Christina Shusterich

Christina Shusterich

犬の行動専門家

クリスティーナ・シュステリッチはAPDT(プロフェッショナル・ドッグトレーナー協会)所属のトップドッグトレーナー、そして「NY Clever K9 Inc.」の経営者です。 20年以上のドッグトレーニング経験を有し、犬の問題行動を矯正するプログラム「Total Harmony Dog Transformation® 」の制作者でもあります。国内、そして世界各国にてアドバイスを提供しており、専門は犬の服従訓練、健康、問題行動、攻撃行動、分離不安症、鬱病。 ニューヨーク州にあるAnimal Behavior Centerにて犬の行動カウンセラー、ドッグトレーナーおよび犬の行動専門家の認定資格を取得。アメリカンケネルクラブ(AKC)の登録優良家庭犬判定員としても活躍。

Jessica Rude

Jessica Rude

馬専門家

ジェシカ・ルードはテキサス州バレービュー市の「Cutting Horse」に勤務する馬の専門家です。同州プリンストンにある乗馬クラブにてホーストレッキングや乗馬レッスンも提供。 以前はダラスにある「Camp and Retreat Center」にてトレッキングガイド・ラングラー(乗馬馬の世話係)を務めました。ターレトン州立大学にて馬の栄養学、繁殖学、管理を学び、動物科学(馬科学専攻)学士号課程を修了。 乗馬レッスン、トレッキングの引率、馬の病気の認識と治療管理、馬の繁殖の専門家でもあり、タイオガ市の「Reining Ranch」では繁殖舎マネージャーを務めました。

Toni Woods

Toni Woods

ドッグトレーナー

トニ・ウッズはワシントンD.C.にある「Spot on Dog Training」の経営者です。ドッグトレーナーとして15年以上の経験を有し、犬と飼い主家族の関係の向上、そして分離不安症による苦痛の緩和を専門としています。ウィッテンバーグ大学にて生物学の学士号を取得。以前は9年間生物学の教師を務めていました。現在は犬の分離不安症の緩和・治療に生涯をかけて取り組んでいます。

Rendy Schuchat

Rendy Schuchat

認定ドッグトレーナー

認定ドッグトレーナーのレンディー・シューチャットは、イリノイ州シカゴにある最大級のドッグトレーニング施設「Anything Is Pawzible」経営者です。キャリアは20年以上、犬のポジティブトレーニングおよび行動修正を専門とし、飼い主が愛犬との関係性を築き、強固にする手助けをしています。アイオワ大学にて心理学とコミュニケーション学の学位を、ルーズベルト大学にて心理学修士号を取得。Animal Behavior Training and Associatesにて犬の服従訓練指導認定を取得。雑誌Chicagoland Tails誌の読者が選ぶ、シカゴのベスト・ドッグトレーナーに度々選出され、2015年にはChicago Magazine誌の「カリスマドッグトレーナー賞」を受賞しました。

Lauren Novack

Lauren Novack

認定ドッグ・ビヘイビア・コンサルタント

ローレン・ノヴァクは 「Behavior Vets NYC」のドッグ・ビヘイビア・コンサルタントとして、怖がり、心配性、攻撃的な犬とその飼い主のサポートにあたっています。ハンター大学にて応用行動分析の理学修士号を取得。トレーニングの実践と動物福祉の両立を模索する研究を行っています。現在、ペット情報サイト「Daily Paws」編集諮問委員。愛犬グレイソンと共に、Fox & Friends、Rachel Ray、その他ニュースメディアに出演しました。

Beatrice Tavakoli

Beatrice Tavakoli

ドッグトレーナー

ドッグトレーナーのベアトリス・タヴァコーリは、ニュージャージー州の「TAKA Dog Walk」創業者・経営者です。生まれながらの愛犬家で犬マニアとして、犬たちに愛、冒険、交流を与えるため、日々現場に出て奮闘しています。同社スタッフは、全員が損害賠償保険加入済み、身元保証済みのドッグウォーカーです。ワンちゃん交流タイム、ハイキング、トレーニング、子犬ケア、特別イベント、在宅ケア、お泊まり、猫のケア、要望に応じた犬の散歩などのサービスを提供しています。

Ovidiu Stoica

Ovidiu Stoica

ドッグトレーナー

ドッグトレーナーのオヴィデュー・ストシアは、「NYC Doggies」の創業者・経営者です。犬業界での経験は20年以上、犬のケアに精通し、服従訓練と行動訓練を専門としています。 同社スタッフの経験は積算45年以上。トレーニング、散歩、ハイキング、お泊まり、ドッグシッティング、子犬ケアなど、要望に応じたサービスを提供しています。

Amanda Marshall-Polimeni

Amanda Marshall-Polimeni

ドッグ・ビヘイビア・コンサルタント

ドッグ・ビヘイビア・コンサルタントのアマンダ・マーシャル=ポリメニは、ニュージャージーの「FurryTales」創業者・経営者です。行動学習理論に対する深い理解とペットの心身健康に対する情熱を持ち、非強制・陽性強化ベースのアプローチを使って、犬に望ましい行動をとらせることを得意としています。ニューヨーク大学にて応用心理学学士号を取得。認定ドッグトレーナー学科試験(CPDT-KA) 資格、さらにアグレッシブ・ドッグ・トレーニングにて修士課程を修了。「FurryTales」の質の高い、広範囲なペットケアに対する情熱と献身により、Grow by Acorns + CNBC認証を獲得。

Jennifer Damon

Jennifer Damon

ドッグトレーナー

ドッグトレーナーのジェニファー・デーモンは、カリフォルニア州パサデナの「Love for Paws Dog Training」経営者です。ドッグトレーニングの経験は10年以上、犬の行動動機となる心理の見極めを得意としています。国際アニマル・ビヘイビア・コンサルタント協会会員として、科学的根拠に基づく丁寧な方法で、飼い主とペットとのコミュニケーション改善に尽力しています。モンテバロ大学にてコミュニケーション学学位を取得、International College of Canine Studiesにてドッグ・ビヘイビア・コンサルタント資格を取得。

Belgin Altundag

Belgin Altundag

ドッグトレーナー

認定ドッグトレーナーのベルジン・アルタンダグは、カリフォルニア州ウエストハリウッドの「Happy Doggies Day Care/Day Camp」経営者です。根っからの動物好きで、服従訓練、問題解決訓練、行動修正訓練などの様々な犬訓練方法に精通しています。Animal Behavior College認定ドッグトレーナー (ABCDT)資格取得、Training Cesar's Wayの「犬の行動およびトレーニングの基礎コース1、 2」を修了。米国赤十字の犬・猫救急法資格保有。

Brian Starr

Brian Starr

ネズミ専門家、ブリーダー

ネズミ専門家でブリーダーのブライアン・スターは、セントラルフロリダのネズミ専門店「OC Dumbos」経営者です。アメリカ唯一のペット用クマネズミブリーダーであり、ネズミの繁殖、トレーニング、ケアを専門としています。経験は数年ながら、数世代に渡るブリーディングにより、人に慣れ、ペットとして飼いやすいクマネズミを作り出しました。同社では、ネズミ飼育用品やトレーニングコースの提供、クマネズミの里親募集も行っています。

Jeff Jones

Jeff Jones

鳥類専門家

ジェフ・ジョーンズは、テネシー州ナッシュビルを拠点とする鳥類専門家で、鳥好きのためのウェブサイト「BirdOculars」開設者です。鳥や野生動物への給餌を専門とし、経験は18年以上。自身や鳥愛好家の研究対象である鳥たちを元気にする方法を研究しています。

Mark Garcia

Mark Garcia

認定ドッグトレーナー

認定ドッグトレーナーのマーク・ガルシアは、カリフォルニア州ロサンゼルスの「Rosewood K9」創業者です。犬のトレーニング、宿泊、デイケアサービスを専門としています。 行動訓練、服従訓練、自信を育む訓練、リーダーシップの構築、子犬のトレーニングなど、科学的根拠に基づいた方法を用いてトレーニングを行っています。

Rita Reimers

Rita Reimers

猫行動学者

猫行動学の専門家リタ・ライマーズは、猫の行動に対するコンサルティング会社「Cat Behavior Alliance」の共同設立者です。猫の多頭飼い歴30年以上の経験と猫の保護施設スタッフとしての経験から、人々が猫への理解を深め、問題行動に対する解決策を見出す手助けを専門としています。コンピュータサイエンスと人事管理の学士号を取得し、動物行動学カレッジで学びました。Pet Life Radioのラジオ番組「19 Cats and Counting」、およびYouTube「Let's Talk Cats」シリーズの共同司会者。Litter Genie提供の猫行動ブログ「Kitty Korner」の共同執筆者でもあります。また、Catster 誌の 「A New Cattitude」を執筆、ウェブサイト「be.Chewy.com」にも寄稿しています。国際動物行動学者協会(IAABC)賛助会員。

メンタルヘルス

Trudi Griffin, LPC, MS

Trudi Griffin, LPC, MS

認定カウンセラー

トゥルーディ・グリフィンはウィスコンシン州に住む認定カウンセラーで、依存症と精神衛生を専門としています。個人治療や地域医療の場で、依存症、精神病、心的外傷に苦しむ患者のカウンセリングにあたっています。2011年にマーケット大学にて臨床精神衛生カウンセリングの修士号を取得。

Klare Heston, LCSW

Klare Heston, LCSW

医療ソーシャルワーカー

クレア・ヘストンはオハイオ州に住む認定医療ソーシャルワーカーです。バージニア・コモンウェルス大学にて社会福祉学の修士号を取得しています。

Paul Chernyak, LPC

認定カウンセラー

ポール・チェルニャクはシカゴに住む認定カウンセラーです。2011年に心理学の専門大学、「American School of Professional Psychology」を卒業しています。

Chloe Carmichael, PhD

Chloe Carmichael, PhD

臨床心理学者

臨床心理学者のクロエ・カーマイケル博士は、自身で開業したニューヨーク市のカウンセリングオフィスにて、数十年にわたり人間関係の問題、ストレス管理、自尊心の向上、そしてキャリアについてのカウンセリングを専門的に行っています。また、 ロングアイランド大学での学部生の指導や、ニューヨーク市立大学での非常勤講師の経験もあります。ニューヨーク・ブルックリンのロングアイランド大学にて臨床心理学の博士号を取得し、レノックス・ヒル病院およびキングス郡病院にて臨床研修を修了。アメリカ心理学会公認。著書に「ナーバスなエネルギー:不安の力を役立てる」があります。

Kelli Miller, LCSW, MSW

Kelli Miller, LCSW, MSW

心理療法士

ケリ・ミラーはカリフォルニア州ロサンゼルス在住の心理療法士、著者、テレビ・ラジオ番組司会です。 家族・夫婦関係、鬱病、不安症、性別の在り方、育児に関する個人カウンセリングを専門に行うかたわら、ヴィラ治療センターにてアルコール・薬物依存症およびアンガーマネジメントのグループカウンセリングを開催しています。「ケリ教授が教える夫の探し方」の著書でもあり、多動性障害をとりあつかった本「多動性障害ともに育つ—子供用問題集」は新世代インディー本賞を獲得しました。 LA Talk Radio放送の「The Examiner」では人間関係を専門とするの司会者としても活躍し、世界に向けメッセージを発信。YouTubeチャンネル<https://www.youtube.com/user/kellibmiller>や、Instagram-アカウント名@kellimillertherapyにこれまでの業績を投稿しています。フロリダ大学にて社会学・健康学の学士号を、ペンシルバニア大学にて社会福祉学の修士号を取得。

Tasha Rube, LMSW

Tasha Rube, LMSW

認定ソーシャルワーカー(修士)

ターシャ・ルーブはカンザス州カンザスシティー在住の認定ソーシャルワーカーです。カンザス州レブンワースのドワイト・D・アイゼンハワー退役軍人病院と提携し、活躍しています。2014年にミズーリ大学にて社会福祉学の修士号を取得。

Adam Dorsay, PsyD

Adam Dorsay, PsyD

心理学者、TEDxスピーカー

認定心理学者のアダム・ドーセイ博士は、カリフォルニア州サンノゼの個人クリニックにて、強い成功意欲や責任感を持つ大人を対象としたカウンセリングを行っています。相談者がストレスの軽減や不安感のコントロール、そして人間関係の改善を行い、幸せな生活を送れるよう、サポートを行っています。Facebook本部が運営するインターナショナルプログラム「Project Reciprocity」の共同制作者でもあり、2016年にTEDx talkの壇上で行った「男性と感情」についての講演は多くの人々により視聴されています。サンタクララ大学にてカウンセリング学の修士号を、2008年に臨床心理学の博士号を取得。

Tiffany Douglass, MA

Tiffany Douglass, MA

Wellness Retreat Recovery Center設立者

ティファニー・ダグラスはカリフォルニア州サンノゼ市にあるJCAHO(医療施設認定合同機構)認定の薬物・アルコール依存症治療施設「Wellness Retreat Recovery Center」設立者です。10年以上にわたり薬物依存症治療に携わり、2019年には施設居住型の依存症治療方法に大革命をもたらした功績が認められ、国際親善大使に任命されました。2004年にエモリー大学にて心理学の学士号を、2006年にはクレアモント大学院大学にて修士号(プログラム評価と組織行動論を専攻)を取得。

Liana Georgoulis, PsyD

Liana Georgoulis, PsyD

認定心理学者

認定臨床心理学者として10年以上の経験をもつリアナ・ジョーゴウリス医師は、現在ロスアンゼルスにあるカウンセリングクリニック、「Coast Psychological Services」の責任者を務めています。ぺパーダイン大学で心理学の博士号取得し、若者、大人、そしてカップルを対象に認知行動療法や、科学的根拠に基づいたセラピーを行っています。

Julia Lyubchenko, MS, MA

Julia Lyubchenko, MS, MA

成人専門カウンセラー、睡眠術療法士

ジュリア・リュブチェンコはカリフォルニア州ロサンゼルスにて「Therapy Under Hypnosis」を運営している成人専門カウンセラー、そして催眠術療法士です。 カウンセラー及びセラピストとして8年以上の経験があり、情緒不安定や行動障害の治療を専門としています。ボスールジ・メソッド・スクールにて臨床催眠療法士の認定資格を取得。精神力動的精神療法士と睡眠術療法士としても認定を受けています。アリアント国際大学にてカウンセリング心理学とマリッジ・ファミリーセラピーの修士号を、モスクワ州立大学にて発育性・児童心理学の修士号を取得。

Jin S. Kim, MA

Jin S. Kim, MA

マリッジ・ファミリーセラピスト

ジン・キムはカリフォルニア州のロサンゼルスに住む認定マリッジ・ファミリーセラピストで、LGBTQ、有色人種、また、複数のアイデンティティー(人種、性別、宗教、階級、性的指向等)を持つことから社会的困難に直面しがちな人達を対象としたカウンセリングを行っています。2015年にロサンゼルスにあるアンティオーク大学にて、臨床心理学(LGBT心理学専攻)の修士号を取得しています。

Lauren Urban, LCSW

Lauren Urban, LCSW

認定心理療法士

ローレン・アーバンはニューヨーク市ブルックリン区在住の心理療法士で、子供、家族、カップル、そして個人を対象に13年以上セラピーを行っています。また、セラピーを通じて相談者に自己啓発を促し、現在置かれた環境や日常生活を改善するサポートを行っています。2006年にハンター大学にて修士号を取得。

Rebecca Tenzer, MAT, MA, LCSW, CCTP, CGCS, CCATP, CCFP

Rebecca Tenzer, MAT, MA, LCSW, CCTP, CGCS, CCATP, CCFP

臨床セラピスト、准教授

レベッカ・テンザーはシカゴ州イリノイにある私設カウンセリングクリニック「Astute Counseling Services」の経営者、主任臨床医です。 メンタルヘルスに関する臨床及び教育経験は18年以上。 専門はうつ病、不安症、パニック障害、心的外傷、深い悲しみを癒すグリーフケア、人間関係に関するカウンセリングで、メンタルヘルス分野での豊富な経験をもとに認知行動療法、精神力動療法、そして科学的根拠に基づいたセラピーを提供しています。 デポー大学にて社会学と人類学の学士号を、ドミニカン大学にて教育学修士号を、シカゴ大学にて社会福祉学修士号を取得。 アメリコーに従事していたこともあり、同クリニック経営のかたわら心理学の大学講師も務めています。 認知行動療法士(CBT)の訓練を受けており、臨床心的外傷専門家(CCTP)、グリーフカウンセリング専門家(CCTP)の認定資格を保有。米国認知行動療法協会と米国社会福祉士協会のメンバーでもあります。

Allison Broennimann, PhD

Allison Broennimann, PhD

臨床心理学者

アリソン・ブローニマン博士は、サンフランシスコベイエリアを拠点に、心理セラピーと神経心理学を用いた個人診療を行う臨床心理学者です。不安感、抑うつ、人間関係の問題、グリーフ、適応障害、トラウマによるストレス、人生の過渡期における悩みなどに対する、解決を見据えた治療を目指す深層心理セラピーを専門とし、数十年のキャリアがあります。また、外傷性脳損傷から回復した患者に対して、神経心理学的治療の一部として、深層心理セラピーと認知リハビリテーションを組み合わせた治療を行っています。カリフォルニア大学サンタクルーズ校にて心理学学位を、パロアルト大学にて臨床心理学の修士および博士課程を修了。カリフォルニア心理学会認可臨床心理学者、アメリカ心理学会会員。

Samantha Fox, MS, LMFT

Samantha Fox, MS, LMFT

マリッジ・ファミリーセラピスト

サマンサ・フォックスは、ニューヨーク州ニューヨーク市で開業中のマリッジ・ファミリーセラピストです。そのキャリアは数十年を超え、人間関係、性別、アイデンティティ、家族問題を専門としています。また、個人、カップル、家族の生活の変化に関するアドバイスも行っています。修士号とマリッジ・ファミリーセラピスト認定資格の両方を保持。内的家族システム療法(IFS)、加速体験動的心理療法(AEDP)、感情集中カップルセラピー(EFT)およびナラティヴセラピーの訓練を修了。

Catherine Boswell, PhD

Catherine Boswell, PhD

心理学者

心理学者のキャスリーン・ボスウェル博士は、テキサス州ヒューストンの個人セラピークリニック「Psynergy Psychological Associates」の共同設立者です。トラウマ、人間関係、グリーフ、慢性疼痛などに悩む個人、グループ、カップル、家族のセラピーを専門とし、経験は15年以上。ヒューストン大学にてカウンセリング心理学の博士号を取得し、同大学で修士課程の授業を担当。さらに、著作、講演、コーチングと幅広く活躍しています。

Peggy Rios, PhD

Peggy Rios, PhD

カウンセリング心理学者(フロリダ州)

ペギー・ライオス博士はフロリダ州を拠点とするカウンセリング心理学者です。不安症やうつ病などの精神疾患に苦しむ人々の治療に24年以上尽力してきました。専門は医学的心理学、エンパワーメント理論を用いた「ウィービング・トゥギャザー」行動保健プログラム、トラウマ治療。 統合された、根拠に基づく手法を使い、人生が変わるほどの病気を抱えた人々にサポートとセラピーを提供します。メリーランド大学にて、カウンセリング心理学の修士号および博士号を取得。フロリダ州認定心理学者。

Tracy Carver, PhD

Tracy Carver, PhD

認定心理学者

トレーシー・カーヴァー博士は、テキサス州オースティンを拠点とする認定心理学者です。専門は、自尊心関連の問題、不安、抑うつ、 サイケデリック統合。バージニア・コモンウェルス大学にて心理学学士号を、テキサス大学オースティン校にて教育心理学修士号および臨床心理学博士号を取得。ハーバード大学医学大学院にて臨床心理学のインターンを修了。Austin Fit Magazine誌が選ぶ「オースティンのベスト・メンタルヘルスドクター」に4年連続選出されるなどの受賞歴があります。また、その業績はAustin Monthly、Austin Woman Magazine、Life in Travis Heights、KVUE (the Austin affiliate for ABC News)で紹介されました。

William Gardner, PsyD

William Gardner, PsyD

臨床心理学者

スタンフォード大学を卒業している臨床心理学者のウィリアム・ガードナー医師は、サンフランシスコの金融街にて成人クライアントを対象としたカウンセリングを行い、10年以上の臨床経験があります。認知行動療法を用い、各個人の環境や症状に適した治療を行うテーラーメイド心理療法を通じて、精神症状の軽減や、心身状態の改善を促すサポートを行っています。2009年、スタンフォード大学にて博士号(根拠に基づく臨床診療専攻)を取得。その後、カイザー・パーマネンテ病院にて研修を修了。

Masha Kouzmenko

Masha Kouzmenko

瞑想コーチ

マーシャ・コウズメンコはサンフランシスコ・ベイエリアにて企業を対象にマインドフルネス瞑想とヨーガの講座、そしてホリスティックヘルスに関する指導を提供している会社「Silicon Valley Wellness」の共同設立者です。瞑想とヨーガの講師として5年以上の経験があり、誘導瞑想を専門としています。カリフォルニア大学バークレー校にて経済学の学士号を取得。

Jeremy Bartz, PhD

Jeremy Bartz, PhD

臨床心理学者

臨床心理学者のジェレミー・バーツ博士は、カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に個人診療を行っています。うつ病、不安症、強迫性障害、心身症、慢性疼痛、不眠症、対人関係問題、愛着トラウマ、および自己愛トラウマによる影響の治療を専門としています。ブリンガム・ヤング大学にてカウンセリング心理学の博士号を取得。スタンフォード・プレミア・ペインマネジメント・クリニックにてフェローシップを修了。

Dr. Niall Geoghegan, PsyD

Dr. Niall Geoghegan, PsyD

臨床心理学者

ニール・ゴーガン医師はカリフォルニア州バ―クレー市在住の臨床心理学者です。ゴーガン医師は同市にある専門職大学院、「Wright Institute」から臨床心理学の博士号を授与されています。ゴーガン医師はコヒーレンス療法を専門としており、主に不安神経症、鬱病、アンガーマネジメント(怒りを予防し制御するための心理療法)、そして減量に関するカウンセリングを行っています。

Soken Graf

Soken Graf

認定瞑想コーチ

瞑想コーチ、仏教司祭、著者、ロルファーのソーケン・グラフは、ニューヨーク市にて精神生活に関するコーチングサービスを提供しているクリニック「Bodhi Heart Rolfing and Meditation」を運営しています。仏教徒として 25年以上の修行経験を持ち、現在まで起業家、会社社長、デザイナーなど、専門職に携わる人々の相談役を務めてきました。マインドフルネス指導、自己意識の発達、物事の本質と叡智(仕事と私生活のバランスの原則など)の理解を目的としたトレーニングを提供する会社「American Management Association」ではコンサルタントとしてカリキュラム作成に携わっています。ロルフィング®ストラクチュラル・インテグレーションにて認定上級ロルファー(筋膜に焦点をおいた整体療法)の資格を取得。内臓マニピュレーション(触診)、頭蓋仙骨療法、SourcePoint Therapy®(エネルギー医療)、コールドレーザー治療の認定療法士としても活躍。

Rebecca Ward, LMFT, SEP, PCC, MA

Rebecca Ward, LMFT, SEP, PCC, MA

認定セラピスト

レベッカ・A・ワードはカリフォルニア州サンフランシスコにある「Iris Institute」の設立者です。同センターではソマティック療法、そして自身が考案した「Original Blueprint®」をもとに、個人とグループを対象にジレンマへの対応能力を養うための指導を行っています。専門はストレス、不安症、鬱症状、トラウマの治療。認定マリッジ・ファミリーセラピスト(LMFT)、ソマティック・エクスペリエンシング®療法士(SEP)、国際コーチング連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)の資格を保有。メリーマウント大学にて臨床メンタルヘルスカウンセリングの修士号を、ジョージワシントン大学にて組織統率学の修士号を取得しました。

Lena Dicken, Psy.D

Lena Dicken, Psy.D

臨床心理学者

レナ・ディッケン博士は、カリフォルニア州サンタモニカを拠点とする臨床心理学者です。精神力動、認知行動、マインドフルネスに基づくセラピーを組み合わせたアプローチを使用した治療で、不安感、抑うつ、人生の過渡期や人間関係に関する悩みの解消を専門としています。その道の経験は8年以上。ハワイ大学マノア校にて統合医学の学士号を、アーガシー大学ロサンゼルス校にてカウンセリング心理学の修士号を取得。 シカゴ専門心理学部ウェストウッドキャンパスで臨床心理学博士課程を修了。その業績は GOOP、The Chalkboard Magazineなど、数多くのメディア記事、ポッドキャストなどで特集されました。カリフォルニア州認定心理学者。

John A. Lundin, PsyD

John A. Lundin, PsyD

臨床心理学者

臨床心理学者のジョン・ルンディン博士は、20年間にわたり精神衛生の問題に取り組んでいます。ルンディン博士は臨床心理専門職大学院、「Wright Institute」から博士号を授与されており、現在はカリフォルニア州のサンフランシスコ・ベイエリアとオークランドにて、全年齢層の患者を対象に不安障害と気分障害の治療を行っています。

Laurel Schwartz, MSW

Laurel Schwartz, MSW

クライシスカウンセラー、Crisis Text Line(非営利団体)

ローレル・シュワルツは非営利団体「Crisis Text Line」にてクライシスカウンセラーを務めています。2019年にコロンビア大学にて社会福祉学の修士号を取得しました。Crisis Text Lineでは24時間年中無休でクライシスサポート(危機支援、人生相談)を提供しており、相談者はショートメール経由で「741741(米国のみ)」を送信することで、訓練を受けたクライシスカウンセラーからカウンセリングを受けることができます。現在までアメリカ国内にて100億件以上のメッセージのやり取りが行われています。

Kamal Ravikant

Kamal Ravikant

「Love Yourself Like Your Life Depends On It」著者

カマル・ラヴィカントはベストセラー本「Love Yourself Like Your Life Depends On It」の著者です。シリコンバレーにてベンチャーキャピタル企業や数々の会社の設立に携わってきました。ヒマラヤ山脈にて修道僧と共に瞑想を行ったり、歩兵として米国陸軍に従事していた経験があります。あらゆる経験の中でも最も変革的な出来事として「自分を愛する方法を学んだこと」をあげています。

Jay Reid, LPCC

Jay Reid, LPCC

認定プロフェッショナル臨床カウンセラー

ジェイ・リードはカリフォルニア州サンフランシスコにて個人クリニックを経営している認定プロフェッショナル臨床カウンセラー(LPCC)です。 自己愛傾向の高い親や配偶者に悩む人たちのサポートを専門としており、 自己愛性人格者による虐待が引き起こす自己卑下思考を認識し、それを克服することに焦点をあてた治療を行っています。ペンシルバニア大学にて心理学の学士号を、ペンシルバニア州立大学にて臨床心理学の修士号を取得。

George Sachs, PsyD

George Sachs, PsyD

認定心理学者

認定心理学者のジョージ・サチスはニューヨーク州ニューヨーク市にあるクリニック「Sachs Center」の経営者です。小児、10代、成人を対象とした経験注意欠陥・多動性障害、自閉症スペクトラム障害の治療を専門とし、経験は10年以上。エモリー大学にて心理学の学士号を、シカゴのイリノイ心理専門大学にて心理学の博士号取得。同市のクック郡立病院、マウントサイナイ病院、児童研究センターにて臨床研修を修了後、ロサンゼルスのチルドレンズ・インスティチュートにて、TFCBT(トラウマに焦点を当てた認知行動療法)トレーニングプログラムの講師及び監督役を務めると同時に、インターンシップと博士研究課程を修了。ロサンゼルスのゲシュタルト療法トレーグ協会にてゲシュタルト療法を学び、認定資格を取得。NBC Nightly News、CBS、WPIXに出演し、ホリスティックな視点に立脚した注意欠陥・多動性障害の治療法を論じました。注意欠陥・多動性障害患者との付き合い方を説いた本「大人の注意欠陥症対策」「トラウマを抱えた子供を救う方法」「注意欠陥症の夫をサポートする方法」の著者で、ハフィントン・ポストのライターとしても活躍。

Donna Novak, Psy.D

Donna Novak, Psy.D

臨床心理学者

ダナ・ノヴァク博士はカリフォルニア州シミバレーを拠点とする臨床心理学者です。専門は不安感、人間関係や性に関する悩みへの対処で、経歴は10年以上。自己形成、自己動機、自信の向上による個人の成長に焦点を当て、分化モデルを用いた治療を行っています。カリフォルニア大学ロサンゼルス校にて心理学の学位を、アライアント・インターナショナル大学ロサンゼルス校にて臨床心理学の博士号を取得。

Marissa Floro, PhD

Marissa Floro, PhD

カウンセリング心理学者

心理学者のマリッサ・フロロ博士は、スタンフォード大学ウェイランド・ヘルス・イニシアティブの心理学者および講師で、サンフランシスコ大学の非常勤講師です。ロヨラ大学シカゴ校でカウンセリング心理学の博士号取得。専門は人種、性的指向、ジェンダーの共通点。性的多様性、ジェンダー多様性、人種的アイデンティティーと相互信頼、圧政的なシステムと構造からの開放に焦点を当てた、カウンセリングや教育指導を続けています。

Jessica January Behr, PsyD

Jessica January Behr, PsyD

認定臨床心理士

認定臨床心理士のジェシカ・ジャニュアリー・ベーア博士は、「Behr Psychology」の創設者兼ディレクターです。カップルセラピーとセックスセラピーを専門とし、不安症やストレス、人間関係の問題、うつ病などの治療も行っています。ハンター大学にて心理学の学士号を、ペース大学にて学校心理学の教育学修士号と臨床心理学の心理学博士号を取得。

Karissa Brennan, LMHC, MA

Karissa Brennan, LMHC, MA

精神衛生カウンセラー

カリッサ・ブレナンはニューヨーク州在住の認定精神衛生カウンセラー、遠隔カウンセラー、心理療法士です。2011年にニューヨーク市立大学シティカレッジにて修士号を取得後、9年以上のカウンセリング経験を持ち、国際オンラインメンタルヘルス協会の会員でもあります。

Salina Shelton, LPC, MA

Salina Shelton, LPC, MA

認定カウンセラー

サリナ・シェルトンはテキサス州サンアントニオ在住の認定カウンセラーで、アートセラピーを専門的に行っています。2013年テキサス大学サンアントニオ校にてカウンセリングの修士号を取得後、2015年にプレスコット大学にて表現療法士の資格を取得。

Kryss Shane, LMSW

Kryss Shane, LMSW

認定ソーシャルワーカー(修士)

クリス・シェインはニューヨークに住む認定ソーシャルワーカーで、ニューヨーク州ニューヨークのコロンビア大学で非常勤講師も務めています。 LGBTQ活動家およびソーシャルワーカーとして25年の経験があります。2010年にバリー大学にて社会福祉学の修士号を取得。

Natalia S. David, PsyD

Natalia S. David, PsyD

心理学者

デイビット医師はテキサス大学の生物医学研究機関、サウスウエスタン医療センターにて心理学の准教授を、さらにクレメンツ大学病院では精神科医長を務めています。行動睡眠治療委員会、総合疼痛管理学会、米国心理学会健康心理学部門の会員です。ベイラー・スコット&ホワイト研究所のプレゼンテーション賞と奨学金を獲得しました。2017年にアライアント国際大学にて心理学の博士号(健康心理学専攻)を取得。

Alicia Hyatte, LMSW

Alicia Hyatte, LMSW

カウンセラー

アリシア・ハイアッテはフロリダ州のカウンセリング企業「Whole Family Living」に籍を置くヘルスコーチ、そしてカウンセラーです。2002年にフロリダ国際大学で社会福祉学修士の学位を取得しました。

Tamara L. Hartl, PhD

Tamara L. Hartl, PhD

心理学者

ハートル博士は10年以上個人診療を行う心理学者です。現在はサンフランシスコベイエリアを拠点とし、コネティカット大学にて臨床心理学の博士号を取得後、2004年にパロアルト退役軍人病院とスタンフォード大学において特別研究員研修を修了。退役軍人病院の指導心理学者として、またスタンフォード大学精神医学部の臨床指導者として活躍しています。

Eric A. Samuels, PsyD

Eric A. Samuels, PsyD

臨床心理学者

臨床心理学者のエリック・A・サミュエル医師は、サンフランシスコとオークランド市にて個人クリニックを経営している開業医です。サミュエル医師は男性、若年成人、そして多様な性的指向と性自認に悩む人たちを対象にカウンセリングを行っています。サミュエル医師は2016年に臨床心理専門職大学院、「Wright Institute」から博士号を授与されています。

Elizabeth Weiss, PsyD

Elizabeth Weiss, PsyD

臨床心理学者

エリザベス・ウェイス医師はカリフォルニア州のパロアルト市に住む臨床心理学者です。ウェイス医師は2019年にパロアルト大学のPGSP-Stanford PsyD Consortium(心理カウンセラーを目指す研究生のためのプログラム)より心理学の修士号を授与されています。トラウマとグリーフ(深い悲しみ、悲嘆、苦悩)のケア、そしてレジリエンス(精神的回復力)向上の専門家であるウェイス医師は、カウンセリングを通じてクライアントが困難な状況やトラウマを克服し、自分自身を取り戻すサポートを行っています。

Ashley Womble, MPH

Ashley Womble, MPH

公衆衛生学修士(ニューヨーク市立大学)

アシュリー・ウォンブル医師は、24時間年中無休のメンタルヘルスサポート「Crisis Text Line」のコミュニケーション責任者を務めています。精神疾患と向き合う方法を説いた本「すべてうまくいくよー精神疾患と共に上手く生きるためのガイド」の著者でもあり、メンタルヘルスのアドボケイトとして精神衛生の擁護に取り組んでいます。ニューヨーク市立大学大学院公衆衛生・健康政策専門校にて公衆衛生学の修士号を取得しました。

Ken Breniman, LCSW, C-IAYT

Ken Breniman, LCSW, C-IAYT

認定医療ソーシャルワーカー

ケン・ブレニマンは認定医療ソーシャルワーカー、認定ヨガセラピスト、タナトロジー(死生学)の専門家です。15年以上にわたり地域コミュニティーのワークショップを通じて、伝統的な心理療法とヨガセラピーを組み合わせた臨床サポートを提供しています。無宗派のエクレクティック流ヨガを用いた誘導、複雑なトラウマからの回復、マインドフル・モータルスキル(死に臨むためのスキル)の開発を専門とています。ワシントン大学セントルイス校にて社会福祉学の修士号を、マリアン大学フォン・デュ・ラク校にて死生学の修士号を取得。国際ヨガセラピスト協会から認定ヨガセラピストの資格を取得するにあたり、サンフランシスコにあるYoga Treeとカリフォルニア州サンタロサにあるAnanda Seva Missionの両スタジオにて500時間のヨガトレーニングを修了。

Stephanie Riseley, MFA

Stephanie Riseley, MFA

認定睡眠術療法士

ステファニー・ライズリーはカルフォルニア州ロサンゼルス在住の催眠術療法士、ライフコーチ、スピリチュアルコーチです。 神経科学に精神性を融合させた療法で来談者が自身の才能と使命を見出す手助けを行っています。ブライアン・ウェイス医学博士とブライアン・ウェイス協会による前世療法士の認定資格を取得。認知行動療法とアウェアネスセラピー(気づきのセラピー)を用いた療法も行っています。セラピストとして30年以上の経験があり、カリフォルニア大学ロサンゼルス校神経精神病学機関にて「DSM III (R)-精神障害の診断と統計マニュアル」の研究に従事。カリフォルニア大学バークレー校にて学士号を、カリフォルニア大学ロサンゼルス校にて修士号を修得。

Michelle Joy, MA, MFT

Michelle Joy, MA, MFT

認定マリッジ・ファミリーセラピスト

認定マリッジ・ファミリーセラピストのミッシェル・ジョイはサンフランシスコ・ベイエリアにある「Couples Institute Counseling Services」の取締役員を務めています。セラピストとして20年近くの経験を有し、カップル徹底セラピー、コミュニケーション・ワークショップ、結婚準備初級者ワークショップを提供。エニアグラム(人間学の一種)の教師でもあり、第25回国際エニアグラム会議では論文を発表しました。The Developmental Model of Couples Therapyにて上級レベル課程を修了。サンタクララ大学にてカウンセリング心理学の修士号を取得。

Iddo DeVries, MA-SLP

Iddo DeVries, MA-SLP

言語聴覚士

イッド・デヴリエスは2014年よりカリフォルニア州ロサンゼルスにて「Speech Therapy of DV Therapy, Inc.」を経営する認定言語聴覚士、及び同クリニックの臨床研究ディレクターです。患者とその家族を対象とした行動療法に注力。自閉症、広汎性発達障害(PDD)、アーティキュレーション(滑舌や調音)・音韻障害、聴覚処理の遅延、吃音障害、語用論的能力と社会的能力の遅れ、発語失行症、その他特有の言語障害による言葉の不自由や遅れの治療を専門としており、家族単位のトレーニングを提供しています。ブルックリン大学にて言語コミュニケーション科学の学士号を、アデルフィ大学にて言語聴覚学の修士号を取得。2011年には言語療法の部門においてニューヨーク市教育局より最優秀業績賞が贈られました。2006年より米国音声言語聴覚協会(ASHA)の会員として活躍。

Jade Giffin, MA, LCAT, ATR-BC

ジェイド・グリフィンはニューヨーク州ニューヨーク在住の芸術療法士です。 トラウマと深い悲しみからの回復、分娩前後と育児期間中の難関対応、不安およびストレスの管理、セルフケア、そして成人・ティーンエイジャー・小児を対象とした、社会性や感情の問題および学習障害の治療を専門とし、経験は10年以上。 バーナード大学にて心理学と視覚芸術の学士号を取得。ニューヨーク大学にて芸術療法学の修士号課程を優秀成績で修了。優れた臨床研究が認められたリーマン賞受賞者、またヒューズフェローとしても知られています。臨床監督者、治療プログラム開発者、研究論文の著者及び発表者としても活躍。

Noel Hunter, Psy.D

Noel Hunter, Psy.D

臨床心理学者

ノエル・ハンター博士は、ニューヨーク市を拠点に活躍する臨床心理学者です。心理セラピークリニック「MindClear Integrative Psychotherapy」の創業者、取締役。精神疾患と診断された患者を、トラウマ・インフォームドアプローチおよび人間性心理学的アプローチを用いて治療、サポートします。サウスフロリダ大学で心理学の学士号を、ニューヨーク大学で心理学修士号を取得後、ロングアイランド大学で心理学博士課程を修了。その業績は、National Geographic、BBC News、CNN、TalkSpace、Parents magazineで紹介されました。著書に「精神衛生業界のトラウマと狂気」。

Cameron Gibson, R.C.C.

Cameron Gibson, R.C.C.

登録臨床カウンセラー、プログラムディレクター

キャメロン・ギブソンは、ブリティッシュコロンビア州バンクーバーの登録臨床カウンセラーです。不安症、うつ病、心理トラウマ、強迫性障害、発達障害に苦しむ男性患者のサポートを専門としています。カールトン大学で心理学学士号を、シアトル市立大学でカウンセリング心理学修士号を取得。また、男性専用のメンタルヘルスクリニック「Manifest Wellness」のプログラムディレクターとして、男性も心置きなく心のサポートを受けられるよう、カウンセリングを受けやすくなるよう頑張っています。

Stefanie Barthmare, M.Ed., LPC

認定カウンセラーのステファニー・バースマーレは、テキサス州ヒューストンで個人診療を行っています。身体をベースとしたトラウマ治療を専門とし、人間関係の問題、子育てや家族の問題、うつ病、不安、グリーフなどのカウンセリングを行って20年以上。テキサス大学オースティン校にて英語学の学士号を、ヒューストン大学でカウンセリング心理学の修士号を取得。また、認定カウンセラー協会のアソシエイト・スーパーバイザーでもあり、教育界、宗教界、ビジネス界のグループの世話人としてコンサルティングを行っています。しています。

Nancy Lin, PhD

Nancy Lin, PhD

臨床心理学者

臨床心理士のナンシー・リン博士は、不眠症、トラウマ、うつ病などに悩む人々にセラピーを提供する「Go to Sleep San Diego」の経営者です。また、メンタルヘルスにおける文化的多様性の問題についてもトレーニングを受けています。カリフォルニア大学バークレー校にて心理学の学士号を取得し、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院にて医療人類学の修士号を取得。その後、マサチューセッツ大学ボストン校で臨床心理学の博士号を取得、VAサンディエゴ・ヘルスケアシステム(VASDHS)でAPA認定インターンシップとポスドク研修を修了。

Tala Johartchi, PsyD

Tala Johartchi, PsyD

臨床心理学者

タラ・ジョハーチ博士は、カリフォルニア州ロサンゼルス都市圏を拠点とする臨床心理学者です。エビデンス・ベースド・プラクティスと治療・行動フレームワークに関する専門知識と高度なトレーニングを基に、薬物依存症、恋愛依存症、共依存症、心的外傷後ストレス障害、さらに、一般的な併存障害であるうつ病、不安症、人間関係・愛着障害などを抱える個人、カップル、家族を専門に治療を行っています。アーガシー大学サンフランシスコ校心理大学院にて臨床心理学の修士号と博士号を取得。

Sirvart Mesrobian, PsyD

Sirvart Mesrobian, PsyD

臨床心理学者

サーヴァルト・メスロビアン博士は、カリフォルニア州ウエスト・ロサンゼルスとグレンデールを拠点とする臨床心理学者です。若者や大人を対象にした、個人、家族、カップルの治療を専門とし、 認知行動療法、動機づけ面接、トラウマ焦点化治療などを行っています。アライアント国際大学にて心理学の修士号と臨床心理学の博士号を取得。

Julia Yacoob, PhD

Julia Yacoob, PhD

臨床心理士

ジュリア・ヤクーブ博士は、ニューヨーク市で活動する認定臨床心理士です。様々な症状やストレスを抱える成人を対象とした認知行動療法(CBT)を専門としています。ラトガース大学にて臨床心理学の修士号と博士号を取得後、ワイル・コーネル医科大学、ニューヨーク・プレスビティリアン病院、スローン・ケタリング記念がんセンター、行動療法研究所、ベルビュー病院がんセンターにて専門的なトレーニングを修了。米国心理学会、女性の心の健康協議会、NYC認知行動療法学会、認知行動療法師協会会員。

Hyungbum Kang, MA, MSW, LCSW, MAC

Hyungbum Kang, MA, MSW, LCSW, MAC

認定臨床ソーシャルワーカー

ハンバン・カングは、ハワイのホノルルを拠点とする認定臨床ソーシャルワーカーです。 ADHD、怒りのコントロール、うつ病、その他のメンタルヘルスやソーシャルワークに関する総合的な治療アプローチを得意とし、経験は10年以上。英語学の学士号、社会学およびソーシャルワークの修士号を取得。その後、ハワイ・パシフィック大学にて経営修士号を取得し、現在は同大学で心理学博士号の取得を目指しています。米国心理学会、国際心理学名誉協会、全米ソーシャルワーカー協会、カリフォルニア依存症回復プログラム・治療者協議会の会員でもあります。

Jennifer Guttman, PsyD

Jennifer Guttman, PsyD

登録臨床心理士

認知行動療法士、臨床心理士のジェニファー・ガットマン博士は、モチベーションとライフスタイルのプラットフォーム「Sustainable Life Satisfaction®」の創設者でもあります。ニューヨークとウェストポートを拠点に、不安、抑うつ、ストレス、注意欠陥、恐怖症などに起因する急性の行動障害に悩む人々の治療を専門とし、30年以上の経験と実績を積んでいます。ドリュー大学にて心理学の学士号を、ロングアイランド大学にて心理学の博士号を取得。「満足できる人生への道ワークブック (2018)」の著者であり、Psychology TodayやThrive Globalに毎月ブログを寄稿しているほか、ワシントン・ポスト、リーダーズ・ダイジェスト、Redbook、Teen Vogue、Health、mindbodygreen.com、Harvesting Happiness、Unshakable Self-Confidenceなどの出版物、メディアサイト、ポッドキャストに記事を寄稿しています。

Natalie Feinblatt, PsyD

Natalie Feinblatt, PsyD

臨床心理学者

臨床心理学者のナタリー・ファインブラット博士は、カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に、開業診療を行っています。依存症、トラウマ、その他のメンタルヘルスの問題を抱える人々の支援を専門とし、経験は15年以上。カリフォルニア大学サンディエゴ校にて心理学の学士号を取得、ペパーダイン大学にて心理学の修士号と博士号を取得。カリフォルニア州認可臨床心理学者。

Mary Church, PhD

Mary Church, PhD

研究・臨床心理士

メアリー・チャーチ博士は、ハワイのホノルルを拠点とする公認臨床心理士です。臨床経験は10年以上、進化論、遺伝学、神経科学を心理療法の実践に統合することを目指しています。エッカード大学にて心理学の学士号を、メンフィス大学にて実験心理学の修士号と博士号を取得 。その後、ハワイ大学マノア校で臨床心理学の博士研究を修了。米国評価協会およびハワイ太平洋評価協会会員。

Kim Chronister, PsyD

Kim Chronister, PsyD

臨床心理士

キム・クロニスター博士は、臨床心理士です。薬物乱用、人間関係の問題、摂食障害、人格障害などに悩む人々の支援を専門としています。Access Hollywood、Investigation Discovery、NBC ニュースなどのメディアに寄稿や出演をしています。著書に「ピーク・マインドセット」「フィットメンタリティ」。アライアント・インターナショナル大学にて臨床心理学の修士号と心理学の博士号を取得。

Michael Dickerson, PsyD

Michael Dickerson, PsyD

認定臨床心理士

臨床心理士のマイケル・ディッカーソンは、不安症、強迫性障害、男性のメンタルヘルスを専門とし、6年以上にわたり大学でのカウンセリングを行っています。カリフォルニア州立大学サクラメント校にて心理学学士号を取得後、カリフォルニア州バークレーのライト研究所で心理学博士号を取得。

Rebecca Kason, PsyD

Rebecca Kason, PsyD

認定臨床心理士

レベッカ・ケイソン博士は、ニューヨーク州とニュージャージー州の免許を持つ臨床心理士です。思春期のメンタルヘルス、弁証法的行動療法、認知行動療法を専門とし、感情の調整不全、行動障害、対人関係困難、家族間の対立、不安症、抑うつ、恐怖症などを抱えるクライアントを治療しています。デラウェア大学にて心理学の学士号を取得、ロングアイランド大学にて応用心理学の修士号と臨床心理学の博士号を取得。マウントサイナイ病院にて米国心理学会認定インターンシップを修了。米国心理学会および認知行動療法協会会員。

Alysha Jeney, MA, LMFT

Alysha Jeney, MA, LMFT

認定リレーションシップ・セラピスト

認定リレーションシップ・セラピストのアリシャ・ジェネイは、「Modern Love Counseling」の経営者であり、オンラインショップ「The Modern Love Box」の共同創立者です。恋愛関係に関するセラピー、親密さを深める指導、実存的な目的を探すカウンセリングを専門としています。デンバー・メトロポリタン州立大学にて心理学の学士号を、レジス大学にてマリッジ・ファミリーセラピーおよびカウンセリングの修士号を取得。ワシントンポストやハフィントンポストなどのメディアでも紹介されています。

Nicole Moshfegh, PsyD

Nicole Moshfegh, PsyD

公認臨床心理士

公認臨床心理士のニコル・モシュフェグ博士は、カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点として活躍し、執筆活動も行っています。多彩な文化的バックグラウンドの理解に基づき、気分障害や不安障害、不眠症の患者の治療を専門としています。カリフォルニア大学アーバイン校にて心理学と社会行動学の学士号を、ペパーダイン大学にて心理学の修士号と博士号を取得。カリフォルニア大学ロサンゼルス校にて博士号取得前のインターンシップと博士号取得後のフェローシップを修了。米国心理学会、医療臨床心理士国内登録協会、ロサンゼルス郡心理学協会、ファミリーヘルスケア共同協会会員。著書に、ベストセラーとなった「眠りの本:不眠症を直す75の方法」。